5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洋楽小説・雨上がりの朝にキャッチボール

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 00:54:46
洋楽をふんだんに盛り込んだ青春小説を連載します。
皆さん、応援宜しくお願いします。毎日書きます。

2 :土方歳三 ◆ICB/qFT5Rc :2006/03/14(火) 00:55:31
>>1
乙!!期待した!

3 :ヘボ作家  ◆9lt18kpH2U :2006/03/14(火) 00:58:16
とりあえず、固定になれるかな

4 :征露丸 ◆wTko5qO3Jo :2006/03/14(火) 00:58:30
いいじゃん、いいじゃん

5 :無花果 ◆aSaTR8oB5k :2006/03/14(火) 01:01:36
期待はしません


裏切られたときが悲しいから。

6 :ヘボ作家  ◆9lt18kpH2U :2006/03/14(火) 01:13:08
1.
「わぁ〜、綺麗。すっごいね、なんか絵の中にいるみたい」
「でしょ、この時間はいつもこうなるんだよ。ここ大好き
なんだよね、私」
夕暮れ。全てが溶けて、一つになる瞬間。
昼過ぎまで降り続いた雨が築いた水溜りが、
真紅に染まった空を反射し、ゆらゆらと揺れている。
この世界は時間と直線が何重にも重なって、
曖昧なものをしめだそうとする。そういったものが
唯一息を吹き返すのが今なのだ。
ノンとアケミは河川敷の階段に腰掛け、ゆっくりと
流れる蜜柑色の川を眺めた。
「あ、そうそう。ノン、借りてたMD持って来たよ」
アケミがポーチからMDを取り出す。ケースには
「夜の瞬き」と書かれたシール。
「どうだった?結構自信作なんだけど」
「4曲目のピアノの曲が凄く良かった。なんか上手く
言えないけどさ、空気が優しくてあったかいね」
「あれはセロニアス・モンクだよ。マイルスのラウンド・
ミッドナイトってあるじゃん、あの曲作った人だよ」
「そうなんだ!どおりで凄いはずだね」
東の空は徐々に黒く濁り、街灯のライトを際立たせている。

7 :征露丸 ◆wTko5qO3Jo :2006/03/14(火) 01:18:32
もしかして洋えもんの人!?

8 :土方歳三 ◆ICB/qFT5Rc :2006/03/14(火) 01:19:50
もしかしてジョンとボブの人!?

9 :ヘボ作家  ◆9lt18kpH2U :2006/03/14(火) 01:25:20
>>7-8
違います。こういうの書くの初めてです。

10 :征露丸 ◆wTko5qO3Jo :2006/03/14(火) 01:35:05
>>9
そうか、、

これからも頑張って下さい!

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/14(火) 01:37:25
なんかタイトルから転けてませんかあ?

12 :うどん ◆beatle/la2 :2006/03/14(火) 01:49:20
俺を出してくれ。ホームレス役で良いからさ。
ジョンレノンが好きです。

13 :セクシー仮面:2006/03/14(火) 07:41:43
ちょっとHな話もいれようぜ!

14 :ヘボ作家  ◆9lt18kpH2U :2006/03/14(火) 22:55:41
「・・・暗くなってきたね、そろそろ帰ろっか」
「うん、そだね」
アケミは立ち上がり、スカートの砂を払った。
ノンは、まだ座ったまま川を眺めている。
煌くような蜜柑色は失せ、徐々に重く黒い流れ
が押し寄せてきていた。
ノンとアケミ、二人は今17歳。小学校で2年生の時に
同じクラスになって以来の親友だ。小学校、中学校と
二人は同じ学校へ通ったが、高校はそれぞれ別の学校
になった。ノンは一般進学の高校、アケミは将来看護士
を目指しているので、看護学科のある少し遠い学校に通っている。
家が近いこともあって、二人は別々の高校に進んでからも
度々顔を合わせた。そして、会うたびにノンが何か思いつめた
ような悲しい顔をすることが多くなっているのにアケミは気づいた。
「最近さ、わたし、学校に行ってないんだ」
ノンがクラスで酷いいじめに遭い、とうとう学校に行けなくなって
しまった、という事をアケミが聞かされたのは二ヶ月前、夏休みに
入る少し前のことだ。
肩まで伸びたノンの髪が、風になびいて夕闇に重なる。
「ほら、もう真っ暗になってきたよ」
アケミは、ノンの右肩に手を置いた。ひんやりとした肌の質感が伝わる。

15 :まさに〜:2006/03/17(金) 16:36:54
がんばれ!

16 :土方歳三 ◆ICB/qFT5Rc :2006/05/05(金) 02:23:55
結局三日坊主だったな・・・

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 07:29:50
おい、続きはどうした?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 09:45:16
ジョージマイケルがやってきた。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 13:01:22
マイケルジャクソンもやってきた

20 :読者2:2006/05/16(火) 13:05:09
(お父さんと一緒)っていうのがおもしろかったぞー

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 13:29:01
エルトン・ジョンもやってきた

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/16(火) 13:30:37
そして金田聡子でございま〜す

23 :征露丸 ◆wTko5qO3Jo :2006/05/16(火) 13:36:56
1にはガッカリした
期待して損した

24 :ソロモンの女医:2006/06/07(水) 14:54:54
>>14
>アケミは、ノンの右肩に手を置いた。
ひんやりとした肌の質感が伝わる。

「待って…、まだ帰りたくない。」
ノンは、か細い声で囁いた。小さな肩が震えている。
風になびくノンの髪の隙間から溢れ出る涙を見て、アケミはノンを思わずギュッと抱き締めた。
「ノン、大丈夫だよ、わたしがいるじゃない。」

腕の中のノンはびっくりするほど柔らかくて、アケミは初めての感触に心臓が押し潰されそうになった。

ーー今までこんな風に女の子を抱き締めたことがなかったんだーー

25 :ソロモンの女医:2006/06/07(水) 15:00:25


>>1
ねぇ、質問なんだけども。
ノンは女でいいんだよね?




26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/10(土) 23:44:46
お、ライター交代か。

続きよろ

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)