5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Karlheinz Stockhausen | シュトックハウゼン Part2

1 :7分74秒:2006/05/27(土) 04:59:08 ID:NudpkmNe
前スレ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1115642319/



Karlheinz Stockhausen Home Page
http://www.stockhausen.org/

シュトックハウゼン見聞録
http://tierkreis.web.infoseek.co.jp/kuerten/

2 : ◆30rKs56MaE :2006/05/27(土) 05:36:17 ID:KWFVPho9
前スレより
シュトックハウゼンのCDを通販で安く手に入れる方法
ttp://tierkreis.web.infoseek.co.jp/weblog/archives/2003/09/stockhausenverl.html

3 :7分74秒:2006/05/27(土) 09:46:18 ID:Clyjcrhi
立てるの早過ぎ

4 :7分74秒:2006/05/29(月) 01:44:14 ID:UkYy2vC8
歌劇リヒト全公演のために、貯金をしています。
どっかツアーを企画しないかな。

5 :7分74秒:2006/05/29(月) 07:47:43 ID:BwVGDDoz
>>4
あれって結局やるの?
つーか600億誰が出すんだ?

6 :7分74秒:2006/05/29(月) 12:50:05 ID:YeaSLBpJ
これ逝ってくる↓
ttp://www.salzburgfestival.at/spielplan_werk.php?lang=2&id=3885&sommerflag=1

7 :7分74秒:2006/05/29(月) 13:05:31 ID:tRXZoeDK
MIXTUR (2003)って今までのとは別なの?
それともモメントの新しい組み合わせ?

8 :7分74秒:2006/05/29(月) 13:10:19 ID:BwVGDDoz
それにしてもKSTってほんっと焼き直し多いですよね
伊福部とおんなじくらいwww

9 :7分74秒:2006/05/29(月) 13:34:37 ID:tRXZoeDK
モメント形式って
一種の管理された偶然性?

10 :7分74秒:2006/05/29(月) 14:26:44 ID:RWS4rXPc
モメント形式の考え方自体には偶然とか不確定とかは含まれてないのでは?

11 :7分74秒:2006/05/29(月) 15:42:24 ID:DlTeliCk
演奏順序を入れ替えたりするのは
ピアノ曲#11などの延長にあるのかなと。

コンタクテもモメント形式なの?

12 :7分74秒:2006/05/29(月) 16:08:56 ID:RWS4rXPc
作曲者はたしかそう言っていたような・・・
詳しい人よろしく。

13 :7分74秒:2006/05/29(月) 16:35:13 ID:qm75CTyj
>>7

MIXTUR 2003はMIXTURの不確定な部分を確定された楽譜に固定させた新しい版。
3xRefrainやSTOP and STARTと同じような発想。

>>9, 11
モメント形式は不確定性とは全く別物。
それ自体でも独立可能なモメント(数秒から数分間の音楽イベント)を組み合わせて
音楽を構成していく作曲法。
クライマックスに向かって持続的に盛り上がっていくような音楽の作り方とは
対極にあるので、一瞬一瞬の音に聴き入るような聴取が求められる。

コンタクテもモメント形式で作っているね。

この辺の事はすべて「音楽論集」に書いてるよ。

14 :7分74秒:2006/05/29(月) 21:55:41 ID:bKMWQ+kX
そういえば思い出したんだけど、
去年の来日公演のテープ作品のときヴォリューム小さくなかった?
どうも物足らなかったなあ。

15 :7分74秒:2006/05/29(月) 23:22:57 ID:qm75CTyj
爆音で圧倒するというのとは全く違ったコンセプトだからね。

16 :7分74秒:2006/05/30(火) 00:38:36 ID:AsTfvdX3
音質もちょっと冴えなかった気が・・・
装置のせいか会場のせいか。
(前スレに何か書いてあったけどよく分からんかった (^^;))

17 :7分74秒:2006/05/30(火) 23:16:58 ID:Rmokv7IJ
カールハインツ・シュトックハウゼン講習会
最終コンサートによってシュトックハウゼン解釈賞が3賞贈られます(4,000ユーロ、2,500ユーロ、1,500ユーロ)
(注)賞金は結果によって変更することがあります
マジデスカ...
http://summer.andvision.net/archives/2006/04/post_27.html

18 :7分74秒:2006/05/30(火) 23:36:09 ID:jQ5/fUcn
>>17
ずっと前から賞金はあるけど。。。

てゆうか、ここの斡旋業者ぼったくりじゃない?
直接申込めば360ユーロなのに、ここに頼むと167000円って。。(絶句)

ちなみに講習会の直の情報はここね↓
http://www.stockhausen.org/course_brochure_2006.pdf

19 :7分74秒:2006/05/31(水) 14:44:05 ID:MKq96cnH
>>2
http://tierkreis.web.infoseek.co.jp/weblog/archives/2006/05/post_62.html

20 :7分74秒:2006/06/01(木) 13:55:57 ID:NC/kk1Yb
YouTubeでSet Sail For the Sunの動画を見て、
おーこれって今じゃ街中でよく聞くような音じゃん!
シュトックハウゼンは現代を生きる作曲家として音楽を作ってるんだな!
とか感動したんですが、
これっていつ頃に作られた曲なんですかね?
ぐぐってもいまいち情報が得られなかったので

21 :7分74秒:2006/06/01(木) 19:34:04 ID:omKW5EIA
>>20
コレって五線譜じゃなくて文章があって自分で解釈して演奏するやつです。

詳しくはココ↓で、完全無料だお。⊂二二二( ^ω^)二⊃
http://www001.upp.so-net.ne.jp/kst-info/linerNotes/CD14/Setz_Die_Segel_Zur_Sonne.html


22 :7分74秒:2006/06/01(木) 19:40:58 ID:+HEoV5tR
今から適当にこの曲演奏するからうpしてもいい?w

23 :7分74秒:2006/06/02(金) 03:22:53 ID:AB8A1ceV
気長に待つので、ぜひ。

24 :7分74秒:2006/06/02(金) 21:03:59 ID:zcXMfBmG
>>14
単に老人だから爆音は体にこたえるからなんじゃないの。

25 :7分74秒:2006/06/03(土) 11:58:42 ID:mJLsV+et
前期~中期:優良
後期:神秘主義にはまってあぼーん

26 :7分74秒:2006/06/03(土) 15:01:27 ID:ctV3q4G1
現在:シュトックハウゼン(笑)

27 :7分74秒:2006/06/03(土) 15:56:31 ID:oFY8Qpkf
ブーレーズも年取って角が取れたじゃない。
武満も、最盛期の鋭さから晩年のロマンティシズムに移行した。
けっきょくおれたちもそうなる運命なのよ。

28 :Mimikamoerer ◆MG64yE6TCE :2006/06/03(土) 18:37:29 ID:tCjZotHu
》“|ゎo oぉ|”《<そんなことはないいいぃぃい。

29 :7分74秒:2006/06/03(土) 20:06:13 ID:V5GtvzDe
>>25
阿呆が釣れましたw
未だにこんな事言ってる人いたのね。

30 :7分74秒:2006/06/03(土) 23:59:42 ID:Y9Z0VeJc
今は神秘主義から復活したのですよ。

31 :7分74秒:2006/06/04(日) 00:52:50 ID:qYpMKbCg
ところで山下君のとこのサイトはまだ再開しないのか。

32 :7分74秒:2006/06/04(日) 04:12:28 ID:GHBSlHEE
>>31
見られますよ。
ttp://www001.upp.so-net.ne.jp/kst-info/index.html

33 :7分74秒:2006/06/05(月) 21:05:54 ID:SmG45p2Q
先生の行った過去のとんでもない事件はテンプレにいれないの?

34 :7分74秒:2006/06/05(月) 21:50:37 ID:UggKd27z
再開=更新

35 :7分74秒:2006/06/06(火) 20:27:48 ID:AotGtN9b
>>13
>不確定な部分を確定された楽譜に固定させた新しい版。

モメンテ98もそうなの?

ブーレーズのプリ・スロン・プリの現行版に対してもそう思ったのだが
そもそもの最初の「作品の意図」はどうなってしまうのだろう。

36 :7分74秒:2006/06/06(火) 23:22:39 ID:XAVuizU4
「モメンテ」は単に98年に作ったヴァージョンということなので、
あくまでもオリジナルの「モメンテ」

作曲当時は、開かれた形式というのに大きな意義があったけれども、
いい加減な演奏解釈に辟易して「固定」版を新たに作ったということみたい。

今は、「ピアノ曲XI」にしても「ツィクルス」にしても、
あらかじめ奏者が自分用の演奏ヴァージョンを作成して、
それをしっかり練習する事を作曲者が望んでいるみたいだね。

「コンタクテ」にしてももともとは電子音楽に合わせて演奏者が即興的に反応するはずだったのが
満足いく結果にならなかったので固定された楽譜に記譜した、という経緯もあるので、
別に現在だけが特別な訳ではない。

逆に現在に至るまで開かれた形式のまま存続している作品もあるんだしね。

37 :7分74秒:2006/06/06(火) 23:43:31 ID:IpLhEcSn
そもそも作曲者の監修無しで演奏するのが嫌なら楽譜だって公開しなけりゃいいのにね。演奏者とシュトックハウゼン以外楽譜を知らない完全非公開。

美術作品は全て作り方を公開しなければならない、なんて決まりはないしw

38 :7分74秒:2006/06/06(火) 23:44:18 ID:IpLhEcSn
美術って芸術一般のことです。
失礼。

39 :7分74秒:2006/06/07(水) 08:32:31 ID:/xomMmCs
>そもそも作曲者の監修無しで演奏するのが嫌なら楽譜だって公開しなけりゃいいのにね

別にそういう訳ではないと思うけど。
むしろ自分が死んでしまっても作曲意図が分からない、という事態にならないように
スコアの解説が楽譜本体よりページ数が多くなってしまうほど詳細に書かれているのは
良く知られていると思うけど。

それでも伝え切れない部分があるから自前のレーベルでCDを作ったりと
自分の意図を様々な形で残そうとしている。

楽譜の可能性と限界を良く知っているからこそ、一種の口承のようなものも重要視
しているんだと思う。

それはそうと、
自分の作品をどう演奏されてもいいと思っている作曲家なんかいないんじゃないかな?
ケージなんかでも、作品の不確定性と、テキトーに演奏していいというのとは
全く別の事だけど、そこを履き違えてる人も沢山いるよね。

40 :7分74秒:2006/06/07(水) 20:52:11 ID:lQXNxkNx
ひとつの音が五線譜のどこに位置するかがわかるってことは、
その音がひとつの関係の中にしか位置づけられていないということでもあるでしょう。

41 :7分74秒:2006/06/07(水) 20:54:11 ID:lQXNxkNx
byokazaki

42 :7分74秒:2006/06/09(金) 01:00:42 ID:JTbKVCnF
ドイツ・ワールドカップの開会式のイベントがオペラ「光」っぽい。

43 :7分74秒:2006/06/13(火) 18:25:20 ID:wWS/j18s
シュトックハウゼンは元気ぴんぴんだお。

44 :7分74秒:2006/06/15(木) 23:44:32 ID:Z3r0z4dH
「カールハインツ先生!リゲティが亡くなりました!」「あっそう」
こんな感じなんだろうな。

45 :7分74秒:2006/06/16(金) 09:11:41 ID:jdLFYLg/
>>44
シュトックハウゼンが実際どう思っているかは知らないけど、
リゲティが恩知らずだったことだけは間違いないね。

46 :7分74秒:2006/06/16(金) 17:01:59 ID:YNmVJWWY
シェーンベルクやストラヴィンスキーも, 経済的に支えてくれた人や
初演してくれた人の悪口を言ったりしたんじゃなかったっけ.
大作曲家ほど恩知らず, とw

47 :7分74秒:2006/06/17(土) 09:58:09 ID:4El3nMnz
>>46
具体例教えて。

48 :7分74秒:2006/06/21(水) 00:31:09 ID:FgayixKS
地味な作品かもしれませんが
「最後のオーケストラ奏者」って作品はわりと好きです。

49 :7分74秒:2006/06/21(水) 22:12:35 ID:+Axvjz8P
>「最後のオーケストラ奏者」

この作品は背景に流れるミュージック・コンクレートも美しいよね。
ただ、この訳(清水穣もそう訳してるけど)はどうかと思う。

コンクールのファイナリストたちによる演奏、という設定だから
現代の「オーケスター・フィナリステン」または英訳の
「オーケストラ・ファイナリスト」と呼ぶのが良い気がする。

50 :7分74秒:2006/06/26(月) 20:46:50 ID:up+Ozh9O
W.リームの初期作品の楽譜見てて,なんかシュトックハウゼンのにおいがすると思って
よく経歴見たら一時期シュトックハウゼンに師事してたんだね

51 :7分74秒:2006/06/29(木) 02:25:13 ID:Q2B91ipD
こいつ版権グラモフォンだったらいいのに。


52 :7分74秒:2006/06/29(木) 08:54:07 ID:Xqwzo7IS
>>51
グラモフォンやめたから、好きなだけCD発売できるんだよ。

53 :7分74秒:2006/06/30(金) 13:28:45 ID:8yYNszr4
もとはグラモフォンだったが、当時はシュトックハウゼンと
言っても売れる見込みが立たないくらい前衛だったので、
なかなか発売に踏み切らないDGの連中に業を煮やして、
シュトックハウゼン出版を立ち上げたそうだ。
でも、今ならシュトックハウゼンといえば大人気だから、
DGから出しても売れると思うんだけどね。

54 :7分74秒:2006/06/30(金) 18:34:14 ID:+CdKe2Je
DGの判断基準で売れる域に達してるかどうかは・・・疑問だな

55 :7分74秒:2006/06/30(金) 19:31:43 ID:aYW26GVz
おやつはカール

56 :7分74秒:2006/06/30(金) 21:18:14 ID:n2JxzJld
グラモフォンのほうが安く簡単に入手できそうなもんだが。

新ウィーン派なんて何度も出してるのに。

57 :7分74秒:2006/06/30(金) 22:58:30 ID:PBgTTO5T
実際の制作コストはとうぜんかかるし、売れるなんて思っているのはここにきているシアワセなひとだけ
リリースに関して一番うるさいのは、当のご御大なはずだし、めんどくさくててまがかかるだけだろう
じっさい、シュトックハウゼンが前衛の先端でもなんでもなくなったときに、グラモフォンは
手をひいている。引き際はちゃんと読み切っていたと思う。
前衛自体も、商売になったのは60年代までで、そのころ同時にグラモフォンはドイツのドメスティック
なレコード会社から世界的戦略に切り替えている。その路線では、逆にもうドメスティックになりつつ
あったシュトックハウゼンはお払い箱だっただけ。商売になるなら、グラモフォンはいまだってとびつくだろうよ
新ウィーン楽派だって、シェーンベルクの初期以外は、グラモフォンの商売のボーダーなはずだ


58 :7分74秒:2006/07/01(土) 20:59:20 ID:rmwvwurX
最近、リヒト=ビルダー
ばかり聞いてる、
一万円もしないデジタルアンプにしてから。。。
地味な曲でもシュトックハウゼンが
凝縮されていると思う。

59 :7分74秒:2006/07/02(日) 00:24:26 ID:bE7hUaXB
シュトックハウゼンとヘンツェって互いにどう思ってるんだろう。
知ってる人います?

60 :7分74秒:2006/07/02(日) 12:04:41 ID:5kFTHxKx
互いに愛想尽かしてるんじゃねーの?

61 :7分74秒:2006/07/08(土) 21:10:10 ID:szirSXGS

シュトックハウゼンが9月17日の記者会見で前週のニューヨークで
のテロを「宇宙全体で想像しうる最大の芸術作品」と呼んで非難を
浴び、ハンブルグでの一連のコンサートが中止になるという事件が
あった。一度のコンサートのために十年もかけて狂ったように練習
を重ね、そして死ぬなどということは、音楽の世界では夢にも期待
できない、というのである。シュトックハウゼンは翌日この発言に
ついて謝罪し、自分はそれがルシファーの作品=所業だと言ったの
だ、と苦しい釈明を行なった。しかし、かつてはブーレーズやノー
ノと共に戦後の前衛音楽をリードしたこのドイツの作曲家は、実は
そういう発言につながりかねない過激なロマン主義をもともと内に
秘めていたのではなかったか。彼は、ずいぶん前から、ヴァーグナ
ーの《ニーベルングの指輪》(上演に四夜を要する)をさらに超え
る大オペラ《光》(七夜を要する)の制作に没頭しており、そのオ
カルティックな誇大妄想はすでにかつてのファンをも辟易させてい
た。それでも残った崇拝者、そしてとくに演奏者に、彼は絶対的な
献身を要求し、そのグループはあたかもセクトのような様相を呈し
ていた。そこには、ナチズムの狂気(ヒトラーが戦争末期に《指輪
》の終幕である「神々の黄昏」を何度も上演させたことはよく知ら
れている)や、テロリズムの狂気にも通ずるものが、いささか滑稽
なパロディとしてではあれ、確かにあったのだと思う。芸術的な評
価は措くとしても、肥大化した自己幻想とアポカリプス幻想の結合
(自己が世界を呑み込んで崩壊してゆく)を伴うそうした過激なロ
マン主義ほど幼稚で危険なものはない。


62 :7分74秒:2006/07/08(土) 22:05:44 ID:sZi43NkO
コピペか?

63 :7分74秒:2006/07/09(日) 00:16:10 ID:b4xZ6NCO
>>61
>テロを「宇宙全体で想像しうる最大の芸術作品」と呼んで・・・
>一度のコンサートのために十年もかけて狂ったように練習を重ね、
>そして死ぬ

なんか三島由紀夫の晩年の思想みたいだね。
三島は、自ら実践しただけ凄いけど。

64 :7分74秒:2006/07/09(日) 00:30:50 ID:9XXh1lKO
>>61
この文章、浅田だろ?

65 :7分74秒:2006/07/09(日) 20:59:34 ID:fJqtq29y
シュトックハウゼンの作品は、70年までが良かったと思います
それ以降は、神秘主義的傾向があるので、
前衛的な価値はないです。

66 :7分74秒:2006/07/09(日) 22:09:40 ID:pfNE+jNZ
ユダヤ人排斥論者でもあったヴァーグナーも、『指環』以降は
誇大妄想、神秘主義、盲信集団的と言って言えないことはな
いと思うのだけれど、『指環』は「音楽史上重要な作品」として
の地位を確立している。
紆余曲折を経ながらもな。
シュトックハウゼンの『光』も、未来において、歴史的にどういう
位置づけをされるのか、今からすぐに分かるものではなかろう。
シュトックハウゼンの天才が、ヴァーグナーに比肩するものなら、
その作品の上演は、紆余曲折、賛否両論を経ながらも、確実
に歴史に残るのではなかろうか。

67 :7分74秒:2006/07/09(日) 22:23:20 ID:3XG0/qon
>>64
明らかに浅田じゃないか? アホ丸出しだな。
おフランス野郎がブーレーズ批判をすることは永久に無いだろうが

68 :7分74秒:2006/07/09(日) 22:37:12 ID:oOqrGfBS
未熟者め、
ボリス・グロイスを読んでおらぬとみえるな。

69 :7分74秒:2006/07/09(日) 23:15:01 ID:7speXXXa
何者?(おれ未熟者^^;)

70 :7分74秒:2006/07/09(日) 23:54:35 ID:LgNJNvDL
これとか。
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4329004119/250-6122996-2489007?v=glance&n=465392
アヴァンギャルドが夢見た生と芸術の統合を現実化したのがスターリンだったって話。


71 :7分74秒:2006/07/10(月) 00:54:47 ID:5t6Eczpl
情報thx でもはーどな本が読める状況にない orz

72 :7分74秒:2006/07/10(月) 01:26:15 ID:ZHdQE2I+
>>70
いや〜こんな本が翻訳されているんだね。
情報ありがとう!いるかむ&おたく&あらしに辟易してたんだ
この板も捨てたもんじゃないな。

73 :7分74秒:2006/07/11(火) 07:22:08 ID:GUxGa+Xd
シュトックハウゼンの曲で世界の国家がコラージュされているのはなんていう曲ですか?
またなんに収録されてますか?

74 :7分74秒:2006/07/11(火) 20:57:47 ID:HEWhiQ6A
>73
ヒュムネン(国歌)
君が代も出てきます

75 :7分74秒:2006/07/12(水) 21:35:17 ID:iN9MGQCW
ありがとう
なんに入ってんだろ?習作かな?

76 :7分74秒:2006/07/12(水) 23:39:41 ID:cxHKLPlp
いや円熟期の作
俺は昔のLP2枚組しか聴いてないが、CDではいくつかのバージョンが
出てると思う。本家のHPで分かるだろう。

77 :7分74秒:2006/07/13(木) 21:26:55 ID:DtGkoMEG
サンクス!探してみますね

78 :7分74秒:2006/07/16(日) 06:39:28 ID:L0+azJZZ
ヘリコプター・クワルテット買ったよ
ワロスwww

79 :7分74秒:2006/07/16(日) 10:41:14 ID:iwg3wp1g
マントラのコレってどこで売ってるの? 

Sepp Grotenhuis, Ellen Corver, Hans Tuttschuu[TMD 950601]



80 :7分74秒:2006/07/19(水) 00:38:44 ID:hOG+0gGn
>>79
以下のリンク先を下の方にスクロールするとお探しのCDのジャケがあるよ。
http://homepage.mac.com/tierkreis/sirius/PhotoAlbum11.html

シュトックハウゼンのところで聞いて見ると入手方法が分かるんじゃない?

81 :7分74秒:2006/07/23(日) 00:47:32 ID:/1l5J7Y3
シュトックハウゼンには「日本」という曲があるんだよね。 どういう曲なの?

82 :7分74秒:2006/07/23(日) 09:14:14 ID:35ZqSDm6
>80
レスありがとう。
>81
直感音楽

83 :7分74秒:2006/07/23(日) 10:45:53 ID:u5ogvxJU
気づいたら来日から、もう一年経ってるのね。。

84 :7分74秒:2006/07/25(火) 00:38:03 ID:57s36sim
    r ‐‐ ''  ̄ '' - ,,
   /´         _  " ‐ ,, _
  /       k 彡 '        \ 
 . l          /  ̄ `     ヽノ
  l          .l  /       l
 . l          ヽ-'       ・ 、
  ヽ             ・    _".ヽ  
   ', 、          "" ,, ‐ " ` l  今夜は夜更かしした。
 .   し' ` 、          (  /  ソ/  寝る。
        ` 、 _       ` '' "/
            し ─ ‐‐ ''

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)