5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

吉松 隆

1 :7分74秒:2005/11/03(木) 14:46:19 ID:tpmz59VR
吉松 隆のスレがどの板にもないので造ってみた。
まぁ、この人、現代音楽滅亡させようとしてるひとなんだけどw

結構好きだったりする。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E6%9D%BE%E9%9A%86
http://homepage3.nifty.com/t-yoshimatsu/



2 :7分74秒:2005/11/03(木) 15:21:42 ID:Bq5FlD2k
これを読むと、なぜ吉松スレがないかわかると思うよ。
ttp://makimo.to/2ch/music_classical/1005/1005750180.html

3 :7分74秒:2005/11/03(木) 15:54:56 ID:cu1NRfhd
>>2
2001年って・・・ 随分昔ですな。
それから一度もスレがなかったとは。

4 :7分74秒:2005/11/03(木) 16:07:37 ID:MepXsmMk
その後も立ってたよ。1000までいったのはなかったと思うが。

5 :7分74秒:2005/11/03(木) 16:32:20 ID:cu1NRfhd
>>2
過去スレ含めて、見られるものは全部一応目を通しました。

チラシの裏書きが多すぎだと思った。
吉松氏に限らず、どうしてこうもノイズを含めないとその作曲家、現代音楽界
を語れないんだろうな・・



6 :おまんこ-O M A N K O:2005/11/03(木) 18:14:14 ID:FEm+kTf9
>>5
それは「おまんこ」だからだよ

7 :7分74秒:2005/11/04(金) 13:15:41 ID:pwn9WokX
>>5
作品そのものが劣化してきているからでしょうね。
過去スレ読むと劣化の原因が正しく分析されているように思う。

8 :おまんこ-O M A N K O:2005/11/04(金) 23:11:28 ID:ND9ht/az
それは的を得た発言ですね

9 :7分74秒:2005/11/05(土) 01:04:00 ID:GpSkY7g+
的は得るものではないす?
射る

10 :7分74秒:2005/11/05(土) 07:36:58 ID:kPSROyRZ
      /∵∴∵∴∵\
     /∴∵∴∵∴∵∴ i   ゲソオソ撲滅
     |∵∴; ━=、 ,━ ∴.|
     |┯━| ― ナ=(― )「     / ̄ ̄ ̄\
     l∵/ `ーノ( 、_, )ヽ  |    /   ∧ゲソ∧\
     |∴|三.ノ、┏_!!┓,.、三|   |   <・> <・> |
     ∧ ヽ.   ヽニニソ  /   |     )●(  |
   /∵\ヽ        /    \   ┣━┫ ノ
 /∵∴∵\ `ー--一'ノ/ヽ    ノ7_,,,___/
/∴ (⌒、"⌒ソ⌒ヽ_( 〒 )ノ- 、`、 ( ィ⌒ -'"",う
∵∴ ~''(_)(_)(_)(_)ソ  __   ヽノー-,イ^
∴∵ ヽ/`、_, ィ/ ┌|| 調 ._|__ヽ∴/
∵∴/ ∴∵∴/  || || 性// 調 / )/
∴∵∴∵∴∵/  || || // 性 /  i
\∴∵∴∵ ノ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  /
  \__ /   \ 吉松亭ノ  /

11 :7分74秒:2005/11/05(土) 09:36:11 ID:maOn0JzQ
>>10
haha.
あぶ刑事の柴田のベストアルバム、けっこう売れてる。
食えないクラ界で、それに味を占めてPOPS転向しなかっただけで偉いのかもw

12 :7分74秒:2005/11/13(日) 21:10:17 ID:mhpXAUhP
この人の作品に「鳥」がよく出てくるけど、なんで?
素朴なギモーン。

13 :7分74秒:2005/11/13(日) 23:49:11 ID:aNTMSXap
あと、星や星座、神話上の生き物、なんてシリーズもある。

14 :7分74秒:2005/11/14(月) 00:44:11 ID:bz6MY3W2
なにか執着してる理由でもあるのか?
それとも神秘的なイメージをかもし出すためのアイテムなのかな。

15 :7分74秒:2005/11/14(月) 01:54:14 ID:IMlGLqx4
ここで何か説明してるんじゃないの?
ttp://homepage3.nifty.com/t-yoshimatsu/

16 :7分74秒:2005/11/14(月) 06:04:01 ID:CnNKUGqF
最近は世界的に評価が高まってるようです

17 :7分74秒:2005/11/15(火) 11:14:17 ID:VGVVAbI8
チェロ協奏曲
交響曲第2番の第1楽章や交響曲第3番の路線で書いてくれたら名曲なのに…
ttp://www.japanphil.or.jp/concerts/interview1028.html


18 :7分74秒:2005/11/15(火) 16:19:35 ID:zRxPXqFn
おい!シリウスの伴星に寄せる op.1を聴いたか?
最近の吉松にはない、洗練された音選びに、武満にも通じる静寂性!
これを聞いて、吉松は量産さえしなければすごい作曲家だと確信したよ。
むしろかわいそうなのは吉松で、量産しなければならなくなった現在の立場が不運としか言いようがない。
ここで聞けるよ

http://www.geocities.jp/ooi_concert/To_the_companion_star_of_Sirius_op_1.html


19 :7分74秒:2005/11/16(水) 14:55:47 ID:m18PsdMv
吉松叩いているのは、売れないしょぼ自称作曲家の連中か、作曲家崩れ。

まちがいない

20 :7分74秒:2005/11/16(水) 21:38:53 ID:i61Gbl88
あれを良いと思える作曲家が一流になれるとは到底思えぬ。

21 :7分74秒:2005/11/16(水) 22:40:39 ID:rVUA2QuL
>>18
超GJ!!


22 :7分74秒:2005/11/16(水) 22:58:02 ID:RhOkKHDB
>>20

>>19の崩れにビンゴwww 食えてる?


23 :7分74秒:2005/11/17(木) 23:45:18 ID:PEBD6/Ol
90年代前半くらいまでは、いい仕事していたと思う。
その後は、どうも頂けない作品が多いように思う。

朱鷺によせる哀歌とか、鳥たちの時代とか、
天馬効果とかは、なかなかいいのでは。

24 :7分74秒:2005/11/17(木) 23:47:17 ID:5e+fjv73
メモフローラはどう?

25 :7分74秒:2005/11/18(金) 03:10:41 ID:oSlgY1h5


26 :7分74秒:2005/11/18(金) 10:59:04 ID:U+fFc4NH
てーか、シャンドスのディスク買ったり、演奏会に行った上で評価してる人って
どのくらいいるのかね。
音楽の具体的な要素ではなく、吉松を巡る言説そのままで語る人が多くて
余り信用できない

27 :7分74秒:2005/11/18(金) 12:41:28 ID:3iapNt5n
大学1年の時に「朱鷺によせる哀歌」の初演を
NHK-FMで聴いた時、自分の人生が変わった。

28 :7分74秒:2005/11/18(金) 12:46:22 ID:A8svRoIt
シャンドス買ってましたが、演奏もイマイチでどうも。

29 :7分74秒:2005/11/18(金) 20:29:10 ID:E5eVFnX/
てーか、シャンドスのディスク1枚買うと、もう次買う気が失せるジャマイカ

30 :7分74秒:2005/11/18(金) 23:55:10 ID:rmkL8WsC
シャンドスCDは指揮者がどうしようもないからな

31 :7分74秒:2005/11/19(土) 08:24:34 ID:6Y3MtmLD
指揮者のせいじゃねえだろw

32 :7分74秒:2005/11/19(土) 10:36:19 ID:nSX7pcmp
それが吉松クオリティ

33 :7分74秒:2005/11/19(土) 17:17:04 ID:gH7TOQHe
トロンボーン協奏曲?
シャンドスから出てるやつ、ラジオで聞いたけどなかなかよかったぞい

34 :7分74秒:2005/11/19(土) 21:02:27 ID:Xau1SdIn
>>24
漏れはメモフローラは美しいと思うぞ。

>>25
どのあたりが糞なのかな?

35 :7分74秒:2005/11/20(日) 00:31:03 ID:WVREDvi3
吉松のサイバーバードを生で聴く機会があった。
須川のサックス、小柳のピアノ、山口のパーカッション
それぞれの高い技量と絶妙な掛け合いの見事なこと。
それを支えた藤岡−都響も乗りまくっており
サントリーホールの聴衆は興奮状態に包まれた。
私は演奏途中で涙を流した。
最後の一発を見事に決めると、私はひたすら「ブラボー」と叫んだ。
これほどまでにオーケストラのコンサートで幸せを感じたことはない。

名前こそ協奏曲だが
内容はロックやジャズそのものといってよい。
クラシックだと思って聴いた人は激怒し
堅苦しいものを嫌う若者が仕方なく耳にすると
終わるころには熱狂するであろう。


36 :7分74秒:2005/11/20(日) 11:23:45 ID:FE+t2Yc4

釣り?

37 :7分74秒:2005/11/22(火) 07:56:12 ID:Z7xbWSV2
>>堅苦しいものを嫌う若者


35氏が何歳なのかは知らないが、とりあえず自分のことを「若者」と同じ程度に
若々しい感性の持ち主だと思っているんだNE。


38 :7分74秒:2005/11/22(火) 17:16:37 ID:E9qb9i9V
>>35
ロックやジャズだと思って聴いても激怒するNE。

39 :7分74秒:2005/11/22(火) 23:01:19 ID:fRA98Qqn
「ブラボー」て叫ぶ人を見ると

40 :7分74秒:2005/11/26(土) 21:20:21 ID:YZXl/BWx
「ロック」や「ジャズ」って・・・
共通点はドラムが入っていることぐらいでしょうが・・・

41 :7分74秒:2005/11/26(土) 21:44:08 ID:XuHC/u4k
吉松 隆 って名前は聞いていたが、どうせ頭が好いだけで才能のないやつだろうと
想像していたが
左手のための曲 ・・・聴いて驚いた

すばらしい!  馬鹿な先入観を恥じる。。。


42 :7分74秒:2005/11/27(日) 01:14:55 ID:0BSMzDII
左手のための曲聴いてみたい

43 :7分74秒:2005/11/27(日) 10:31:00 ID:VNOpPBRc
>>41です

左手のピアニスト 舘野泉氏 のためにかかれた曲
題名は忘れました。
まだレコーディングはされていないかも知れません。

44 :7分74秒:2005/11/27(日) 12:51:02 ID:5k+F5Zeg
>>43タピオラ幻景だね。
館野氏の番組見れなかったし、早くレコーディングして欲しい
そういえばソプラノサックスコンチェルトもまだだな。
シャンどす、次の交響曲まちか?

45 :7分74秒:2005/11/27(日) 16:22:13 ID:N6csHfmS
ドーリアンとソプラノサックス協奏曲じゃ収録時間は30分位だしね。
もう録音してない作品はドーリアンしかない筈だし、新作待ちなんじゃないかなあ?


46 :7分74秒:2005/11/28(月) 07:50:23 ID:2MER31k0
シャンドスからはファゴット協奏曲は出ていない。
あと、富士山がらみの管弦楽曲があったはずだが。

シャンドスから切られたかな?

47 :7分74秒:2005/11/28(月) 21:46:54 ID:l4gMcxIM
吉松 隆 さん一人ジャー  このスレもたないね。。。。。

48 :7分74秒:2005/11/29(火) 13:00:56 ID:RLKO5Iyb
初期の作品(70年代)の桶曲にシリウス賛歌と鳥獣保護区というのが
あるらしいけど演奏されたことあんのかな?
>>46
富士山がらみはお琴が編成に加わるからやれないのかも。

49 :7分74秒:2005/11/29(火) 23:40:02 ID:oALbQMF7
詳しい事は知らんがそれらは毎日コン落選作の1部なのかもしれん

50 :48:2005/12/02(金) 00:07:33 ID:T9ucUc0/
今気がついたが>>18のサイトによればシリウス賛歌は
処女作のシリウスの伴星によせるとは
姉妹作なんだな。なら演奏されてないのも納得がいく。
亀だが>>18氏超ぐっじょぶ。
どーでもいいが、演奏と曲はいいのに、客ががさがさうるさくて萎えるw

51 :7分74秒:2005/12/12(月) 23:22:01 ID:2ydHDe+n
こんなのが出てた。
http://www.kocd.jp/topics/051127.html

52 :7分74秒:2005/12/15(木) 00:30:44 ID:YApujWEs
いい歳こいて未だに独身の吉松氏がマスを掻くときは必ず左手を使うからね >左手のための練習曲



53 :7分74秒:2005/12/15(木) 23:29:06 ID:tcG0Mc1R
フジのアンビリーバボーに舘野泉登場。
タピオラ幻影流れるかと思ったけどなかった。
代わりに間宮芳生見れた。CD買おうかな。

54 :7分74秒:2005/12/20(火) 18:47:14 ID:BrlgxqhD

          /⌒\
         / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |/             \
         /   ∠,,_ノ ソ _ ,,.. _)       今吉松殺してきた
        /|  '',,((ノ )   ノ (\)  |         リアルで
        | |     ̄'      ̄ イ ハァ ハァ
       \| υ     、_/ロロロ)_ ノ
        /        U / ノ  \
        /|    υ    | | |←よしまつ
        ( .|    /  ノ ̄~∪U)  ノ  \
       ヽ.|◯  |   ノ ̄ ̄ ̄)  /\ ○\
       /.|  o .|  ノ ̄ ̄ ̄) /  \ o゚ \


55 :7分74秒:2005/12/24(土) 10:05:05 ID:76BugyEe
吉松ホームページに「ドーリアン」のスコアの1部が掲載されていた
そろそろ幻の一曲を表に出してくるかもしれないぞ

56 :7分74秒:2005/12/24(土) 12:44:31 ID:B9pneSUF
>>55
「ドーリアン」って振興財団のに入選したやつだっけ?
放送されてないのかな?もし放送されてたらエアチェックした人が・・・いないか。。

57 :7分74秒:2005/12/24(土) 17:26:01 ID:CCN+dO4v
ドリアン助川

58 :7分74秒:2005/12/24(土) 17:45:43 ID:/AtlsEhs
>>55
しかしあの一代記は怨念の結晶みたいだね。
ああなっては復活は望めないだろうな。

59 :7分74秒:2005/12/25(日) 22:27:12 ID:zgIqKR5m
今NHK第一のラジオドラマ聞いてたらBGMに吉松タンの白い風景?使ってた。
こう聞くとなかなかいい曲だな。

60 :7分74秒:2005/12/26(月) 01:20:03 ID:ddL2a02R
70年代の音楽修行の話を読んだが
凄絶の一語に尽きるな



61 :7分74秒:2005/12/28(水) 01:30:54 ID:oc2B1HuA
吉松さん、頑張って下さい!
あなたは、武満さんに続く日本を代表する世界の作曲家になるでしょう。
どうかご健康にお気をつけられて、ご活躍下さい!
また面白い読み物も、たくさん出して下さい。
陰ながら応援させて頂いております。

某作曲家より


62 :7分74秒:2005/12/28(水) 02:03:25 ID:FgV3V/iU
・・・・

63 :7分74秒:2005/12/28(水) 02:06:59 ID:frQVaWUK
> あなたは、武満さんに続く日本を代表する世界の作曲家になるでしょう。

本当にそう思っているなら作曲やめた方が良いかもね・・・。

64 : ◆30rKs56MaE :2005/12/28(水) 07:16:42 ID:ggZnAVIq
>>61-63
既にジャンルが違う気がする

65 :7分74秒:2005/12/28(水) 16:35:37 ID:3XLrlbk5
アンドレ・ギャニオンと同じ棚。

66 :7分74秒:2006/01/29(日) 10:49:58 ID:ABXzrUZH
朱鷺ってトキって読むんだな
ナクソス見て初めて気づいた
はじめ「朱い鷺」と勘違いして
間違って猟師に撃たれて血に染まったサギのための歌かと思った

67 :7分74秒:2006/01/29(日) 12:16:09 ID:6CJ7q5In
>>63
> あなたは、武満さんに続く日本を代表する世界の作曲家になるでしょう。

サックス奏者の雲井雅人氏が西澤健一にそう言ったらしいんだけど・・・

西澤にいうくらいだったら吉松のほうがまだましじゃない?

68 :7分74秒:2006/01/29(日) 16:38:42 ID:ImYLHBuU
>>67
西澤も吉松も論外でそ。

69 :7分74秒:2006/01/29(日) 16:46:05 ID:nkwsXFte
武満ってすげー

70 :7分74秒:2006/02/06(月) 15:31:33 ID:bP/0O2sa
ま、吉松ごときの音楽で感動できるようなヤシは原博でも聴いてなさいってこった。

71 :7分74秒:2006/02/06(月) 22:45:14 ID:L6T8baCR
>>70
そういうあなたのお気に入りを是非教えて。

72 :7分74秒:2006/02/07(火) 02:47:43 ID:WuS3uwsV
ここってド素人集団の集い?

73 :7分74秒:2006/02/07(火) 08:41:27 ID:GcB+IOxq
>>72
ちがいます。

74 :7分74秒:2006/02/07(火) 10:30:47 ID:g5+xeswG
クラシック演奏家の(多くの)現代音楽に対する評価は当てにならないね。
そもそも曲を知らないし。

75 :7分74秒:2006/02/22(水) 16:58:43 ID:XPqqIKsS
ブログをやりだしましたよ、センセ。

76 :7分74秒:2006/02/22(水) 17:19:44 ID:HQ/fbOD3
このスレからトラバ打てる?

77 :小田諭 ◆eOwhT.MPqI :2006/02/22(水) 23:52:24 ID:fueLKJ8D
小室が全盛の頃,朝日新聞で小室批判してたのが笑った
小室はもちろんうんこだが,
デブで眼鏡のおっさんがやいのやいの言うことでもないだろ。
もっとフレキシブルな人かと思ってたのにガッカリした。
朝日で音楽コラムが受けてたし本も売れたからちっといい気になってたのかな。

78 :7分74秒:2006/02/24(金) 20:24:25 ID:GhMGnsMa
亀レスで悪いんだが
>>60
>70年代の音楽修行の話を読んだが
>凄絶の一語に尽きるな
これ読んでみたいんだけど、どれか教えてくれ

79 :7分74秒:2006/02/24(金) 22:08:17 ID:jOKJizFQ
吉松のHPの話だろ

80 :7分74秒:2006/02/24(金) 22:14:23 ID:GhMGnsMa
>>79
あっー!探してみるわ。ありがとう

81 :7分74秒:2006/03/02(木) 23:40:06 ID:E0vHqMDW
この人の曲の雰囲気がすごく好き。
やっぱメロディアスな曲が好きだー。

82 :7分74秒:2006/03/03(金) 00:49:17 ID:er0J5zwU
>>81は初心者

83 :7分74秒:2006/03/03(金) 05:56:39 ID:FWeLAFtA
メモ・フローラ買ってきた。一度聴いて窓から投げ捨てた。

84 :7分74秒:2006/03/03(金) 23:34:08 ID:oH3FSkUb
>>83
あまりの美しさに感動したのか?

85 :7分74秒:2006/03/04(土) 05:57:41 ID:5Ts77FkC
ゴミ集積場に吊すとカラス避けになるよ。

86 :7分74秒:2006/03/04(土) 08:34:41 ID:fcoLPbeg
>>81
>やっぱメロディアスな曲が好きだー。

激しく同意(^^)/
キレイなメロディが無いと音楽とは言えないよね!

87 :7分74秒:2006/03/04(土) 09:10:10 ID:HsmDCYBa
この板で、そんな言葉を目にするとは……

88 : ◆30rKs56MaE :2006/03/04(土) 09:12:31 ID:JQnMlu3B
>>86
> キレイなメロディが無いと音楽とは言えないよね!
この板でその発言は喧嘩を売るようなものかと。僕は買わないが。
従来の音楽の楽しみ方に近い聞き方としては、そういう意見もありだろう。
その意味では、個人的には僕もメモ・フローラは彼の作品の中ではお気に入りの上位だ。
従来の美学に疑問を呈するのが前衛だと定義すると、では「きれいなメロディ」の「きれい」とは
一体何かという話になってくる。確かにメモ・フローラなどの彼の作風は、従来の音楽語法に近く
とてもわかりやすい「聴衆寄りの音楽」と言える。でもそれを求めるか、或いは新しい語法を探すことに美学を感じるかは
現代音楽、ひいては現代芸術全般の鑑賞の仕方にかかわってくる態度であり、
そう考えた場合、彼の作風は必ずしも満足するものとは言い切れなくなってくる。

メモ・フローラで個人的に気に入っている部分は、第一楽章の最後の音でコントラバスが
バルトーク・ピッチカートを使う部分。
打楽器奏者は確かに一名いるが、ウィンドチャイムやカスタネットなどの小物打楽器に
限られており、刺激の強い打撃音は打楽器奏者は担当しない。
その場合において打楽器的な打撃音を補佐する使い方としては、良いオーケストレーションだと思う。

89 :86:2006/03/05(日) 08:12:49 ID:PdEYZzk7
>>88
>新しい語法を探すことに美学を感じるかは
>現代音楽、ひいては現代芸術全般の鑑賞の仕方にかかわってくる態度であり、

「新しい語法を探すこと」それ自体に意味や価値なんて無い。
「新しい語法」は、あくまで自分の音楽を追究する過程で
「やむにやまれず」出てくるものだと思うけど、如何。


90 : ◆30rKs56MaE :2006/03/05(日) 08:25:41 ID:UgI1NRxR
>>89
矛盾するかもしれないが、さっきIRCAMスレにカキコしたので。
ttp://music4.2ch.net/test/read.cgi/contemporary/1140957182/50
「退嬰的ではなく同時代性としての語法を、ただしそれに自分の個性としての独自性を足すことを目指す」
というあたりで回答としてどうですか。
語法が先か作品が先かは鶏と卵の話みたいなものなのだと思いますが、
確実に言えるのは理屈としての語法よりも作品それ自体がものを言うことは事実でしょう。

91 :7分74秒:2006/03/09(木) 09:41:26 ID:UpHwBdpG
メガネデブ左手マスカキベレーおじさん

92 :7分74秒:2006/03/23(木) 00:44:05 ID:G/WEOGje
現代音楽研究の大家的存在である某氏と話していて、
吉松の名前を出したその瞬間に「興味ない!」という反応が返ってきた。

93 :7分74秒:2006/03/23(木) 01:29:15 ID:9ZjpEaHM
>>92
それは無理もないこと。
25年前ならともかくねえ・・・。

94 :7分74秒:2006/04/23(日) 00:39:22 ID:zQoVlO5r
この様にして、この人のスレは消えゆく運命にあるのかな。
などと1ヶ月の間をあけてageてみる

95 :Mimikamoerer ◆MG64yE6TCE :2006/04/23(日) 00:49:34 ID:60RLa3eC ?
>「新しい語法を探すこと」それ自体に意味や価値なんて無い。


ある

96 :7分74秒:2006/04/25(火) 21:43:32 ID:+2Jkc5RO
>>95
その所以は?

97 :7分74秒:2006/04/26(水) 17:22:45 ID:Cs/Jz8NG
「博士! ポテトとトマトを合体させた、新しい野菜が出来ました」
「美味しいのかね?」
「(゚Д゚)ウボァー」

98 :Mimikamoerer ◆MG64yE6TCE :2006/04/27(木) 03:25:28 ID:VfHENgFN ?
正直に言うと、書いている間に見つかるのがほとんどだよ

99 :7分74秒:2006/05/19(金) 00:11:22 ID:Ls/VgtRM
NHK教育テレビの「芸能花舞台」で「すばるの七つ」をやるらしい
放送は6月10日(土)

ってなことが吉松プログに出てた

100 :7分74秒:2006/05/19(金) 18:15:38 ID:Oz7QccrV
>現代音楽研究の大家的存在である某氏と話していて

誰だそれ? そもそもゲソオソで影響力あるのは片山だけで、
大家もなにもあとはハナクソみたいなやつばっかだろ。
片山は吉松評価してるし。ほんとにだれ? 予想できない。石田一志?

101 :7分74秒:2006/05/19(金) 21:32:24 ID:UFCYWAQo
片山氏って大家ですか?
日本人作曲家研究については影響力もあるけど、他はどうかな。

102 :7分74秒:2006/05/19(金) 22:36:47 ID:bGkgB40Y
白石

103 :7分74秒:2006/05/20(土) 18:43:12 ID:Cisfc8QZ
昨日大阪のいずみホールで舘野さんの左手リサイタル聴いてきた。
冒頭が「タピオラ」なのは御約束。
アンコールの二曲目が最新作「アイノラ叙情曲集」から「モーツァルティアーナ」
涙が出そうになった。

秋には録音するって舘野さんアナウンスしてたよ。

104 :7分74秒:2006/05/25(木) 23:30:50 ID:Iffmr2c+
× モーツァルティアーナ
○ モーツァルティーノ

105 :7分74秒:2006/05/29(月) 20:25:43 ID:nHfd56/U
今じゃ何かぱっとしないけど、
朱鷺に寄せる哀歌が発表されたときはお、大物が来た、って感じだったの?

106 :7分74秒:2006/06/04(日) 10:10:28 ID:kgxhc75F
本人のブログに、国立劇場で初演した旧作をCD化しようとしたら、
法外な料金を請求されて断念した話が出ていますが、
かなりの反響になり、大変な盛り上がりとなっているようです。
ブログのコメントに対して本人も初めて?返信入れてます。

ttp://yoshim.cocolog-nifty.com/tapio/

‥自分の作品を自分の制作で自分の作品集としてCD化するために、国立劇場委嘱で
9年前に初演した際の自分の作品の記録DAT音源をお借りしたい・・・というだけのこと。
なのに、「規定によると」と担当の人が説明し出したところ、「1秒220円(45分ほどの
この作品で60万円!)を音源の複製料として支払ってもらうことになっている」と言う。

 しかも、そこには作曲者への著作権使用料も演奏者への隣接権使用料も含まれていない
「ただの複製料」で、著作権に関する手続きや発生した金額はすべてそちらで処理しろ。
こちらは金をもらうだけで何もしない。そして、にもかかわらず、処理が行なわれた
証拠として初演した際の演奏家21人全員の捺印した承諾書を添付したうえ申請書を出せ。
そのうえで「伝統芸能の普及・啓蒙に著しく寄与するかどうか」を審査しないと、
曲の1/3以上は使わせない。しかもCD化されたら印税5%までふんだくると言う。

 思わず「ここはXXXの巣窟か?」とのけぞってしまった(Xの中には適当な
放送禁止用語を入れてください)。何をその頭に吹き込まれているのか、
担当の人はニコニコしながら、「(自分の作品を)広く聴いて欲しい…という
立場の人もいますが、一方で、ふさわしくないところで第三者に音源を使われたり、
納得出来ない芸の映像をお金もうけに使われたりするので、記録を公開したくない…
という出演者もいますので」と、わけの分からない理屈を繰り返す。
日本語を話しているのに、まったく常識が通用しない。‥



107 :mac-varese-1234.ircam.fr ◆30rKs56MaE :2006/06/04(日) 21:33:33 ID:s4ob6Zax
ざっと読んだ。由々しき問題だと思う。
ヨーロッパの放送局はこの点とても寛容だし、現代音楽のCDには裏面に放送局などのロゴが
複数並んでいて、放送局からの音源であることを示すものもたくさんある。
僕がラジオフランスで短い曲を契約したときには、初演後一定の期間を経た後に
作曲者が自由に使える、あるいは何らかの申請をするにしても寛容になる権利が
得られたはずだと思った。(契約用紙は実家において来たので確認できないが。)
吉松氏は現音の会員だと思ったが、こういうのは議題として通らないのかな。
まあそういう組織で声を上げたところで、その組織が何らかの腰を上げるとも思えないが。
個人ブログの方が、よほど効果があるかもしれん。

108 : ◆30rKs56MaE :2006/06/05(月) 15:44:21 ID:4uhqGLPI
吉松氏はファンも多いことだし、議論喚起のきっかけにならないものだろうか。
国立劇場もそうだが、NHKの対応のまずさがもっと気になる。
僕はブログを持っていないが、mixiブログの現代音楽関連コミュニティに参加する人たち(多数いるらしい)
などがトラックバックを貼るだけでも、有識者への注意は十分引けると思う。

109 :7分74秒:2006/06/06(火) 14:00:24 ID:K2x6Nzsi
吉松ならニコニコしながら何かやってのけてくれるはず

110 :吉松氏や皆の気持ちはわかるけど・・・:2006/06/06(火) 22:07:33 ID:nQMEbmKM
「国立劇場」の対応も正論といえば正論なんだよね。
原盤権は録音費用を出した所が持つのが鉄則だし・・・
現代音楽の世界が今までナァナァでやってきただけで、
ポピュラー音楽の世界はもっとシビアだよ。
ビートルズもストーンズも、原盤権を握った赤の他人が
他人のフンドシを使って大儲けしたよ(´・ω・`)

111 :7分74秒:2006/06/06(火) 23:37:01 ID:qM6NUwcF
吉松の作風がポピュラー的過ぎたということなのか?

112 :7分74秒:2006/06/10(土) 14:05:50 ID:jRd9RL/I
「すばるの七つ」聴いたよ。今日の演目の中で一番良かった。
再放送があるのでぜひどうぞ。


芸能花舞台 −現代邦楽の魅力−
放送日 :2006年 6月10日(土)
放送時間 :午後1:00〜午後1:45(45分)
(再) 翌週 土曜日 朝 5:15 〜 5:59
(再々) 日曜日 深夜 24:15 〜 24:59
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/31-04810.html

113 :7分74秒:2006/06/17(土) 06:49:34 ID:+gbIIJSg
教育で聴いたよあげ

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)