5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

各作曲家のNo1を決めよう!@現代音楽板 Part 2

1 :ふつつか集計人:2006/05/28(日) 12:13:01 ID:FdsApyR9
 この作曲家といえば、この曲! 的な意見を集計中。
・1週間ごとに作曲家を替えて投票。
・毎週日曜日の昼12:00に締め切り → 集計
・作品ジャンルは問わず、電子音楽、オーケストラ作品、テープ・ミュージックコンクレート、オペラ、珠玉の小品もよし。ただし 「1票/1週/1人」
・投票する際は <<作品名>> と表記。 例:<<イン・C>>  ←カッコは半角2個ずつ
・次回以降に取り上げる作曲家も投票で決定。
・次回希望作曲家は 【作曲家名】 と表記。 例:【テリー・ライリー】
・投票する曲を推す理由など、コメントを付けよう!

★★★★★★★★★★カッコに注意!★★★★★★★★★★★
<< >> ≪ ≫ 《 》 < > 〈〈 〉〉など、
指定以外のカッコでは正確に集計されないおそれがあります。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

<前スレ>
各作曲家のナンバー1を決めよう!Part 14
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1139743229/l50

<おかあさんスレ>
 各作曲家のナンバー1を決めよう!Part 15
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1146345604/

<過去スレ>
 各作曲家のナンバー1を決めよう(ゲソオソ版)
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1129176523/

投票の終わった作曲家、および今までの集計結果は、
http://www.geocities.jp/brass_2ch/contemp_no1.html(Depression ◆.vhanw5dCU さん作成)


2 :?:2006/05/28(日) 12:14:17 ID:FdsApyR9
 第33回投票対象はハンス・ウェルナー・ヘンツェです。
 かなりの多作家。作品ジャンルも広く、その規模も大小いろいろ。
 特にコストのかかりそうなオペラに熱心。
 ジャズやロックの要素を取り込んだりした作品もあり、新作が続々と初演、CDも発売。
 音源にも恵まれていると言えると思います。
 政治的立場云々という問題はありますが、けっこう幅広いファン層があると推測します。
 みなさんの嗜好、あるいは思想信条なども、様々だと思いますが、できるだけ多数の
 投票参加をお願い致します。

●投票する際は <<作品名>> と表記して下さい。 例:<<アトモスフェール>>
●次回希望作曲家は 【作曲家名】 と表記して下さい。 例:【ペンデレツキ】
☆投票を棄権される場合も、次回希望作曲家への投票は行って下さい。
☆可能な限り、投票する曲を推す理由や感想など、コメントを添えて下さい。

第33回の投票締め切りは <6月4日(日)正午> です。

それでは ↓↓↓ 第33回 ハンス・ウェルナー・ヘンツェ  投票スタート ↓↓↓


3 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

4 :7分74秒:2006/05/31(水) 12:39:52 ID:H0Vupto2
この人は時代区分からは現代音楽に入れるしかないが少しも現代音楽的でない。
こういう伝統擁護主義者のナンバーワンなら、やっぱりジャンルは交響曲。
辟易するほどの大仰さがなくて、ちょっと変わった雰囲気が楽しめるということで
<<交響曲第六番>>にしとこう。
いつのまに松平頼則に差をつけられている【間宮芳生】


5 :7分74秒:2006/05/31(水) 21:24:17 ID:GA4LA2tT
風味絶佳<<トリスタン>>で。
【オリヴェロス】

6 : ◆30rKs56MaE :2006/06/01(木) 06:35:06 ID:U4NqBEsG
今まで僕が触れた中では一番新しい、最新作の交響曲ということで<<交響曲第10番>>
「ヴィーナスとアドニス」でもよかったが、やはりスタンダードなフォーマットということで前者。
途中の楽章で弦楽器がタチェットになるのが、いかにもとは言え却って効果的。
交響曲の中では、合唱を用いた第9番が大掛かりだが、物語性が強すぎて
むしr彼の他の舞台作品の表現手段に近い。
初期は伝統的な十二音技法やソナタ形式を用いた表現主義、その傾向は第5番辺りまで続くが、
なにぶん古臭さを必要以上に感じてしまう。古いと割り切って聴けば悪くないが。
2003年のラジオフランス・プレザンス音楽祭は彼の特集で、舞台作品こそなかったものの
(演奏会形式上演はあったが)オケや室内楽をまとめて聴ける良い機会だった。
1960-70年代の政治色の強い舞台作品や、交響曲で言えば第6番辺りが
とくに彼の個性を発揮していると思うが、出来れば最近の作品のほうを推したい。
しかし相当の保守主義であることは否めない。
・・・個人的な話で恐縮だが、例の連続弦楽四重奏10人1分ずつの小品企画で
ヘンツェ御本人が僕の曲を一番気に入ってくれたという感想はありがたく頂いたが。
そう考えると僕もドライを気取りつつ表現主義寄りなのかもしれない。

【ジャン=リュック・エルヴェ】
たまたま今日会ったのでというのが理由だが、IRCAM前スレの最後の方にCD感想を書いたとおり
実際彼は良い曲が沢山ある。

7 :7分74秒:2006/06/02(金) 00:22:46 ID:ZQz95ZZs
あまり数多く聴いてはいないが、へそ曲がりなので

<<ユダヤ年代記Judische Chronik から「叛乱Aufstand」>>

を挙げてしまおう。ブラッハー、ワグナー・レーゲニ、
ハルトマン、デッサウとの合作の中心となる楽章、
しかも間にデッサウのパートが一部挟まるのだが、
合唱が絶叫する「Rede!」が特に印象深い。他では
ブラッハー「プロローグ」とハルトマン「ゲットー」が好み。
ただあまりに時代の翳を纏ってしまった感があり、
ケーゲルの録音以降、演奏機会は稀ではないかと予想。

【ウストヴォリスカヤ】

8 :7分74秒:2006/06/02(金) 07:31:59 ID:8Yknu5Ls
<<交響曲第九番>>で決まり。
【松平頼則】

9 :7分74秒:2006/06/03(土) 15:10:34 ID:Op+axfpo
早くも土曜日のお昼ですが、今週も投票がすくない・・(泣)

私のヘンツェのNr1お薦めは <<メデューズ号の筏>> です。
メッツマッハー指揮のハイライトも良い演奏ですが、なんと11月にはラトル/BPOのプログラムにも入ってる!(らしい)
これはCDになるんだろうと思います。
この方の自伝もなかなかおもしろいです。彼の音楽性そのまま、適度の上品なユーモアもあり、
キューバのカストロ議長とか、著名な指揮者、演奏家とのエピソードなど、ちょっと本当かな? と思うような
暴露もあって。
今のところ翻訳は英語しかありません。邦訳される見込みは限りなくゼロに近い(かな?)

集計人の代理を申し出て下さった方、ありがとうございます。
間近になって予定が固まってから調整したいと思いますが、
暫定的に ◆30rKs56MaE さん、お願いすることにいたします。
どうかよろしく。


10 :7分74秒:2006/06/03(土) 23:35:35 ID:y2zx2BsQ
ヘンツェは苦手。なぜこんなにもてはやされるのか分からんというのが
正直なところ。(それを言ったら嫌いな音楽はなんだってそうだが (^^;))
というわけで棄権して【ペンデレツキ】に積み。


11 :7分74秒:2006/06/04(日) 00:05:46 ID:AXASzeEY
棄権しようかと思ったけど、集計人さんが嘆いておられるので
<<トリスタン>>で。なんか不気味というか、気持ち悪いというか。
集計人さんと同じ本か分からないけど、「音楽と政治」という本に
オーデンが死んだり、ピノチェトが大統領になったりといった
「不安な時代」を意識してるとか書いたあったような気がする。

ヘンツェと親交もあったし、オーデンつながりともいうことで【ブリテン】

12 :7分74秒:2006/06/04(日) 12:07:26 ID:uRF5z4J9

 第33回 ハンス・ウェルナー・ヘンツェ 集計結果 (2006.6.4)   投票数*7 (棄権を除く) 投票曲数 6


 2 「トリスタン」
 1  交響曲第6番
 1  交響曲第9番
 1  交響曲第10番
 1 「叛乱Aufstand」(「ユダヤ年代記」から)
 1 「メデューズ号の筏」

 今回は前回とうってかわっての超低投票率でした。残念。
 結果は、1970年代の代表作「トリスタン」が二票を獲得し一位となりました。
 現在は市販音源が無い(?)ようです。タイトルから推すと、19世紀のワグナー、
 20世紀のメシアン「トゥーランガリラ」の系列に連なるかのようですが、一回しか
 聞いた事のない集計人には、そのあたりがよく分からないままになっているのを
 思い出しました。むしろ、ピアノ協奏曲の変種と言えるのでしょうか?
 投票結果から考えると、ヘンツェは現代音楽を積極的に聞く人には好まれてない
 という印象を受けました。新ロマン主義様式と一口に言っても作風は様々ですが、
 聞きにくい要素の強い音楽ではないように思います。
 あるいは、ヘンツェはあまりに一般受けしすぎている作曲家だといえるのかも知れません。


13 :7分74秒:2006/06/04(日) 12:08:15 ID:uRF5z4J9

= 次回希望作曲家集計 =

11 松平頼則/クシュトフ・ペンデレツキ/ガリーナ・ウストヴォリスカヤ
10 ー 
 9 コンロン・ナンカロウ
 8 伊福部昭
 7 ヘルムート・ラッヘンマン/高橋悠治
 6 ジョン・ケージ/ブライアン・ファーニホウ/アルフレット・シュニトケ
 5 コーニリアス・カーデュー/アルヴィン・ルシエ/サルヴァトーレ・シャリーノ
   /平義久/矢代秋雄
 4 ソフィア・グバイドゥーリナ/早坂文雄/近藤譲/間宮芳生/ハリー・パーチ
   /ミキス・テオドラキス
 3 ギャバン・ブライアーズ/エリオット・カーター/エディソン・デニソフ
   /パスカル・デュサパン/マイケル・フィニスィー/ローランド・カイン
   /黛敏郎/松平頼暁/トリスタン・ミュライユ/ポーリン・オリヴェロス
   /アウリス・サリネン/カールハインツ・シュトックハウゼン*   

 2 カレヴィ・アホ/ピーター・マックスウェル・デイヴィス/フランコ・ドナトーニ
   /ティエリ・エスケシュ/フィリップ・グラス/ロマン・ハウベンストック=ラマティ
   /細川俊夫/池辺晋一郎/望月京/アルヴォ・ペルト/E.シュティーブラー
   /田中カレン/鶴見幸代/エドガー・ヴァレーズ
 1 芥川也寸志/ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/PDQバッハ
   /フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ/別宮貞雄/タデウス・ベイルド
   /ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ/ベンジャミン・ブリテン/ヤニ・クリストウ
   /フレッド・フリス/藤枝守/ベアト・フラー/グラハム・フィットキン
   /ピーター・ガーランド/権代敦彦/ヘンリク・ミコワイ・グレツキ
   /ジョナサン・ハーヴェイ/林光/ジャン=リュック・エルヴェ/ロビン・ホロウェイ
   /池野成/石井眞木/ミカエル・ジャレル/アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子  
   /ヴォイツィエフ・キラール /ドミトリー・コゥリャンスキ/ダニエル・レンツ
   /ミカエル・レヴィナス/スティーブ・マートランド/諸井三郎/野田暉行
   /オルガ・ノイヴィルト/ペール・ヘンリク・ノルドグレン/ペア・ノアゴー
   /大栗裕/大澤寿人/ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン
   /エイノユハニ・ラウタヴァーラ/フレデリク・ジェフスキ/佐藤眞   
   /ジョセフ・シュワントナー/フローラン・シュミット/ディーター・シュネーベル
   /アーメット・アドナン・サイグン/シャプルジ・ソラブジ/鈴木輝昭/譚盾
   /ジェームス・テニー/マーク=アンソニー・タネジ/カール・ヴァイン/尹伊桑


14 :7分74秒:2006/06/04(日) 12:15:19 ID:uRF5z4J9
 次回作曲家希望の累積一位は前週末と変わらず、ヘンツェの抜けたあとの三者が同票。
 アルファベット順で松平頼則の作品を投票対象とします。

 今週の新エントリーは没してはや三十年のブリテン。
 そして、ジャン-リュク・エルヴェ・・なのですが、集計人も詳しく存じ上げません。
 Shub Niggurath というロックグループの構成メンバーに同じ名前を発見したのですが
 >>6  これって同一人なのでしょうか?
それから野田憲太郎さんの音源の件はどのような目途になっていますでしょうか?
あわせて教えて下さい。
  


15 :7分74秒:2006/06/04(日) 12:20:48 ID:uRF5z4J9
 上記報告のとおり、第34回投票対象は松平頼則です。

 著書「近代和声学」にはお世話になりました。NaxosからもCDが発売され、もはや
 一般の音楽ファンにも浸透しているのではないでしょうか?
 多数の投票参加をお願い致します。

●投票する際は <<作品名>> と表記して下さい。 例:<<アトモスフェール>>
●次回希望作曲家は 【作曲家名】 と表記して下さい。 例:【ペンデレツキ】
☆投票を棄権される場合も、次回希望作曲家への投票は行って下さい。
☆可能な限り、投票する曲を推す理由や感想など、コメントを添えて下さい。

第34回の投票締め切りは <6月11日(日)正午> です。

それでは ↓↓↓ 第34回 松平頼則  投票スタート ↓↓↓


16 :7分74秒:2006/06/04(日) 19:17:00 ID:uRF5z4J9
投票もしておきます。
日本作曲界の草分けの一人として、創作活動は第二次世界大戦を初期に
はさんでの長きにわたり、その間、様式は時代の流行を反映して推移しつつも、
その端整典雅な音楽は一貫して高い品格を守り、頽廃や破壊からはるか遠く、
あらゆる俗塵を離れて、清浄無垢な音世界を作り上げた、日本では希有な
作曲家と評価したいと思います。
近藤譲とも伊福部とも違う特異な個性は、簡単に、新古典的と言うだけには
済ませられません。
晩年の作品に至っても、ますます輝きを増していたように思います。
一作品を選ぶとすれば、作曲者のテキストへの愛着がよくくみ取れる
<<源氏物語>>にしたいと思います。

コメントを奨励しておりますが、絶対というわけではありません。
ほかの方の長文コメントへのレスや、作品・作曲家に関する疑問など
いろいろあると思います。
気軽に投票して下さい。


17 :7分74秒:2006/06/04(日) 23:39:21 ID:RZ2pjFjr
>集計結果サイト作成者さん

クセナキスの1位が「アンティフォナーレ」になってますよ。正しくは「エヴリアリ」です。

で、松平頼則はCD2枚しか持ってません。あれとあれです。分かるでしょ。
ダンス・サクレとダンス・フィナルより<<ダンス・フィナル>>と表記すればいいのでしょうか。
これを一作品として扱って良いのかどうか分かりませんが、とりあえず投票。

18 :Depression ◆.vhanw5dCU :2006/06/05(月) 01:57:09 ID:Ip5/egVJ
>>17 集計結果サイト作成者さん
はい、わたしです。
クセナキスっていうたら、第3回でえらい前のことですね。
何をとり間違ったんか・・・ありえない間違えですね。
一応、訂正はしましたけど、むー、いやぁ、ありえないわ、何と間違ったんやろ。。。

さて、合唱板の集計を反映して一段落。
松平頼則は、もうサッパリです。。。思い切ってCDでも買うべきか。。。
現代音楽そのものは、未だ守備範囲じゃないから、冒険だなぁ。
過去ログ読み返してみようか、それまで今堀拓也さんでも聞き入るか。
とりあえず、今回は<<棄権>>ってことで。
次は【早坂文雄】につみます。

19 : ◆30rKs56MaE :2006/06/05(月) 06:44:20 ID:4uhqGLPI
>>14
野田憲太郎氏については、僕は野田君本人ではないのでなんとも・・・
彼のスレ
ttp://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1121099437/
では準備中とのことです。
彼も忙しい人だと思いますが、多くの人が音源を望んでいると上記スレでアピールしてみるのも
良いアプローチになると思います。

ジャン=リュック・エルヴェについてはこちら。2000年には京都のヴィラ九条山にも滞在しています。
ttp://brahms.ircam.fr/textes/c00001016/
ttp://www.cdmc.asso.fr/biographies/h_l/herve.htm
ttp://www.ensemble2e2m.com/biographies/herve.htm
市販CDはこちら
ttp://www.ensemble2e2m.com/biographies/herve.htm
IRCAM前スレで僕がこのCDのレビューを書きました。(外部ミラー)
ttp://www.geocities.jp/ircam_2ch_log/1115653343.html#R862

20 : ◆30rKs56MaE :2006/06/05(月) 07:33:47 ID:4uhqGLPI
>>9
8月の集計代理は今のところ大丈夫です。
ただしなにぶん先の予定ですので、もし万が一どうしても外れることになる場合は
辞退の旨を書き込みますので、その時はご了承下さい。
また僕が集計することに決まった場合、僕の住んでいる地域は時差が7時間あり、
日本時間の午後12時はこちらの早朝5時となり、この時間の締め切りおよび直後の集計は
僕には無理がありますので、時間を調整して頂くことになると思います。ご理解下さい。
>>18
聞き入るという表現をされたのは初めてかも・・・いやいやどうも、ありがとうございます。
松平頼則については、どうせCDを買うのならレビューを参考にして来週にまわしても良いでしょうね。
もちろん彼の場合ほとんど限られると思いますが。

<<春鶯囀>>
オーケストラプロジェクト96で初演、それが「現代の音楽」で放送されたのを
1年後か2年後にエアチェックテープで聴いた。その後CDも発売。
その頃は大学に入ったばかりで、大学の先生の作品が演奏された時の録音というので
大学オケのクラヲタの知人からテープを借りて聴いたのだが、その後に入っていたこの作品が
あまりに精緻かつ鋭い感性がきらりと光る出来で、先生には大変失礼だがその松平作品のほうが
ずっと強く印象に残ることになった。それが松平頼則初体験。
またその演奏会で他は全て単曲構成だったのに対し、この曲は複数の楽章に分かれていて、
単曲構成のほかの作品よりもその一つ一つの小品が既に強烈な説得力を持っていた。
もちろんその頃の僕の耳は今と比べてだいぶ鈍かったと思うが、そういう初心者ですら
ぐっと引き込むだけの力のある作品というのは、精緻な眼を持って楽譜を見ても
必ずしっかり書かれている。

親子ということで【松平頼暁】
推すとしたら特に電子音楽作品かな。

21 : ◆30rKs56MaE :2006/06/05(月) 07:41:22 ID:4uhqGLPI
ちなみに春鶯囀は「しゅんおうでん」と読みます。念のため。
意味は読んで字のごとく春にうぐいすがさえずるという意味。
全く同じ漢字で雅楽の古典曲があるらしい。
また三木稔も同名の曲(たしか二十絃筝協奏曲)を書いているはずだが、
そちらはnがリエゾンして「しゅんのうでん」と読ませるらしい。
古語だから本来リエゾンするのが正しいのかな。

22 :7分74秒:2006/06/05(月) 12:43:35 ID:6qcvCZcN
<<ピアノとオーケストラのための主題と変奏>>
すっかりはまってしまったので。
【細川俊夫】
よく知らないのですが、この人も細川家の人?

23 :7分74秒:2006/06/05(月) 12:49:22 ID:6qcvCZcN
>>19

「市販CDはこちら」のURLが間違ってるようです。

24 :7分74秒:2006/06/05(月) 22:23:05 ID:4BcCsrFH
集計人はいちいちコメント必要ない。
投票が流れてしまって見づらい。

25 : ◆30rKs56MaE :2006/06/05(月) 22:25:32 ID:4uhqGLPI
>>24
専ブラ導入しる。
集計全体の動向を把握する上で集計人のコメントは歓迎。

26 :7分74秒:2006/06/05(月) 22:47:25 ID:4BcCsrFH
ああなんだなんかごちゃごちゃ発言が多いから今堀が仕切ってるのかと思ったよ(w。すまんすまん

27 :7分74秒:2006/06/06(火) 04:05:56 ID:1iGoGIFs
前スレでも話題にもなっていましたが、ゲソ板でクラシックの作曲家の
投票をしたら面白いんじゃないかと。過疎化している気もするので。
勿論、この板のメインはゲソなので、3〜4回に1回ぐらいの頻度で。
クラの作曲家の投票時に、次回のクラの作曲家の希望を集計していく
というのはどうでしょうか?
ショスタコの投票のときは、クラ板と全く違う結果で面白かったですよ。
クラとゲソの境界線はどこか?、ゲソ板の住人はクラをあまり聴いて
いないんじゃないか?とか、いろいろ問題点もあると思いますが。

28 :7分74秒:2006/06/06(火) 15:18:12 ID:NtFu/eeI
>>27 それもいいんじゃないか。
モーツァルトやベートーヴェンなら聞いてないとは言ってられないだろう。

投票は<<迦稜頻>>に。
ほとんど日本では人気がなかったが海外では高く評価された、
松平を代表するのにふさわしい作品だから。

【近藤譲】

29 : ◆30rKs56MaE :2006/06/06(火) 17:42:12 ID:JdG8LHaI
>>27-28
さすがに板違いだと思う。20世紀以降に活躍した作曲家などに限るとしても。
しかし一週間という時間は結構長い。候補に挙がっている他の現代音楽の作曲家も
面白い面々がたくさんいる。まずはそちらを優先させるべきだと思うし、
例え投票が少なくとも啓蒙にはなる。というわけで僕は反対。

30 :7分74秒:2006/06/06(火) 19:07:33 ID:PcPusV+q
NAXOSで聴いた<<ピアノとオーケストラのための主題と変奏>>。
珍しい部類に入ると思います。次回は【池辺晋一郎】で。

>>29
まあ定期的にやるのには自分も反対。
せいぜい、たまーに特別な週を作って「非現代」クラシック全範囲で
やってみるくらいでちょうどいいと思う。

31 :7分74秒:2006/06/06(火) 20:23:19 ID:JxUosNLg
<<ピアノと管弦楽のための主題と変奏>>
(南部民謡じゃなくて越天楽のほうね)

まあ松平作品としては初期というか、本領発揮以前ということになる
のかもしれないが、個人的には好きな曲だし、国民楽派日本版としては
ベストの部類じゃないかと思う。

【ペンデレツキ】

32 :7分74秒:2006/06/07(水) 07:34:18 ID:tfPuo9Aq
いままでに聞いた作品でイヤな印象の曲はひとつもないけど
一曲なら<<ピアノと管弦楽のための主題と変奏>>ですね。
二週続けてピアノ+オケ+αの曲が一位になりそう。
【シュトックハウゼン】再投票希望。

ついでに宣伝↓
ttp://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147722491/l50
20世紀音楽作品の人気投票やってます。


33 :7分74秒:2006/06/07(水) 09:10:11 ID:lE4I1Cg7
お前らの二十世紀名曲ベストテンをあげろ!! 
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1149624523/

34 :7分74秒:2006/06/08(木) 00:49:23 ID:RhezE/xH
やはり例の2CDを聴いてみて、特に好ましかったのは
<<フィギュール・ソノール>>だった。もしかしたら演奏の
出来に拠るものかもしれないが。

ウストヴォリスカヤ…は一旦引いて【ペンデレツキ】を
先にやっとこうか。こっちの方が繁盛しそうだし。

35 :7分74秒:2006/06/09(金) 00:03:16 ID:8BnEvSEp
<<危険>>【ショスタコーヴィッチ】

36 :7分74秒:2006/06/09(金) 05:04:04 ID:3rUif6Fd
<<ピアノとオーケストラのための主題と変奏>>
【リチャード・アイレス】

37 :7分74秒:2006/06/09(金) 19:29:59 ID:hE1BOpYB
21世紀を代表する孤高の天才シンガー”きんじ”について語りましょう。

2004年の12月にアリーナミュージック主催のオーディションにて、
溢れ出さんばかりの才能を披露し2006年の3月にCDデビュー。
デビュー曲は「ジュエルインサイド」。
自身が運営する公式サイトには作品の試聴や、
彼自身の日々を綴った日記(みんなへのメール)もあり、
彼のその存在感に魅了されたファンが毎日10000人押し寄せる。

詳しくは公式サイト参照
http://www.h7.dion.ne.jp/~kinjy/100homesimple.htm


38 :7分74秒:2006/06/11(日) 12:04:45 ID:aEdQuNDk
 第34回 松平頼則 集計結果 (2006.6.11)   投票数*10 (棄権を除く) 投票曲数 6

5 ピアノと管弦楽のための主題と変奏
1 「春鶯囀」
1 「源氏物語」
1 ダンス・フィナル(ダンス・サクレとダンス・フィナル拠り)
1 「迦稜頻」
1 フィギュール・ソノール


39 :7分74秒:2006/06/11(日) 12:05:52 ID:aEdQuNDk
= 次回希望作曲家集計 =

13 クシシュトフ・ペンデレツキ
12 ー
11 ガリーナ・ウストヴォリスカヤ
10 ー 
 9 コンロン・ナンカロウ
 8 伊福部昭
 7 ヘルムート・ラッヘンマン/高橋悠治
 6 ジョン・ケージ/ブライアン・ファーニホウ/アルフレット・シュニトケ
 5 コーニリアス・カーデュー/早坂文雄/近藤譲/アルヴィン・ルシエ
   /サルヴァトーレ・シャリーノ/平義久/矢代秋雄
 4 ソフィア・グバイドゥーリナ/間宮芳生/松平頼暁/ハリー・パーチ
   /シュトックハウゼン* /ミキス・テオドラキス
 3 ギャバン・ブライアーズ/エリオット・カーター/エディソン・デニソフ
   /パスカル・デュサパン/マイケル・フィニスィー/細川俊夫
   /池辺晋一郎/ローランド・カイン/黛敏郎/トリスタン・ミュライユ
   /ポーリン・オリヴェロス/アウリス・サリネン  

40 :7分74秒:2006/06/11(日) 12:07:53 ID:aEdQuNDk
 2 カレヴィ・アホ/ピーター・マックスウェル・デイヴィス/フランコ・ドナトーニ
   /ティエリ・エスケシュ/フィリップ・グラス/ロマン・ハウベンストック=ラマティ
   /望月京/アルヴォ・ペルト/E.シュティーブラー/田中カレン/鶴見幸代
   /エドガー・ヴァレーズ

 1 芥川也寸志/ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/リチャード・アイレス
   /フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ/別宮貞雄/タデウス・ベイルド
   /PDQバッハ/ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ/ベンジャミン・ブリテン
   /ヤニ・クリストウ/フレッド・フリス/藤枝守/ベアト・フラー
   /グラハム・フィットキン/ピーター・ガーランド/権代敦彦
   /ジョナサン・ハーヴェイ/林光/ジャン=リュック・エルヴェ/ロビン・ホロウェイ
   /ヘンリク・ミコワイ・グレツキ/池野成/石井眞木/ミカエル・ジャレル  
   /アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子/ヴォイツィエフ・キラール
   /ドミトリー・コゥリャンスキ/ダニエル・レンツ/ミカエル・レヴィナス
   /スティーブ・マートランド/諸井三郎/野田暉行/オルガ・ノイヴィルト
   /ペール・ヘンリク・ノルドグレン/ペア・ノアゴー/大栗裕/大澤寿人
   /ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン/エイノユハニ・ラウタヴァーラ   
   /フレデリク・ジェフスキ/佐藤眞/ジョセフ・シュワントナー
   /フローラン・シュミット/ディーター・シュネーベル
   /ドミトリー・ショスタコーヴィッチ/アーメット・アドナン・サイグン
   /シャプルジ・ソラブジ/鈴木輝昭/譚盾/ジェームス・テニー
   /マーク=アンソニー・タネジ/カール・ヴァイン/尹伊桑


41 :7分74秒:2006/06/11(日) 12:09:11 ID:aEdQuNDk
 第34回は、「ピアノと管弦楽のための主題と変奏」が圧倒的勝利を収めました。
 知人から、日本作曲家選輯のCDが売り上げ好調と聞いていたので、
 総投票数があまり上がらなかったのは予想外れでした。
 
 次ぎに取り上げるのは、アウシヴィッツやヒロシマの大量虐殺を批判した作品で
 有名なペンデレツキです。
 最近の作品からは前衛的傾向は後退した印象を受けますが、60年代はリゲティと
 ともにトーンクラスター技法をポピュラーにし、当時は、最先端を行っていた(?)
 そういえば二人とも曲がきわめて印象的なかたちで映画に使われてもいます。
 現代音楽にまったく興味のない人達も、知らず知らず曲を聞いているはず。
 今週はそのあたりの一般認知度がどう投票結果に表れるか注目しております。
 それでは
 ↓↓↓ 第35回 クシシュトフ・ペンデレツキ 投票スタート ↓↓↓
 (ずっと名前の表記が間違ってました。すいません m(_ _)m
 

42 :7分74秒:2006/06/11(日) 23:08:04 ID:NIClRT3y
ルトスワフスキは前衛からストラヴィンスキー辺りへ戻っていったが、
ペンデレツキは更にマーラーかR.シュトラウスまで先祖返りしてしまった。
とは言いつつも、<<チェロ協奏曲第2番>>は1番より好きなんだなあ。
曲頭の弦刻みの音程ずらしと鐘の音がイカス。

【ウストヴォリスカヤ】

43 :7分74秒:2006/06/12(月) 00:18:06 ID:uwDn5AYK
<<ルカ受難曲>>で。第一期黄金時代の頂点。第二期黄金時代があったかどうかはっきりしないが。
旋回投票しそこねて悔しい思いした【サーリアホ(再)】を希望。

44 :7分74秒:2006/06/12(月) 07:44:13 ID:Rzb54Aji
投票者 常時3人以下のおかん

45 :7分74秒:2006/06/12(月) 18:58:28 ID:AjQb7eGs
何やってもベタな人だし、投票もベタでよかろうよ
<<広島の犠牲者に捧げる哀歌>>
【ラッヘンマン】

46 :7分74秒:2006/06/12(月) 19:39:06 ID:uwDn5AYK
>>45
それは過小評価しすぎ、ルトスワフスキだって若い頃の作風すてちゃったし
年食ったらみんなダメになるもんなんじゃないか?
<<ルカ受難曲>>
ウストヴォリスカヤはもう安全圏だし、ブライヤーズはベタかもしれないし、
今週は【カーデュー】でも積み。


47 :7分74秒:2006/06/12(月) 19:44:11 ID:e88iTcgl
ペンデレツキっていえばやっぱりとんがってた頃のがいい。
PolymorphiaとかDe natura sonorisとかも面白いんだが、
一聴したときのインパクトの強さで<<弦楽四重奏曲第1番>>にイピョー

V協聴いたときはマジ呆然(^^)。でも今から考えればだが前々から
少々あぶなっかしい感じはあったような・・・

関係ないけど西村朗も最近同じ轍を踏みかけてないか?

【福島和夫】まだないみたいだな。


48 :45:2006/06/12(月) 20:39:16 ID:0+V6qSMV
>>46
確かに過小評価しすぎと言われてしまえば一言もないが。
でも、「年食ったらみんなダメになるもんなんじゃないか?」ってのは納得いかない。
例外はいくらもいるよ。

49 :7分74秒:2006/06/12(月) 22:33:26 ID:uwDn5AYK
そうか?
「例外」あげてみてくれ。

50 :7分74秒:2006/06/12(月) 23:06:57 ID:74Q1xapG
>>49
サン=サーンス

51 :7分74秒:2006/06/13(火) 00:27:06 ID:Psr4ghU8
>>49
ノーノ

52 : ◆v0Z8Q0837k :2006/06/13(火) 06:55:17 ID:fUE8TUI2
初参加します(^o^)/

ペンデレツキさん、まだ全部聴いてないけれど
いま一番よく聴いてるのは「Partita」です!
まだ現代音楽初心者だから、作品として良いのか悪いのかわからないけれど…
ハープシコードやエレキギター、ベースギターとかを使っていて
珍しい楽器の組み合わせだったので面白かったです♪

失礼しましたm(_ _)m

53 : ◆v0Z8Q0837k :2006/06/13(火) 06:58:36 ID:fUE8TUI2
↑書き方間違えました(^^ゞ
<<Partita>>です。

54 :7分74秒:2006/06/13(火) 21:45:18 ID:9VFkMFHs
確かにベタですが、これが最高な気がします。
<<広島の犠牲者に捧げる哀歌>>
【シュニトケ】

55 :45:2006/06/13(火) 21:59:48 ID:Ex4tsJ0V
>>49
いつもなら同じ頃に亡くなった武満との比較で柴田南雄の名を挙げるのだが、
今日は涙にかきくれ「リゲティ」と言うことにする。

56 :7分74秒:2006/06/14(水) 05:26:48 ID:fqDKEv0W
>>49
ケージ、フェルドマン、シュトックハウゼン、松平頼則(頼暁も)

57 :7分74秒:2006/06/14(水) 12:30:22 ID:ExJ0zRcb
<<広島の犠牲者に捧げる哀歌>>
【リゲティ(再)】
今堀さんにリゲティ追悼曲を委嘱!

58 : ◆30rKs56MaE :2006/06/14(水) 17:33:43 ID:il7hP3fr
<<交響曲第1番>>
前期の作風をまとめる集大成がこれだと思う。
折衷様式に入っていく「ルカ受難曲」、調性回帰する「交響曲第2番(クリスマス・シンフォニー)」も
人口に膾炙しているが、推すとしたら第1番。

最近活躍が目覚しい【イェルク・ヴィットマン】

59 :7分74秒:2006/06/15(木) 12:58:28 ID:lh7xkBcU
>>58  なるほど、論理的でよくわかるチョイスですね。
私は非論理的だが、<<ルカ受難曲>> 
様式は折衷的かもしれないが、濃密さや劇性においては最高水準の曲と思います。

60 :7分74秒:2006/06/16(金) 05:12:48 ID:XgdVa4vo
<<ルカ受難曲>>
様式とか関係なくまあこれでしょ。
【シャリーノ】に積み。

61 :7分74秒:2006/06/16(金) 09:19:07 ID:l1lgZtUJ
様式に関係なく「ルカ受難曲」は苦手。よさが分かるような演奏かCDに出会いたい。
LPを持ってる<<広島の犠牲者に捧げる哀歌>>に一票。
【ディーター・シュネーベル】
あとは宣伝。
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147722491/l50
本日更新しました。


62 :61:2006/06/16(金) 09:21:43 ID:l1lgZtUJ
ごめんなさい。こっちです↓
http://www.peerlesspeers.com/music20c.html


63 :7分74秒:2006/06/16(金) 19:31:14 ID:4EKGyKDH
<<マニフィカート>>

【近藤譲】

64 :7分74秒:2006/06/17(土) 01:16:26 ID:6NlkypbW
ルカ受難曲は色々詰め込んであってこってりしすぎというか
凄いんだけど聴いてて疲れるんだよな。
同じ時期の作品だけど、<<カプリッチョ>>はなぜかよく聴く。
ルカほどこってりしてないし、ヴァイオリンの響きは耳に心地よい。

【伊福部昭】

65 :7分74秒:2006/06/17(土) 08:49:54 ID:P7FxRA1A
<<Polish Requiem>>【Osvald Golijov】

66 :7分74秒:2006/06/18(日) 12:05:41 ID:nvGUpPr+

 第35回 クシシュトフ・ペンデレツキ 集計結果 (2006.6.18)   投票数*15(棄権を除く) 投票曲数 9

 4 ルカ受難曲
   広島の犠牲者に捧げる哀歌
 1 交響曲第1番
   チェロ協奏曲第2番
   弦楽四重奏曲第1番
   パルティータ
   マニフィカート
   カプリッチョ
   ポーリッシュ・レクイエム


67 :7分74秒:2006/06/18(日) 12:06:27 ID:nvGUpPr+
= 次回希望作曲家集計 =
 
 12 ガリーナ・ウストヴォリスカヤ
 11 ー  
 10 ー 
 9 コンロン・ナンカロウ/伊福部昭
 8 ヘルムート・ラッヘンマン
 7 高橋悠治/アルフレット・シュニトケ
 6 ジョン・ケージ/コーニリアス・カーデュー/ブライアン・ファーニホウ
   /近藤譲/サルヴァトーレ・シャリーノ
 5 早坂文雄/アルヴィン・ルシエ/平義久/矢代秋雄
 4 ソフィア・グバイドゥーリナ/間宮芳生/松平頼暁/ハリー・パーチ
   /シュトックハウゼン* /ミキス・テオドラキス
 3 ギャバン・ブライアーズ/エリオット・カーター/エディソン・デニソフ
   /パスカル・デュサパン/マイケル・フィニスィー/細川俊夫/池辺晋一郎
   /ローランド・カイン/黛敏郎/トリスタン・ミュライユ
   /ポーリン・オリヴェロス/アウリス・サリネン  
 2 カレヴィ・アホ/ピーター・マックスウェル・デイヴィス/フランコ・ドナトーニ
   /ティエリ・エスケシュ/フィリップ・グラス/望月京/アルヴォ・ペルト
   /ロマン・ハウベンストック=ラマティ/E.シュティーブラー/田中カレン
   /ディーター・シュネーベル/鶴見幸代/エドガー・ヴァレーズ
 1 芥川也寸志/ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/PDQバッハ
   /リチャード・アイレス/フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ/別宮貞雄
   /タデウス・ベイルド/ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ/ヤニ・クリストウ
   /ベンジャミン・ブリテン/フレッド・フリス/藤枝守/ベアト・フラー
   /☆福島和夫/グラハム・フィットキン/ピーター・ガーランド/権代敦彦/林光
   /ジョナサン・ハーヴェイ/ジャン=リュック・エルヴェ/ロビン・ホロウェイ
   /☆オズヴァルド・ゴリジョフ/ヘンリク・ミコワイ・グレツキ/池野成  
   /石井眞木/アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子/ヴォイツィエフ・キラール
   /ミカエル・ジャレル/ドミトリー・コゥリャンスキ/ダニエル・レンツ
   /ミカエル・レヴィナス/ジョルジ・リゲティ*/スティーブ・マートランド
   /諸井三郎/野田暉行/オルガ・ノイヴィルト/ペール・ヘンリク・ノルドグレン
   /ペア・ノアゴー/大栗裕/大澤寿人/ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン
   /エイノユハニ・ラウタヴァーラ/フレデリク・ジェフスキ/佐藤眞
   /カイヤ・サーリアホ*/ジョセフ・シュワントナー/フローラン・シュミット
   /ドミトリー・ショスタコーヴィッチ/アーメット・アドナン・サイグン
   /鈴木輝昭/シャプルジ・ソラブジ/ジェームス・テニー/譚盾
   /マーク=アンソニー・タネジ/カール・ヴァイン/☆イェルク・ヴィットマン
   /尹伊桑


68 :7分74秒:2006/06/18(日) 12:10:25 ID:nvGUpPr+

 第35回は、「ヒロシマの犠牲者に捧げる哀歌」と「ルカ受難曲」がデッドヒート。
 決着なく、一位はこの二曲ですが、二十年前にこの調査をやっても「ヒロシマ・・」
 は一位だったでような・・・不滅の名曲といっておきます。
 
 次ぎはお待ちかね、ウストヴォリスカヤです。知名度は高いといっていいですね。
 このスレッドでは交響曲が一位になった事はありませんが、はたして彼女の場合は?

 >>52 さん、ようこそ。すえながくご支援のほどを。それでは、

 ↓↓↓ 第36回 ガリーナ・ウストヴォリスカヤ 投票スタート ↓↓↓


69 :7分74秒:2006/06/18(日) 12:31:16 ID:nvGUpPr+
どうも忘れてしまいがちなので、先に投票をしておきます。
いきなりベタだと言われそうですが、思い切って、
<<コンポジションII「怒りの日」>>
最初に聴いた彼女の作品ですが、同時に、一番強いインパクトをうけた曲です。
楽器編成がかなり変わってますが、必要十分にして無駄も余剰も無いと思える。
不思議ですね。
次回作曲家希望の一覧ですが、☆がついてるのが新顔、*が後ろにあるのは(再)
という意味です。
次回投票希望の投票ははじめてですが、【エリオット・カーター】を推します。
リゲティの訃報は突然な気がしました。
まだまだ枯渇しらずで精力的だと信じていたので。(カーターはバケモノか?)


70 :7分74秒:2006/06/18(日) 14:06:43 ID:zipqjY3k
聴いたことない。棄権
ウェイティングリスト見ると、しばらく投票できそうもないな・・・
【福島和夫】に積んでおきます。

71 :期間限定復活/小田諭:2006/06/18(日) 15:12:53 ID:9j1TMNFg
ガリーナ・ウストヴォリスカヤって, 誰だよ!!!

72 :7分74秒:2006/06/18(日) 16:53:56 ID:BkZSZaZ2
一曲も聴いたことないな。
【つんく】

73 :7分74秒:2006/06/18(日) 19:28:29 ID:ITik731g
<<sonata No.6>>
ピアノソナタのどれにしようか迷ったが、これを推しておく。
68か69歳の時の作品なんだよね、これ...

【ドナトーニ】

74 :7分74秒:2006/06/19(月) 08:26:46 ID:m02BwFt5
>このスレッドでは交響曲が一位になった事はありませんが、

ショスタコ‥と一瞬思ったけど、ヴィオラソナタだった。
<<交響曲第5番 アーメン>>で。これって交響曲と言うよりミサ曲だとおもうけど。

>>71
釣り? マジレスするとショスタコ以後のロシアで最大の大作曲家。
【グバイドゥリーナ】いっとこうかな。


75 : ◆30rKs56MaE :2006/06/19(月) 09:59:35 ID:zoljSAQL
聴取体験が少なすぎる。棄権するしかない。
Hat HutのCDなど数枚は持っているんだけど、聞き込まないうちに日本に置いてきた。
今週は皆さんの評を参考に勉強させてもらいますか。

【ソフィア・グバイドゥーリナ】まだ彼女に投票していなかったじゃないか。
こっちならいろいろ語りたい薀蓄もいっぱいあるんだけどね。

76 :7分74秒:2006/06/20(火) 07:35:33 ID:T8Hiffkw
ウストヴォリスカヤ、じっくり聞いてみたいなと思い始めた矢先です。
世界的には相当の知名度があり、交響曲はどの曲もファンに強く好まれているようです。
特に5番。
http://www.peerlesspeers.com/music20c.html
今朝更新しました。
あと一歩で100位以内にはいる作品のある【ドナトーニ】


77 :7分74秒:2006/06/21(水) 08:56:12 ID:FZT6vw7o
ぢゃあ<<ピアノソナタ7番>>
【グバイドゥリーナ】

78 :シスコーン小田 ◆eOwhT.MPqI :2006/06/21(水) 20:05:50 ID:QNwAMZ+/
しらないけど投票だけしとこう
別に2ちゃんで薀蓄語ってもばかみたいだけど好きだから
【高橋悠治】

79 :7分74秒:2006/06/21(水) 23:58:36 ID:RyQNGFVu
これまで積んで来てはみたものの、啓蒙するほど聴き込んだ訳でもなく。
周囲の反応を見てみたかったのだが、予想以上に知られていない模様。

数年前、ケント・ナガノが第九の前座にリゲティの「ルクス・エテルナ」と
ウストヴォリスカヤの交響曲第4番「祈り Prayer」(と言ってもMS,Trp,Pf,
TamTamによる8分程度の曲)を置くという荒業を日本で!やったのを
覚えている人はいるだろうか?

自身の初体験はデ・レーウ&シェーンベルクEnsのコンポジションI,II,IIIを
収録したPHILIPS盤。ひたすら鋼鉄のハンマーで打ち据えられ続けるような
激烈な音響体験は、後にも先にもそう例が無い。今だと流通量は少ないが
MEGADISCが体系的に録音している内に含まれるマロフ&Stペテルブルク
ソロイスツ盤の方が入手しやすいかも。

投票は1stインプレッションで<<コンポジションI "Dona nobis pacem">>
にしよう。Fl&Picc,Tuba,Pfの3人による血みどろの語らい…ステキすぎ。

なんとなく【ジェフスキ】

80 :7分74秒:2006/06/22(木) 00:51:41 ID:pU5h1BcL
>>79
ナガノのコンサート、行きましたよ。
オケ・合唱団が全員配置についてから、3曲ぶっ続けでやりましたね。
前2曲のせいで第九が異様に古臭く聴こえたのは内緒。
でも面白かった。

81 :7分74秒:2006/06/22(木) 21:35:49 ID:dWvaHKqc
<<交響曲第3番>>
彼女の信仰心ってほんものなのかな?
楽器編成ひとつとっても類例がないし、不気味でさえあるけど
美しいと思えるところもある。
4番や5番のほうが円熟している気もするので、悩んだが。
ピアノソナタから選ぶ方が簡単だったかな。
【ウサチェフスキ】


82 :水便ジョー:2006/06/22(木) 21:38:57 ID:6gVzFFhP
昨日水便だったよ。
フスッ、ビィィ、ジョーーーー、プゥーッ

83 :7分74秒:2006/06/23(金) 20:36:18 ID:+3wlHUIn
<<棄権>>
【ミュライユ】

84 :7分74秒:2006/06/24(土) 15:01:36 ID:jO78xe5j
<<コンポジション2>>を世のニート共に聴かせたい。

【シュニトケ】

85 :7分74秒:2006/06/24(土) 16:19:31 ID:B5nooZjP
無伴奏のヴァイオリンソナタか組曲に相当感動した覚えがあるんだが
作品表にもディスコグラフィーにも出てないから記憶違いか。
しかたないから<<コンポジション2>>に投票。たしかに激辛。
【田中カレン】

86 :7分74秒:2006/06/24(土) 17:28:29 ID:ifrFISwo
ウスラヴァカスカヤなんて聴いたこともない。悪いか。

87 :7分74秒:2006/06/25(日) 11:46:01 ID:1MDEufUC
第36回 ガリーナ・ウストヴォルスカヤ 集計結果(2006.6.25)
            投票数*8(棄権を除く) 投票曲数 6

3 コンポジション第2番 Dies Irae
1 交響曲 第3番「救世主イエスよ、われらを救いたまえ」
  交響曲 第5番「アーメン」
  コンポジション第1番 Dona Nobis Pacem
  ピアノ・ソナタ第6番
  ピアノ・ソナタ第7番


88 :7分74秒:2006/06/25(日) 11:46:40 ID:1MDEufUC

= 次回希望作曲家集計 =  

9 伊福部昭/コンロン・ナンカロウ 
8 ヘルムート・ラッヘンマン/アルフレット・シュニトケ/高橋悠治 
7 ソフィア・グバイドゥーリナ 
6 ジョン・ケージ/コーニリアス・カーデュー/ブライアン・ファーニホウ
  /近藤譲/サルヴァトーレ・シャリーノ 
5 早坂文雄/アルヴィン・ルシエ/平義久/矢代秋雄 
4 エリオット・カーター/フランコ・ドナトーニ/間宮芳生/松平頼暁
  /トリスタン・ミュライユ/ハリー・パーチ/シュトックハウゼン*
  /ミキス・テオドラキス 
3 ギャバン・ブライアーズ/エディソン・デニソフ/パスカル・デュサパン
  /マイケル・フィニスィー/細川俊夫/池辺晋一郎/ローランド・カイン 
  /黛敏郎/ポーリン・オリヴェロス/アウリス・サリネン/田中カレン   
2 カレヴィ・アホ/ピーター・マックスウェル・デイヴィス/福島和夫 
  /ティエリ・エスケシュ/フィリップ・グラス/望月京/アルヴォ・ペルト 
  /ロマン・ハウベンストック=ラマティ/フレデリク・ジェフスキ 
  /E.シュティーブラー/ディーター・シュネーベル/鶴見幸代 
  /エドガー・ヴァレーズ 
1 芥川也寸志/ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/PDQバッハ 
  /リチャード・アイレス/フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ 
  /別宮貞雄/タデウス・ベイルド/ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ 
  /ヤニ・クリストウ/ベンジャミン・ブリテン/フレッド・フリス/藤枝守 
  /ベアト・フラー/グラハム・フィットキン/ピーター・ガーランド 
  /権代敦彦/オズヴァルド・ゴリジョフ/ヘンリク・ミコワイ・グレツキ 
  /ジョナサン・ハーヴェイ/林光/ジャン=リュック・エルヴェ 
  /ロビン・ホロウェイ/池野成/石井眞木/ミカエル・ジャレル 
  /ドミトリー・コゥリャンスキ/ダニエル・レンツ/ミカエル・レヴィナス 
  /アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子/ヴォイツィエフ・キラール 
  /ジェルジ・リゲティ*/スティーブ・マートランド/諸井三郎/野田暉行 
  /オルガ・ノイヴィルト/ペール・ヘンリク・ノルドグレン/ペア・ノアゴー 
  /大栗裕/大澤寿人/ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン 
  /エイノユハニ・ラウタヴァーラ/カイヤ・サーリアホ*/佐藤眞 
  /ジョセフ・シュワントナー/フローラン・シュミット/鈴木輝昭/譚盾 
  /ドミトリー・ショスタコーヴィッチ/アーメット・アドナン・サイグン 
  /シャプルジ・ソラブジ/ジェームス・テニー/☆ウサチェフスキ/尹伊桑 
  /マーク=アンソニー・タネジ/カール・ヴァイン/イェルク・ヴィットマン


89 :7分74秒:2006/06/25(日) 11:49:28 ID:1MDEufUC
 第36回は、知名度が高いという集計人予想が外れ、あまり投票数が伸びませんでした。
 そのなかで「コンポジションU」が頭一つ抜け出して一位を獲得。
 何種類もの録音のあるピアノソナタは当然の人気。交響曲にも票が入りましたが、 
 決定的な作品を選び出すということにならなかったようです。 

 次ぎは伊福部昭。日本作曲界の長老もついに故人となられましたが、
 ひとつひとつは上げませんが広い分野に有名作品があります。
 クラ板の投票結果との違いが出るかどうか。コメントも楽しみにしています。

 ↓↓↓ 第37回 伊福部昭 投票スタート ↓↓↓


90 :7分74秒:2006/06/25(日) 12:29:31 ID:WnAcFgIX
                _         パシ
               /´  `フ  __ ヾ
         , '' ` ` /      ,! ;'',,_,,)   パシ   パシ
.        , '      レ   _,  rミ,;' ノ )))
        ;          `ミ __,xノ゙、,r''  ,,_,,)    パシ
        i     ミ   ; ,、、、、 ヽ、//,,_,,)/_,,))
      ,.-‐!       ミ  i    `ヽ.._,,))
     //´``、     ミ ヽ     <○ノ ←いまほり
.    | l    ` ーー -‐''ゝ、,,))   (へ
     ヽ.ー─'´)               〉

棄権
【近藤譲】

91 :Depression ◆.vhanw5dCU :2006/06/25(日) 13:04:27 ID:TVQdkhCi
お待ちしてましたー、伊福部先生!
「シンフォニア・タプカーラ」にしたいところだけど、これは聴いとけとなれば、
<<二十絃筝とオーケストラのための交響的エグログ>>です。
とにかく筝の生かし方が絶品で、一気に聴かされてしまう。
筝とオケの絡みがまさしくエグログで、実に自由に音がいきかう。
筝の曲ってもっとあっても良いのになーと思った。


92 :7分74秒:2006/06/26(月) 23:41:56 ID:932PLnkA
リトミカやタプカーラも好きだがあえて<<土俗的三連画>>。
和むというか馴染むというか。

【ジェフスキ】

93 :7分74秒:2006/06/26(月) 23:49:37 ID:CHrsGyBN
<<棄権>>
【諸井三郎】

94 : ◆30rKs56MaE :2006/06/27(火) 01:18:42 ID:WnwCe2GH
>>91
エグログもいいね。実はまだキングレコードの新録を聴いていない。フォンテックと比べてどう?
もちろん知っていると思うが、晩年の氏の作品は二十絃筝や三十絃筝など
筝の改良楽器やそれの合奏のための作品が多い。
日本組曲や、サロメ(リヒャルトではなく伊福部の)より「七つの薄絹の踊り」など。
代表作といえば「シンフォニア・タプカーラ」か「リトミカ・オスティナータ」、
知名度で言えば「SP交響ファンタジー」が圧倒的だろう。
マリンバと管弦楽のための「ラウダ・コンチェルタータ」も捨てがたい。
しかし敢えて、多数の録音および生演奏に一番接しており隅々まで把握している
デビュー作<<日本狂詩曲>>に。例の逸話も含めてこれが一番好きかな。
しかし、まだ楽譜を手に入れていない・・・
今週のミサ担当で、各賛美歌の前後にそれらを主題にしてまばゆいばかりの即興演奏を披露し、
ミサ中に信仰よりも音楽で度肝を抜かせてくれた【エスケシュ】に積んでおこう。

95 :7分74秒:2006/06/27(火) 01:21:39 ID:4eitgbtn
>>91
エログもいいね!!

96 :7分74秒:2006/06/27(火) 01:38:15 ID:1b5Fjiae
>>94
三十絃には書いていない。25絃までです。
三十絃には権代が書いていたね。

97 : ◆30rKs56MaE :2006/06/27(火) 02:50:31 ID:WnwCe2GH
>>96
ありゃ、そうでしたか。スマソ。wikipediaは修正しておく。

98 :7分74秒:2006/06/28(水) 22:58:59 ID:GQHGEr3J
好きな曲はいろいろあるけれど、<<リトミカ・オスティナータ>>に。
協奏風狂詩曲と随分迷ったが、やっぱりバリバリ鳴らすこっちの方がいいかな。
最初に接した協奏風狂詩曲は思い入れがあるし、ちょっと独特な澄んだ感じも大好きだけれどね。
あ、でもシンフォニア・タプカーラもいいなあ・・・どれも良い曲です。

【グレツキ】に入れておきましょう。交響曲3番以外にどれだけ入るか面白そうです。

99 :7分74秒:2006/06/29(木) 14:56:29 ID:0el04aXw
クラ板の1位は何だったっけ。
<<リトミカ・オスティナータ>>に一票。
後半の異様なテンションの高さはこの人らしいというか。

伊福部先生とくればお次は【芥川也寸志】先生で。

100 :7分74秒:2006/06/30(金) 06:38:56 ID:g4dhXdMh
<<日本組曲>>かな。

次【柴田南雄】でおながい。

101 :7分74秒:2006/06/30(金) 23:33:27 ID:ENg8lrXh
まだ<<シンフォニア・タプカーラ>>が入ってないじゃん。
あと誰かラウダageといておくれ。

【シュニトケ】

102 :7分74秒:2006/07/02(日) 03:58:47 ID:T0u/38ag
<<日本狂詩曲>>
【シュニトケ】

103 :7分74秒:2006/07/02(日) 11:57:32 ID:2KVzLQv8
第37回 伊福部昭 集計結果 (2006.7.2)投票数*8(棄権を除く) 投票曲数 6

2  ピアノと管弦楽のための「リトミカ・オスティナータ」
  「日本狂詩曲」
1 「シンフォニア・タプカーラ」
  「日本組曲」
  「二十絃筝とオーケストラのための交響的エグログ」
  「土俗的三連画」 


104 :7分74秒:2006/07/02(日) 11:59:04 ID:2KVzLQv8
= 次回希望作曲家集計 =
  
10 アルフレット・シュニトケ
 9 コンロン・ナンカロウ 
 8 ヘルムート・ラッヘンマン/高橋悠治 
 7 ソフィア・グバイドゥーリナ/近藤譲 
 6 ジョン・ケージ/コーニリアス・カーデュー
   /ブライアン・ファーニホウ/サルヴァトーレ・シャリーノ 
 5 早坂文雄/アルヴィン・ルシエ/平義久/矢代秋雄 
 4 エリオット・カーター/フランコ・ドナトーニ/間宮芳生/松平頼暁
   /トリスタン・ミュライユ/ハリー・パーチ/シュトックハウゼン*
   /ミキス・テオドラキス 
 3 ギャバン・ブライアーズ/エディソン・デニソフ/パスカル・デュサパン
   /ティエリ・エスケシュ/マイケル・フィニスィー/細川俊夫 
   /池辺晋一郎/ローランド・カイン/黛敏郎/ポーリン・オリヴェロス
   /フレデリク・ジェフスキ/アウリス・サリネン/田中カレン   
 2 カレヴィ・アホ/芥川也寸志/ピーター・マックスウェル・デイヴィス 
   /福島和夫/フィリップ・グラス/ヘンリク・ミコワイ・グレツキ
   /望月京/諸井三郎/アルヴォ・ペルト/ディーター・シュネーベル 
   /ロマン・ハウベンストック=ラマティ/鶴見幸代
   /エルンシュタルブレヒト・シュティーブラー/エドガー・ヴァレーズ

105 :7分74秒:2006/07/02(日) 11:59:42 ID:2KVzLQv8
 1 ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/PDQバッハ 
   /リチャード・アイレス/フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ 
   /別宮貞雄/タデウス・ベイルド/ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ 
   /ヤニ・クリストウ/ベンジャミン・ブリテン/フレッド・フリス 
   /藤枝守/ベアト・フラー/グラハム・フィットキン/権代敦彦 
   /ピーター・ガーランド/オズヴァルド・ゴリジョフ
   /ジョナサン・ハーヴェイ/林光/ジャン=リュック・エルヴェ 
   /ロビン・ホロウェイ/池野成/石井眞木/ミカエル・ジャレル 
   /アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子/ヴォイツィエフ・キラール 
   /ドミトリー・コゥリャンスキ/ダニエル・レンツ/ミカエル・レヴィナス
   /ジェルジ・リゲティ*/スティーブ・マートランド/野田暉行/大栗裕 
   /オルガ・ノイヴィルト/ペール・ヘンリク・ノルドグレン/ペア・ノアゴー 
   /大澤寿人/ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン/ラウタヴァーラ 
   /カイヤ・サーリアホ*/佐藤眞/☆柴田南雄/鈴木輝昭 
   /ジョセフ・シュワントナー/フローラン・シュミット/譚盾 
   /ドミトリー・ショスタコーヴィッチ/アーメット・アドナン・サイグン 
   /シャプルジ・ソラブジ/ジェームス・テニー/ウサチェフスキ/尹伊桑 
   /マーク=アンソニー・タネジ/カール・ヴァイン/イェルク・ヴィットマン


106 :7分74秒:2006/07/02(日) 12:09:19 ID:2KVzLQv8
 第37回の投票結果は、表の通り「リトミカ・オスティナータ」と「日本狂詩曲」が一位を分かちました。
 戦前の出世作と再評価の鍵となった作品の二作品という、この結果はなかなか絶妙だと思います。
 一方、投票総数は8で下げ止まり水準(?)。自分も投票チャンスを逸してしまったのですが、
 少し寂しいところかと。

 第38回はシュニトケです。多様式主義の唱道者としておくのが無難なところかと思いますが、
 表面的にジャズの技法を取り入れてみたり、軽快なマーチングや仰々しいファンファーレなど
 そうかと思うとショスタコーヴィッチ流に沈潜したり、悲喜劇的であったり、硬軟両様に使い分け
 カメレオンみたいな音楽はどうにも正体不明で、評価も好みもわかれところ。
 投票だけでなく、ぜひコメントをそえて下さい。

 ↓↓↓ 第38回 アルフレット・シュニトケ 投票スタート ↓↓↓

107 :7分74秒:2006/07/02(日) 12:58:59 ID:2KVzLQv8
最終日に集計人自身の投票で一位が決まるというのは具合が悪いですよね?
今週もきっと忘れてしまって最終日を迎えると思うので、一番に投票をしておきます。

<<あらゆる歌詞に悲しみが満ちている歌曲選集>>

クロノス四重奏団のシュニトケ弦楽四重奏曲全集で聞いた曲ですが、
これほどにたっぷりと感傷的な音楽を”現代音楽”として書いてしまうのは
シュニトケぐらいだと思います。
どっぷり浸ってしまっていいのだろうか?という疑問(というか欺かれて
いるような不安)を伴いながら流されていく自分の感情を、呆れながら
確認する、冷めた自分という状況は現代的という意外にないでしょう。
と書いてしまいましたが、なんとなく外してそうな感じも・・

【早坂文雄】に一票。


108 :7分74秒:2006/07/02(日) 18:55:36 ID:yvDBYZxQ
<<イン・メモリアム>>
原曲のピアノ五重奏曲も良いが、終楽章での亡きママンの
子守唄みたく繰り返されるフレーズがオルガンに良く似合う。
改編を勧めたロジェベンGJ。2楽章の奇矯なBACHワルツも
味がある。

【グバイドゥーリナ】

109 :7分74秒:2006/07/02(日) 23:46:07 ID:hCTLz0Fu
<<バイオリン協奏曲第4番>>
独奏者のパフォーマンス付きというのが面白い。
諏訪内の演奏の時、束ねた髪を解くパフォーマンスが
ドキッとしてよかった。
【矢代秋雄】


110 :7分74秒:2006/07/03(月) 07:21:23 ID:oysjAvTk
<<ヴィオラ協奏曲>>
シュニトケの多様式主義というのは自分の音楽が
レトロなことをごまかす単なる口実でしょw
【田中カレン】


111 :7分74秒:2006/07/03(月) 13:10:45 ID:CDKxcyXC
>>1
イアン・クセナキス

112 :7分74秒:2006/07/03(月) 16:23:38 ID:EDOCeW7N
<<ゴーゴリ組曲>>
悪趣味丸出しだな、コリャwww
【ペア・ノアゴー】

113 :7分74秒:2006/07/05(水) 06:49:57 ID:HCHTFTkA
<<合奏協奏曲第5番>>
理由は要らないと思う。大本命に一票。
【カーデュー】

114 :7分74秒:2006/07/06(木) 00:17:08 ID:q3f/tWMz
<<交響曲第5番=合奏協奏曲第4番>>
交響曲第5番でもあり合奏協奏曲第4番でもあるというのが楽しい。
キャッチーな第1楽章と、それ以降の重い内容。
面白い曲なので聴いてみて。

あまりゲソヲソ詳しくないので、作曲家自体あまり知らない……。
なので希望梨。

115 : ◆30rKs56MaE :2006/07/06(木) 04:28:51 ID:/UMN8NOS
プリペアドピアノの出だしが特徴的な<<合奏協奏曲第1番>>
「ゴーゴリ組曲」の唐突な引用の出だし、「真夏の夜の虚夢」も楽しいが、あえて上記で。
あと>>109も書いているが諏訪内とN響で演奏した「ヴァイオリン協奏曲第4番」も面白かった。
グバイドゥーリナには先日投票したから【エディソン・デニソフ】で。

116 :7分74秒:2006/07/06(木) 15:31:18 ID:1SwmBBZu
<<あらゆる歌詞に悲しみが満ちている歌曲集>>
シュニトケあんまり好きでないけど、込められた異妖な情念の濃さを感じる。
【ジェフスキ】

117 :7分74秒:2006/07/06(木) 19:41:10 ID:aqekgB3P
<<ピアノ五重奏曲>>
思い入れからこの曲を選びました。室内楽はいいね。

【ケージ】


118 :7分74秒:2006/07/07(金) 00:49:57 ID:Wl2igdlx
急逝直前のシャローンとタベア・ツィンマーマンの夫妻による
<<ヴィオラ協奏曲>>が今のところ唯一生で聴いたシュニトケ。
CDは今井デプリーストのBIS盤が好みだ。次点はSQ#2か。

【石井眞木】

119 :7分74秒:2006/07/07(金) 07:53:27 ID:70c6u4S3
<<ヴィオラ協奏曲>>に深く思い入れあり。
【ミュライユ】

120 :7分74秒:2006/07/07(金) 08:14:33 ID:benrgdb8
スレと関係ないかもなんですけど・・
ピッタリのタイトルが見つからなかったので。。
パソコンで購入した曲をCD−Rに焼くにはどうしたらいいですか?
CD−Rは持ってるんですけどやり方がイマイチ分からなくて。。
詳しい方教えて下さい!

121 :7分74秒:2006/07/07(金) 10:19:50 ID:UmUMEGp0
>>120
PC初心者
http://pc7.2ch.net/pcqa/

122 :7分74秒:2006/07/07(金) 19:02:23 ID:1+zAp67S
<<ピアノ五重奏曲>>で
【ケージ】という組み合わせでどうだ。
われながら生真面目。

123 :7分74秒:2006/07/07(金) 19:03:17 ID:1+zAp67S
<<ピアノ五重奏曲>>で
【ケージ】という組み合わせでどうだ。
われながら生真面目。

124 :122:2006/07/07(金) 19:04:48 ID:1+zAp67S
間違えた。二重投稿すまん。

125 :120:2006/07/08(土) 00:52:39 ID:KqUY3Lwi
>>121
もう8年使ってるから初心者じゃなくてただのバカかもね。

126 :7分74秒:2006/07/08(土) 15:58:50 ID:0v5mz3D8
合奏協奏曲から聞き始めたけど、SQ3番とかアラハイドンとかも好きだし
ピアノ五重奏曲と迷うところだが <<イン・メモリアム>>
第5楽章とか・いい。
一票グループのなかで気になってる、トルコのバルトーク【サイグン】

127 :7分74秒:2006/07/08(土) 16:03:55 ID:468yFmGS
このスレのノリうぜー
なにが【サイグン】だよw
てめーのベストなんかなんの当てにもならんしw

128 :支那人(食人):2006/07/08(土) 16:07:16 ID:468yFmGS
あ、今掘り先生もレスってた…
↑は撤回します、失礼しました…
俺って権威大好きなんだよね

129 :7分74秒:2006/07/08(土) 20:06:17 ID:4Y9Ywi5G
↑ スルーよろ。

130 :7分74秒:2006/07/08(土) 23:48:39 ID:/MfR00l9
<<ヴィオラと弦楽のためのモノローグ>>
マイナーすぎといわれようが渋すぎと言われようが。

【近藤譲】

131 :7分74秒:2006/07/09(日) 12:03:44 ID:QDEMCsL7
第38回 アルフレット・シュニトケ 集計結果 (2006.7.9)投票数*15(棄権を除く) 
                             投票曲数 10

3 ヴィオラ協奏曲
2 あらゆる歌詞に悲しみが満ちている歌曲集
  ピアノ五重奏曲
  イン・メモリアム
1 ゴーゴリ組曲
  合奏協奏曲第1番
  合奏協奏曲第4番
  合奏協奏曲第5番
  ヴァイオリン協奏曲第4番
  ヴィオラと弦楽のためのモノローグ


132 :7分74秒:2006/07/09(日) 12:04:43 ID:QDEMCsL7
= 次回希望作曲家集計 =

 9 コンロン・ナンカロウ 
 8 ジョン・ケージ/ソフィア・グバイドゥーリナ/近藤譲
   /ヘルムート・ラッヘンマン/高橋悠治 
 7 コーニリアス・カーデュー 
 6 早坂文雄/ブライアン・ファーニホウ/サルヴァトーレ・シャリーノ
   /矢代秋雄
 5 アルヴィン・ルシエ/トリスタン・ミュライユ/平義久 
 4 エリオット・カーター/エディソン・デニソフ/フランコ・ドナトーニ
   /間宮芳生/松平頼暁/ハリー・パーチ/フレデリク・ジェフスキ
   /カールハインツ・シュトックハウゼン*/田中カレン
   /ミキス・テオドラキス 
 3 ギャバン・ブライアーズ/パスカル・デュサパン/ティエリ・エスケシュ
   /マイケル・フィニスィー/細川俊夫/池辺晋一郎/ローランド・カイン 
   /黛敏郎/ポーリン・オリヴェロス/アウリス・サリネン      
 2 カレヴィ・アホ/芥川也寸志/ピーター・マックスウェル・デイヴィス 
   /福島和夫/フィリップ・グラス/ヘンリク・ミコワイ・グレツキ
   /ロマン・ハウベンストック=ラマティ/石井眞木/望月京/諸井三郎 
   /ペア・ノアゴー/アルヴォ・ペルト/アーメット・アドナン・サイグン
   /ディーター・シュネーベル/エドガー・ヴァレーズ/鶴見幸代
   /エルンシュタルブレヒト・シュティーブラー
    
 1 ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/PDQバッハ 
   /リチャード・アイレス/フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ
   /別宮貞雄/タデウス・ベイルド/ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ 
   /ヤニ・クリストウ/ベンジャミン・ブリテン/フレッド・フリス 
   /藤枝守/ベアト・フラー/グラハム・フィットキン/権代敦彦
   /ピーター・ガーランド/オズヴァルド・ゴリジョフ
   /ジョナサン・ハーヴェイ/林光/ジャン=リュック・エルヴェ
   /ロビン・ホロウェイ/池野成/ミカエル・ジャレル
   /アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子/ヴォイツィエフ・キラール 
   /ドミトリー・コゥリャンスキ/ダニエル・レンツ
   /ミカエル・レヴィナス/ジェルジ・リゲティ*/野田暉行 
   /スティーブ・マートランド/オルガ・ノイヴィルト/大栗裕
   /ペール・ヘンリク・ノルドグレン/大澤寿人/ジョージ・パール 
   /ジェラール・ペッソン/エイノユハニ・ラウタヴァーラ/佐藤眞
   /カイヤ・サーリアホ*/ジョセフ・シュワントナー/柴田南雄
   /フローラン・シュミット/ドミトリー・ショスタコーヴィッチ* 
   /シャプルジ・ソラブジ/鈴木輝昭/譚盾/ジェームス・テニー 
   /マーク=アンソニー・タネジ/ウラジミール・ウサチェフスキ 
   /カール・ヴァイン/イェルク・ヴィットマン/尹伊桑


133 :7分74秒:2006/07/09(日) 12:05:18 ID:QDEMCsL7

 第38回投票は、有効投票15票と久々に二桁を回復。
 うち3票を獲得した「ヴィオラ協奏曲」が一位です。
 バシュメットの委嘱により作曲され、彼の十八番となった1985年の作品。
 多様式主義の言葉どおり様々な影響が聞き取れるなかにも、メロディーの
 美しさもあって、かなりの人気曲ですね。

 第39回はコンロン・ナンカロウです。自動ピアノのための作品群で著名ですが
 クロノスSQの録音のある弦楽四重奏曲などもおそらくなじみ深いところ。
 ジャズ奏者としても活躍され、個人的にはエリック・ドルフィーらとの共演も
 記憶に残ります。
 
 ↓↓↓ 第39回 コンロン・ナンカロウ 投票スタート ↓↓↓

134 :7分74秒:2006/07/09(日) 12:27:50 ID:QDEMCsL7
ついで投票。
<<弦楽四重奏曲第三番>>
自動ピアノのほうは聞いてないもの方が多いのでちょっと投票がためらわれますが、
ナンカロウの音楽の特徴である複雑怪奇なリズムの魅力は、
この曲にも十分発散されていると思います。
特に第二楽章はあまりにも自然なゆらぎが絶妙。しびれます。


135 :7分74秒:2006/07/09(日) 22:29:23 ID:kN425ILf
あまりにアウトサイダーすぎて棄権
【高橋悠治】

136 : ◆30rKs56MaE :2006/07/11(火) 06:17:36 ID:lq1NP4Sp
ナンカロウ・・・聴取体験不足により棄権。
自動ピアノとかアンサンブル・モデルンのCDとか一応持ってはいるのだが、もう長いこと聴いておらず記憶に残っていない。
そういえばIRCAMのメディアテックは蒐集している楽譜に偏りがあるが、その中でもナンカロウが多数置いてあったのには驚いた。
【イアン・マレシュ】

137 :7分74秒:2006/07/11(火) 10:27:38 ID:dHtodXLq
<<プレイヤーピアノのための習作 No.45 b>>
昨日、5枚組聞きかえしますた。
【ファーニホー】


138 :7分74秒:2006/07/12(水) 13:55:08 ID:STeLyL5V
自動ピアノも面白いが何番とかあげずらい。強いて言えばNo40の拍子とか楽しいが。
というわけで<<弦楽四重奏曲三番>> 
第三楽章などは自動ピアノのため作品のエッセンスを抽出したようで良い。
ナンカロウがスレストッパーめいてるのでは心もとないんだが
【カーデュー】もう一押ししとこう。


139 :7分74秒:2006/07/13(木) 17:54:44 ID:ksQQyaXj
<<弦楽四重奏曲>>
【クンス・シム】

140 :7分74秒:2006/07/13(木) 23:25:53 ID:Co6jyxTt
<<弦楽四重奏曲第三番>>
自動ピアノ物は、はっきり言って違いが分からない。

【権代敦彦】

141 :7分74秒:2006/07/14(金) 21:06:16 ID:CelQgWhV
<<プレイヤーピアノのためのスタディ3>>がかっこいいと思いまつ。
【ウォルフガング・リーム】

142 :7分74秒:2006/07/15(土) 01:08:12 ID:nDPCNcRb
プレイヤーピアノはたまに聴くと面白いが、思い入れはそれ程ない。
いくつか聴き直してみて、「サラバンドとスケルツォ」とかフツーの曲で
むしろ驚いた。投票は<<小管弦楽のための小品第2番>>で。

【グバイドゥーリナ】

143 :7分74秒:2006/07/15(土) 08:18:33 ID:/E8568Ig
<<プレイヤー・ピアノのためのスタディ19番>>
>>140
はっきりいって違いは歴然としている。
【ロルフ・リーム】もいないぞ。


144 :7分74秒:2006/07/15(土) 12:04:37 ID:jrHX+D24
<<プレイヤー・ピアノのためのスタディ第42番>>
どんどん声部が増えていく様子が素直に楽しい。
ただ、あんまり沢山の曲を聴いてないのが痛いところ。
【ピーター・ガーランド】

145 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

146 :7分74秒:2006/07/16(日) 12:03:48 ID:zKCckRSZ
第39回 コンロン・ナンカロウ 集計結果 (2006.7.16)投票数* 9(棄権を除く) 投票曲数 7

3 弦楽四重奏曲 第三番
1 弦楽四重奏曲
  小管弦楽のための小品第二番
  プレイヤー・ピアノのためのスタディ 3
  プレイヤー・ピアノのためのスタディ 19
  プレイヤー・ピアノのためのスタディ 42
  プレイヤー・ピアノのためのスタディ 45b


147 :7分74秒:2006/07/16(日) 12:04:26 ID:zKCckRSZ

= 次回希望作曲家集計 =

 9 ソフィア・グバイドゥーリナ/高橋悠治 
 8 ジョン・ケージ/ブライアン・ファーニホウ/近藤譲
   /ヘルムート・ラッヘンマン 
 7 コーニリアス・カーデュー 
 6 早坂文雄/サルヴァトーレ・シャリーノ/矢代秋雄
 5 アルヴィン・ルシエ/トリスタン・ミュライユ/平義久 
 4 エリオット・カーター/エディソン・デニソフ/フランコ・ドナトーニ
   /間宮芳生/松平頼暁/ハリー・パーチ/フレデリク・ジェフスキ
   /カールハインツ・シュトックハウゼン*/田中カレン
   /ミキス・テオドラキス 
 3 ギャバン・ブライアーズ/パスカル・デュサパン/ティエリ・エスケシュ
   /マイケル・フィニスィー/細川俊夫/池辺晋一郎/ローランド・カイン 
   /黛敏郎/ポーリン・オリヴェロス/アウリス・サリネン      
 2 カレヴィ・アホ/芥川也寸志/ピーター・マックスウェル・デイヴィス 
   /福島和夫/フィリップ・グラス/ピーター・ガーランド/権代敦彦
   /ヘンリク・ミコワイ・グレツキ/ロマン・ハウベンストック=ラマティ 
   /石井眞木/望月京/諸井三郎/ペア・ノアゴー/アルヴォ・ペルト
   /アーメット・アドナン・サイグン/ディーター・シュネーベル
   /エルンシュタルブレヒト・シュティーブラー/鶴見幸代
   /エドガー・ヴァレーズ
 1 ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/PDQバッハ 
   /リチャード・アイレス/フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ
   /別宮貞雄/タデウス・ベイルド/ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ 
   /ヤニ・クリストウ/ベンジャミン・ブリテン/フレッド・フリス 
   /藤枝守/ベアト・フラー/グラハム・フィットキン
   /オズヴァルド・ゴリジョフ/ジョナサン・ハーヴェイ/林光
   /ジャン=リュック・エルヴェ/ロビン・ホロウェイ/池野成
   /ミカエル・ジャレル/アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子
   /ヴォイツィエフ・キラール/ドミトリー・コゥリャンスキ 
   /ダニエル・レンツ/ミカエル・レヴィナス/ジェルジ・リゲティ*
   ☆イアン・マレシュ/スティーブ・マートランド/野田暉行 
   /オルガ・ノイヴィルト/ペール・ヘンリク・ノルドグレン/大栗裕
   ☆ロルフ・リーム/大澤寿人/ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン 
   ☆ウォルフガング・リーム/エイノユハニ・ラウタヴァーラ/佐藤眞
   /カイヤ・サーリアホ*/ジョセフ・シュワントナー/柴田南雄
   /フローラン・シュミット/ドミトリー・ショスタコーヴィッチ*
   ☆クンス・シム/シャプルジ・ソラブジ/鈴木輝昭/譚盾 
   /ジェームス・テニー/マーク=アンソニー・タネジ 
   /ウラジミール・ウサチェフスキ/カール・ヴァイン
   /イェルク・ヴィットマン/尹伊桑


148 :7分74秒:2006/07/16(日) 12:16:12 ID:zKCckRSZ

 第39回投票は、有効投票9票中3票を得た「弦楽四重奏曲第三番」が一位。
 自分で投票しておいて言うのもなんですが、親しみやすい点も加味すれば、
 当然の最高傑作だと思います。
 プレイヤーピアノのための作品を一つにまとめれば、一位ではありますが、
 やはり票が割れました。テイタム風ピアノジャズをシュリンクしたような
 初期のものから、ミニマルから複雑系に接近した後期のものまで、
 一貫した強烈な個性を示す「プレイヤー・ピアノのための習作」も他には
 ない深い味わいをもっています。

 さて第40回は、ソフィア・グバイドゥーリナです。
 一時期のブームには陰りが見える(?)が、知名度は抜群だと思います。
 神秘主義に傾斜した独特の宗教性は作品の理解に困難さを生じたとしても
 不思議はないのですが、日本人には波長があっているのでしょうか。
 個人的には、泥くさいけどド迫力の初期作品が特に忘れがたい。
 予想は予想として、どういう展開になるか楽しみです。それでは

 ↓↓↓ 第40回 ソフィア・グバイドゥーリナ 投票スタート ↓↓↓

149 :7分74秒:2006/07/16(日) 13:27:12 ID:KWPJO8CY
棄権。【福島和夫】

150 :7分74秒:2006/07/16(日) 14:38:32 ID:H9KsFrEv
<<メンフィスの夜>>【タデウス・ベイルド】

151 :7分74秒:2006/07/16(日) 22:17:02 ID:oSqu2sR9
近作の中では、特に大作の「ヨハネ受難曲」が期待以上だった。
でも投票は、読めもしないのにスタディスコアまで買ってしまった
<<7つの言葉>>にしよう。チェロ、バヤンと弦楽合奏の絡み、特に
4楽章は萌える。次点はやはりバヤン独奏の「深き淵より」か、
オケ作品の代表作だろう「10楽章の交響曲」あたり。

【ジェフスキ】

152 :7分74秒:2006/07/16(日) 23:23:35 ID:oPUSLARL
虐げられた音<<ヴィオラ協奏曲>>
個人の性格とか心情が音楽的に上手く構成されてる気がする。
【グロリア・コーツ】

153 :7分74秒:2006/07/17(月) 03:50:58 ID:HlkBNKVy
<<棄権>>【高橋悠治】

154 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

155 :7分74秒:2006/07/17(月) 23:26:22 ID:uZdaAYBt
主題を自ら神に捧げていく<<オフェルトリウム>>で。
【松平頼暁】

156 : ◆30rKs56MaE :2006/07/18(火) 00:37:32 ID:9uSGtGUx
「七つの言葉」「オッフェルトリウム」「交響曲」などペレストロイカ以降のデビュー作品はいうまでも無く、
近作の中での大作は「ヨハネ受難曲」は文句を言わせない傑作だし、さらに先日日本初演が行われた
「フルート協奏曲」なども佳作だが、ここはマイナーではあるもののN響委嘱作品である、
一人の奏者による三面の筝とオーケストラのための<<木陰にて>> In the shadow of the treeを推す。
リゲティのラミフィカシオンよろしく、四分音ずらした弦楽を左右に配置するなど一見ベタなアイデアを用いつつも、
筝の突きや揺りといった音程の定まらない奏法がそれらの間を縫っていく。
ガラスのコップやコントラバスの弓でスチール弦の中国筝「ツェン」を奏する特殊奏法はアストレイア時代の
作曲者の体験が元になっているし、それらの一見「非音楽的」な音響をオーケストラの中にごく自然に溶け込ませる。
特に感心したのは筝の決まり手の一つである「サーラリン」(高音をトレモロさせた後にアルペジオで下降する)にあわせて
太目のウィンドチャイムを同じように重ねる手法。この楽器法は実に見事だった。
半音重ねのグリッサンドなどのベタなアイデアでシャーマニックなクライマックスを築けると言う点で、
この作曲家は特にお気に入り。
【ヘルムート・ラッヘンマン】がそろそろ来そうなので支援。

157 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

158 :7分74秒:2006/07/19(水) 20:00:34 ID:7fnrlv35
<<ヨハネ受難曲>>
【クリストウ】


159 :7分74秒:2006/07/20(木) 00:34:09 ID:fyKQ/XNr
ファーストコンタクトはありがちな、クレーメルの「オフェルトリウム」と
高橋悠司の「7つの言葉」。ライブで聴いたアストレイアの即興演奏は
それ程面白くなかった。今のところ一番のお気に入りは
<<12楽章の交響曲 'Stimmen... Verstummen'>>
だな。FMで聴いたときはちょっとショックだった。ロジェベン爺のCDも
たまに聴くが、ジャケのグバおばさんとのツーショットは精神的ブラ(ry

【エスケシュ】の合唱中心の新譜がなかなか良かったぞ。

160 :7分74秒:2006/07/20(木) 06:06:13 ID:Vewf46vp
<<七つの言葉>>
【カーデュー】

161 :7分74秒:2006/07/20(木) 23:59:52 ID:iljLeyZo
好きな作曲家ではないけどまあ
<<オッフェルトリウム>>で
【高橋悠治】

162 :7分74秒:2006/07/21(金) 03:55:54 ID:Iaut2uzK
表現主義的な表出と仄かな抒情性。現代音楽嫌いの人でも安心して楽しめますね。
<<Stimmen... Verstummen>>
【ファーニホウ】

163 :7分74秒:2006/07/22(土) 12:56:30 ID:YuPBU+xu
<<Stimmen... Verstummen>>
去年ナマで聞いたのがド迫力だった。
はじまりの弦の和音から耳をとらえて放さないではないですか。
ヨハネ受難曲もナマで聴く機会あったらなあ。
【八代秋雄】

164 :7分74秒:2006/07/22(土) 14:26:17 ID:k2VVeeXz
まともに聴いたことないけど<<Introitus>>が面白かった気がする
東欧関係で【グレツキ】

165 :7分74秒:2006/07/23(日) 00:08:20 ID:U48waS1G
>>163
何処で聴けたのやら、裏山鹿。

その曲も「オッフェルトリウム」も良いし、あと「イン・クローチェ」が結構好きなんだが
投票は<<七つの言葉>>にしておきたい。イエスに思い入れが無くても心惹かれるのう。

「七つの」と言えば、【マクミラン】のがまた違った感じで面白かった。

166 :7分74秒:2006/07/23(日) 11:58:25 ID:TToWcaus

第40回 ソフィア・グバイドゥーリナ 集計結果 (2006.7.23)投票数* 13(棄権を除く) 投票曲数 8

3 12楽章の交響曲 'Stimmen... Verstummen'
  7つの言葉
2 オフェルトリウム
1 メンフィスの夜
  ヴィオラ協奏曲
  一人の奏者による三面の筝とオーケストラのための「木陰にて」
  ヨハネ受難曲
  ピアノと室内管弦楽のための協奏曲「イントロイトゥス」


167 :7分74秒:2006/07/23(日) 12:01:30 ID:TToWcaus

= 次回希望作曲家集計 =
                          ☆新エントリー
                          再登場作曲家*
11 高橋悠治
 9 ブライアン・ファーニホウ/ヘルムート・ラッヘンマン
 8 ジョン・ケージ/コーニリアス・カーデュー/近藤譲
 7 矢代秋雄
 6 早坂文雄/サルヴァトーレ・シャリーノ
 5 アルヴィン・ルシエ/松平頼暁/トリスタン・ミュライユ
   /フレデリク・ジェフスキ/平義久 
 4 エリオット・カーター/エディソン・デニソフ/フランコ・ドナトーニ
   /ティエリ・エスケシュ/間宮芳生/ハリー・パーチ/田中カレン
   /ミキス・テオドラキス/カールハインツ・シュトックハウゼン*
 3 ギャバン・ブライアーズ/パスカル・デュサパン/福島和夫
   /マイケル・フィニスィー/ヘンリク・ミコワイ・グレツキ/細川俊夫 
   /池辺晋一郎/ローランド・カイン/黛敏郎/ポーリン・オリヴェロス  
   /アウリス・サリネン
 2 カレヴィ・アホ/芥川也寸志/タデウス・ベイルド/ヤニ・クリストウ 
   /ピーター・マックスウェル・デイヴィス/ピーター・ガーランド
   /フィリップ・グラス/権代敦彦/ロマン・ハウベンストック=ラマティ 
   /石井眞木/望月京/諸井三郎/ペア・ノアゴー/アルヴォ・ペルト
   /アーメット・アドナン・サイグン/ディーター・シュネーベル
   /エルンシュタルブレヒト・シュティーブラー/鶴見幸代
   /エドガー・ヴァレーズ
 1 ルイス・アンドリーセン/ジョージ・アンタイル/リチャード・アイレス 
   /PDQバッハ/フロランス・バシェ/クラレンス・バーロウ/別宮貞雄
   /ハンス・ユルゲン・フォン・ボーゼ/ベンジャミン・ブリテン 
   /フレッド・フリス/藤枝守/ベアト・フラー/グラハム・フィットキン 
   ☆グロリア・コーツ/オズヴァルド・ゴリジョフ/ジョナサン・ハーヴェイ
   /林光/ジャン=リュック・エルヴェ/ロビン・ホロウェイ/池野成
   /ミカエル・ジャレル/アンドレ・ジョリヴェ/木下牧子
   /ヴォイツィエフ・キラール/ドミトリー・コゥリャンスキ
   /ダニエル・レンツ/ミカエル・レヴィナス/ジェルジ・リゲティ*
   ☆ジェームス・マクミラン/イアン・マレシュ/スティーブ・マートランド 
   /野田暉行/オルガ・ノイヴィルト/ペール・ヘンリク・ノルドグレン
   /大栗裕/大澤寿人/ジョージ・パール/ジェラール・ペッソン 
   /エイノユハニ・ラウタヴァーラ/ロルフ・リーム/佐藤眞
   /ウォルフガング・リーム/カイヤ・サーリアホ*
   /フローラン・シュミット/ジョセフ・シュワントナー/柴田南雄
   /ドミトリー・ショスタコーヴィッチ*/クンス・シム 
   /シャプルジ・ソラブジ/鈴木輝昭/譚盾/ジェームス・テニー 
   /マーク=アンソニー・タネジ/ウラジミール・ウサチェフスキ
   /カール・ヴァイン/イェルク・ヴィットマン/尹伊桑
   
   表には記載していませんが、野田憲太郎氏の作品についても可能になりしだい
   投票を行いたいと思います。
                  

168 :7分74秒:2006/07/23(日) 12:23:45 ID:TToWcaus

 第40回は活発な投票が行われ、一位には「12楽章の交響曲
  Stimmen... Verstummen 」と「7つの言葉」が並びました。
 フィボナッチ数を利用したとも言われる曲ですね。
 得票した曲はすべて彼女の音楽を語る上で不可欠の重要作品ばかり。
 聞き漏らしているものは是非聞いてみたいです。
 
 第41回は高橋悠治です。ピアニストとしても多くのピアノ曲の
 日本初演も手がけられ、日本の現代音楽と世界を結んだ一人でも
 あります。
 若き水牛楽団やサンプリングシンセを利用した作品もありますが、
 評価の高い最近作もあります。今回も展開に期待大ですね。

 ↓↓↓ 第41回 高橋悠治      投票スタート ↓↓↓


169 :7分74秒:2006/07/23(日) 12:34:23 ID:TToWcaus
以前にご報告しておりましたが、7月30日の今回の集計と次回のスタートのあと
しばらくお休みをいただきます。
つきましては、8月6日の集計報告と第43回のスタート、8月13日の集計と第44回
スタートを今堀さんにお願い致します。
(もし不都合がありましたらお知らせ下さい)
お引き受け下されば、これ以上の安心はありません。
8月20日の集計には間に合うようにいたしますが
勝手を申しますがなにとぞ宜しくお願い致します。


170 :7分74秒:2006/07/23(日) 13:07:19 ID:if2L70bK
>>169
乙。今堀さんどうですか?

171 : ◆30rKs56MaE :2006/07/23(日) 16:52:18 ID:fa3Lqu+D
>>169-170
了解しました。お引き受けします。
集計時刻についてですが、時差のため平常の締め切りである日本時間昼12時は
こちらの早朝5時になってしまい、その時間に合わせて集計することができません。
ですのでこちらの夜0時にあたる、日本時間日曜朝7時に締め切りをお願いすると
いうことでよろしいでしょうか?

172 :7分74秒:2006/07/23(日) 19:47:26 ID:TToWcaus
>>171
そのようになさって下さっていいと思います。
深謝致します。

173 :7分74秒:2006/07/23(日) 23:56:12 ID:qn2gH9zx
<<この歌を君たちへ>>
ギドン・クレーメルのロッケンハウス(だったか?)の映像で見た。
クラリネット,ヴァイオリン,チェロ,ピアノの編成(メシアンの「世の終わりのための四重奏曲」や武満の「カトレーン」のソロパートと同じ編成)。
ふわふわしたきれいな曲。
【ヴォルフガング・リーム】

174 :7分74秒:2006/07/24(月) 19:12:09 ID:9aKWRiJT
<<翳り>>
【タネージ】

175 :7分74秒:2006/07/25(火) 13:39:24 ID:UL/kkdV+
きけん
【オリヴェロス】

176 :フェミニスト(ペニパン常備):2006/07/25(火) 13:52:46 ID:IV3fFzQ+
(ビューティフルソープ)
オリベロスの本2冊持ってるが
そういや、全く読んでない
ディープリスニングバンドより
ソニックメディなんとか
の活動のほうが
いい感じ
(クローレンス・バルロウ)

177 :7分74秒:2006/07/25(火) 17:18:13 ID:aQIFqydS
<<たまをぎ>>
【近藤譲】

178 :7分74秒:2006/07/25(火) 18:51:29 ID:OAVWdn3N
>>176
マリファナよ。投票の仕方(括弧の使い方)をよく読まないと

179 :7分74秒:2006/07/28(金) 01:41:10 ID:H0EooswB
妙に投票が少ないね
棄権
【マリウス・コンスタン】

180 :7分74秒:2006/07/28(金) 01:57:04 ID:VJ9ZfWmx
<<しばられた手の祈り>>

【グロボカール】

181 :7分74秒:2006/07/28(金) 14:35:40 ID:sgLO0+3A
《棄権》
ケロボカルのほんいきは
即興であり、漸次的恣意性に
よるところが多いので
【アンドリーセン】

182 :7分74秒:2006/07/28(金) 19:31:34 ID:jvXrnt0J
<<6つの要素>>
彼の作品のなかで最も気合を感じる
【ジョン・ケージ】

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)