5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Spatialisation / 空間配置

1 :7分74秒:2006/05/23(火) 00:32:15 ID:CwOYl5GU
今後電子音響でより重要なファクターになってくるだろう、空間配置の問題。
いくつかのスピーカーを円形に配置して、ぐるっと音源を回すのって、最も安易な
手法だったりしないかな。ともかく、電子音響を利用するとなると、必ず必要になる、
いわば楽器としての「スピーカー」の在り方について。多チャンネル化の方向以外にも、
バイノーラルとか、頭部伝達関数を利用した立体音響の話題や、いまホットなインパルス
レスポンス方式のリバーヴなんかも面白そう。
参考:http://www.ircam.fr/306.html?L=1

2 :fuisianasan ◆30rKs56MaE :2006/05/23(火) 00:57:31 ID:8oZqBcfB
IRCAMには強力な空間配置用Max/MSP拡張パッチのSPATがあるが、
IRCAMのSPAT以外にも有用なソフトや技術があればぜひ知りたい。

3 :mac-nomade-31.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2006/05/23(火) 01:00:03 ID:8oZqBcfB
フシアナ間違えた・・・
湯浅譲二の「ホワイトノイズによるイコン」の楽曲解説は、当時の空間配置の苦労がわかって面白い。

4 :7分74秒:2006/05/23(火) 01:27:36 ID:CwOYl5GU
>>2
うーん、とりあえず。スレッド建てといてなんだけど、そんなに詳しいわけではない。簡単に。
(1). ttp://www.audioease.com/Pages/Speakerphone/speakerphone.html
(2). ttp://www.audioease.com/Pages/Altiverb/AltiverbMain.html
日本語サイト(ttp://www.musetex.co.jp/products/audioease/altiverb/)
(3). ttp://wavearts.com/Panorama.html
全部市販の各種DAW用のプラグインなんだけど、(1)は名前の通り、スピーカーシミュレータ。
おそらくまだリリースされてないハズだけど、ありとあらゆるスピーカーがモデリングされている。
(2)は比較的有名なIRのリバーブ。実空間での残響をサンプリングしてリバーブを掛けられ、従来のリバーブとは
全くクオリティが違う。(3)はステレオ2ch用で音源を立体的に配置するプラグインみたい。
Σ(゚Д゚)・・・挙げたソフトウェアが空間配置とは直接関係なかったりして。でもIRCAMもどうやらコッチ方面の
研究はしてるようです。ただ、実際に何をどう配置するか、というのはまた別問題になってくるし、そこは作曲家の領域ですな。

5 : ◆30rKs56MaE :2006/05/23(火) 03:03:58 ID:oToucyEL
>>4
(3)については、去年10月に研究員生活が始まって最初の3日間で行われたフォーラムの中に
そういう技術紹介のレクチャー枠があったことを覚えている。
当時は何せ始まったばかりでソフトウェアも技術も全く知らなかったが、今ならもっと理解できるはず。
また6月1-3日に大規模フォーラムがあるから、そこで詳しい話を聞けるかもしれない。

6 :7分74秒:2006/05/23(火) 23:11:34 ID:CwOYl5GU
ttp://emfinstitute.emf.org/exhibits/acousmonium.html
フランソワ・ベイルが1974年、GRMで開発したAcousmonium。
グーグルでも「アクースモニウム」でいくつか日本語でもヒットする。
うーん、どこかに分かりやすい解説は無いかな。

7 : ◆30rKs56MaE :2006/05/25(木) 23:39:52 ID:FSdHQ5PB
>>6
ラジオフランスで定期的にやっている電子音楽演奏会の写真だね。
現在でもほぼ同じ舞台が見られるが、古臭い白黒写真が却って歴史を感じる。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)