5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ショスタコーヴィチ

1 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:21:32 ID:v/S61wkZ
前スレ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147112876/

2 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:21:52 ID:Y2XvnY68
2

3 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:21:55 ID:NAQDsxks
2

4 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:22:27 ID:NAQDsxks
ん?俺はどっちだ?

5 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:23:25 ID:NAQDsxks
まけたあ

6 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:24:08 ID:f1Pwc1Ru
>>1


7 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:39:12 ID:mQib/8AM
ショスタコは二流作曲家。

8 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:45:20 ID:0pRJottU
【ピョートル】ロシア音楽総合スレ3【ボリス】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1116527741/

9 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 00:55:59 ID:7bXV0bZr
では、>>7が一流とする作曲家を教えて下ちい。

10 :7:2006/07/13(木) 01:01:04 ID:mQib/8AM
ストラビンスキー
バルトーク
ウェーベルン
ブーレーズ
シュトックハウゼン

11 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:05:38 ID:mJ2MHNt/
ストラビンスキー  ・・・ 二流 「せいぜい器用な作曲家止まり、中身がない」
バルトーク  ・・・ 三流 「晩年に才能が枯渇」
ウェーベルン  ・・・ 一流 「長生きしていればという思いはある」
ブーレーズ  ・・・ 二流 「ルマルトーやプリスロンプリが頂点か?後は方向を見失って墜落」
シュトックハウゼン  ・・・ 三流 「もてはやされたのは初期のみ、後は宗教系へ逃避」

つか20世紀上げるならせめてメシアンやノーノも上げとけよ



12 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:08:50 ID:mJ2MHNt/
こうしてみると、上で挙がった作曲家はみんな若い頃はもてはやされて
その後はぱっとしないというパターンが多いな
現代音楽というアバンギャルドな革新性がもてはやされた弊害というべきか
ex. 春の祭典、弦チェレ、ルマルトー、少年の歌etc
そう考えると生涯に渡って名曲を書き続けたショスタコの偉大さが一層際立つ
西側の作曲家でそのような立ち回りができたのってメシアンくらいじゃないか?



13 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:09:04 ID:F/SEdMC/
kibisi-

14 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:25:40 ID:MTP03Otn
ヤナーチェクすら挙がっていないしね

15 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:34:58 ID:3X/1AYpQ
即死防止になっただけ無駄でもない

16 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:39:33 ID:iE+0UKVq
過去スレぐらいは貼っとくか
【自己】ショスタコーヴィチの芸術性【表現】 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1134480767/
【没後】ショスタコーヴィチの苦悩【30年】 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1124938038/
【1905年】ショスタコーヴィチ【永遠の追憶】 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1114421945/
【ツィガーヌィ】ショスタコーヴィチ【黒衣の僧】 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1099751556/
【政治と】_ショスタコーヴィチ_【芸術の間】 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1081166191/
★精神性★ショスタコーヴィチ★おまいら考え過ぎ★ http://music3.2ch.net/test/read.cgi/classical/1068580425/
踊るショスタコーヴィチ〜レニングラードを封鎖せよ http://music3.2ch.net/test/read.cgi/classical/1059314749/
ショスタコーヴィチを語れ http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1056391441/
【協奏曲は】ショスタコーヴィチ【2曲ずつ】 http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1050197208/
【スケルツォ】ショスタコーヴィチ【ヴィオラソナタ】 http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1049269871/
【乳瓶】天才・ショスタコーヴィチpart3【眼鏡】 http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1042978828/
【前スレ】天才・ショスタコーヴィチ【堕ちた?】 http://music2.2ch.net/test/read.cgi/classical/1033489408/
【天才】ショスタコーヴィチ http://music.2ch.net/classical/kako/1022/10226/1022601712.html
☆★ショスタコーヴィチ Vol.2★☆ http://music.2ch.net/classical/kako/1015/10155/1015511586.html
☆★ショスタコーヴィチ★☆ http://music.2ch.net/classical/kako/1004/10041/1004110000.html


17 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:40:29 ID:iE+0UKVq
ショスタコの交響曲第2番って http://music.2ch.net/classical/kako/1008/10080/1008014145.html
ショスタコーヴィチ 交響曲第5番 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1130054419/
ショスタコーヴィチ 交響曲第7番 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1125818342/
ショスタコの交響曲を選曲会議に出したときの話 http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1146283068/
ショスタコーヴィッチ【革命】終楽章について http://music4.2ch.net/test/read.cgi/suisou/1138608304/
Shostakovich http://piza.2ch.net/test/read.cgi/classical/974788307/

18 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 01:58:27 ID:gJ73rIiG
>>12
弦チェレはむしろ晩年の作品だな。
アメリカに行かなかったら、どうなったかは気になるけど。
メシアンも結局、トゥーランガリーラ以降は
あまりパッとしないというか鳥、鳥、鳥…
リゲティは、一時はスランプだったけど晩年に復活したな。

19 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 02:33:24 ID:ZsGzHHCT
いちおう 初心者向け 全集選集盤質問用テンプレ

とりあえず必聴 
・ムラヴィンスキーのメロディア選集(Venezzia)、ビクター盤、アルトゥス盤
殺人的な演奏。永遠のスタンダード。

ロシア的で表情が濃厚な演奏
・コンドラシン (音質は Aulos>Venezzia だが、Vene盤でも問題はない)
圧倒的なパワーでごり押し。ショスタコーヴィチのロシア的なモチーフを余すところなく伝える。13番は圧倒的。
・ロジェストヴェンスキー 
コンドラシンよりはキレがある演奏で、聴きやすい。悪く言えばやや軽い面もあるが、9番などは素晴らしい。
・ロストロポーヴィチ
ムラのある演奏。セカンドチョイスとしてはありだが、初心者にはあまりおすすめできない。14番は名演。

ドイツ的で純音楽的な演奏
・ザンデルリンク(選集)
10番などはベストを争う。価格もわりに安く入手しやすい。バルシャイより徹底してドイツよりな演奏であり、比較して聴く場合たいへん面白い。
・ケーゲル(選集)
7番は新境地を開拓したと定評あり。どれも独自の解釈が光る、冷徹なショスタコーヴィチ。
・キタエンコ
SACDで唯一の全集。なかなかしっかりとした演奏で、安心して聴ける。他のものと比べるとやや高いのでそこがネックか。

折衷的な演奏
・バルシャイ 
最も入手しやすい全集。折衷的だ、面白みがない、などと批判はあるが曲の美しさは堪能できる。とりあえず持っていて損はないだろう。
・ハイティンク
しなやかさを持った演奏で、曲にムラがない。誠実な解釈で面白みに欠ける面もある。14番は原語復元版で貴重。
・ゲルギエフ(全集録音中)
ショスタコーヴィチファンの間では評価が高くない。普段の奇抜さがなく、ややおとなしい演奏が多い。
・バーンスタイン(選集)
「バーンスタインのショスタコーヴィチ」であり、バーンスタインの個性がはっきりと刻印されている演奏で評価が分かれるところ。
ショスタコーヴィチの曲の持っているポジティブな側面に光を当てている。

20 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 04:17:22 ID:mQib/8AM
ブーレーズはショスタコを振らない。
これはショスタコが二流であることの証左である。

21 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 04:26:56 ID:DXBWzGaJ
ムチャクチャなことを……

22 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 05:37:57 ID:+K9rT977
正直ショスタコが二流でも三流でも、どうでもいい。

23 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 07:25:15 ID:1nLfe+7h
ショスタコと安藤美姫は愛される二流

24 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 07:29:47 ID:W84yUj+T
そういや、クーベリックが二流だとか言って騒いでたスレがあったな
二流は二流しかやらないなら、クーベリックが振らないタコは三流か(藁

25 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 09:46:43 ID:L5fvnb8W
アビョス

26 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 09:55:07 ID:R9jIWv6X
>>24の知識の狭さが露呈しますた
荒らしアンチはレベルが低いねwwwwwwwwww



ヒント:クーベリックとタコ7


27 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 10:45:09 ID:6MYiQTyG
未だに(藁とか書いてるのをみると寒気がするのは僕だけでしょうか。


28 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 11:04:30 ID:lUNAYJrX
時代に取り残されたおじさんです
そっとしといてあげましょう

29 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 13:02:29 ID:i8Rw+W8k
ショスタコはミキティというより、荒川静香
だと思う。

30 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 14:24:09 ID:173QDqxO
それは荒川がショスタコに

31 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 14:25:06 ID:173QDqxO
それは荒川がショスタコに

32 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 14:36:15 ID:VaF/wRXP
>>19
ヤンソンスも入れといてくれ。俺は聴いたことないが・・・

33 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 16:21:09 ID:Z0JlzB61
意外に優れた伏兵
ベルグルンド

34 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 17:36:40 ID:R9jIWv6X
>>32
初心者を地雷原に導くな 

>>33
良いのは7と11だけじゃん。8は普通

35 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 19:14:43 ID:uVm/fEyN
ベルグルンドの8番、もの凄くいいと思うぞ。

36 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 20:46:15 ID:R9jIWv6X
BPOとの海賊はなかなか良いと思うが、
SACDの新盤の方はスタンダード過ぎて特筆すべきものは無い

37 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 21:21:45 ID:F/SEdMC/
>>29
いや荒川氏が、メシアンレベルだと思う。

38 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 21:25:17 ID:F/I25T7N
>>19
弦楽四重奏がないのはおかしい。音楽的には、交響曲に勝るとも劣らないジャンルだと思う。
ベートーベェンのカルテットを継承するものはショスタコビッチではないかと想われる。
今晩も3番を聴いたが、ともかく充実している。四重奏についても語ろう。

39 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 21:57:47 ID:mpLONs5t
現代のめぼしい指揮者でショスタコを振っていない人間なんてほとんどいないよなー
アバドとブーレーズくらいか?もっとも前者は思想的な問題だし、後者にしても
かつて前衛の旗手だった人間にとって同時代に全く異質な作曲を行っていたショスタコに
対して複雑な思いがあることは容易に想像できるのだけどね



40 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 22:10:39 ID:d9uhaZhU
>>39
アバドは 五嶋みどりとショスタコのバイオリン協奏曲1番ライブ録音してる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002ZEZYU/249-7805553-7394707

41 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 22:14:07 ID:7K37sky6
タコなんて藪論スキーで十分!
ナクソス万歳!!

42 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 22:57:22 ID:F/SEdMC/
タコなんてスロヴァースキ全集で十分!
ナクソス万歳!!

43 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:35:21 ID:7cUCrMqT
>>41-42
はいはい、ワロスワロス

44 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:37:06 ID:PXfM5f8x
>42
名前間違ってるし。

45 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:39:33 ID:odfSUc+a
>>19
初心者にムラヴィンをトップに挙げるのは疑問。クセがあってスタンダード
な演奏でもない。録音もグレードがバラバラ。選集はモノラル主体だし、
ライヴはバラ買いが必要。どれをとっても初心者向きではない。
標準的なリファレンスを揃えた後の第3チョイスくらいじゃないの?

46 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:40:57 ID:F/SEdMC/
>>43-44
Slow-vaka
(=usu noroma)


47 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:42:55 ID:F/SEdMC/
>>45
ムラヴィンは、コンドラの次だろうな。選集だし。
しかし、戦後の5,6番(BMG)は、ヒッチョウ。

48 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 23:47:21 ID:SjuCEMmr
カエターニ、シカトかよ…おまいら

49 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:08:56 ID:9a5hvQFn
>>48
買えターニ、オマケの断片付けた4番みたく、どれにもオマケつけてもらいた
いな。そしたら買うのに。


50 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:25:37 ID:RP9CIF8L
こらこら
アシュケナージ扱いするでないぞ

51 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:53:18 ID:xqJbP7qx
村瓶を悪く言い過ぎ。証言をまにうけてるんちゃうか?

52 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:55:47 ID:2Lhmuhrz
質問だが
現代ソ連音楽にとって
ショスタコービチとストラビンスキーが二強だと思うけど
どっちのほうが格上というか評価高いの??

53 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:02:20 ID:SEbMnlfS
ストラビンスキーはロシア生まれだか実質はフランスの作曲家。

54 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:03:28 ID:zZ7xO648
>>52
そもそもストラヴィンスキーは「現代ソ連音楽」ではないと思う。

55 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:05:07 ID:xqJbP7qx
比べるのは難しいな。モツとベトを比較するようなもんやろ

56 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:13:05 ID:oxbdPLZn
ストラヴィンスキーはロシア→フランス→アメリカ
ソ連を代表する作曲家でよく挙がるのは、タコさんと
プロコフィエフとハチャトゥリャンの3人。プロコは出戻りだけど。
ショスタコ以後だと、シュニトケ、グバイドゥリーナ、デニソフの3人
がよく言及されるかな。

57 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:46:34 ID:GU0I7bW+
スクリャビンも入れて欲しいね、その列に
俺にとってはショスタコ=ドスト ストラ=トルス ストリャ=シャートフ みたいな感じ

58 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:54:10 ID:GU0I7bW+
>>38
弦4は確かにベトに劣らない。タコの中で俺の一番好きなジャンル


タコは多分20世紀最高の芸術家だと思うよ(マラを入れなければ)
でも一般的な見解ではズウトルビ(←プw)やピカソやカザルスやストラだったりするんだよな


59 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 01:58:21 ID:9gpZd1uR
弦楽四重奏曲は1番からしてネ申だから困る

60 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 04:43:57 ID:j0FeY+BA
で、話が続かないわけだが
眠れないから弦楽四重奏曲12番でも聴こうかな

61 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 09:24:20 ID:J+73I0Jk
弦四11番の過激さがたまらんです。

62 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 09:32:39 ID:Cc7MT7wk
メロディアのページによると近いうちにベートーヴェンSQの録音が
発売になるみたいだけど、早く塔とかに出ないかな。

63 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 09:46:38 ID:ERTuKG9f
>>59
交響曲第一のほうが、インパクすごいだろ。

64 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 11:25:59 ID:xIZHaRcI
なつかしいな、いんぱく

65 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 11:28:05 ID:qOXhOpX/
ボキャブラ風にタコを評価してるわけか63は

66 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 16:48:50 ID:AIRgTUyi
都内は湿気が凄いんだけど
お前らのとこはどう?

67 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 17:42:57 ID:LiEFsbo4
ボキャブラ風にタコを評価したら「インパク知」だな

68 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 19:09:50 ID:0JhbJWXf
13番の「カツン、カツン」が好き。

69 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 21:45:58 ID:QFRU97O9
弦4は1番から非常に高い完成度をしめしていて、まさにショスタコの響き以外のなにものでもない。
弦4の書き方に既にマスターしている。これはスゴイことだと思う。
15曲も残してくれたことに感謝しなければならない。

70 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 22:09:27 ID:QFRU97O9
15曲も書いたということは、ショスタコに合っていたのだな。
それに交響曲の場合は何かと芸術の世界以外とのアツレキが多かったが、
弦4の場合は純粋に自分の世界に没頭出来た。それゆえ、内面的な特質が
ヨリ出ているように思う。

71 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 23:31:24 ID:xIZHaRcI
ミャー

72 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 23:34:53 ID:umHacHDj
弦楽四重奏曲は、バルトークのほうが優れている。
タコオタは贔屓の引き倒しが凄絶なのが痛い。

73 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 23:36:46 ID:oxzqZLwE
全部の調性で24曲作るつもりだったとか。

74 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 23:44:45 ID:jcHhMupk
そのつもりだったが、嬰へ長調がかぶってしまった(7番と14番)のに気づいて
泣く泣く断筆せざるをえなかったのが真相。

75 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 23:57:52 ID:oxbdPLZn
7番は嬰ヘ短調じゃない?24曲作るつもりだったんでしょ。

76 :74:2006/07/15(土) 00:22:00 ID:xHV3jfLf
そうだった・・・吊ってくる

77 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 04:53:05 ID:NuQzhgcV
映画上映のお知らせ

ソビエト映画回顧展06
2006年8月5日(土)→8月18日(金)
会場:三百人劇場

http://www.bekkoame.ne.jp/~darts/movie/pagejmovie_s01.html

ご好評をいただいた昨年に引き続き「ソビエト映画回顧展」を開催します。
今回は戦後のソビエト映画に焦点を絞り、ロンムやコージンツェフら
大ベテランから、戦後生まれのミハルコフに至るソビエト映画の俊英たちの
名作を上映します。
今年で没後20年になるタルコフスキーのソビエト時代の全作品や、彼の学生
時代からの盟友だったコンチャロフスキーの名作で20年間上映が許可されな
かった『愛していたが結婚しなかったアーシャ』、また『希望の樹』『ピロ
スマニ』『若き作曲家の旅』のグルジア映画の名作3作品、そして『リア王』
などの文芸超大作の数々など、全35作品。是非ご堪能ください。

※「ハムレット」「リア王」はショスタコーヴィチが音楽を担当しています。
 必見。ちなみに今年一杯で三百人劇場は閉館するそうです。残念。

78 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 04:56:37 ID:NuQzhgcV
映画情報・補足

11. ハムレット
8/12(土)1:30
1964/レンフィルム/2時間30分/白黒
■ショスタコーヴィッチの音楽に、イオナス・グリツュスのキャメラ
という最強トリオが織りなした傑作。ヴェネチア映画祭審査員特別賞。

-----------------------------------------------------------

12. リア王
8/12(土)4:30
1970/レンフィルム/2時間18分/白黒
■前作と同じスタッフによるシェークスピア映画の最高傑作とされる
コージンツェフの遺作。ユーリー・ヤルベットが畢生の名演をみせる。


79 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 07:45:57 ID:fbDgCbx+
アバドがベルリン・フィルを振った「リア王」の裏青は凄いよね。
映像を流しながら演奏した凝った企画だった。

80 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 11:31:09 ID:z3wUbFTa
ベル某の8番新譜
やけにのんびりしてるね
所謂巨匠化だろうか
 

81 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 13:40:16 ID:MqRpP2Ew
今日はバルシャイの五番を聴いたぜ
若干おとなしめだが 良い音してたぜ

82 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 14:43:05 ID:zg++Kwlp
PMFで革命!!!

83 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 17:20:24 ID:MqRpP2Ew
バルシャイの全集を買ったら気に入っちゃって ハイティンクのが
要らなくなったんだけど どうしようかな?

84 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 17:24:28 ID:Xo8qCIzz
タコオタは権威主義者が多いから、バルシャイはなかなか評価されない。
ショスタコーヴィチの某ファンサイトでも、バルシャイは意図的に無視されてるし。

85 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 17:50:17 ID:28WO67OR
それは反形式主義的なサイトだろ
ハイチンコやバルシャイは形式主義的ってかw

86 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 18:21:13 ID:5A6mk0Kz
反形式主義的サイトはバルシャイの演奏もそれなりに評価してるよ。

87 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 19:45:57 ID:Bc9z15NY
>84
権威云々以前にオケが下手過ぎるからな。
ケルンってこんなに下手だったっけ、と愕然とした。

88 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 19:56:27 ID:jrF1E9K3
フツウニソビエトオケノホウガヘタデスガ

89 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 20:03:06 ID:Xo8qCIzz
シベリウスオタとタコオタはやたらとお国モノに拘る傾向がある。

90 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 20:44:27 ID:/2xu93Ax
弦4の3番を聴いたが、ショスタコにおけるユダヤ的なメロディーというのは
やはり問題になるね。最終楽章なんかそういう気がする。なにかオリエント的である。
はっきりそうだとはいえないが、あくまで感じの問題であるが。

91 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 20:49:01 ID:MNy/lLUV
オリエント的ってのはやっぱりマーラーからの影響かなと短絡的だけど考えてしまうけど

92 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 20:57:14 ID:MqRpP2Ew
鰤のバイコン オイストラフが流石に良いな

93 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 21:21:26 ID:/2xu93Ax
>>91
オリエント的はマーラーの影響、そういう線も考えられますね。
しかし、そういう影響関係以上にショスタコビッチはユダヤ音楽に惹かれていたのではないかと思う。
有名なのは、ピアノトリオです。

94 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 22:56:16 ID:tP88KUDn
バイオリン協奏曲第1番の第2楽章、
あんなに浮かれまくってるのに、全く楽しくない。
悪魔か。

95 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 23:01:12 ID:MqRpP2Ew
鰤の室内楽曲はどうなの?
買ったら損しない?

96 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 23:05:17 ID:28WO67OR
27枚組みを買えばいい。

97 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 23:55:47 ID:MqRpP2Ew
弦四以外の室内楽の評価はどう?鰤

98 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:03:46 ID:DyjYxCqc
ショスタコーヴィチにはまるとソビエト社会主義が好きになりそうなのだが、
おまいらはそんなことないか?

99 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:06:02 ID:ZXfZfpWz
むしろネタとして面白がるようになります。

100 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:08:18 ID:R7/lYAPC
>>98
それはない。
ただ、非人間的な体制の中でかえって人間的な音楽が生まれるというある種の矛盾を実感している。

101 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:15:21 ID:BI7Gn5SX
>>97
聴くべきタコの室内楽をSQだけに限定するのは猛烈に損である。

>>98
好きにはならなかったけど、興味は持った。

102 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:26:54 ID:SNOhtmEw
ミサイル打ちこむようなキチガイがまだ残ってるから、声高にはいえないが、

この頃、「社会主義」って実はそんなに悪い体制じゃなかったんじゃないか?
と考える様にはなった。

103 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:29:14 ID:R7/lYAPC
>>102
自由が拘束されているというのは、絶対に悪だな。
いくらその体制で素晴らしい芸術が生まれたとしても、そんな社会は絶対にイヤだ。
マジレスしてしもうてごめん。

104 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:29:42 ID:BI7Gn5SX
社会主義とか共産主義の思想自体は悪くないと思うんだけどね。
結局、方法論がね。。。ああいう形でしか実現できないんだろうな。。。

105 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:58:19 ID:VcLhA4QX
タコを聴くクラヲタなら、社会主義も資本主義も両方嫌いでは?
違うの?

106 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:16:09 ID:asgdWXsG
全ての仕事をロボットがやるような世界にでもならない限り共産主義は実現不可能。

だから粛清と密告の社会主義国家になる。

107 :タコを訪ねて3千円:2006/07/16(日) 01:18:22 ID:aYqgpPB7
20世紀に生まれたのは、歴史的発展段階を踏まえた真の社会主義・共産主義ではなく、
後進国が先進国に追いつくために無理矢理導入した偽の社会主義・共産主義だ。




・・・・と言ってみるテスト。

108 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:23:20 ID:SNOhtmEw
>>106
ほぼ全ての仕事が半ロボット化(=マニュアル化)されてる社会までは
実現できた。
表面的に自由、抑圧もされてないけど、実はマニュアルから外れると
結構面倒な社会にはなっちゃってるよ今は・・・・・・。

109 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:25:20 ID:q5Rmg1Ro
ショスタコーヴィチとドストエフスキーの関係について、
ご紹介いただけますでしょうか。
ショスタコーヴィチでなくてもいいのですが、
この作家と、音楽家(いれば)の関係について、
知りたいです。

110 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:28:31 ID:BI7Gn5SX
マニュアルに従う目的がリスク回避になっちゃってるからね、最近。
タコの音楽にはマニュアルはないよな。。。

111 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:50:41 ID:a6MN8rq/
現存する社会主義国家って言っても
共産党独裁制資本主義中国と、北朝鮮専制君主王国みたいなアホ達と
キューバみたいな瀕死国家しかない

共産党崩壊で、国民が貧窮するようになったルーマニアでは
最低限の衣食住だけは保障されたチャウシェスク独裁政権の方が良かったなんて
アンケート結果が出てるし、上手くいかないもんだな

112 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:52:29 ID:FR7ykEeB
>>109
・ショスタコーヴィチは「悪霊」のレビャートキンの詩に曲を付けている。
・ドストエフスキーの主治医のチェレプニンの息子が作曲家・指揮者のニコライ・チェレプニン
っていうかショスタコーヴィチじゃなかったらスレ違いだな。


113 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 01:56:20 ID:m/RNhXhr
どう考えてもおかしいと思うマニュアルも存在するけど、それに異を唱える
奴もいない。いても無視されるか変人扱いされる。下手すると陰口叩かれて
あげくに上司に報告されて、協調性の無い奴と見られて最悪排除される。
とはいえ確かに時々マニュアルを変える一見「英雄」が現れる。
でも、実はそいつは裏で結構「政治的」に立ちまわってた奴だったりして、前より
締め付けがキツくなったりする。
んで、こういうのは嫌いかと言うと・・・順応してれば案外安楽で生活も保証されてる
から逆に何時までもシガミついていたかったりする・・・・・・・。

「マニュアル」を「ビジネスモデル」に変えると今風だよね・・・・・でも、
「体制」に読みかえると背筋に冷たいものが走らんかな・・・・?



114 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 04:38:01 ID:asgdWXsG
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

115 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 05:46:29 ID:NY0vZ+jl
>>111
アンケート調査なんてノスタルジーに浸るレベルはとっくに過ぎてる。
ポーランド、バルト3国等々、1980年代あれだけ過激に自由化を指向してた
はずの旧東側の今の政権与党ってほとんど、旧共産政党又はその残党
だったりする。ドイツの今の首相の所属政党も違ったっけ?
だからといって、共産主義・社会主義に戻るなんて、旧ユーゴ諸国でチトー
が再評価されるまで有り得ないけどなw・・・・・・・・・


・・・・と個人的には思ってるわけだが・・・・・。

116 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 06:23:06 ID:j9+jHaJ4
優れた文学が生まれるには、文学が抑圧される環境が必要だと言うけれど、
音楽についても一緒なのかもね

117 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 09:14:50 ID:eD3gIqsL
>>116
>優れた文学が生まれるには、文学が抑圧される環境が必要だと言うけれど

はじめて聴きました。

118 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 09:37:04 ID:t2tvHf6j
>>116
タコに関していえば、玉木正之が本で「ショスタコーヴィチはソ連当局の弾圧や抑圧を受けたからこそ、
数々の作品を生み出すことができた」みたいな趣旨のことを書いてたな、ついでに文学の例としては
ソルジェニーツィンは体制の弾圧によって「収容所群島」という名作を書くことができたとも。
(まあこれは題材からして当然という面はあるけど・・)

戦後、クラシック演奏についても旧東側から優秀な人材をたくさん輩出したことなんかも併せて考えると
面白いかも。


119 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 09:42:32 ID:gi1Jl+k4
>>116
ソ連については、逆だろ。
英才教育→3人の天才の誕生(Raf, Proko, Shostako)

120 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 09:49:50 ID:pooNb3Ei
>>119
けったいな略記には目をつぶるが、
少なくともラフマニノフとプロコフィエフは革命以前に音楽院を出ている。
ショスタコーヴィチの音楽院時代も革命直後だ。

121 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 10:03:34 ID:BI7Gn5SX
共産主義的英才教育のおかげで大成した作曲家っているのか?
演奏家ならともかく。

122 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 10:36:28 ID:gBrUQNqw
>>118
結果として、「ソ連当局の弾圧や抑圧」の中から、ショスタコビッチのすぐれた作品は生まれたわけですが、
「ソ連当局の弾圧や抑圧」が、すぐれた作品を生み出す要因であったかのような考え方は、間違っています。
スターリン時代の恐怖政治はそんなナマヤサシイものではありません。ショスタコビッチの友人も数多く「粛清」されています。
ショスタコビッチ自身もいつも身の危険を感じながら生きていたはずです。
時代は違いますが、マイスキーは収容所にはいっていたおかげで、芸術に深みができたのでしょうか?

123 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 10:59:20 ID:Ez4sN2JS
旧ソ連時代に粛正された人というのは必ずしも芸術家ばかりでないですね。
多くはスターリンやブレジネフらとの権力闘争に敗れた人、その関係者です。
何の関係もなくて疑われただけの人も粛正されてますが、芸術家の場合には
作品の創作・発表を禁止または制約されたりという事が多いですね。
特にショスタコーヴィッチのように若くして国際的に知られた存在になった人
加えて一時的にせよソ連の権力が持ち上げた人は簡単に消されるようなことは
有り得なかったといえるように思います。
もちろん、根拠のない密告の恐怖はあったでしょうが。

124 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 14:12:50 ID:nfrNC1vZ
メイエルホリドは日本のスパイということで殺されたけど。
また、マヤコフスキーやマリーナ・ツヴェターエヴァは
絶望して自殺しちゃった。
音楽家の場合は、なんだかんだ言ってフレンニコフがいたから、
他の芸術分野に比べ粛清も軽かったとか。

ドストエフスキーやソルジェニーツィンは収容所という
極限の経験をしなかったら、作家としてここまで大きくなったかは疑問。
普通の作家で終わったんじゃないかな。
勿論、演奏家の場合は楽器の演奏ができないから、作家と同列に
語れないし、そのような抑圧を肯定するつもりはないけど。

125 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 15:02:52 ID:Fg00YmdO
>>109 >ショスタコーヴィチとドストエフスキー
未完のオペラ「賭博者」がある。
ドストエフスキー作品と音楽の関係だったら、劇音楽、映画音楽で結構ある。
その線であたるか、↓ここで質問ドゾー。
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1116527741/l50

126 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 15:45:52 ID:gBrUQNqw
>>124
>ドストエフスキーやソルジェニーツィンは収容所という
極限の経験をしなかったら、作家としてここまで大きくなったかは疑問。

ドストエフスキやルジェニーツィンは例外中の例外でしょう。
そのドスト氏自身、死の家の記録の中で、どれだけすぐれた才能が牢獄の中で
あたら滅び去っているかと、嘆息しています。


127 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 18:46:57 ID:FR7ykEeB
>>125
それはゴーゴリ。
ドストエフスキーの賭博師をオペラにしたのはプロコフィエフね

128 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:06:24 ID:gBrUQNqw
ゴーゴリー(「鼻」「賭博師」)とショスタコビッチ、
この二人について論じた文章ってあるのだろうか?

129 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 21:45:18 ID:NMCEWXji
日本も十分抑圧されてるし、粛清こそされないもの、毎年何100万もの自殺者
出してるのに、新しい文化が現れてる兆しも無い・・・この程度ではまだ駄目だ
と言う事かね?orz

130 :タコを訪ねて3千円:2006/07/16(日) 22:48:55 ID:aYqgpPB7
>>129
日本の自殺者数は年間3万2千人ぐらいだ。交通事故の3倍くらい。
ガンで死ぬ人の10分の1くらい。

新しい文化は現れているがお前が知らないだけ。


131 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 23:58:37 ID:XhcGVO0Q
貧民箱塔に入荷してたぞ。
もっともバルシャイ交全が一時期2000円台で売られてたことを考えれば
得かどうか微妙だが。

132 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 00:50:58 ID:v9r4V7lr
ふう
ごもっともなお話だけど
どれも聞いたことがあるようなものばかりですね

133 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 01:23:34 ID:62S47Q1Q
フレンニコフが音楽家を守ったという話は最近結構聞くようになったけど、活字のソースってあります?
疑ってるわけじゃないけど、ちゃんとしたソースがあるならきっちり把握しておきたいと思ったので。

134 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 01:27:12 ID:WQqqvrFf
今流行りの「オシムの言葉」にいい言葉があった。
「確かにそういう所(内戦)から影響を受けたかも知れないが……。
ただ、言葉にする時は影響は受けていないと言ったほうがいいだろう。
そういうものから学べたとするのなら、それが必要なものになってしまう。
そういう戦争が……」
ショスタコーヴィチにもちょっと当てはまるような気がするな。

135 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 02:42:22 ID:41eIRNgD
五番はやっぱりインバルが最高だね〜録音の質が
あの透き通るような音が最高

136 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 10:37:51 ID:qnkCYqg/
>>134
オシムの言葉はなかなかガンチクガあるね。知性が感じられる言葉だ。
ショスタコビッチはサッカー狂だったらしいが、オシムに率いられる
チームは今までとはひと味違ったものが期待できるかも知れないね。
オシムの言葉を理解できるだけの知性が選手にあるか?フルタはいるか?


137 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 11:04:45 ID:r4YuZogQ
業務連絡
ヘルビッヒの7番
不良品注意
既に犬では廃盤扱いの模様

138 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 15:36:24 ID:VL0Wd+7v
コンドラシンの全集とロジェストヴェンスキーの全集どっちがオススメ?

139 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 15:36:56 ID:8+tgDcZq
>>138
>>19

140 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:25:52 ID:suVEQeyj
>>132
ソ連崩壊後、まともにソ連研究する人が
いなくなったからかなぁ?

141 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 16:40:47 ID:JVYcJtrB
うちにオシムが指揮したのタコがある。
聴こうかな。

えっ?オシムじゃないって?
絶対オシムだ。写真を見ればわかる。

142 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:09:43 ID:BtIBAA/s
>>140
まともなソ連研究者がクラ評論家/ヲタにほとんどいないことが決定的。
ソ連研究に基づいて発言しても「ウンチク」とか「証言読みすぎ」とか揶揄
される。もっともソ連研究を無視してショスタコやプロコやその他ソ連/ロシア
作曲家について発言するためには「純音楽的解釈」に逃げるしか手はないの
だろうが(とくに音楽評論家)、もう少し背景理解にヲタも踏み込んで来ても
イイのかも知れないね。そういう意味で>>98以降は静観して見ていたが。
だけどここらで軌道修正しないとステレオタイプのソ連理解が跋扈してますま
す歴史的現場感から遠ざかっていくという危機感があるよ。いまから歴史追
体験をクラヲタに求めるのはきわめて困難なのはわかっているが。

143 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:17:28 ID:bLnJMdrh
今から自信たっぷりの>>142がご高説を披露してくださるそうです
期待age

144 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:19:01 ID:HcvznD8U
>>141
こないだ、演奏会行ってきたよ

145 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:22:14 ID:9A4JefEa
>>142
生半可なソ連論マダー?

146 :142:2006/07/17(月) 22:28:17 ID:BtIBAA/s
いまテーマがとくにないから話も何もないが。何か言っても「証言読みすぎ」
などという安直な反応しかないことが嘆かわしいといっているんだが。

147 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:32:15 ID:YZFHhGdt
>テーマがないから話も何もない
にわか乙

それより弦楽四重奏曲第11番がネ申な件について

148 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:36:23 ID:9A4JefEa
生半可でもいいから待っていたのに。がっかり…

室内楽ならピアノトリオ2番が好きだ。
ヴィオラソナタは別格だけれど。

149 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:39:28 ID:z/L3cClF
さっきNHKFMで室内楽聴いたんだけど
ピアノ三重奏かチェロソナタ(どれか忘れた)で弦楽四重奏8番が引用されてるの?

150 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:40:29 ID:3QzEuNJD
実は「森のうた」が好きだ。

…と書いたら顰蹙?w

151 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:53:53 ID:HcvznD8U
>>149
逆じゃないかな?
弦楽四重奏曲第8番で、ピアノ三重奏が引用されてる

152 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 22:58:56 ID:HcvznD8U
>>150
自分も好きだよ。児童合唱が美しいよね。
「証言読みすぎ」な人から批判されるかもしれんがw


153 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 23:06:01 ID:41eIRNgD
バルシャイの公共曲全集いいね〜
こんなのが激安価格で買えるなんて凄いや

154 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 23:36:45 ID:U0v3ik4m
>>150
2chでは、その手の体制的作品は純音楽的に評価されたり、
ネタとして重宝されたりしているから
好みを公言しても問題ない。

以前、気が触れた人が粘着してたが、いつの間にか消えた

155 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:00:23 ID:MIlVzKCy
>>150
「森のうた」と書くとカワイイなw

156 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:10:37 ID:aF4Q8lFA
みんなのうた

157 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:13:59 ID:AgpjZQm+
>>150
タコの作品すべてを認めるのがヲタ。一向にかまわないが。
ところで「森の歌」での作曲者の意図(この場合は作曲技術上の意図という
狭い意味で)を理解するためには訳詩はぜひ原文訳を参照してもらいたい。
井上氏の歌唱可能版は原文の意味の60%程度しか残っていないから。スヴェ
トラとテミルのCDの対訳(一柳女史版)を参照するのがベター(ただし第一
楽章の「血染めの赤旗」とある部分は、原文に「血染めの」という単語はない
ので疑問。意訳としても余計だと思われ)。原文訳だと最終楽章のこれでもか
という繰り返しのしつこさも際立ってくる。

158 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:15:05 ID:Wb8cjPo9
109です。(今年の夏は、渋谷の丸キューみたいになります!!)
みなさまのおかげで、ロシアの気分になれました。
ありがとうございました。
「賭博者」は、きっと読んで・聴いてみます。
スペードの女王みたいな、かな。。。

159 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:17:56 ID:Sm16X9lS
>>157>>142>>146

160 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:20:04 ID:FEdGHtbF
>>150
普通に好きだよ ノ

161 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:21:15 ID:awwEPlUg
「ショスタコビッチ」君も粘着気味だ
頭いい人、誰か相手にしてやっってくれ

162 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:30:18 ID:pXQE1GtU
ショスタコのピアノソナタってどうなの?
2曲しかないようだけど。

163 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:37:33 ID:4kG4lVie
森の歌・・・・。
政治的意図は全く分からんが・・・・
きっと、今のロシアでオリジナルを真面目に演奏したら、真面目にやれば
やるほど「ギャグ」なんだろうな。
今のロシアで演奏したライブ録音を観客の反応込みで見てみたいような
見てみたく無い様な・・・。


164 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:44:29 ID:AgpjZQm+
>>162 >ショスタコのピアノソナタ
第1番は初期ゼンエイ指向の頂点。第2番は中期の作風で、24プレリュードと
フーガと軌を一にする内省的な曲。第二楽章の澄んだ星空のような部分が
印象的。ギレリスのスタジオ録音がリファレンス。ユージナのはかなり自分の
世界に入り込んでいて作曲者もやや辟易したらしい。

165 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:47:45 ID:9+cXlQNT
テルミカーノフが録音はしたけどね。(97年)
勢いがあってノリが良くて、不気味に面白い。
生で見たいね。たしかに。


166 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 00:54:42 ID:798z0/wH
ピアノソナタといえばヴェデルニコフだろ

167 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 01:34:04 ID:pXQE1GtU
一番はモソロフの作品だと言われても分からない自信がある

168 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 01:37:41 ID:oD1c9ijg
あれうるせーよな。
ガンガンいうだけで、「これ騒音じゃないの?」と言いたくなった。
二番はそんなことはないけど、大した曲とは思わない。

169 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 01:38:52 ID:Sm16X9lS
テミルカーノフの森の歌は肝心の演奏がつまらない

170 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 01:40:49 ID:oD1c9ijg
テミルカの森の歌は最高だった。
>>169さんは、スヴェトラみたいな演奏がいいの?
おいらはスヴェトラはうるさくて嫌いだ。

171 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 03:41:45 ID:NXYtAU9r
>>163
スターリンマンセー!スターリンマンセー!スターリンマンセー!

な感じだからな・・・


意外と昔を懐かしむオジサンオバサン方には受けるかも。

172 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 10:38:04 ID:1hyvelgi
誰か、このショスタコーヴィチ読んだ人いる?
ブックレットだから、そんなにページもなさそうだけど。
ttp://www.toyoshoten.co.jp/index2.html


173 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 11:26:47 ID:lHFGuhIe
昨日届いたところ
まだ読んでないっす

174 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 15:41:08 ID:pXQE1GtU
バルシャイの交響曲全集は音質がグラモフォンそっくりだね
なんでかな?なんでかな?

175 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 16:04:33 ID:yXc/1hrQ
Y. Temirkanov/St. Petersburg Philharmonic Orchestra etc.
第1楽章: 5'49"
第2楽章: 2'37"
第3楽章: 7'15"
第4楽章: 2'02"
第5楽章: 3'01"
第6楽章: 7'04"
第7楽章: 9'18"
“ロシアではもう録音されることがないだろう”と言われていたこの曲の、
純ロシア人演奏家達による新録音。録音状態が素晴らしいことの他に、
オリジナルの歌詞であることもセールス・ポイントとして挙げられる。
しかし、この全く空々しい響きは一体何なのだろうか?
テノールの品のない声質、少年合唱の技術の低さなど問題点もあるが、
全体的には非常に洗練されたアンサンブルが繰り広げられている。
本来ならばいわゆる“体制色”を排除した格調高い名演になってもおかしくないのだが、
テンポ設計の稚拙さと弱音部の緊張感のなさが、
この演奏を単なる企画物の駄演におとしめてしまった。
旧レニングラード・フィルは、いつからこんなに根性のない音を出すようになってしまったのだろう?


176 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 17:00:17 ID:kiQHwdw1
転載はいいよ、もう

177 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 17:27:49 ID:5HHYQfLN
>>147禿同
あのテーマが頭から離れない・・・orz

178 :170:2006/07/18(火) 20:26:49 ID:oD1c9ijg
>>175
それはKさんの批評文だな。
Kさんはムラヴィン派だからそんな感想なのだろうが、
おいらは、先入観抜きで聴いたら名演だと思うぞ。
テミルカで聴くと一番名曲に聞こえる、と思ったよ。

Kさんだって、他人がみんな自分と同じ感想を持つなんて
期待しないはずだから、調子に乗ってここにコピーする
のは止めれ。

179 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 20:39:19 ID:798z0/wH
難聴K

180 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 21:04:04 ID:t25WNkiZ
自分の趣味と合わないだけなのに難聴呼ばわりか。
哀れなヤツ。

181 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 21:06:04 ID:MlyLoWop
テミルカは11月に「森のうた」やるね。行かないけどね。

182 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 22:16:07 ID:qrRWirjz
テミルカ/森の歌は合唱が東京オペラSなんだが、これは仕方ないか?
できれば全部ロシアで聴きたかったが。
それよりマゼール/NYPの5番のほうがおもしろそうじゃないか?

183 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 22:30:21 ID:OsxPee6p
マゼールの『五番』は終楽章コーダが速い方のメトロノーム指定を採用しているオカン、ときどきオトン

184 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:05:02 ID:lHFGuhIe
5番イラネ

185 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:05:19 ID:PeF7hyoC
今日は5番流れなかったお(´・ω・`)

186 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:09:18 ID:XlskVSDm
今日は、ワーグナーだった。べた。

しかし、夏川さんは、エリートなオレのタイプだ。

187 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:29:59 ID:pXQE1GtU
拾った

356:08/11(木) 00:42 r6JVhTiA [sage]
俺がバイトしてる撮影スタジオに夏川結衣が来て写真撮影していったんだけど
みんなが居る前で平気で着替えしちゃうんだよ結衣さん
さすがにパンツまでは脱がなかったけど ブラは二回も外した
艶のあるムチムチした身体で すごいエロかった
ツンと上を向いた白いおっぱいが艶めかしかった

188 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:36:32 ID:XlskVSDm
>>187 = liar
google 【プラチナスタイル】羽田美智子【変わり者】



189 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:49:02 ID:P4sFP0Fj
今日は九州交響楽団の定期で
井上道義さんがピアノ協奏曲2番(p松永貴志)と
レニングラード交響曲を演奏した。凄まじい迫力だったぞ。


190 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 00:46:17 ID:trcRIcDV
生タコか。良いな。

191 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 01:39:35 ID:8iO0Yg6V
交通費出してくれたら行ったかもしれん

192 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:15:14 ID:cpg9C+OL
九響のレニングラード、よかったですよ。
ちなみに俺は生レニングラードは初体験。実は生タコも初。

前プロでは指揮棒を持っていたミッチー、指揮棒を持たずに登場。
全身で煽りまくってました。
第1楽章のボレロなんか、遅めのテンポですごい盛り上がりだった。
マジで心臓が潰れるかと思った。
終結でティンパニを両手で叩かせるのはミッチーの常套手段なんですかね。

最後に「今日は九響大名演。ありがとう!」と言ってくださった。


ただ、だ。
横のにーちゃんが終始落ち着きがなかったのには辟易した。
演奏中にきょろきょろすんな!客席を見下ろすな(2階席)!こっち見んな!


193 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:17:54 ID:vZn7b+mZ
>>192
にーちゃんをシベリア送りにするべきだな。

194 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:38:17 ID:Az0SRFZ3
>>192
そのにーちゃん、君のこと好きになっちゃったんじゃないの?

第1楽章のボレロはゾクゾクしたよな〜♪
漏れは前日の公開リハーサルも聴きに行ったが、ティンパニ両手はそのリハーサル中に
指示していた。おそらく常套手段だろうね。はじめは普通にたたいていたし。

昨日の演奏は全編にわたって緊張感が持続していて、迫力があり
繊細で美しいうえに集中力が高かった。
録音していてもよかったかもね〜

195 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:40:15 ID:ux66uJXI
田舎オケと馬鹿にして行かなかった俺死ね orz

196 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 19:44:13 ID:fY6mkin1
1月の京響の11番も素手だったな

197 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 20:43:37 ID:cpg9C+OL
>>194
すごく・・・大きいです・・・・・・・って勘弁してくれwwwww

そういえばさ、アンコールで、
なんかミッチーと楽員が打ち合わせして第3楽章の最後をやってくれたんだが、
こういうことってよくあるの?
ミッチーいわく「今日も外は暑いですから、涼しい感じで終わりましょう」とか。

コバケンを思い出したのだが、
コバケンなら暑さもものともせず終楽章コーダだろうな。

198 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 20:53:43 ID:bS0QIfFX
>>194
あれってボレロと関係あるの?
あんまり似てるように思わないんだけど。

199 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 21:02:12 ID:FndleXFl
>>197
ミッチーもたまにやるよ。以前京大オケでマーラーの5番をやったとき
終楽章の最後のところをアンコール。
予定になかったみたいで,各パートを回って小節数?を指で指示してた。

200 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 21:17:56 ID:Az0SRFZ3
>>195
死ぬ前に聴きに行っちゃれ、9月25日の定期は三角帽子全曲と火の鳥1910全曲だ。

>>197
あのアンコールは全く予定してなくて、急に思いついたんだろうな、
あまりにも演奏の出来がよくて、このまま終われないと思ったんだろう。
我々が興奮する以上に指揮していて気分が盛り上がったのさ、たぶん。 ありがたい♪

>>198
関係ないけど、当時の楽壇でボレロに対するショックを考えると
ショスタコさんが参考にしてるはずだ。
そもそもレニングラードの第1楽章のあの敵の侵入の主題は4拍子だし《ボレロ》ではないが
小太鼓たたいてフルートのソロなんかあると、ボレロをイメージするはずだから
タコさんはそれを狙ったんじゃないの?

201 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 21:59:04 ID:+62HIvvW
そうか良かったのか・・・その時間はセフレの股間に顔をうずめていたんだけど、行けばよかったかな?


202 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 22:01:59 ID:Sb0Dza6r
逝けばよかったんじゃないかな。

203 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 22:06:58 ID:Az0SRFZ3
>>201
そうでつか、ずいぶんお早いお時間に、おうずめあそばされていたのでございまつね。

私は演奏に感じて逝きそうになりましたw
昨日の演奏は快感だたよ、マジで。

204 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 00:04:49 ID:cpg9C+OL
>>201
俺はむしろ終演後に顔をうずめた・・・
普段はぜんぜん相手にしてくれないのに、昨日はお互いすごい燃え方だった。

名演奏の感動を共有できて本当にうれしかった。

205 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 01:04:42 ID:OTL4sv0b
九州の人たちは暑苦しいなあww

206 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 06:04:15 ID:E3K3KrnF
正直、タコ聞いて精力減退しないおまえを尊敬する

207 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:04:31 ID:/E0UQM7q ?
>>199
過去に京響とタコ13やってたような・・・(これはKBS京都で放送あった)

208 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:27:49 ID:IOn/0LIB
で、結局バルシャイは買いなの?どうなの?

209 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:36:40 ID:DSbhwJWV
>>208
>>19

210 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:44:15 ID:toPUjliI
安いんだから買えよ

211 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 23:31:08 ID:tWh66AOU
>>207
その演奏会たぶん生で聴いたけど,アンコールあったっけ。
記憶にない…。

212 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 00:07:04 ID:rdYHLPDV
梅津紀雄「ショスタコーヴィチ」買いました。
目新しいことは書いてないね。今までにある伝記から
最大公約数的なところを要約してきましたって感じ。
まあ630円で100ページにも満たない本だからしょうがないけど
ただ人名の表記にはこだわりがあるみたい。ファーイじゃなくてフェイらしい。

213 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 00:39:27 ID:wtojif1q
今期最大の注目盤
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=966951&GOODS_SORT_CD=102

214 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 00:41:50 ID:B/Rl7jpu
おまえの今期は実りがないな

215 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 01:07:09 ID:FxaUkW58
レニングラードのCMに使われた部分てどこら辺なんですか?

216 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 01:46:27 ID:P1HyXThy
>>212
たしか、千葉先生もフェイって書いてた気がする

217 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 02:29:35 ID:cXNA1pI5
>>215
第1楽章の真ん中へんのスネアがずっと鳴ってるところ
歌詞は「ちーちーんぷいぷい!」

218 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 11:53:28 ID:6X/BGmwE
>>217
「ぶいぶい」だ。

219 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 15:55:21 ID:RzymfSqQ
「ち−ちーんぶいぶい、ち−ちーんぶいぶい、ち−ちーんぶいぶい
いーつまでもぶいぶい、どこーまでーもぶいぶい、
ちーちーんぶいぶい・・・」
だったかな。



220 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 20:56:35 ID:neTO9eVu
>>213
>弦楽四重奏曲第3番〜第1楽章: 弦楽四重奏曲というシリアスなジャンルには
>不釣合いなチープな旋律が笑えます!

ワロタ

221 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 12:18:55 ID:qncwf1t8
ラズモフスキイQt.の全集
非ロシア風味の極致
お好きな方はどうぞ

222 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 15:23:32 ID:GKZn48VB
>>141
コンドラシンどす。

223 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 04:30:02 ID:b3KQNTvJ
裏青でメッツマッハーの11番っていうのがあるらしいけど見たことない…。
聴いた人いたら感想教えてください。

224 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 10:48:05 ID:O+CP3sEy
A YEAR IS WORTH A LIFETIME 売ってた

225 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 11:42:44 ID:mQmzqtpI
k藤さんも本出すらしいね。楽しみ

226 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 13:12:23 ID:BBBek2GX
既報の通り

227 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 15:26:55 ID:b3KQNTvJ
>>224
詳しくーー

228 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 15:40:34 ID:RkCdUa6l
まるで別人のプロポーション
Ah 水際のエンジェル
君は初めて僕の目に見せた 
その素肌そのセクシー

超高層ビル 走るハイウェイ 
Ah 銀色のプール
ざわめく街を切るように君は
トビウオになった

229 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 19:42:51 ID:ni8qpS7y
symphny No.16
1993

230 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 22:36:40 ID:4rS3VHoT
>>224-229 がワケまからんやり取りになっているが…いちおうマジレスしとく。
「A YEAR IS WORTH A LIFETIME」Op.120(ロシア語原題を参照すると「一生涯
に匹敵する一年」と訳すべきか?)はマルクスの伝記映画に付けた映画音楽。
組曲バージョンがマキシム指揮でLPで出てた。なかなか密度の濃い音楽で
ラ・マルセイエーズの引用などはなかなかの興奮もの。Sym−12に匹敵?
するくらいの価値がある。何故かCD化されてないのだがこれはカタログの穴
としては重大。ところで>>228はネタ?

231 :224:2006/07/23(日) 22:41:51 ID:7lDrNBAt
先日ネットサーフィンしてたら、EMI版のLPを15ドルで売ってました。
わしがもってるのといっしょや。どこの店かはわすました。

232 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 22:46:08 ID:b3KQNTvJ
あ、LPなら持ってるや

233 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 00:35:28 ID:wHs8D4/W
服の上からは計れないね 
Ah 色っぽいチャーミング
僕の視線を避けるようにいたね 
意識してしまう

スキャンダラスに Say Love  
ダイアモンドにSo Tight
宝の山だよすべてが

234 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 13:39:02 ID:HDzA10HM
本日のベストオブクラシック(NHKーFM)19:30〜21:10

 − ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会 −(1)

「バイオリン協奏曲 第1番 イ短調 作品77」
                   ショスタコーヴィチ作曲
                      (37分05秒)
                 (バイオリン)サラ・チャン

「交響曲 第14番 ト短調 作品135」
                   ショスタコーヴィチ作曲
                      (54分06秒)
               (ソプラノ)カリタ・マッティラ
              (バス)トーマス・クヴァストホフ

        (管弦楽)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
                  (指揮)サイモン・ラトル

  〜ドイツ・ベルリン フィルハーモニーで収録〜
                   <2005/9/16>
  (ドイチュランド・クルトゥーア放送協会提供)

235 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 18:11:12 ID:d2hvv1jz
ラトルBPOのタコ14キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

236 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 19:17:40 ID:3C12SG7m
Vn協は聞いたことないんだけど一聴の価値あり?

237 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 19:34:46 ID:ZgoCv7pm
ううん。

238 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 19:40:08 ID:28ByY6Nw
>>236
まずは聴け

239 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 20:41:25 ID:e+h4a+gc
昔カラヤン
今ラトル
それだけのこと
冴えない代物です

240 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 21:12:44 ID:28ByY6Nw
どっちも冴えなかった。。。こんなもんなんかね

241 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 22:00:59 ID:ehOq8UOF
今月のレコ芸で宇野がラトルの1と14をボロクソけなしてたね


242 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 22:01:47 ID:yEsbXcLg
危機のがした俺が来ましたよ。BSとかで放送あるかな?

243 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 22:09:33 ID:V3/em7IK
サラ・チャンの下品さにがっかりした・・・まじで。

244 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 22:57:34 ID:wlziOYNd
教えてくんで恐縮ですが、ウラジミール・フェドセーエフの交響曲7番 RELIEFという版元のですが、
この板的にはどうでしょうか? 他の人の見解がうかがいたくて。よろしくおねがいいたします。

自分の感想はあとで書きますので。

245 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 23:04:56 ID:DZVw+7Yn
NHKのラトルの14番、ぬるい演奏ですね。
ロストロだのバルシャイだので聴いたときは、
すげえと思ったのにね。

246 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 23:06:38 ID:sz6JDfaQ
http://www.youtube.com/watch?v=Jk786KRIkQw&search=Shostakovich
思わず聴きこんでしまった
ソースをご存知でしたら教えて

247 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 23:08:40 ID:3pdS06Je
>>244
良い演奏だ

248 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 23:30:47 ID:ZgoCv7pm
>>246
http://wmg.jp/artist/artof/WPBS000095016.html

249 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 00:04:28 ID:Me6+Gpzd
>>246
うわあ・・・

いいもん見た
ありがd

250 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 01:20:38 ID:cwefzzHF
>>246
素晴らしい!
ありがとう!

251 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 02:51:26 ID:j1mlT7r1
コンドラシンの全集、録音悪いね。
ロジェヴェンもそうだったけど、VENEZIAは音がキンキンしててうるさい。

252 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 03:01:52 ID:BcEQNmVp
音質にブーたれるんなら、最初からソ連の作曲家には関わらない事だな

253 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 04:04:50 ID:Jwb1TWkO
>>251
コンドラの場合、日本盤は24bitリマスターだっけ。

254 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 04:06:46 ID:Ai7tDj5N
aulosはややリマスター臭いけど、生々しいから良い
コンドラシンもタネーエフもどっちも良いと思う

255 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 04:22:38 ID:Jwb1TWkO
>>251
はロシア物初心者なんだね。

256 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 09:50:51 ID:TRaBhQw6
>>251
バルシャイでも聞いとけよw

257 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 12:00:51 ID:JIPNFbPd
>>246
何ていうか、次元が違うよなあ

258 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 18:53:57 ID:IyhrMVA8
バーンスタインの5番だったら59年と79年のどっちがお勧め?

259 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 19:05:04 ID:yhm6z9Ly
59年

260 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 19:19:33 ID:iSDDbn7t


ttp://www.youtube.com/watch?v=mQkB_QKxc9s&search=shostakovich
この10番誰の?めちゃくちゃ上手いぞ!

ttp://www.youtube.com/results?search=shostakovich
タコオタ用


261 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:25:41 ID:Jwb1TWkO
>>258
'79も日本ライブでよい

262 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:26:45 ID:Jwb1TWkO
高木にブーたれるんなら、最初からハワイの作曲家には関わらない事だな

263 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:27:55 ID:5ZrGkkFf
261 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/07/25(火) 20:25:41 ID:Jwb1TWkO
>>258
'79も日本ライブでよい


262 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/07/25(火) 20:26:45 ID:Jwb1TWkO
高木にブーたれるんなら、最初からハワイの作曲家には関わらない事だな

264 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:49:11 ID:5n68n3/J
今日ブックオフでロジェストヴェンスキー/ソ連文化省交響楽団の
ショスタコの映画音楽集を250円で見つけたので買ってきた。
なんか運動会みたいな音楽で楽しかった。
映画音楽も良いもんですね。他に何かおすすめはありませんか?

265 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:51:23 ID:7r7uptDQ
これは珍しいな。ヴィオラソナタの第2楽章をオケ伴奏(ピアノ入り)で弾いてる。
http://www.youtube.com/watch?v=WElXaDVWv_U


266 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 21:44:53 ID:33kilSHb
今更

267 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 22:17:23 ID:BcEQNmVp
わずか一分の間に>>261の身に何が起きたのだろうか

268 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 22:23:00 ID:Jwb1TWkO
>>267
hint: 嫁の仕業

269 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 23:06:57 ID:BcEQNmVp
バカップルは、ベルリン陥落の曲に合わせて
T-34に潰されて死ねば良いと思うよ

270 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 00:28:19 ID:QsE5MA/e
ゼンゼーんショスタコファンでもないのに、ロンドンでの
マリインスキーのオールショスタコプログラム全部を見る
俺様は神ヒトエ〜
今日はバレエの初日!

271 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 00:32:37 ID:ErKjHvCY
最近DGから新譜で出たバルダの物語はどうですか?

272 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 00:50:27 ID:R6GvQF8J
>>271
オリジナルの楽譜による録音は初だから買っといていいんじゃね?

273 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 01:02:36 ID:ErKjHvCY
>>272
やっぱそっすねw

274 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 07:18:59 ID:Loh6fEa4
>>248
カメでスマソ 246です
ありがとう 内容のぎっしりつまった物みたいですね
こんな画像が残っていたんだなあ

275 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 09:10:00 ID:UV/KDHc8
著作権違反の映像ばかりじゃなく、世界のアマチュア達の演奏を見て和んだらどうだ
http://www.youtube.com/watch?v=wWrAvE6ynVE
http://www.youtube.com/watch?v=5Ib2Z3teyN8

http://www.youtube.com/watch?v=NNDJDqmxQkA

http://www.youtube.com/watch?v=0idp4EYRakY

276 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 20:36:57 ID:8Yaz2sSs
今更

277 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:25:34 ID:2LDIlW0B
>>260 たぶんムラヴィンじゃないかと

278 :ENOのアイスクリーム:2006/07/26(水) 22:17:49 ID:9eNBp0YN
>270
土曜日と日曜日行きました。正直ゲルギエフ見直した。
1月の指輪の超堕演でマリンスキーも田舎回り5流出稼ぎ歌劇団に堕ちたから二度と聞くまいと
思ったが、カテリーナ・イズマイロワは同じオケとは信じられないほどの名演奏。
日本でマクベツ夫人と両方を持って来て欲しいものだ。


279 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:55:24 ID:Zb/bdlfG
>>260
 僕も、ムラヴィンスキーの1976/3/3 のライブだと思う。

280 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 02:41:18 ID:zUk5V9Yk
>279
3/3とは微妙に違うみたい。
3/31なのかな??ムラヴィンは3/3しか持ってないから確認とれないけど。

281 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 11:03:40 ID:q1GyL7kF
どれにしろ、あの快速テンポと切れ味の鋭い音、特徴的なスネアドラムの表現は
ムラヴィンだよね

282 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 13:28:21 ID:Kiq18H/w
普通のクラシックふぁんは、5・9・11番を聴けばよい。

283 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 15:56:30 ID:Do0qgoHI
7

284 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 16:16:57 ID:BcOZOjLH
7番は長くてなぁ…
1楽章のボレロもどきは結構面白いけど。

285 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 16:22:15 ID:jGlmX+hi
普通のクラふぁんにはカラヤンの10を薦めているオレ

286 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 16:38:02 ID:f1zoIJJe
もうショスタコブームも去ったね

287 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 17:10:18 ID:jGlmX+hi
ショスタコブーム?
もともとブームとは無縁の芸術

288 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 17:59:39 ID:fIdWaqot
男なら13番!

289 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:18:33 ID:f1zoIJJe
まだ 1 2 5 7 13 しか聴いてないんだけど
次は何を聴けばいいの?

290 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:24:40 ID:xchDgfkN
>>289
9番とかがいいと思うよ

291 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:29:25 ID:xQfjIFIz
>289
断然11番。
9番も良い。

292 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:44:57 ID:tTIDovQ8
>>289
あえて4と12を勧めてみる

293 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:55:26 ID:CCG6/vk4
>>289
つ14&15
ところで弦楽四重奏曲と交響曲のどちら?両方?

294 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 18:57:39 ID:f1zoIJJe
24のプレリュードとフーガ

295 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 19:14:00 ID:q1GyL7kF
8と10でしょ、やっぱ

296 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 19:59:22 ID:bBLVmZO4
>>289
11。
4も意外にいいと思う。

297 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 20:10:59 ID:u68+IaxI
>>295
胴衣

298 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 20:17:20 ID:JEgr1hC3
ここであえて


5番と15番


と言ってみるw

299 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 20:18:54 ID:u68+IaxI
女なら2番!

300 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 20:24:27 ID:wWfDRynb
>>289
そこまで聴いたなら3,4,6,8,9,10,11,12,14,15を
聴きましょう。

301 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 20:51:03 ID:chsh9hx0
要するに全部。

302 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 20:57:24 ID:3GITkh4f
11の勇者は倒れぬだつたか、あそこはいいな。

303 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 22:24:58 ID:9S9avr2h
日経朝刊文化面にダスビが出ても、ここではスルーですか。

304 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 22:37:02 ID:43yR2xwO
ショスタコのファンの男女比はどんなもの?

305 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 22:37:54 ID:u68+IaxI
>>303
ダビスタなら、、、当然話題になるが。

306 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 22:41:30 ID:u68+IaxI
結婚できない男9: 結婚できる男0.5: 女0.6

307 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 23:14:57 ID:BYvE5EqO
>>302
同志は倒れぬ でしょ?

308 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 02:27:40 ID:RZR7T6/o
この頃マーラーまではまだ許せるかなという感じになってきたが、
流石にまだ「ショスタコービッチが好き〜」と言う女がいたらきっと引くと
思う(マジ。

309 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 03:20:21 ID:1GnLw6YT
俺の母親がショスタコ中毒でそれが俺にも感染した件。
親父は「うるさすぎる!」とかいって雅楽、三味線や琴の曲を聞いてる。

バイオリン協奏曲1番は傑作。抜ける。


310 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 03:34:23 ID:RZR7T6/o
嫁と姑がショスタコービッチの音楽談義で盛り上がる風景


・・・・・・・・・恐ぇ〜w

311 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 04:34:28 ID:Xhaq5Yj+
ごめん、俺今の彼女とショスタコが縁で付き合い始めた・・・

312 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 06:14:23 ID:3nj+Vpez
>>311
うらやまし

313 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 07:08:52 ID:v19xViGg
「ショスタコが好き」って言う彼女ならまだ良いが、「いろんな意味でムラヴィンスキーが好き」って言う彼女だったら引く。

314 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 07:20:00 ID:TsdMpwiG
「ショスタコーヴィチが好き」って言う彼女ならまだ良いが、「ショスタコが好き」って略す彼女だったら引く。

315 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 09:42:40 ID:I6XRsOJI
「ショタ」が好きって彼女だったら(ry

316 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 09:59:51 ID:VHryfD/v
それならスコスコの方が

317 :304:2006/07/28(金) 15:52:12 ID:YvCDq2qY
圧倒的に男が多いということですね

318 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 16:53:24 ID:cM7wLiR/
東京オペラシティでやる、ニューヨーク・フィル、ロリン・マゼール指揮の5番の切符がかえたよおおおおお

で、おれも彼女といくけど、財布大損害。

319 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 17:29:39 ID:VHryfD/v
きたいできるのかい

320 :318:2006/07/28(金) 18:31:16 ID:cM7wLiR/
怒るのは聞いてからでもできるから。

彼女は主食だから。

善哉々々!

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)