5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

モーツァルト総合 KV6

1 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 00:12:48 ID:42W5q3/Q
専用スレ以外の楽曲はここでどうぞ

前スレ
モーツァルト総合 K.5

http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1138364759

KV5 ヴァイオリン・ソナタ ハ長調「パリ・ソナタ第1番」 1763年


2 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 00:18:22 ID:42W5q3/Q
↑ KV5は、メヌエット KV6がヴァイオリン・ソナタ

関連スレ

モーツァルトのピアノ協奏曲part4
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1146544573/l50

モーツァルトのピアノ・ソナタ
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1143013400/l50

モーツァルトのオペラ KV3
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1131169391/l50


3 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 00:53:01 ID:662NtOpl
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2006
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1134702227/
★★★最低のモーツァルトディスク★★★
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1141086968/
正直バッハ・モーツァルト・ベトヴェンだけでいい
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1130533444/
   モーツァルトなんて嫌いだ   
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1146265786/

4 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 09:19:44 ID:O2RcX50l
>>1
乙です。
お礼に結婚してあげるよ。

5 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 19:52:45 ID:uOfnhs6l
>>4
コンスタンツェ未亡人と結婚してやって下さい。

6 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 21:05:22 ID:Lvl8/uZ9
>>6
コンスタンツェはニッセンと再婚してます。

注)ニッセンって言っても通販会社ではない。w

7 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 21:31:06 ID:uOfnhs6l
>>6
じゃフランツ・クサヴァーで。

8 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 21:44:20 ID:Lvl8/uZ9
>>7
モーホーですか?

9 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 22:05:36 ID:uOfnhs6l
>>8

>>4が男とは限らない

10 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 22:22:30 ID:hs+HIh+y
この前録画しといた「モーツァルト生誕250周年記念”クラシック100コンサート”」見たんだけど
交響曲25番第一楽章の転調の出だしでいきなりホルンが音外して笑えた。
そのあとも動揺したのかそれとも元々下手なのか、
何度も小さなミス繰り返した挙句に楽章の最後のホルンで締めくくるところでも見事に音外してくれた。
日本のホルンってレベル低いの?

11 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 22:28:47 ID:UZTX+TB8
10に追加。
オケのバイオリンの3列目一番前の演奏者が背の高いイケメンだった、
のだめで言えば高橋君ってところw

12 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 22:42:05 ID:Lvl8/uZ9
プレミアム・エディション(40CD) ¥4,451 (マルチバイキャンペーン税込価格)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1343499

モツ40CDBOXでCascadeっていうことから出るやつなんだが、
鰤のモツ40CDBOXの半値ぐらいで笑った。
通常価格でも¥5,564でモツ40CDBOXっていくら何でも安すぎ。
一枚の単価はダイソー価格かよって笑えますが、
で、肝心の内容とか見たら、オペラは抜粋や序曲だけとかw
交響曲は全楽章形式で収録ですが後期交響曲のみ、エルネスト・ブール指揮
これは、怖いもの見たさの感覚で購入してみると面白いかも。(安物買いの銭失いかもw)

13 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 23:47:01 ID:Lvl8/uZ9
ハ短調ミサをパウムガルトナー盤(シュミット版)のアニュス・デイ付きは邪道かなw
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=528157
モツレクをマルゴワール盤(ノイコム版)にてリベラ・メ付きって、もはや改訂でなく編曲だよなあw
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1394477

世の中に、そんなモツ曲があるなら、どこぞの現代の作曲家さんが
『モツ6大オペラの序曲を題材によるミサ曲』てなのモノに編曲して作ってほしいねw。
イドメネオ序曲《キリエ》、後宮からの逃走序曲《グロリア》、フィガロの結婚序曲《クレド》、
ドン・ジョヴァンニ序曲《サンクトゥス》、コジ・ファン・トゥッテ序曲《ベネディクトゥス》、魔笛序曲《アニュス・デイ》
とかでw。

14 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 00:05:00 ID:ucEQdRzs
>>13
クレド歌えない

15 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 00:13:02 ID:EXf17mpC
>>1


16 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 10:06:33 ID:JCGcuHIE
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:偽作&同時代編曲集(¥8,285)7CD
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=743902
ってのがあったんだけど、モーツァルトらしく聴こえるよねw。鰤のモツ大全集170枚を
聴き終えた後に聴くと面白いかもね。

ファンタジスタ!モーツァルト 10枚組 12時間超!(¥2,500)
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=945444&GOODS_SORT_CD=102
これのCD8枚目の「モーツァルトの曲を使った変奏曲・編曲」ってのが面白い。
ベートーヴェンが、フィガロ、ドン・ジョヴァンニ、魔笛を主題に変奏曲にしてる。
最初はnaxosコンピごときって思ってたけど、この変奏曲を笑うために聴くにはよい。

Piano Quartet, Violin Sonatas, Cello Sonata: Ravinia Trio, Rohde(Va) (¥1,889)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=177253
モーツァルトのチェロソナタだよw。「そんなもんあるか!!」って?
2世が作曲したやつがCD化されてんのw。笑えるよこのCD

17 :俺の手持ちのモツレクCDを紹介:2006/05/07(日) 14:31:18 ID:JCGcuHIE
カラヤン(カラヤン・ウィーン86年/ジュスマイヤー版)
マリナー(バイヤー版)
ワルター(ジュスマイヤー版)
ノリントン(ドルース版)
Spering, Christoph(ジュースマイヤー版+フラグメント集)
マルゴワール(ノイコム版/リオ・デ・ジャネイロ)
Gustav Kuhn(ソプラノ・幸田浩子・ジュースマイヤー版)
クイケン四重奏団 (リヒテンタール弦楽四重奏編曲版)
アバド(これがアバド流だ文句あるならかかってこいや版)
マット(ブリリアント・モツ宗教曲全集より・ジュスマイヤー版)
アーノンクール(ワーナー・モツ宗教曲全集より・旧録音・ジュスマイヤー版)
ペーター・ノイマン(ヴァージンモツ宗教曲選集より・ジュスマイヤー版)
トン・コープマン(ジュスマイヤー版)
アーノンクール(SACD)(2002年録音・バイヤー版)
ベーム(ジュスマイヤー版・SACD)
ドナルド・ラニクルズ(レヴィン版)
ショルティ(ランドン版・モーツァルト没後200年の典礼ミサ)
ホグウッド(モーンダー版)
ヴァイル(ランドン版)
ファン・フェルトホーフェン(フロスワス版)
カラヤン(カラヤン・ベルリン・76年/ジュスマイヤー版・SACD)
Beecham, Thomas, Sir(ジュスマイヤー版)
Vad(ヴァド版)
Pearlman, Martin(レヴィン版)
シュライヤー(ジュスマイヤー版・フィリップス大全集より)

18 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 14:37:22 ID:99INYGRW
それを全部聴き込んで内容、特徴を把握しているのであればスゴイ。
まさか所持してるだけじゃないよね。

19 :17:2006/05/07(日) 15:04:47 ID:JCGcuHIE
最低でも1CDにつき10回以上は聴いてる。
一番よく聴いてるのはベーム→マリナー→ホグウッドの順だね。
それとオイレンブルグのポケットスコア(ジュスマイヤー版の日本語版)も買ってるね。
各CDの特徴は、あまり把握はしてないけど、聴くだけは聴いてる。
カラヤソのウィーン86年、ベルリン76年なんて違いはよくわからん。

20 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 15:12:32 ID:W0VsO17S
カラヤンは楽友協会合唱団でなければ、と言う声を良く耳にするが、そんなにへたなのか?

21 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 15:25:10 ID:XWZSza2x
自分はマリナー→ベーム→アバドの順に聴くことが多い。アバドの
版が面白くてけっこう好きなんだけど、初めて聴いたとき、サンク
トゥスが全然違うのにかなり驚いた。
カラヤンの86年のは、合唱団ちょっと不安定で非力な感じはする。
「怒りの日」なんかオケに押されてる感じ。

22 :17:2006/05/07(日) 15:31:07 ID:JCGcuHIE
カラヤソは、ウィーン86年もベルリン76年も
俺の耳には違いはわからんけどね。俺って素人耳だしw
カラヤソCDは所詮部屋のインテリアですよw。
同じジュスマイヤー版を聴くならベームのほうがいい。
コレクション用にならヴァド、フェルトホーフェン、ノリントン
クイケン、マルゴワール、マルゴワールなどのお遊び的なCDが楽しい。

23 :17:2006/05/07(日) 15:42:37 ID:JCGcuHIE
ヴァド版やフロスワス版は絶対にジュスマイヤ改訂版とかの
意図なんかで作ってないだろうなと思う。
特にヴァド版は研究者自身で指揮してなんか自社出版っぽいw
ただモツの音楽史に名を残し自分が有名になりたいが為にやったとしか思えん。
ドルース版は歴史に名を残すとかじゃなくお遊び、
アーメンはわかるとしてラクリモサ編曲はもうオイオイw

24 :17:2006/05/07(日) 18:23:36 ID:JCGcuHIE
ツタヤとか全国的な極一般向けに売ってるのが、
ベーム→カラヤソ・ウィーン86年→アバドって、この3つが、
ごく一般向けに普及してると思う。やっぱり小規模な地方のCD店だと
クラCDコーナーは限られてるゆえに、DGというレーベルを優先的に選んでるようだ。
俺とかスレ住人なら田舎でも2ちゃのクラオタらしく犬、塔、密林という
ネット通販を使うから、>>17記載したのは、金さえ出せば買えるからな。
ところでネット環境になる前の俺は、手持ちのモツレクはベームだけだった。
もちろん4,5年前のネット環境がなかったころは、モツ曲を指揮者別に、
コレクションするなんて全く考えなかった。田舎では輸入盤は品薄だw
そうだなキリスト生誕2000周年w(サリエリ生誕250周年ww)
この頃からネットが普及してくれたから、アーノンクールもマリナーも
今では十分に聴ける。ホグウッドのモンダー版やラニクルズのレヴィン版
や、シュペリングのフラグメント集で、アーメン・フーガを聴いたとき、
フィリップス大全集180枚組ごときで満足してた俺が笑えてきた。
モツレクだけでこんなに奥深いのかと、でもノイコム作曲のリベラ・メはw

25 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 18:56:01 ID:o5YZ7361
BBCから出てるジュリーニ/フィルハーモニア管の「リンツ」ってどう?
今塔で手にとって迷ってる

26 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 19:14:12 ID:o5YZ7361
とりあえず買いますた

27 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 19:51:12 ID:KRr1eqaD
スカパーのデジオでアーノンクールのジュピターを聴いてみたけど、
第一楽章の主題が変わるところがあまりにもタメ効かせすぎて笑えた。
しかも、まるでジャングル黒べえでも踊りだしてきそうだし。

28 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 21:07:13 ID:JCGcuHIE
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1442186
犬のサイトでハ短調ミサを楽譜版別に買おうと思っていたんだが、
このページの下あたりある《『大ミサ』の主なヴァージョン》っていうとこの
《【モーンダー版】ホグウッド》って、いうのをクリックしたら笑った。
それはさておき、ハ短調ミサにモンダー版なんてあったのかってマジ知らなかった。
ハ短調ミサって、ランドン版とエーダー版とシュミット版の3つだけだと
勘違いしてたよ。w。
俺の手持ちはレヴァイン(ランドン版)と、パウムガルトナー(シュミット版)
全集物での手持ちのハ短調ミサは版がわかんねえ。
鰤のマット、ワーナーのアーノンクール宗教曲全集、ヴァージン5枚組のノイマン、
フィリップス大全のガーディナー、ハ短調ミサのCDを詳しく記したサイトってないね。

29 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 22:09:14 ID:JCGcuHIE
さて、ふと思った。マッケラス(レヴィン版)を買わずして
モツレクオタとは言えないなあ、早速注文するぞ!!

30 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 01:52:12 ID:bYBaAUsX
>>16
ファンタジスタの10枚組は俺も最初は馬鹿にしてたけどよく見ると
聴いたことない演奏も多いし、編曲版とかサリエリのオペラ序曲とか
マイナーなのも入ってて1枚250円は安いので買っちゃったよ。
連休中車で出かけたとき何枚か聴いたがそう真剣にならずに聴いてる
分にはまあいいんじゃないか?
FXのは最近出たぼにーの歌曲集もレコ芸の付録で1曲聴いたが
つまらんポップスより断然いいよ。あと昔オルフェオからピアノ
協奏曲も出てた記憶がある。たしかハ長調でK.467に似た雰囲気だ
とか書いてあった。いっぺん聴いてみたいね。なにしろ正真正銘
のアマデウスのムスコの曲だからね。(オヤジの曲はモツのタネは
入ってないから興味なし)

31 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 05:44:47 ID:jUDa1DhM
>>28
何故にマライアw

32 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 19:00:34 ID:mpR0HCUn
毎日モーツァルト、毎日録画して編集するよりかこれ(↓)買ったほうが利口だろうか・・・。
ttp://www.kakaku.com/prdsearch/detail.asp?PrdKey=46400008747

PCでの録画だから起動しないミスも何度かあり毎朝ヒヤヒヤしてるし。

33 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 19:18:03 ID:nat+qfyg
家はBS録画できないんで情報嬉しいです
でも、やっぱりと言うか有名曲ばかりになっちゃいましたねw

34 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 21:46:46 ID:cZy3W0+O
チェロソナタを注文してみよう。

35 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 23:33:25 ID:Wos0rIKx
>>28
リンク切れを放置かw

36 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:41:48 ID:F86xmjwH

1000 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/05/09(火) 01:40:28 ID:YTFt8Jxw
>>1-1000
死ね

1000 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:2006/05/09(火) 01:40:28 ID:YTFt8Jxw
>>1-1000
死ね

37 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:52:59 ID:YTFt8Jxw
おやすみ

38 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 09:58:03 ID:i4N5rreo
モーツァルト・イヤーということで
デッサウの「交響的変態」のコンサート
どっかでやってないかな?

39 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 12:28:08 ID:m1Eo0OdT
アーノンクールのモツ40番は、COEとRCOのどちらが優れているでしょうか?

40 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 13:03:53 ID:byLL4CLs
どっちゃもダメボ

41 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 13:22:23 ID:TRbmIQc3
セレナーデ12番 管楽器だけの短調の曲 モーツァルトの短調の曲は
独特の味わい。

42 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 14:32:32 ID:it231LeW
>>39
RCOがいいよ。
モダン楽器のモダン奏法、古楽器のピリオド奏法に対して、画期的なモダン楽器のピリオド奏法という歴史的価値がある演奏。
とにかく、ダメダメレスは無視して、気になったものをたくさん聴くと幸せになれる。

43 ::2006/05/09(火) 14:53:31 ID:xRq/tYbe
ダメダメレス

44 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 16:58:51 ID:it231LeW
この演奏がダメ、この音質がダメ
それを「ダメダメレス」と言わせてもらった。
内容がダメなレスじゃないぜ。

客観的な根拠を示せない、単なる好悪の、良いとか悪いとか、ほんと勘弁して欲しい。
楽しみを邪魔すんなよ。

45 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 18:15:19 ID:WZYuhfDd
証拠だとか言い出す香具師はアフォに決まってる

46 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 18:16:05 ID:WZYuhfDd
あ、根拠か

47 :1000[ミル歉:2006/05/09(火) 18:44:17 ID:JUXQWSxS
ラ・フォルでモツレクを聴いて感動しました。CDを買いたいのですが、お勧めのモツレクのCDを教えて下さい。お願い致します。

48 :テリ造 ◆taIZZWMjp. :2006/05/09(火) 19:12:56 ID:ChV87RZ3
>>47
レナード・バーンスタイン/バイエルン放送交響楽団
DG

をお勧めします。今、入手できるか分からないけど。

49 :1000[ミル歉:2006/05/09(火) 19:43:01 ID:JUXQWSxS
↑47です。48さん ありがとうございました。探してみます。

50 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 21:14:52 ID:MHz1heKw
犬で買えます。

モーツァルト/レクイエム/レナード・バーンスタイン/バイエルン放送交響楽団
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=56205


51 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 22:48:25 ID:igd2/+JM
>>43
>>45-46
こういう奴ってどこでもいるよね。茶々だけいれて理由は述べない奴。何が楽しいんだかw


52 ::2006/05/09(火) 22:52:59 ID:MNrpDBxV
ダメダメレス

53 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 23:52:25 ID:eUDI+pON
>>42
39じゃないけどトンクス!
自分も39と同じことで迷ってた。

54 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 00:16:33 ID:iFKzJnsV
ピノックの交響曲全集いいね。爽やかで、楽しくなってくる。
楽しいといえばコープマン。NHKで見た人なつっこい笑顔を思い出すからかな。

55 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 00:42:48 ID:V7hbIZRl
>>51きんもーっ☆


56 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 00:48:51 ID:RqaZteHz
>>54
ピノックの全集、輸入盤で発売当時別に期待してなかったんだけど「リンツ」とか試聴したら
以外によくて、次に33番聴いたらこれもよくて結局全3巻とも買っちゃったよ。
33番なんかコンティヌオがホグウッドと比べてもなかなかセンスあるね。
古楽器オケの場合は通奏低音のセンスも重要だと思う。

57 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 13:54:21 ID:m0ZscWkI
ピノック、ホグウッドはハッキリ言って通奏低音基地外。
ハフナー、リンツやそれ以降の曲までチェンバロ入れてる。
聴いていて耳障り。チェンバロの音で弦や管の音が死んでしまう。

念の為言っておくが、私は古楽オタでチェンバロは大好きです。
でも、モツの後期の曲にチェンバロを入れるのは不自然だし、
「古楽かぶれ」をしてるだけにしか感じません。



58 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 15:31:31 ID:9ZHe54fg
フォルテピアノを通奏低音にしたCDない?

59 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 19:19:53 ID:w/oNdZoT
>>58
交響曲ではないが、ムーティ&ウィーン・フィルの「フィガロ」
で、レチタティーヴォの伴奏にフォルテピアノ使ってなかった
っけ? 間違ってたらごめん。

60 :39:2006/05/10(水) 20:43:13 ID:+0zeWXJd
>42
早速尼でホルン協奏曲集共々注文しました。
ありがとうございました。

61 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 21:28:49 ID:ODuko37V
LFJで、5/5の夕方、ケフェレックのピアノソナタ・リサイタルのアンコール曲、
あれなんだったのかご存知の方おられませんか?

62 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 21:54:24 ID:z75w6Gta
プレミアム・エディション(40CD) ¥4,451 (マルチバイキャンペーン税込価格)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1343499

↑注文した。


63 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 00:58:39 ID:zdi5nXjw
>>57
まあ曲によってはそういう見方もあるな。たしかに
ウィーン時代の作品にチェンバロは合わん。34番までは問題ないと思う。
ホグウッドはハフナー以降はたしかフォルテピアノだったと思うが。。。


64 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 05:14:29 ID:ycMHn8QG
チェンバロの通奏低音はシャリーンと打楽器のような効果を出してるね。

65 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 22:10:52 ID:w1ZR3aWS
マッケラス、モツ交響曲全集
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=324498

66 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 22:43:22 ID:1ca/flaR
>>65 いやがらせか?w

67 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 23:29:24 ID:FnrZiN0B
BS日テレの「ブラボー!クラシック」がモツ特集だから見たけれども、
夜の女王のアリア歌った日本人歌手がヘタレでまいった。
クライマックスの一番上の音が全部一音低いってありうることなのか?

68 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 00:17:21 ID:MyQCCBNV
すみません、下のリンクの
エヴァー!モーツァルトというCD
http://www.aaaa.co.jp/item/00000408503.html
これの夜の女王のアリアは誰が歌ってるかご存知の方
いらっしゃいますでしょうか?

69 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 00:19:25 ID:uDm9vyVb
グルベローヴァ

70 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 00:44:05 ID:MyQCCBNV
ありがとうございます!
早速ググりました。そんな凄い人でしたか…( ゚Д゚)
暇つぶしに借りたのですが、夜の女王が
今まで聞いた中で(ってクラ歴は浅いですが)
一番凄くて、でもライナーノーツの類がついてこなくて…orz
困ってました。ホントにありがとうございました

71 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 01:10:45 ID:39/KVlnP
自分は同じCDのトルコ行進曲が誰か知りたい
友人がi-podに入れてくれて気に入ったがインポート後にCDが行方不明だそうで

72 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 01:12:57 ID:uDm9vyVb
>>71
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HTLO/249-7415408-3855567

73 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 01:29:13 ID:39/KVlnP
うお、マジありがと
つうかそこに気付かなくてごめん

74 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 02:15:03 ID:RZZ9GP4H
映画「アマデウス」で、2人の扮装した男女が「パッパッパッ」と歌っているオペラのタイトルと、
曲名を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

75 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 02:22:47 ID:4J0MpS0X
>>74
オペラ「魔笛」 〜「パパパの二重唱」

76 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 02:29:34 ID:RZZ9GP4H
>>75
即レスありがとうごうざいます!!
今度、魔笛を買って聞いてみたいと思います。

77 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 09:20:46 ID:ax9z1dT7
>>68
そのCD、ジュピターの第四楽章なかったり「魔笛」のパパパなかったり、
あまり買う気の起こらないCDだね。
そういうオムニバスはいろんなCDから寄せ集めしているから
出典元のCDを曲選んで買うほうがお得だと思う。

78 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 10:31:04 ID:sH7In1KP
モーツァルト編集ものの質問スレかw

79 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 10:33:25 ID:vZ3KgRwj
>>77
>>70
暇つぶしに借りた←ここ重要

80 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 12:39:02 ID:IBzDztOE
エヴァーってベストシリーズが出る前の
恵美の初心者向けオムニバスのシリーズなんだよね確か
友人がモツ好きの自分に気をきかせて手持ちのこれをかけてくれたが
1曲4〜5分て感じなんでアリアは入るが交響曲、協奏曲は
フェードアウトが多いし酷いとフェードイン〜フェードアウトww

ほぼ全部原曲知ってる俺が聴いたら
イン「おいおいそこからかよ」〜鑑賞〜アウト「そこで切るのかよ!!」
「つうか抜き出すとこも微妙だろおい〜('A`)」とイラっとして面白かったww

81 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 13:16:16 ID:Q3Xwb6h8
だからベスト100にはわざわざ
フェードイン・フェードアウト無し!
って目立つように書いてあんのかなw

82 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 20:46:36 ID:HvPv4MXv
初心者CDに対してフェードイン〜フェードアウトとか気にならないっす。
初心者向けなんだから聴きどころが分かればいい。
ダイソー105円でもロイヤルフィル315円でもHMVで価格順で表示した
激安CDでもかまわない。そもそも1楽章だけとかキリエだけとかって言う時点で、
フェードイン〜フェードアウトとやってることは同じ、

男は黙ってだな、
ユニバーサル・モツ大全集(CD180枚)と、
新ベーヘンライター・モツ全集(楽譜全巻)と、
モーツァルトアーカイブ(CDROM)って、全部そろえときゃいいの。
CDの出し入れにはめんどくさくないように、パイオニア301CDチェンジャー

83 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 20:58:08 ID:GnimgKOx
初心者の入り口として、>>82は、なかなか良い方法だと思う。

84 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 22:32:44 ID:X8KCxRAF
>ダイソー105円
>ユニバーサル・モツ大全集(CD180枚)

月とスッポン

85 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 22:46:13 ID:lxjHZdac
初心者に二流を聴かせて喜ぶ香具師がおります

86 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 23:24:19 ID:QKupv7vJ
モーツァルトアーカイブって今でも買えます?

87 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 23:28:37 ID:1L0Gv30K
知らないけど、努力して、買え その必要が、ある


88 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 23:55:11 ID:X8KCxRAF
モーツァルトアーカイブ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008I57E/qid=1147445326/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl65/250-7644176-9421864
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00008I57D/qid=1147445326/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-7644176-9421864

89 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 23:57:52 ID:GnimgKOx
初心者には1流も2流もない。初めて聴くんだから。
そこから、お気に入り探索の旅が始まるんだよ。
最初から、名盤定番聴いちゃうと、続きが愉しめなくなる。

90 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 23:59:25 ID:1L0Gv30K
入荷に4-6週間かかります。入荷状況によりご注文がキャンセルになることもあります。

この商品は在庫がないか、絶版になっています。

億だなこりゃw


91 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 01:00:36 ID:KXVVampK
>>89
初心者こそ良いものを聞くべきだと思うが・・・


92 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 06:46:06 ID:PrYzhVVP
わしもそーおもう。
良さも理解しやすいし。
最初にいいものにふれないと何が本物かわからなくなる。


93 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 06:59:34 ID:yAtyoeSP
>>85
カラヤンは一流だろ!
全集CDにもダイソーCDにも
カラヤンの音源があるんだよ。
どこのCD店のクラシックコーナーにも
カラヤンのCDはある。
カラヤンを一流と言わず誰を一流って言いますか?






じゃあお前の概念では一流ってアバドのことを言うのか?

94 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 14:10:16 ID:o52U5sNF
>>93のモーツァルトは随分狭いね。
カラヤンとアバドだけかよ!

95 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 15:48:00 ID:yAtyoeSP
>>94
じゃあ、お前の言う一流ってのを言ってみな

96 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 16:18:02 ID:o52U5sNF
はっきり言ってカラヤン、アバドなんて少なくともモーツァルトに関しては
一流なんて事はアリエナイ。
売れている物が良い物とは限らんのだよ。
困った事に現実には>>93みたいな人が多くいるから本当の名演に限って廃盤になったりなんて、
よくあることだし。
カラヤンみたいな糞演奏で知名度が大きいなんて現象が当たり前になる。


97 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 17:39:50 ID:yAtyoeSP
だからお前の概念でのモーツァルトでの一流とは誰だ作品別に言ってくれ

98 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 17:48:19 ID:F/+v69U8
>>97
あなたの知らない指揮者が多分一流だよw

99 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 17:52:23 ID:o52U5sNF
どうして他人の好みが気になるの?
君には大指揮者カラヤンで満足なんだろ?

100 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 18:26:19 ID:yAtyoeSP
>>99
自分の好みも答えれない輩がカラヤンを馬鹿にするな!!
カラヤンのプラハCDを聴いたことがあるか?
カラヤンのドンジョヴァンニDVDを観たことがあるか?
まあモツレクに至っては俺自身もカラヤンの録音には首を傾げるがね。
だが、カラヤンの全曲全てを徹底的に貶すのは、お前の耳は腐ってるのかもしれんがな。
大体、どーせお前は自分が作品とか指揮者とか歌手をあげると
貶されるのが嫌なんだろよ。
交響曲は古楽器じゃないと駄目とか叩いて自分の好みは告げない古楽オタか?
どーせ俺がピアノソナタで内田とかピリスをの名を出したら、
次は内田やピリスを貶すだろ。
どーせお前、自分で指揮者別に買ってるCD少ないだろ。
2chとか専門雑誌の謳い文句をそのまま鵜呑みにしてるだけだろ。
どーせ同じ交響曲を指揮者別にHMVで全部買って聴いたんじゃねえだろ。
アーノンクールやホグウッドやマッケラスやベームとかピノックあたりだけ聴いて
カラヤンが糞指揮云々とか馬鹿みてえに批判してんだろ?
お前の経験不足、知識不足が丸見えだぜ!!

101 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 18:36:28 ID:DdoQrRFg
>>100
>アーノンクールやホグウッドやマッケラスやベームとかピノックあたりだけ
たぶん、ほとんど聴いてないんじゃないの、信者ヲタ。
低レベルはスルーに限るよ。

102 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 19:29:06 ID:mmaWZHFZ
カラヤンのモーツァルトは全般的に評判はいいよ
だれもやろうとしないモツの小曲とか積極的に取り上げていたみたいだし
小曲で隠れた名曲だと、モツの作品じゃないけどボッケリー二の「マドリッドの夜警隊の行進曲」とかかなりよかった
TVCMでも流れていたし

103 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 19:29:39 ID:fclwK3ih
一流ねえ・・・
そんなのどうでもいいじゃん。

カラヤンねえ・・・
R・シュトラウスやチャイコフスキーなどでは、いい演奏が多いけどね。

カラヤンのモーツアルトが好きならそれでいいじゃないの。
いいのもあるかもしれないけど、ほとんどの人が合わないと感じてるんじゃないの。
いくら力んでもカラヤンのモーツアルトの交響曲が広く支持される時代は来ないと思うけど。

104 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 19:33:12 ID:DobgxW4P
生カラヤンを3回も聴いたけど、人生の無駄でしたな
byおっさん

105 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 00:56:32 ID:/fPUGiB3
>>102
だれもやろうとしない小曲って何よ?

106 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 06:17:32 ID:18L8dm3g
モツオタなんて所詮は自分がクラシック通で誰よりも良い音楽を聴いてると
自己陶酔に浸ってるだけの基地外ですねどれだけ多く聴いたとかこれが一流
とかそんな下らんことで言ってるだけ本当は自分で楽譜すら読めないのにこ
の指揮者は駄目だとか言ってるなんて笑っちゃうCDだけしか聴かなかった
り国内の音楽祭だけでモーツァルトを偉そうに語ってるのね仮にモツオタで
ザルツブルクやウィーンの音楽祭に行ってる基地外がいるとしようだったら
そいつは極度の鬱病か生まれつきの知的障害者だろうそれを場違いというこ
とに気づきもしないんだなよくみりゃ音楽祭で基地外のクラオタは浮いて見
えるよはっきり言ってクラオタでもモツオタはクラシック界のゴミですな自
分自身はこいつら基地外のモツオタと違いまっとうなモーツァルト愛好家だ
と思ってんでしょうだが2ちゃんねるで自分の知識をひけらかしてる事態が
自分でモツオタで基地外だとか自己申告してるのにも気づかない知的障害者

107 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 06:44:48 ID:Y8Pw56qB
>>106
やべ、どこを縦読みすれば良いのかワカンネw

108 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 07:01:56 ID:I7yk5wp6
モツ煮を食ったら下痢に・・ryまで読んだ。

109 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 12:28:21 ID:bDFzgo8v
誰か心理学や精神病理に詳しいモツオタはおらんか。
106を分析してくれ。

110 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 13:03:22 ID:lIRUrMXS
年齢は30代。
まず、きっちり整形して、形へのこだわりなど、几帳面、あるいは完全主義的傾向がある。
教養は高く、中卒高卒ではあり得ない。理系ではなく文系。
句読点を廃しているにもかかわらず、漢字を効果的に使って読みやすい。交渉力はありそう。つまり対人処理能力も高いはず。
それほどの推敲の跡が見られず、即興で書けるだけの思考力・表現力も備えている。
他のレスを書き散らかすヴァカどもよりも、優秀な人間。

111 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 13:15:18 ID:2mXypXI6
処方箋: 目を合わさない。

112 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 13:45:46 ID:gAErPwgo
どう読んでも典型的なリアル厨房の文章

113 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 15:12:55 ID:lp+65TMq
リア厨ならまだ救いがあるがこの板の平均年齢考えたらあなた…

114 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 15:15:49 ID:VIEiKxkd
野球ファンはろくに野球ができなくても監督になったような口を聞くでしょ。クラシックも一緒。それが趣味をもつことの醍醐味。
譜面読めて演奏する人しかクラシック聴く人がいなくなったら、どうやって演奏者は生活するの?音楽が出来る人にしかアプローチできないほどクラシックは陳腐な音楽なのか?あんまし聴き手をなめるな!

115 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 17:00:12 ID:jhyWtM75
カラヤンにもいい演奏は多少あるけど後期の交響曲なんて全然ダメだ。
なんか気持ち悪い。

116 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 19:45:24 ID:w/WgDCgt
カラヤンは二流どころか三流に確定

117 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 19:53:22 ID:Cs2VdUy6
カラヤンは幅広いジャンルで録音をしたけど、一流扱いされるのは極一部ということだね
ベルリンを振るようになってからのモツはイマイチ
若き日のウィーン相手の演奏ならそこそこ
トータルでは、特別推薦するほどでもない

118 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 20:11:59 ID:w/WgDCgt
モツスレって煽ればどんだけでもレスがつく釣りサイトになってるよな

119 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 21:11:07 ID:AxEM4hjw
>>115
自分は41番は好きです。

120 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 23:15:40 ID:bDFzgo8v
好きは好きで良い。

でももっといいのが一杯あるよ。

121 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 23:36:53 ID:CMjypDed
ジュピターはベームのVPOとのものがいい。古楽器ならブリュッヘン。
クーベリックのオルフェオのライヴ盤もなかなか。ヨッフムも捨てがたい。
ある程度の水準以上なら何でもすばらしく聞こえてしまうのがジュピター
のすごいところだ。場合によっては脳内演奏ですら感動するし。

122 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 08:55:06 ID:0tFAC4nA
>>114
野球ファンはろくに野球が出来ない人がいるけど、ルールは知っていると思う。
最低限のことは知っていて欲しい。
譜面が読めるとか。


123 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 09:18:29 ID:btBEkwsF
>>122
譜面が読めるって、それも中途半端。
まず耳で聞いて、主題の推移や転調、ソナタ形式とかロンド形式とかが聴いて分かること。
譜面は、主題自体がどういう仕掛けで作られているかの確認。

124 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 12:53:04 ID:iU5LVrbk
ベームのモーツァルトはオペラはともかく交響曲はだめだ。とくに後期のBPhと録音したものはスカスカ。

125 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 13:03:04 ID:KG8VMDlj
野球ファンの大半の人が野球はできよる
ただレベルが草野球だけ

126 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 18:33:32 ID:8BDOkqK0
こんなことばっかり言ってるからどんどん
時流から乖離して先細るんだな…

127 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 18:46:00 ID:qKzOdG2e
流れをぶった切ります
弦楽4重奏でお勧めのCDありますか

128 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 19:04:52 ID:btBEkwsF
>>127
あたしゃ、モザイク四重奏団しか聴いてないけど、もの凄くいいよ。

129 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 19:57:06 ID:AvVT9PTZ
『ドン・ジョヴァンニ』弦楽四重奏版 ウィーン・アルティス四重奏団
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1379203

弦楽四重奏版アレンジ曲でモツオペラを楽しむってどう?

130 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 21:03:51 ID:O6JjwnZJ
>>128
私も賛成♪
モザイクQはハイドンも凄くいいよ!


131 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 21:12:43 ID:SAvlpF3J
ID変わるかも知れませんが127です

>>128 >>130
ありがとうございます。見たところとても良さそうなので
コレにしようかと思います

>>129
面白いですね。次はこれも聴いてみたいです
ありがとうございます

132 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 22:15:11 ID:caGFvs6L
このスレみてたら所蔵してるカラヤンのCDやDVDを
明日に出すゴミとして出そうと思う。
カラヤンの遺産なんてもん出したソニーを恨む

133 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 00:13:45 ID:tHhja6X1
>>129
曲がドン・ジョヴァっていうのがちょっと・・・
むしろピアノ二重奏の魔笛http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1365880が気になる・・・


134 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 07:28:04 ID:63f+nZXZ
ちょっとレベルが低いかもしれんが、
ヘレヴェッヘのセレナーデ10番を聴いて鳥肌が立った
生まれて初めて聞いた曲なんだが、なんともはや、モツ短調は凄いね。

135 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 15:48:17 ID:5syZbIXQ
ホグウッドの交響曲全集のことだけど、CDの内容を再構成して新たに発売してほしい。
その内容はセレナードやオペラなどからの編曲したヤツとか偽作も省けば
だいぶスッキリする。
ようするにピノック盤程度にする。
輸入盤でも国内盤でもこんな感じのホグ全集出してよ!

136 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 17:28:44 ID:Aup9MB3U
質問させてください。
ブリリアントのモーツァルト全集から漏れているというK546を
聞くのにいいCDはありますか? お薦めなどありましたら教えてください。

137 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 19:30:33 ID:nPPAYkcO
>>136
つ「ユニバーサル180枚組」

138 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 22:35:39 ID:tHhja6X1
>>135
そういう「余剰分」除いたらホグウッド版全集の存在価値なくなっちゃうんだが?w


139 :136:2006/05/16(火) 23:26:34 ID:mpF07bSY
>>137
モウ金ネーヨ OTL

140 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 05:25:26 ID:tyTdrzYY
>>139
これ↓に入ってたよ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1817512

141 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 15:01:04 ID:ib81Mc8R
フルート関連のK.315、K.313、K299のお薦め盤がありましたら、教えてください。
現在は、オルフェウスco(K.315,K313,K299)とベームvpo(K.313,K299)を保有しています。
特に、K.315の名演を聞いてみたいと思っています。
よろしくお願いします。

142 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 15:14:52 ID:915pjMtk
K.315って随分と地味な曲を希望するんだね。
人それぞれの楽しみだから自由だけど、私はK.315を聴きたくてCDを聴くことは
あまり無い。
K,313などを聴きたくて、そのCDに入ってるからついでに聴いてるのが正直なところだね。
もちろん、いい曲には変わりないけど。


143 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 02:41:53 ID:+hVcTBDm
>>142
レスありがとうです。

マイナーな曲過ぎたんですかね。
私の中では、ベスト3に入るほど好きな曲なので、残念です。

144 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 11:14:01 ID:u0JsqlBu
どこも人少ない感じなんでも少し気長に待ってみたら

145 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 12:03:34 ID:CuXyRX0a
マイナーな作品てさ、ネットとかで名盤って言われてるのが
既に廃盤になってたり見つからなかったりすること多いよね
自分はオクとか中古が苦手なので何度涙を飲んだか…_| ̄|○

146 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 12:59:16 ID:TChhI4QE
オクなんか見ず知らずの人間に住所や電話番号なんか晒すの怖くて出来ない

147 :大クレドミサ!:2006/05/18(木) 14:06:26 ID:f4HPqiGr
モーツァルトのミサ曲「大クレドミサ」(K275)が好きな人っていますか?
ミサ曲の中ではあまり知られていないし、「作曲の出来があまりよくない」という評があるので
避けていたのですが、一度聞く機会があって、すっかり「ハマって」しまいました。
いまでは、毎日毎日、聞いています! 

核心部分は「クレド、クレド」と信仰告白の言葉がいやというほど繰り返される「クレド」の
楽章。あまり繰り返しがしつこいので、基地外かと思われるほどですが、ラテン語の歌詞を見
ながら、意味をとりつつ聞くと、その音楽と歌詞の絶妙なマッチングに涙が 出てきます。
なんでも、のちのオペラにつながる挑戦的な作曲様式がいたるところにちりばめられているとか。
たしかに、モーツァルトの天才のほとばしりが荒削りのままナマで聞ける貴重な一品という感じが
します。

それだけに、当時のカトリック教会の趣には合わなかったのでしょう。コロレド大司教と大喧嘩
したのも、わかります。
強くいちおしの一曲です!!


148 :大クレドミサ!:2006/05/18(木) 14:35:23 ID:f4HPqiGr
>>147の大クレドミサのケッヘル番号は、K257の誤りです。K275は、別のミサ曲ですね。失礼しました。

149 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 17:57:07 ID:MWxG18Ik
つーか、アーノンクールの全集で聴いた。

150 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 18:45:59 ID:YVkLQIJD
つーか、ペーター・ノイマンの全集で聴いた。

151 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 19:14:14 ID:3I5YSPTH
>>148
私、雀ミサ(k.220)が大好きで毎日のように聴いてますが
興味わきました。お勧めのCDとかあります?

152 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 21:17:35 ID:wXv0lnhB
つーかSpatzen-MesseもCredo-Messeもノイマンの曲集で聴いた。(Virgin/5CD)

153 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 21:50:43 ID:xT/3W0QS
>>142
K.315は、ホグウッドの演奏がいいですよ。
リーザ・ベズノシュークによるフルートは、まるでリコーダーのような
素朴な響きがして、この曲の穏やかな雰囲気にはぴったりだと思います。
同じCDにK.299とK.313も収録されていて、私の10年来の愛聴盤です。


154 :153:2006/05/18(木) 21:54:42 ID:xT/3W0QS
すみません。上記レスは>>141の間違いでした。


155 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 22:37:03 ID:3I5YSPTH
>>152
探して来たけど見つからなかった。・゚・(ノД`)・゚・。

156 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 04:59:49 ID:sJ4/fsTO
ノイマンのモツ宗教曲
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=592982

157 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 12:17:03 ID:cGu22NEz
>>153
回答ありがとうございます。
HMVでhogwoodで探しましたらありました。
試聴できたので、さっそく聴いてみましたが、何とも言えない素朴さがいいですね。
それにしても、私の持っているオルフェウス盤と全然違う雰囲気なのに驚きました。
まとめて3枚集まったら、購入したいと思います。

158 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 12:21:01 ID:+948/gJg
>>156
ありがとうございます!早速買います!

159 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 23:04:16 ID:5kMZtycp
ヴァイオリンソナタはどの演奏聴いてる?

160 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 01:21:34 ID:Cn8PRWmR
 定番かもしれないが、Grumiaux、それから、バリリ、で、最近、シゲティの
 全曲版を買った。なんか、古い人ばっかりだ。W

161 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 08:10:36 ID:SSYYhsft
>>159
ポッジャーがかなりお気に入り


162 :俺がこの一年でHMVで買ったモツCD・DVDで気に入った物:2006/05/20(土) 14:56:40 ID:go318oqA
ブリリアント大全集(CD170枚組)
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1461852
低価格でモツ曲を再認識するのには良かった。

宗教音楽作品集 アーノンクール&コンツェントゥス・ムジクス、A.シェーンベルク合唱団、他 http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1467487
モツ宗教曲をアーノンクールで堪能出来て幸せ

交響曲全集(57曲) ホグウッド&AAM(19CD)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=300991
モツ交響曲についてここまで堪能できるCDに感激。さすがホグウッド

Requiem: Hogwood / Aam
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=996815
これでモンダー版を初めて聴いた。

Requiem: Marriner / Asmf
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=883307
バイヤー版を聴くならこれ。俺はアマデウスオタゆえに気に入った。

ユニバーサル大全集分売・第21巻:ミサ曲全集(7枚組全18曲)
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1453589
鰤のニコルと、ワーナーのアーノンクールそれ以外にも宗教曲全集が欲しくなった。

163 :俺がこの一年でHMVで買ったモツCD・DVDで気に入った物:2006/05/20(土) 15:02:31 ID:go318oqA
ユニバーサル大全集分売・第22巻:宗教作品(7枚組全30曲)
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1453588
鰤のニコルと、ワーナーのアーノンクールそれ以外にも宗教曲全集が欲しくなった。

Idomeneo: Nunn Haitink / Lpo Langridge Y.kenny Vaness Hadley
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1455585
イドメネオ全曲版を日本語字幕DVDで堪能できました。

Comp.variations For Piano: Laval
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=793474
この人の変奏曲が聴いてて心地良かった。偽作曲も混じってて笑える。

交響曲全集(46曲) アリゴーニ(10CD) 
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=760833
安いから、買ったけど。俺の耳ではそれほど悪くはない。そこそこ聴ける。

164 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 19:09:26 ID:DZ89jxnD
モーツァルトって頭が良くなるらしいですね。

165 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 21:40:41 ID:N/8lCFiX
物故者の頭が良くなるとは思えん。

166 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 22:14:19 ID:iCEKbGso
>>159
私もグリュミオー好きですが、最近はゴールドベルクとルプーの4枚組みをよく聴いています。
この盤は、ゴールドベルクもいいですが、何といっても ルプーのピアノが素晴らしいと思います。
K.306、K.377、K.379あたりが特に 気に入っていますが、K.379の第1楽章のアダージョの序奏なんかは、
抒情感いっぱいに弾いていて、一気に引き込まれる感じです。

167 : ◆Zsh/ladOX. :2006/05/20(土) 23:36:27 ID:0gpFy6eI
最近カルテット聞きながら寝てる。
ハイドンセット、プロシャセットを適当に。
ずっとベートーベン好きで来たのだが年喰ったのかな。

168 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 00:14:34 ID:JgKsV9Xd
モツは聴いていて疲れないのがよいですね。

169 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 00:49:09 ID:uwfLnATa
オレは最近、四重奏曲といえばバルトークやショスタコーヴィチにはまっている。
って、スレ違いじゃないか!
モーツァルトは、五重奏曲を聴くことが多い。

170 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 00:49:54 ID:i+QQtiqx
>>167
そうなんですよ。弦楽四重奏はよく眠れる。初期のものなんかもかなり
 良いです。
 ベートーヴェンは聴く方に幾ばくかの緊張というか、集中力を要求する
 ような気がします。

171 : ◆Zsh/ladOX. :2006/05/21(日) 01:24:04 ID:ED/e3/rn
>>170
初期の頃のは聞いたことないですね。感じは想像できますが。

集中して聞かなかればいけない、ってコトはないと思うんですが、
聞いてると「集中しろ!」って言って来ますよね>>ベト

172 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 04:01:36 ID:0VSPwG52
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=151917

これはどうなの?
持ってる方いたら感想よろ

173 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 14:29:49 ID:efane2TR
入祭唱の入りからして、何もここまでボソボソとやらなくても...
もっともライヴ一発という制約もあったか?

古楽器組のペーター・ノイマン、ヘレヴェッヘ、クリスティ
などの名演と比べると、正直いって演奏、合唱ともにイマイチな感じ。


174 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 18:07:37 ID:DeP42QvM
>>147
遅レスですが、私もK.257のミサ曲大好きです。教会音楽の全集などで初期のものから通して聴いてくると、
K.257は冒頭の《キリエ》からして「おぉ、なんか今までと違う!」と感じるものがあります。
ここにきて、荘厳さが一挙に深まったというか・・・言葉ではうまくいえませんが。

全曲の中核を成す《クレド》は本当に素晴らしいですよね。「Crucifixus...」の箇所でオーケストラが
全音を3度鳴らすのを聴くと、いつも鳥肌が立ってしまいます。その後、ミサのテキストが進んでいっても、
ところどころで「クレド、クレド」の繰り返しが戻ってくるのがまた印象的。いやー、ホントいい曲だ。

ザルツブルク時代のミサ曲をはじめとする教会音楽って、触れられる機会がさほど多くないジャンルですが、
個人的にはウィーン時代の一連のピアノ協奏曲にも匹敵する、モーツァルトが数々の傑作を生み出した
重要なジャンルではないかと思っています。このスレでも教会音楽の話題ってあんまり見かけなかったので、
書き込まれているのをみてついうれしくなってレスさせていただきました。

175 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 18:58:50 ID:8z86TxGo
ヴァイオリンソナタのお勧めは?

176 :938:2006/05/21(日) 20:00:06 ID:frn6e+Fa
>>175
思い切って、ムター

177 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 20:01:13 ID:frn6e+Fa
>>176
スマン誤爆

178 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 21:24:56 ID:YbLcvCI8
>>176-177
どんな誤爆だよw。しっかり>>175に解答を出してるじゃん

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ集/アンネ=ゾフィー・ムター
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=956502&GOODS_SORT_CD=102
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1363851

179 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 22:29:36 ID:gPpUuos+
アリゴーニ/トリノ・イタリアフィルの交響曲全集を聴いた人、どうだった?


180 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 22:35:52 ID:ozHfoG0T
どうもこうも・・・ねえ?

181 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 22:50:03 ID:gPpUuos+
アリゴー二の全集で交響曲を格安で聴けてよかったんだけど、後期交響曲の演奏が遅いのがちょっと気になったんで。とくにプラハのテンポが遅すぎてやたらにやぼったく感じたよ。

182 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 00:44:07 ID:3OlSd8qX
交響曲全集(46曲) アリゴーニ(10CD) 
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=760833
安いから、買ったけど。俺の耳ではそれほど悪くはない。そこそこ聴ける。

183 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 02:28:52 ID:3uSN8GER
アリゴーニ、自分は駄目ダメだあ。
前期はまだ許せるけど、後期の有名曲は全部聞き通せない。

それほど悪くないっていう意見は、
「値段の割には」というフィルターかけて自分を納得させて
いるんじゃないか。

184 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 08:48:21 ID:ngRhIdHj
>>183
初期の曲もイマイチだよ。
君は初期の曲に興味がないか、あまり知らないか、じゃないの?
ホグウッドやピノックの初期の曲と比較すると全然ダメだね。

185 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 13:18:23 ID:OYM0PtAP
グラーフの全集を買った俺は勝ち組?????


186 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 17:30:15 ID:wqW/szTG
もちろん

187 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 19:56:31 ID:u/BlvL0y
>>174
同感します。
教会音楽が日本でピアノ協奏曲ほど普及していないのは、やはりなにか「抹香くさい」というイメージでもあるからでしょうか。
レクイエムが有名すぎて、他がかすんでしまっているのでしょうか。
レクイエムは、作曲の動機も顛末も内容も特殊であるうえ、全部モーツァルトが作曲できたわけではないので、私はほとんど聞きません。
ピアノ協奏曲に匹敵する名曲が多いという点には同意です。いや、それ以上かもしれません。
ただし、ラテン語の歌詞をできるだけ理解して聴くべきですね。
歌詞の意味をわからずに聞いていると、興味は半減どころか4分の1くらいに減ってしまいます。
ただ、K257で「荘厳さが深まった」というのはどうでしょうか。
ますます、非教会的な音楽、少し皮肉な言い方をすれば、むしろ「ミサの典礼文を基にした演奏会用オペラ」になってきたといったほうが、適切なような気もします。

188 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 20:50:15 ID:j5EHC2OQ
魔笛がフリーメーソンに引っかかった(?)とされる部分はどの辺ですか?

189 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 21:02:21 ID:ngRhIdHj
>>187
>むしろ「ミサの典礼文を基にした演奏会用オペラ」になってきた

そこがモーツァルト好きにとってはウレシイのであります。
「典礼に名を借りたモーツァルトのコンサート」
だからモ-ツァルトが好きなわけです。




190 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 21:02:52 ID:8cCJfE0U
>>188
一般的には、フリーメイソンの秘密の儀式を暴露したからっていわれてるんじゃない?

でも、どうなんだろう。たとえば、フリーメイソンの象徴(?)の高潔な僧であるはずの
ザラストロの子分にモノスタトスみたいなのがいてパミーナにちょっかい出したり、
パミーナに試練の場に加わることを認めて男性重視のフリーメイソンのしきたりとは
ちょっと違う感じのことをさせたり、魔笛にはいろいろある。
もしかしたらフリーメイソンが形式化というか教条主義的になってる面が当時あったのだと
すれば、案外、それに対するちょっとした反骨というか、警笛を鳴らしたとか、そういう面も
魔笛にはあるのかもしれないなという気はする。もしそうだったとしたらフリーメイソンの
幹部が苦々しく思ったとしても不思議はないかな。

もちろん、よくわからないし、フリーメイソンによって毒殺されたなんて言うのが根拠のない
話だと言うことはわかってるけど、魔笛、とくにデイヴィスのDVDの演出なんかをみてると
そんな感じがしないでもないなぁ。

191 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 21:06:25 ID:j5EHC2OQ
>>190
ではモーツァルトが信入して得をすることって何ですか?
破天荒な彼の性格にも「闇」があったということでしょうか?

192 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 21:28:54 ID:8cCJfE0U
>>191
上で書いたこと自体があくまでも想像なんで、よくわからないです。
ただ、入信した後にいろいろわかったと言うことはあるかもしれないと思う。


193 :「モーツァルトのオペラ」スレから:2006/05/22(月) 21:29:26 ID:x+/Tje/4

258 :名無しの笛の踊り :2006/01/22(日) 23:57:23 ID:26zqH3Xe
「魔笛」がフリーメーソンの音楽だというのは定説だが、もう一つの要素を忘れてはいけない。
それは、ストーリーがハプスブルク帝国の膨張過程とそっくり同じということだ。

夜の女王が支配する国の王妃を勝手に誘拐して、愛と徳を教育するとか言って、勝手に洗脳して
最後にはザラストロがタミーノと結婚させた王妃を送り込み、夜の女王の国を自分の支配下に置
いてしまう。つまり、ザラストロは、夜の女王の国を結婚をつうじて侵略して自分の領土にとり
こんじゃったわけだ。これ、ハプスブルク帝国の領土拡張とそっくり同じやり方だね。

あと、モノスタートス。彼はイスラム教徒。ムーア人ということになっているが、明らかにトルコ
を意識している。オスマントルコは、ハプスブルク帝国と今のボスニアあたりで国境を接していた
宿敵だ。ウィーンを包囲したこともある。
ザラストロが、モノスタートスを冷淡に扱い、最後に夜の女王とともに地獄落ちするのは、ハプス
ブルク帝国のオスマントルコに対する姿勢を見事に現しているね。

「魔笛」というのは、よく見ると、相当に帝国主義的なオペラだ。当時のウィーンで大ヒットした
のもよくわかる。皇帝も、さぞかしお気に入りだったのだろう。


194 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 23:33:53 ID:eHXKZ68N
>>193
王妃を性教育、まで読んだ。

195 :174:2006/05/22(月) 23:53:58 ID:FM3KKSuo
>>187
レスありがとうございます。

>むしろ「ミサの典礼文を基にした演奏会用オペラ」になってきた

なるほど、そういわれると非常にしっくりきますね。
音楽の様式を的確に言葉で表現できる方なんですね〜。羨ましい限りです。

196 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 11:48:41 ID:mn06j8ko
フリーメーソンは宗教じゃないから「入信」というのはいかがなものかと。

ところでミサ曲の文言ってみんな同じで退屈しない?

197 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 13:52:37 ID:bTsZM4Gi
>>191
以前読んだ本には、フリーメィソン入会の動機は「友情に対する
真剣な希求」みたいなことが書いてありました。モーツァルトって
友達いなかったのかな?

198 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 13:56:23 ID:iU3LMJsf
流れぶった切るが、ホルン協奏曲の名盤教えてください

199 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 14:47:02 ID:bTsZM4Gi
歴史に残る名盤でなきゃダメ?
それならばデニス・ブレインのかな?
一応、私の個人的なおすすめを書いておくと、

ペーター・ダム(ホルン)
マリナー指揮アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ
(長い…)

ホルンしっとりと歌った感じで、マリナーは活力があり、しかもフレッシュ
な感じで指揮してます。録音1988年で音の状態は超グッド。マリナーは歳を
取っても枯れないなあ。

第1番は、ジュスマイヤーの補筆版(むしろ改悪版)による演奏だけど、誰か
音楽学者の人、モーツァルトの真筆を最大限にいかした補筆版を出してくれ
ないかなぁ。

200 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 14:53:15 ID:iU3LMJsf
>>199
とんくす。名盤というかお薦めを聴きたかった
ダムってドレスデンの人?

201 :199:2006/05/23(火) 15:00:15 ID:bTsZM4Gi
>>200
そうです。ドレスデンの人です。
もう、けっこうなお歳の人だから、引退しちゃうのかなあ。
ちょっと寂しい。

202 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 15:02:54 ID:rQgSzeKh
>>198
バウマン、アーノンクールCMW

203 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 20:48:26 ID:g+Z4KOpg
クラリネット協奏曲で皆さんのお気に入りを教えてください。
ホグウット=ペイのバージョンしか聴いたことがないんですが。


204 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 20:58:51 ID:yahJGswz
>>203
ウラッハと言いたいところだが、実は他のは聴いたことがないので
 比較できない。w

205 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 21:12:36 ID:bTsZM4Gi
>>203
プリンツ(cl)ベーム指揮ウィーン・フィルの演奏。
第2楽章の神々しいほどの美しさは別格。

206 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 00:20:17 ID:gNbHqXwM
サンキュ。ウラッハとプリンツ、今度聴いてみます。

207 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 00:41:22 ID:UdMMlElO
>>203
ホープリッチ、ブリュッヘンの新盤

208 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 07:02:56 ID:KLUJ2+K9
>>203
漏れからもプリンツ/ベーム/ウィーン・フィルで。

209 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 10:53:14 ID:E3z1xvaX
ミサ曲ハ短調
ヘレヴェッヘ
コレギウム・ヴォカーレ

バッハでは定評ある指揮者だが、このKV427もすばらしい。
もちろん、レクイエムも秀演であることは言うまでもない。

210 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 20:45:22 ID:l35iIG6e
NHK試してガッテンのモーツァルト特集
結論は3和音。あほらし。



つか、テーマ曲のコードにディミニッシュが使われてるの知らんかったw
いつも出て来ない部分だからな。

211 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 22:01:08 ID:zZdcKOPH
>>209
ヘレのハ短調ミサ曲は、オケと合唱のすばらしさでは最高かと思います。
ただ、残念ながらソプラノ・ソロの2人がちょっと弱いかなと。
ここだけは、フリッチャイ盤のシュターダー&テッパーに軍配を上げたい。

212 :209:2006/05/25(木) 04:00:09 ID:QQ20ZZh/
>>211
>フリッチャイ盤のシュターダー&テッパー
情報ありがとう。今度聴いてみます。

213 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 12:19:18 ID:G12C7+2H
交響曲の25番と29番のお勧めのをCDを教えてください。


214 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 14:35:17 ID:f8RYjd0V
>>213

クレンペラー
は、私は聴いたことがない。

215 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 16:06:01 ID:Tv4m3/jq
>>213
ケルテス指揮ウィーン・フィル。25・29・40番が入っていてお得なの
ですが、廃盤だったような気がする…。私の持っているのもキング
レコード発売のかなり古い盤だし。ちなみに演奏は、25番はシリアス
で悲壮味のある感じ、29番は優美で柔和で若々しさもあり。ホルンの
音がきれいでうっとり聴き惚れますよ。

216 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 17:30:08 ID:G12C7+2H
>>214>>215
ワルターの指揮しか聴いてないけど、気に入ったので他のも聴いてみたいと思いました。クレンペラーもケルテスも見つけたら聴いてみます。

217 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 17:35:18 ID:9mtCGx96
ピノックもなかなか良いよ

218 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 21:34:55 ID:U/8jW/6v
ベーとーヴェンのとモーツァルトの、
トルコ行進曲
どっちがいいと思う?




219 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 22:51:20 ID:G12C7+2H
僕はモーツァルトの方がいいです

220 :214:2006/05/26(金) 01:46:02 ID:+tBJBRtp
>>216
ありがとうございます。クレンペラー聴けたら、感想教えて
くださいね(^^)

221 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 00:26:32 ID:1AlqmRZB
パリで母親が亡くなったとき、
ザルツブルクの父に そのことをいきなり知らせずに、
重病であるとの手紙を先に送ったモーツァルト。
この話を聞いて、モーツァルトという人物に親しみをおぼえた。

222 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 01:39:40 ID:jjDcOC6f
>>220
クレンペラーのモツ29番を聴きました。
感想はうまくいえないけど、かなりゆったりとしたテンポにはちょっとびっくり。渋く格調高いモーツァルトでした。
個人的にはこの曲はもっと駆け抜けていく感じの方がいいけど、なかなか聴かせてくれました。


223 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 03:49:32 ID:ysHQWGjY
>>221
母の死を知らせる手紙を全文読むとがっかりするかも…。

224 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 14:16:14 ID:WDqn4J3Q
よく考えたら歴史上の有名人って超プライベートな手紙や日記を
勝手に全世界に公開されちゃって気の毒だな
資料として超々重要なのは承知だし恩恵も受けてるんだけど
いくら死後数十年〜数百年経ってても嫌だよな

225 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 15:30:59 ID:OKXVLO8Q
また、そういう手紙がよく残っていたな…って感心するね。
読んだら捨てちゃうって習慣ではなかったのだね。

226 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 15:33:58 ID:jjDcOC6f
現在、モーツァルトに匹敵する音楽の才能の持ち主って誰かいるかな?
クラシック界にはいないと思う。
ジャンルは大幅に違うけど、プリンスとスティービーワンダーはモーツァルトに匹敵すると思う。


227 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 16:38:46 ID:9nhV2gtj
クレンペラーのモツ25番を聴きました。
感想はうまくいえないけど、かなり速い颯爽としたテンポにはちょっとびっくり。

228 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 00:26:24 ID:NMRoowgn
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1467493

お買い得じゃね?

229 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 01:25:50 ID:gQz9L+dU
アーンクールって誰やねん

230 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 08:41:07 ID:49N7IHNM
>>227
>クレンペラーのモツ25番は颯爽とした速いテンポなんですか?

231 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 09:53:48 ID:SVrBE4Ac
>>228
すぐに買いだね。
アーノンクールは、このCDではRCOとモダンオケのピリオド奏法という画期的な事件を起こしている、記念碑的録音。
以降の、CMWやVPOよりも、凄くいい。
もちろん、コープマンもグッド。

232 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 10:44:01 ID:EwX+s9Lm
>>228
げっこんなのあったのか・・・・
俺こっちのほう買ってしまったよ・・・・・orz
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1936601

233 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 13:00:42 ID:NLp/RTsq
>>228
これは限定盤じゃないんだよね?

234 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 13:58:02 ID:GdgoYgYV
>>228を注文したいのにパスワード合ってるのにアカウントに入れない
苦情も出したんだからさっさと直せや犬畜生め!!


235 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 14:07:57 ID:IKTO/ul5
アバ├"のレクイエムってどうですか?

236 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 14:41:39 ID:tneelld2
モーツァルトといえば
交響曲40番
でしょこれ嫌いな奴いないと思う

237 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 14:55:05 ID:3svDPbIA
なんだねその曲は!!
なんと暗くて陰気でいやらしい曲だ!!
わしは短調の曲は好かんといったはずだ
何が悲しゅうてこの楽しい席で
そんな暗い曲を聴かねばならんのだ!?

238 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 15:24:28 ID:kM+eD8pX
>>237
誰も楽しい席にオススメなんて言ってないだろ。

239 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 17:55:08 ID:ETH/Wes2
>>236
確かに嫌いではないけど、特に聞きたくなることもない曲だな。
交響曲なら29番、31番、38番、41番が好みだな。

240 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 18:57:33 ID:49N7IHNM
私は40番が好きです。だけど、苦手な人のためにも39番と41番をカップリングしたCDがでてるのかもしれませんね。

241 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 19:01:54 ID:w4aBpePh
俺は交響曲は40番しか聞かないよ
ピアノ協奏曲は全般的に聴くけどね

242 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 19:35:47 ID:kM+eD8pX
モーツァルトの3大交響曲がべートーヴェンや、それ以降のそれと同じ意味合い、
同じジャンルに含なれる本格的な交響曲の第一歩だと思う。
だから交響曲の父はモーツァルトでいいんじゃない?(モツヲタの言いすぎだね)
それ以前の交響曲は極端に言えばディヴェルティメントやセレナードなどに
毛が生えたようなもの。(もちろんハイドンや他の作曲家も)
だからと言ってレベルが低いとかじゃなく、いい曲や好きな曲は沢山ありますが。





243 : ◆Zsh/ladOX. :2006/05/28(日) 20:09:08 ID:3fChdhEc
>>238の買ってみるか。
モツのシンフォニーは40番とプラハしか思い浮かばない。
プラハは学生オケでやったから。
ピアコンに至っては全く知らん…

244 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 20:13:23 ID:IKTO/ul5
ピアノ協奏曲は、有名な20番や21番よりも25番のほうが好き。

245 : ◆Zsh/ladOX. :2006/05/28(日) 20:14:05 ID:3fChdhEc
あ"ー>>228だった。

246 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 20:56:28 ID:fcd/AIK2
交響曲なら
  1位、プラハ
  2位、39番
  3位、29番

ピアノ協奏曲なら
  1位、22番
  2位、23番
  3位、20番

かなあ…。あくまで個人的な好みということで…。

247 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 22:10:12 ID:YgzVYw1z
>>242
重厚、壮麗ばかりが交響曲ではないからなあ
3大交響曲は確かに完成度も高いし素晴らしいけど
様々な趣向、構成の多様さ等々可能性を広げた意味で
交響曲のパパはやっぱりハイドンがふさわしい
モーツァルトってなんかパパって感じしないし
自分もモツヲタだけどねw

248 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 22:22:40 ID:PyjwSgMO
個人的に40番は神、41番は別格なので
29番が大好きだ(*´д`)…がしかし25番もやはり外せない

249 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 23:10:34 ID:49N7IHNM
交響曲のハフナーはどうですか?
凄い好きなんだけど、特定の人物の名前つきのためか、いまいち人気がなさそう。


250 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 23:19:54 ID:IsSzGoBp
クラシック初心者でもすんなり受け入れ安いのはバッハとモーツァルトだけじゃないかな

251 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 23:37:06 ID:gpVFmjJz
>>249
「ハフナー」以前の曲でも、小ト短調、イ長調、「パリ」の3曲はまずまず出来がよいが、
それ以外の曲は、「あのモーツァルトの曲」ということでなければ
それだけで歴史を作ることはできなかったかもしれない。
「ハフナー」は、第1楽章最初の部分のメロディの自由で大きな跳躍や、
音型がその後の部分でも動機のような形で効果的に使われている点などで、
それ以前の「シンフォニア」が「シンフォニー」に変革した分水嶺となる記念碑的作品。

というようなことが教科書的にはよく言われている。
以前の曲にも、個別にはいろいろいい曲、いい部分などはあっても、
ハフナー以後の6曲は以前の各曲とは別格と言っていいと思う。

252 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 23:41:44 ID:VvTHYGun
>>250
受け入れやすいともわかりにくいとも言える。
重たくない、綺麗という点では聴きやすいのかもしれない。
でも、感動のツボにひっかかりにくい側面もあるのも事実。
情念にせよお話の世界っぽい要素にせよ情景っぽい要素にせよ信念にせよ
自我を中心にした認識感覚ではわかりにくい。直接的なイメージの曲ではない。
それで、「モーツァルトの曲って綺麗だけど中身薄い。幼稚。浅い。
初心者向きじゃね?」といった感じで誤解される。

253 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 23:50:11 ID:k/h4ccFh
>>252
> 「モーツァルトの曲って綺麗だけど中身薄い。幼稚。浅い。 初心者向きじゃね?」

そんなこと言う奴はクラファンの資格なしと思います。

254 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 00:18:46 ID:SxUS4Cw7
「リンツ」が一番好きな漏れは異端ですか?

255 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 00:57:16 ID:/041palW
>>252
おまえが幼稚じゃね?(´・ω・`)
モーツァルトに嫌な思いでもあったのか?


256 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 02:59:40 ID:d2LRmJZ0
>>252
>自我を中心にした認識感覚ではわかりにくい。直接的なイメージの曲ではない。
私もその考えに同意です。

我々の通常の認識からしても心地よい音ではあるのですが、
彼の作品はそれらの概念を超えた世界をでもって作られたものだと思います。

例え下手ですが、言語で見る(認識する)以前の「世界」を現した作家の
「言語」に近いものだと思います。作家の世界を見るためには、読み手にはその言
語と言う媒体を超えるだけの技量が必要なのです。

同じように、彼の精神世界を理解するためには私たちにもそれ相応の感性・精神状態が必要です。
これはほんとに難しいですね。


257 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 10:52:03 ID:ErVPP2II
>>255
252は「誤解」と言ってるよ?
ほんとにあの手の誤解が一部にあるのは事実だし

>>250
ハマったきっかけのスレ見る限りいろんな作曲家や曲があるわけで
初心者向けを初心者じゃない立場から限定する意味はあまり無いと思う

自分に何の知識も無かった頃を思えばクラシックだって単に音楽
確かに一部、音楽として難解な物も存在するけどww
殆どは音楽として普通に入ってくるわけだから
そこには好みやなんかも存在するし、初心者にはこの辺しか…
みたいなのはちょっと傲慢なんじゃなかろうか??

深い意味での理解と言うならそもそも誰の音楽だろうと
初心者はおろか中級以上の人間にだって容易ではないわけだから

258 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 11:42:11 ID:lAmhFNiB
オレも誰が初心者向きみたいな話は微妙だと思う。
それとは切り離して面白いなと思うのは、オレ含め周りにも
モツからはまって(または聴かず嫌い)一時離れて色々聴き込んで
またモツに帰ってのめり込む。こういう奴が結構いることだ。
離れた理由も軽く感じたり初心者向けに感じたりなんだよなw
ここいらが>252や>256の言いたい事に通じるんじゃないかな。

259 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 12:36:47 ID:Q+/eDxmQ
>>248
モーツァルトが40番を作っている時に神様が下りてきたと思われまつ


260 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 12:47:34 ID:Jyd3U3Xe
クラシック入門には、アイネクライネナハトムジークや
トルコ行進曲等、モーツァルトの曲はとてもよかったです。

しかし、その後ベートーヴェンの交響曲やピアノ曲や、
チャイコフスキーやラフマニノフに感動し、ラヴェルやバッハやブラームスの曲も好きになった。
そうなってくると、モーツァルトの曲って物足りない…。
交響曲第40番はいいけどそれほどでもないし、似たような曲ばっかだし、深みに欠ける。
明るい曲の好きな人にはいいんだろうけど。
モーツァルトの曲って女性的だし、女性的なのが好きな人に向いてるのかな。

という「誤解」をしてましたw
その後の音楽体験によってその認識は変わりましたが。
また以前から好きだった曲も何年も聴くうちにさらに良さを発見したり、
ピアノソナタも以前はさほどと思っていたのが、今ではとても魅力的に感じられる。

261 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 12:48:53 ID:Jyd3U3Xe
>>256
同意です。
以前は、前から小林秀雄の著書を読んでいながら
「(モツの後)音楽の世界に言葉が入ってきた」とか「失語症の天才」
という言葉がどういうことを言っているんだかあまり分からなかったんだけどw
最近この板を読みながら、モーツァルトの曲の特性について考えるようになって
ようやくどういうことなのか掴めてきた。(ロマン派との、曲のタイプの
違いが、モーツァルト理解の一つのキーワードだろうか。)

>例え下手ですが、言語で見る(認識する)以前の「世界」を現した作家の
>「言語」に近いものだと思います。作家の世界を見るためには、読み手にはその言
最近、モーツァルトの曲のこういう要素について考える時、
数年前に仏教関係の本で読んだ、「分別世界」と「無分別世界」というのを思い出す。
前者は自我や言語的意識により捕捉されている世界、それと実体を指しつつも
そういうので分別されてない、語弊あるだろうけどイデア界のような領域が、後者らしい。

モーツァルトの曲の曲想は、意識や自我のツールである言語で捕捉できない少なくとも
捕捉し切れないようなものが表現されている所があるから(作曲者の意図はともかく)、
そこが魅力でもあり、分かりにくい所でもある。
質が高く充実した明るさとか、我の世界を超えたスケールの大きさとか
哀しさを帯びつつも人間の精神のうちの深い所の琴線に触れるような所とか。
勿論、音楽それ自体としての魅力があって、
非常に精妙でありながら「作りました」という感じでなくさり気ない所がすごい。

262 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 12:51:35 ID:Jyd3U3Xe
だから日常の我のぶつかり合いの中で、精神が鬱屈した方向に向かった時に、
その我の枠に収まらない良質な何かのあるモーツァルトの曲を聴くと、
つまらないことにこだわっていた自分が馬鹿らしくなってくるようなことがあった。
だからと言って、ロマン派音楽を貶めるつもりはなく、
それはそれでても魅力があると思います。
(クラシック話はどっちが上とかいう話に向かいがちなので念のため。)

連投すみませんでした。
昼休み利用して急いで打ったから内容が暴走しているかもしれない…。

263 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 12:57:44 ID:Jyd3U3Xe
>>261の訂正。
○それと同じ実体を指しつつも
×それと実体を指しつつも


264 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 13:29:50 ID:pruLqb3O
39番交響曲って3大交響曲の中の初めの1曲だけど、以外と世間一般では
マイナーな気がしませんか?
もちろんクラヲタ、モツヲタのみなさんは、そんな事はないと思うけど。
そういう私もクラ初心者の頃、39番や38番に慣れ親しみ初めたのは25番や29番よりも
後でした。今では39番サイコーになったけど。
40、41番に比べて38、39番って初心者にはチョット難しいんですかね?


265 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 13:32:22 ID:8P1nII/K
だから初心者ってなんだよ

266 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 13:41:30 ID:pruLqb3O
>>264
クラシックを聴き始めた人。
何日何分何秒までが聴き始め?とか馬鹿なこと言わないでね。

267 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 13:42:41 ID:qXhmsL6c
くだらね

268 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 14:05:50 ID:5qx+cuuw
>>266
馬鹿はお前だぴょん♪

269 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 14:16:51 ID:R02BHV15
初心者云々には同意出来ないけど
あえて言うなら38や39が難しいのではなく
40や25が飛び抜けてキャッチーなんだと思うが

270 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 15:05:06 ID:pruLqb3O
>>265>>268=K.561

271 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 15:14:42 ID:cFy4KddX
↑これってもしかして気の利いたレスのつもりなのかな

272 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 15:17:16 ID:tkdG9Ufb
>>270
バカ晒しage

273 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 16:31:47 ID:8CJneACp
dakara40番と他とくらべちゃ駄目だって


274 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 17:05:42 ID:kVKKdL/6
>>230
クレンペラー&コンセルトヘボウの25番は最速。
POとのスタジオ録音も速い。

275 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 18:56:54 ID:tkdG9Ufb
>>228っていくら?
塔の店舗で4000で売ってるんだけど買っちゃおうかな

276 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 20:30:39 ID:rU+haF4I
いちいち人に聞くなカス!!
自分でサイト見て自分で金額調べろボケ!!

277 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 21:16:30 ID:YrpbuSn+
モーツァルトの交響曲だったら、普段は誰の演奏で聴いてる?
個人的には、ベタだけど、やっぱりワルターが好き。

278 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 22:46:55 ID:2q5zRoSn
>>277
最近はオペラに凝ってるので交響曲は以前ほどには聴きませんが、
コープマンの25、29、33番
ブロムシュテットの38、39番
セルの35、40、41番
クーベリックの40、41番(オルフェオのライヴ盤)
リンデンの38、40、41番(10枚組のモーツァルト・エッセンシャルから)
あたりは好きで比較的よく聴きます。結構バラバラです。

279 : ◆Zsh/ladOX. :2006/05/30(火) 01:18:06 ID:7LIhf89Y
>>262
>モーツァルトの曲の曲想は、意識や自我のツールである言語で捕捉できない少なくとも
>捕捉し切れない
これ、モツの弦楽4重奏しか聞かない漏れでも良く分るなぁ。
理屈じゃないのよな。

280 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 04:13:44 ID:E+Sj8y8H
最近モーツァルトの弦楽四重奏曲 第19番「不協和音」
を耳して大変気に入りました。

その曲が丸ごと収録されているCDを購入しようと思うのですが、
現在入手可能なオススメの盤はあるでしょうか?
希望としては、録音の良い物を探しています。

よろしくお願いします。


281 :質問する前にhtml化した過去スレから答えを出そう。:2006/05/30(火) 05:21:26 ID:1/N2aY94
過去ログ
http://katharinechan.hp.infoseek.co.jp/mozkako.html
モーツァルト総合スレ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1051/10515/1051576607.dat
モーツァルト総合スレ K.2
http://snapshot.publog.net/dat.php?url=http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1085674699/
モーツァルト総合 K..3
http://220.254.5.211:8000/2ch/music4_classical/1117/1117747626.html
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1117/11177/1117747626.dat
モーツァルト総合 k4
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1129/11298/1129890455.dat
モーツァルト総合 K.5
http://makimo.to:8000/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?music4/2/classical/1138364759/

282 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 05:23:04 ID:1/N2aY94
過去スレでの該当キーワード検索は「CTRL+F」でもいいが、
gooツールバーのマーカー機能のほうが便利。
http://stick.goo.ne.jp/

283 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 05:37:29 ID:36rNh9fV
>>280
「誰かがおすすめの演奏者を・・・」っていうスレに行けと言われるだろうが、
そこまでのこだわりはないのかもな。
「不協和音」はモーツァルトの弦楽四重奏曲の中ではたぶん最も有名で、
モーツァルトがハイドンに献呈した「ハイドンセット」と呼ばれている6曲のセットのうちの1曲。
四重奏団ならこの曲を録音していないところはないといえるくらい。CDも死ぬほどある。
http://item.rakuten.co.jp/asahi-record/00000382954/
アルバンベルクカルテットは名も通っているし1000円ならいいんでない?

284 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 10:31:06 ID:+kfKN1qF
交響曲40番てモーツァルトが何歳の時に作曲したの?
8歳から交響曲作ってたというらしいけど・・・


285 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 11:04:13 ID:A51GBMT9
>>279
理屈じゃないって言うか…
モツの曲の「意識や自我のツールである言語で捕捉できない少なくとも 捕捉し切れない」ような 所に
感覚的な曲(=知的でない=単純で幼稚)といったものを見出すか、
それとも高度な何かを見出すか、
でモツの評価は変わるだろうな。

文学的発想よりは理系的発想に近い面がある気がする。
人間の悟性を手がかりになんらかの真理にこっちから近付いていく感じや、
言語的過程を飛び越えた直感を使うような所(その後の
段階で言語的な論理作業が出て来る。)など。

>彼の作品はそれらの概念を超えた世界をでもって作られた
>ものだと思います。
以上のことは、結局モツの曲のこういう所によるんだろうけど。

286 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 11:24:41 ID:A51GBMT9
自分も最初、モツの曲をそんなにいいと思わず、
「天才と言われるほどの曲か?」と思っていた。
でも一方で、玄人っぽい人や決して単純でないインテリ層の人が
モツを高く評価していることが、反発を覚えつつも頭にひっかかっていた。
話によると実は複雑な内容を持っているらしいし。

それで、
どうやらモツは、ベトその他を聴く時と違った聴き方を要すという意識を持つようになたことと
気に入った曲に幾つか出会ってモツの曲への信頼を持つようになったこと
(その時わからなくても、やがてわかるという感じで)、
がモツの曲を理解していく上で役に立ちました。

287 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 11:29:43 ID:A51GBMT9
>>269
40番&25番ということは、
短調のシリアスさが好かれやすいとか。

288 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 11:40:34 ID:vqr+4Gp8
作曲年齢に対する曲の出来というか、深みが凄いと思う。
そういう意味ではモーツァルト最高じゃない?(バッハは除く)

289 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 11:52:50 ID:vqr+4Gp8
>作曲年齢に対する曲の出来というか、深みが凄いと思う。

例えば17歳のとき25番。32歳で3大交響曲など、
「天才モーツァルト」っていうのは、そういう意味が強いんじゃない?


290 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 17:05:50 ID:IPk4Y2AK
すいませんモーツァルトの肖像写真てないんですか?

291 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 17:08:36 ID:IpyBQqWV
>>290
wikipediaにあるよ
直リン
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Wolfgang-amadeus-mozart_1.jpg

292 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 17:14:06 ID:IPk4Y2AK
そうじゃなくて・・・

293 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 17:14:48 ID:mruTE7t1
>>290
Louis Jacque Mande Daguerre(1787-1851)が
Nicephore Niepce(1765-1833)とともに研究し
最初の写真術であるヘリオグラフィーを用い露光8時間程かかる世界最初の写真を
撮影したのが1826年だ。

Wolfgang Amadeus Mozart(1756-1791)

294 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 17:15:28 ID:IpyBQqWV
>>292
あえて「写真」なのか?
写真ならないよ。当時写真はまだ発明されていないから

295 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 17:26:41 ID:2Nr/dEtZ
あったら普通に写真見かけるはずだろww
と思って記憶を辿ってみるが
誰辺りから写真だったっけなぁ…音楽室の肖像…

296 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 18:15:09 ID:WrS7kFFt
>>294
肖像画しかないんですねありがとうございました

297 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 18:43:03 ID:Yr/xdruo
>>295
wikipediaでちょっと探したら、
作曲家の肖像画・写真が一覧できるページがあったよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/Portal:%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9F%B3%E6%A5%BD/%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E5%AE%A4

ショパンやリストは写真みたいだね。

298 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 18:56:33 ID:2lKo9Vzg
>>297
おぉ!ありがとう!
ショパンやリストは若い頃の絵のイメージしかなかった…
ここらが過渡期なのかな。モツの顔も見てみたかったなあ

299 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 19:24:55 ID:HrLkSNFH
メンデルスゾーンが女だとは知らなかった _| ̄|○



300 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 19:29:48 ID:+47TFuDc
>>297
おおっ!さんくす。
てか、マアラアとシュウマンが女性だったのはじめて知ったYO!

301 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 19:33:47 ID:+47TFuDc
女シュウマンは奥さんのほうだったみたいね。
男シュウマンがいた。こっちがいつもの人みたい。
ていうか、ホームページ面白いね。

302 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 19:50:55 ID:JE5rKrbd
メンデルスゾーンは男
確かお姉さんもいて有名な人だったらしいが

303 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 20:01:05 ID:HrLkSNFH
エドヴァルド・グリーグ、アインシュタインに似てる

304 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 20:30:24 ID:gdEpqn63
女性の作曲家は有名な作曲家の家族が多いんだよ
知ってる名前と同じ時は注意した方がいい

305 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 20:49:52 ID:OpBSxc2D
というか、19世紀までで、「〜の家族」という触れ込みなしで広まってる女性作曲家いるのか?

306 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 20:50:57 ID:AVqP6Evw
>305
バダジェフスカ

307 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 22:51:20 ID:1/N2aY94
サリエリについてのスレがない訳だが。
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1109/11092/1109247182.dat
アントニオ・サリエリのスレ
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1130/11302/1130241805.dat
HMVサリエリ商品検索
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?keyword=salieri
結局サリエリとモーツァルトはどちらが凄いのか?
http://music.2ch.net/classical/kako/1007/10079/1007988121.html
【名誉回復】サリエリ【汚名返上】
http://mimizun.com/cgi/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/classical/music4.2ch.net/classical/kako/1109/11090/1109087259.dat
サリエリの音楽って
http://music.2ch.net/classical/kako/1009/10092/1009277918.html
【タラール】アントニオ・サリエリ【アクスール】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1147091801/l50

308 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 23:28:17 ID:yHvlt151
今日の「毎日モーツァルト」のK.388第4楽章の最後の和音が違ってた
ホルンがGでそれ以外はCなのに、ホルンがE、ファゴットがオクターブ下のCを出していた
ここはレクイエムのキリエと同様、主音と属音のみの響きによって我々の魂は宙に放たれるのだ

「勝手に変えるな〜!」 by鎌倉警部

309 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 23:47:09 ID:Rao9b0f6
クラリネット協奏曲2楽章すごい
死を感じる

310 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 01:30:23 ID:GasQOwjT
モーツァルトが電車に乗ったけどモーツァルトころが無かった

311 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 09:07:09 ID:XWePaoim
>>289
「モーツァルトが天才的なのは、若いうちに質の高い曲を作ったから」
というのは、誤解を孕んでいる気がする。
それも確かに天才的なんだけど誤解の要素もあると思う。

私自身が、モツの曲があまりいいと思わなかった時、
「モツの曲ってそんなにいい?他の作曲家の曲の方がスケールが大きくて深いのでは。」
   ↓
「きっと若いのにそれなりの質の曲を沢山作ったから」
という風に思おうとしていた。

でも、モツの天才性というのは音楽それ自体の内容による。
でもこれがクラシックファンの間でも誤解されやすいんですよね。
ここでももう言われているけれど。

312 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 09:09:09 ID:XWePaoim
>>311を修正。
>>289
「モーツァルトが天才的なのは、若いうちに質の高い曲を作ったから」
というのは、誤解を孕んでいる気がする。
それも確かに天才的なんだけど誤解の要素もあると思う。

私自身が、モツの曲があまりいいと思わなかった時、
「モツの曲ってそんなにいい?他の作曲家の曲の方がスケールが大きくて深いのでは。」
   ↓
「モツが天才というのは、きっと若いのにそれなりの質の曲を沢山作ったから」
という風に思おうとしていた。

でも、モツの天才性というのは音楽それ自体の内容による。
でもこれがクラシックファンの間でも誤解されやすいんですよね。
ここでももう言われているけれど。

313 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 10:44:54 ID:1JaX/H39
クラシック詳しくないけどモーツァルトってどの曲聴いても外れがないんだよねこれがベートーベンだとそうはいかないんだな


314 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 10:57:38 ID:ASCZUFPn
>>313
その辺は好みも有りますから。クラシックでは1人の人が
複数の作曲家のファンで色んなスレを行き来してるのが当たり前なんで
あま他と比べるのは(必要な比較や分析ならともかく)よろしくないかと

315 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 11:09:49 ID:wUaToEo+
どの年代の曲もそれぞれ良いんだが
例えば交響曲を順を追って聴いていくと
オーケストレーションの熟練していく様は明らかで
自分は29番が大好きでそのままでも爽やかで十二分に魅力的だけど
あの曲を3大交響曲の頃の技術で編曲したらまた凄いんだろうな〜
とか考えるだけで楽しくて幸せだ

316 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 12:59:45 ID:Xesxbgb1
ま、オレたち素人が話せるのは好きとか嫌いとかのレベルだけだよね。
これはいいと思う。
でも、どっちが優れていてどっちが劣ってるなんて言い出したら
ろくなことはないよね。
不毛の喧嘩がしばらくつづくだけ。古楽器とモダン楽器なんかでもよくあるな。

なんておもったりする。

317 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 13:01:44 ID:G21ThbNO
クラ板だと好き嫌いのレベルの話してても粘着されることあるけどな

318 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 14:28:11 ID:KOoH8wHZ
まあまあ、そんなのはスルーして楽しい話をしましょうや

319 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 14:57:20 ID:QE6jYZ6M
ハイドンセットとヴァイオリンソナタ何曲か買っちゃった
来るのが楽しみだなー(*´Д`)

320 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 15:21:58 ID:13BqC90T
>>318
スルーじゃなくて、お前に理解出来る頭がないだけだろ。


321 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 19:13:48 ID:P3XGk6Az
リリークラウス&ボスコフスキーのヴァイオリン・ソナタってどんな感じですか?
ハスキル&グリュミオーとどこが違いますか?

322 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 23:35:36 ID:Bn62mZxa
モーツァルト「交響曲第37番」K.444

って聞いたことある人いますか

323 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 23:36:09 ID:NDSymiML
釣りですか?

324 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 23:58:25 ID:5JATcj6i
ホグウッドの交響曲全集には収録されていますが何か?

325 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 04:36:33 ID:g3/W1pqL
今頃になって、フルートとハープの協奏曲がすごく好きになった。
ツェラーのフルートが良かったけど、
ほかにおすすめありますか?

326 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 05:18:34 ID:LSSYS+C/
>>325
ランパル パイヤールco.盤なんていかがでしょ?
みずみずしくて、思わずため息が出てしまうような演奏です。

327 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 13:20:57 ID:fgfs5exV
>>325
シュルツ(fl)・サバレタ(hp)
ベーム指揮ウィーン・フィルのいかがでしょう。
うっとりと聴きほれる非常に美しい演奏。ベームも晩年の割には
ずいぶんと元気がよく、ソリスト二人ものびのびと演奏しています。
だれか古楽器による演奏でいいのを推薦できる方いません?

328 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 13:45:00 ID:LDvoKjAI
>>327
>だれか古楽器による演奏でいいのを推薦できる方いません?

できるけど、オレが推薦してもスルーされるだけだから教えない。

329 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 15:02:10 ID:o0Uh/TVY
>>325
吉野直子/アーノンクール盤を愛聴してます。
古楽器をつかった演奏で、派手さはないけど、落ち着いた美しさです。


330 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 16:25:22 ID:HrM/EFUU
      巛ミヾヾ  \
    /   ミ     ヽ   
    f,    ミ       }
  ┏v'┳_━━━ r、    |  
  yバノ゙’' ̄ '''  } }゙    }
  ‘ーj`'    :  //   /
   L_ヽ  i  V   /.    
  ("  ` !      _/
   \ _,. -‐ '  ̄  ! _    
   /|~   /  ̄    \   

    Otto Klemperer



331 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 18:21:11 ID:+qw70ZHw
シューリヒトのプラハって名演っていわれてるけど、どのような演奏ですか?


332 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 18:46:05 ID:QxSLljCp
ヒュンテラー、シュトルク、ブリュッヘン18

333 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 20:59:18 ID:mFueQR+5
モントゥー聴いたけどコレ最高だな

334 :325:2006/06/01(木) 22:10:16 ID:g3/W1pqL
>>326-329
御親切にありがとうございます。
順繰りに色々聴いてみることにします。
フルートもそれぞれの奏者の違いを楽しみやすいので。

335 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 22:34:59 ID:SDihnsS1
>>331
カルロス・クライバーをもっと透徹させたような演奏

336 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 22:43:43 ID:nqs8/NYp
プラハはカラヤンが「意外と」どころか「かなり」いい

337 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 22:53:40 ID:0iyCMfrD
シューリヒトって10枚組に入っているやつけ?

338 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 23:30:44 ID:+qw70ZHw
>>337
パリ・オペラ座管弦楽団を振るったやつ

339 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 23:36:48 ID:0iyCMfrD
>>338
おう、ならそれだろう

340 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 00:22:59 ID:bPbTjjTK
>>339
聴いた感想お願いします。

341 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 00:51:01 ID:Gol3Or8t
シューリヒトの音楽ってのは、カルロス・クライバーとも
共通点があるが、フルトヴェングラーとも共通点がある
と思う。
シューリヒトについて

俊敏に曲の本質を描いていくところはクライバーと似て
いるのだが、その瞬間瞬間に音の塊を爆発させるように
ぶつけていくようなところは、意外にフルトヴェングラーと
似ているような気がするのです。

だけど、透明感はクライバーともフルトヴェングラーとも
違う、シューリヒトならではの味わいかも。

今度ベルリン・フィルで『プラハ』と『エロイカ』をやったのが
出るでしょう。しかもステレオだっていうから楽しみです。

342 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 01:07:41 ID:yXA2oSOh
>>342
ウィーン・フィルとのプラハは音質のせいかいまいちだったな

343 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 01:42:43 ID:bPbTjjTK
>>335>>341>>342
ありがとうございます。評論家が、「シューリヒトには天空を駆け抜けるための翼がついてる」とか「妖精のようなシューリヒト」といった表現をしてたけど、閃きと独特の透明感がポイントになってるようですね。

344 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 17:51:45 ID:lCM8BU6o
ここにいる人たちってやっぱり大人なのでしょうか…
私は高3です。しかし、周りの子達はクラシックに興味がない人ばかり。
先日、学校でクラシックや歌曲のコンサートを生で聴く機会がありました。
もちろんモーツァルトの曲もあったのですが、その時なんと80%は寝ていて、
私が1人で感動してて…ちょっと悲しくなりました。

私は高校入ってすぐの頃、なぜか突然モーツァルトに目覚め、
高1の終わり頃、気がついたら
ピアノ協奏曲81曲が全部聞き分けられるようになっていました。
演奏者の事はよく分からないけど、図書館にあるモーツァルトのCDを
借り尽くし親にコピーしてもらいました。
今なら200曲以上は分かるかなぁ。
それにしても、なんで突然モーツァルトに目覚めたのか、不思議でなりません。
それまではむしろバッハの方が好きだったし。
親がモーツァルトが好きで、私が幼い頃よく聞いていたからかなぁ…

とにかく、モーツァルトは本当に素晴らしいです!!


345 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 17:59:34 ID:Eb9jqNON
>>344
モーツァルトとバッハがそんなに違うとは思わないから安心汁

346 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:12:48 ID:d60WHgj0
81曲?

347 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:28:48 ID:rIKu744a
(´・ω・`)81曲?

348 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:33:03 ID:V0oEMfns
楽章の数でカウント?

349 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:35:06 ID:1EhgLfh+
>>348
それだ

350 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:35:11 ID:mz+cE0BT
八十一曲?

351 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:35:56 ID:Eb9jqNON
>>348
天才

352 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:38:32 ID:d60WHgj0
ま、ピアコンでもっている録音全部で81曲ってことなのかな?

353 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:42:34 ID:99skRb++
>>348
おお!そういうことか。
348はネ申。

しかし、>>352の読み方もできるな。
1曲あたり3枚の違う録音か。
ずいぶん音源の豊かな図書館じゃないか。

図書館のCDをコピーするのはどうかとは思うが、
まぁ、いずれにせよモツ好きが増えてくれれば。

(万が一、釣りでも釣られてみようじゃないか。
釣りならば釣られてみようホトトギス)

354 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 18:49:51 ID:YgJwKkjH
親が聴いてる時点で「何故か突然」じゃない気はするけどねw
協力して貰えて羨ましい…家なんかクラシック=ダルいですから…orz

でも学校で周りにいない寂しさは分かる。自分は中学の時にクラにハマったけど
音楽鑑賞会は最悪だったよ。横並びの十数人が指揮者の真似で悪ノリ
ボレロで合わせて膝打ってみたり鼻唄歌ったりそもそも私語の嵐だし
演奏してる方々に申し訳なさすぎて氏にたくなった…
ピアノやってたヤツが一人クラヲタだったけど
…モーツァルト…?(´,_ゝ`)プッ…で終了…orz

355 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 23:58:02 ID:lCUiwDaH
釣り?

356 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 00:43:45 ID:/AzDXtpB
>>351 >>353
普通81と27を比べたらすぐ気付くことだと思うんだが。

357 :344です:2006/06/03(土) 00:50:39 ID:JnBFsTkc
いえいえ、天才みたいな事は出来ないです。書き方が悪かったですね(^^;
ただピアノ協奏曲の一部を聴けば、何番の何楽章か分かるようになっただけです。
27番×3楽章=81曲って事です。紛らわしくてすみません!
でも200曲以上分かる今もたまにしか役に立たないし、自己満足ですけどね…。

時間が出来たら、クラシックのコンサートいっぱい行きたいなぁ。
ザルツブルグ行きたいなぁ…。本場でモーツァルト聴いてみたいなぁ。
よりによって、生誕250周年の時に高3だなんて(泣)

>>354共感して下さる方がいてうれしいです。確かに、演奏者に申し訳ないです…それに悲しいですね。
私は、せめて皆に起きててもらって少しでもモーツァルトの良さを分かってもらいたかったなぁ。
>>353図書館にはクラシック豊富にあるのに、なぜか若者は寄りつかないんです…。
>>355私ですか?釣りじゃないです☆

358 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 01:03:47 ID:XuZNF0Ez
学生時代は吹奏楽部だったから、周囲にそれなりにクラシックファンはいた。
ただ大学までは、モーツァルトが好きという人が少なかった。
教授とか教授の奥様くらい。
就職したら、職場のクラシックファンにおけるモーツァルト好き率が
俄然高くなった。

359 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 04:24:57 ID:pNCxwlwG
>>228
届いた。
パッケージが小さいので、「本当に8枚も入ってるの」って感じ。
開けてみると簡易包装。
1枚目を聴いただけだけど、お値打ち。

360 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 07:41:48 ID:Fe4Fg8zY
他の作曲家にしばらく浮気してても結局モーツァルトに還ってくるんだよな
モツは音楽史上のNo.1の天才だと思う
ちなみに2位はデーモン小暮閣下

361 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 09:04:16 ID:u+6IKNzy
>>359
それHMVで買ったけど駄目じゃん
ニコラウス・アーノンクール
トン・コープマン
レイモンド・レパード
って、指揮者が、ばらばらなうえに
初期交響曲が入ってなく、
交響曲集っていう名目なのに、
6つのドイツ舞曲KV 571とか入ってる。

362 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 09:05:40 ID:RnqH9Cfy
>>361
だから、1枚目はお値打ちって書いてあるんだろw

363 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 10:17:46 ID:aZ9Tm/cM
当時は交響曲は人気無くてオペラとかピアノ協奏曲とかが人気あって
モーツァルトもそっちに力入れてたってほんと?

364 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 10:57:19 ID:6A/MnEm3
>>363
それだけの知識があるのなら、大体のことは分かってるんだろ。
質問するということは、回答能力を試してるのか?釣りか?




365 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 11:03:22 ID:FTHPGKy1
>>363
当時の演奏会は殆ど劇場において開催されていた。と、ここまで言えばわかるだろ?
協奏曲の場合はソリストだけがステージに上ることができた


366 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 13:05:41 ID:aZ9Tm/cM
へーやっぱそうなんだ
最近モーツァルトに興味もって適当にいろいろググってたら
当時の交響曲はオペラの追い出しに使われていてメインはオペラや協奏曲みたいなこと書いてあったから
やっぱモーツァルトも交響曲よりオペラや協奏曲に力入れてたのかなって思って
モーツァルトの交響曲はどれ聴いても同じに聴こえるとか良く言われるけどそのせいもあるのかもな
でも後期の交響曲の何曲かは結構力入ってると思うけど
ひょっとして協奏曲のほうがレベル高い名曲多いの?

367 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 16:04:47 ID:XuZNF0Ez
経験上、モツの曲ってそういうの断言しにくい所がある。
元々好きな曲がいくつかあって、いいけどうんといいとは思わない曲、
さほどという曲があったとしても、
そのそんなにいいとか好きとか思ってなかった曲の魅力に目覚めたりするから。
だいたい交響曲が皆同じように聴こえるなら、ピアノ協奏曲も同じように聴こえそうな。

と言いつつも、ピアノ協奏曲の方が8番から27番までいい曲がびっしり
詰まっているし、得意ジャンルっぽい。
後期交響曲、特に39番からの3つは、ピアノ曲に無い壮大さがあるから
やはり欠かせないジャンルではある。

368 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 16:06:54 ID:m5UT77Jw
>>361
買ったけど
という書き出しからおかしいぞ。
そのページには、指揮者がバラバラ、初期交響曲なし、その他、きっちり書いてあるし。
あんた、巨人vs.ヤクルト戦のチケット買って試合見に行ったら、阪神の選手が出てないとクレーム付けるヴァカ?

369 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 16:15:30 ID:NKUhzT7g
>>368
頭のおかしい阪神ファンならやるだろうな

370 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 16:37:35 ID:9CBakY/6
ピアコンは名曲ぞろい
隠れた名曲はヴァイオリン・ソナタに多い

371 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 17:00:48 ID:+m6rMWYo
「交響曲らしさ」という意味では3大交響曲だろうけど
名曲云々と言うなら交響曲とその他の曲とか
区別せず聴けばいいだけに思える。モツらしさというなら
実際3大交響曲より29辺りを好む人もけっこういる

P協と交響曲のクオリティーの安定性を比較するなら
そもそも交響曲の多くがかなりの若書きであることも見逃せない
オーケストレーションの技量が出やすいジャンルだ
交響曲の作曲で学んだことなどが協奏曲に生かされ
またそれらで上げた技量が後期の3大交響曲に繋がったと思えば…
曲としての魅力は勿論どの年代それぞれにあるけどね

372 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 18:54:12 ID:5Q79qYYL
交響曲第○○番と呼ぶことの弊害だな。
均質な曲が41曲ある印象を与え、「7番と23番と40番、さてどれが好き?」とやってるようなもんだから。
ウィーンに移動してからのハフナー以後の交響曲を、ケッヘル2ケタ台の曲と並べて論じ、
一方でポストホルンセレナードとかを完全に別ジャンルと見て無視したりしがちだ。
「弦楽のためのソナタ」くらいのつもりで書いた初期の曲、コンサートでのガヤ静めとして書いた曲、
そして3大交響曲あたりでは、同じジャンルの曲という意識をいったん外して考えることが必要だと思う。

373 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 19:15:10 ID:mcHLSmSF
>>371-372
同意

374 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 20:56:48 ID:o7eBM2Sy
>>371-372
おれ初心者だが、非常にわかりやすい

375 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 21:16:00 ID:jL4nCNxo
自演臭いです><

376 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 22:20:11 ID:o7eBM2Sy
こんなことでわざわざ自演はしないかと
とか書くとまた更に言われるのか?

377 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 22:24:20 ID:PDTwHGje
自演か自演じゃないか以前に、スルーできてないのがマズい

378 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 22:32:07 ID:u+6IKNzy
>>371-372
文が長いから読まないよ。2行でさらっと書け


379 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 08:08:18 ID:09t8b2G2
>>375
私もそう思ってました。

380 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 09:43:29 ID:x9bF9KUb
いちいち回線切ってID変えまくって必死

381 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 11:01:19 ID:09t8b2G2
>>380
どっちが?
>>375となら別人だし、その人が今日中に出てきてくれれば
そは証明できると思います。

382 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 11:05:06 ID:09t8b2G2
もっとも、携帯とPC両方使うという手も使えば、自演してない
ように見せることもできますね。

383 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 11:59:08 ID:ijNCNEDq
双方どうでもいいことダラダラ引っ張らないように

384 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:07:19 ID:kUoUJDe5
ねえねえ、250周年記念になんかCD・DVD以外の物買った人いる?
山野で800円の250thオルゴール買ったんだけどさ
ちょっとネットで調べたらモツの格好した熊のぬいぐるみ型オルゴールとか
百ウン十万(!)の72弁オルゴールとか記念商品一杯出てんのね

385 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 13:32:46 ID:W2+BNMBR
んなもんより
ザルツブルクの250記念DVDは
何で取り扱い中止になったのか

386 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 13:45:51 ID:x9bF9KUb
>250周年記念になんかCD・DVD以外の物買った人いる?

書籍「サリエーリ モーツァルトに消された宮廷楽長/水谷彰良」


387 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 14:19:37 ID:tejkhMos
モーツァルトが悪いみたいなタイトルだなww
なんか本人同士は普通に交流があったっぽいし
サリエリも人格者っぽいのになんで変な噂がたったのかな?

388 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 14:22:31 ID:mEuBTISE
>>386
水谷彰良みたいな下衆な勘ぐりをしたがる人間がいつの時代にでもいるから


389 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 14:27:24 ID:i+OlVAMI
ピアノ協奏曲は一番金になったから気合入れて作ってたって以前何かの本で読んだな。

390 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 14:32:09 ID:Yuqx8UR/
まあテク見せられるしね

391 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 14:59:33 ID:2yHYJqnq
交響曲40番の良さがどうしても判らないんだけど、
目の覚めるような演奏ってないかなぁ。
繰り上げて38.39.41で3大交響曲と呼びたい。
それともあの3大って、演奏されなかった3大なんですか?

392 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 15:16:16 ID:Yuqx8UR/
はるのんくーるは?

393 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 15:31:21 ID:6+bv/xlB
いい恋をしたり、うまいものを食ったり、蹉跌したり、絶望したり、そういった人生経験も必要だろ。

394 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 16:43:40 ID:mQPpFY+U
遺骨はやはり発見されないのだろうか…。

395 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 23:12:53 ID:u0HR8Gsb
フルート協奏曲、凄い綺麗な曲だな。
こんないい曲作ったのにモーツァルトはフルートが好きじゃなかったのは何でだろうね?

396 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 23:23:16 ID:tejkhMos
なんかアレ、単なる作曲の遅れの言い訳っぽくない?>フルート嫌い

397 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 23:42:50 ID:u0HR8Gsb
なるほど。言い訳はありそうだね。フルートの音色はモーツァルトの音楽性にしっくりくるし。


398 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:43:44 ID:wrXR8LlF
K.299とか聴いてると、これでホントにフルート嫌いだったら
大天才かドMかかどっちかだなと思ってしまうw
まあモツはあんまり作曲時の状況や個人的事情が
曲のクオリティーにひびかないタイプだけども

399 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 01:04:20 ID:cQC+27Ox
スカトロ野郎の個人的事情の反映された曲なんて聴きたくないからな

400 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 08:50:59 ID:gq1u7LnO
そもそも、モーツァルトがフルート嫌いだったっていうの、
よく引き合いに出される手紙にそれらしきことが書かれているのを除いて、
他にも嫌いって言ってるのあるのかな?
それだけなら396氏が言うようなこともあり得るしな。。
それに魔笛なんかはもろフルート重視だし。。

結構固定観念もありそうな気がする。ちょっとずれるけど魔笛のストーリーが
1幕と2幕で変わっちゃって混乱してるなんていう「評論」にしても、
1幕は女王側、2幕はザラストロ側からの言い分だと思えば首尾一貫してると
考えることもできるわけだし。


401 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 09:06:27 ID:UH9WlvRR
>>396>>397
無知乙

402 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 11:02:37 ID:adcCNlrV
>>401
元レスも流れも疑問系なんだから、そう思うならちゃんと解説してくれまいか

403 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 11:11:17 ID:kGNhra5D
ってゆーか結論なんて出ない話だと思うのだが。
フルート吹きあたりの人がなんかが、「モーツァルトがフルートを嫌いなわけない。
フルート重視だったに違いない。」と思ったとして、
モツの真意なんてわからない。

404 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 11:22:09 ID:wAjY8Byf
>>399
俺の尻を舐めろですら曲そのものはそこそこ上品な件

405 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 13:41:48 ID:+5ZTLS39
>400
>そもそも、モーツァルトがフルート嫌いだったっていうの、
>よく引き合いに出される手紙にそれらしきことが書かれている

この曲のCDの国内盤ライナーノーツには必ずと言っていいほど、その件が書いてあるね。
それと、これも良く記載されてる事だけど、なぜフルート協奏曲が注文から1曲減った
ぐらいでギャラが半額以下なのかが全く理解できない。協奏曲第2番K.314が、
オーボエ協奏曲の編曲だから、らしいけど、そんな理由では疑問だよね。


406 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 16:18:34 ID:iNeOBsIn
>>405
当時はとにかく新しい曲(少なくとも当地の聴衆の大部分が知らない曲)である事は
何より重要だったそうだよ。当時の作曲依頼や演奏契約なんかを調べると色々
判ると思う。モーツァルトの場合、契約違反+依頼者のメンツを潰したからってとこかな。

407 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 17:59:17 ID:Z2h4+iIQ
昔は、印税がなくて曲なんか使い捨てみたいで生活も大変だっただろうね。


408 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 18:31:13 ID:toYkeD7+
大作曲家に曲を頼んだことで歴史に名が残るんだから
どんな使い回しだろうが崇め奉って有り難く拝領しやがって下さい

409 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 19:57:38 ID:9Np+SHcb
当時のフルートはまだ機能が不完全だったから気が進まなかったのよ
今の楽器はキーを纏ったお嬢様よね
これならフルート協奏曲変二長調を書いたかもしれないわ

410 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 20:28:13 ID:dS4KAUzs
交響曲や協奏曲における単独使用はフルート嫌い説の根拠になるだろうな


411 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 20:44:28 ID:+5ZTLS39
管楽八重奏のセレナード11番k.375と12番k.388。
グランパルティータk.361。
ピアノ五重奏曲k.452。

管楽器が活躍する、これらの曲にフルートが使われてないことも
一つの根拠になるかも。


412 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 20:51:32 ID:Spe6mkq1
モーツァルトはツンデレ

413 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 21:37:23 ID:AskDgRsQ
スウィトナー指揮SKDの交響曲を聴いてるんだけど、いい演奏だ
これで夏まで死なずにすみそうです

414 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 22:19:41 ID:M8BXjMm8
>>410
それは同時代の他の作曲家の作品などと比較してから判断した方がいいかも。

415 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 23:05:43 ID:9b4I9rvZ
>>410
ハルモニームジークの標準編成はOb2, Cl2, Hr2, Fg2

416 :415:2006/06/05(月) 23:06:30 ID:9b4I9rvZ
間違えた>>411

417 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 10:01:58 ID:ZkCoE+83
ttp://www.nhk-book.co.jp/shop/main.jsp?trxID=0130&webCode=61891482006

モーツァルト〜神か天才か、それともアホか

桂小米朝 / NHK知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 2006年7月

教育テレビ=火 午後10:25〜午後10:50


418 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 12:50:05 ID:buxMbc4R
どなたか着メロサイトのJ研入ってる方
Hooked on〜っていうモツメドレーの収録曲全てわかる人いますか?
モーツァルトは最近聴き始めたばっかりで全部はわからんのだけど
気になって気になって…曲名分かったらこれから聴いて行きたいの
ばっかりなんでよかったら収録順に教えて下さいませんか…

分かるの(多分)
交響曲第29番・トルコ行進曲・フィガロ序曲・プラハ・アイネクライネ
交響曲第40番・ピアノソナタ15番・鳥刺し…これだけ。・゚・(ノД`)・゚・

419 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 22:33:59 ID:Ikex+2aL
ニートだけどモーツァルト聴きまくってます

420 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 23:03:17 ID:kZxxugLi
貧乏人ですがNHKFMでモーツァルト聴きまくってます

421 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 23:14:55 ID:sumvcS71
モーツァルトの音楽は相手を選ばないでほしい。愛するものは全てを受け入れるモーツァルトでいてほしい

422 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:38:24 ID:Yrz2v1dk
418です。解決しました。感想ページにちゃんと書いてありました…
よく調べもせずにスレ汚ししてしまいすみませんでした。・゚・(ノД`)・゚・。

423 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 01:05:06 ID:1Dh7JxPR
>>419-421
       . -‐ ''  ̄ ̄ ‐- .
      /:..         . : .:::ヽ
.   , ':.:. :.         . : .:.:::::ヽ
   /::.:.:. .     , ⌒ ー- .__,;.-‐、',
.  ,'::.::.:.. :     :           l:!
  i:::.:.:._,.-、,,   }               l:t
 _レ'´... _ゝ'__,. /  _,.‐---、  ,r=={:::}
. {::.:._,.-'´'´ ゝ;/     rt:テヽ  {t:テヽl:::ヘ
. 冫{´:.. ._;.イt:冫       ´  ヽ ´.l:::::ノ
/:::`ーァ{:.ヽ` }        r   ',  l^´
ヽ:__;ノ !:.:.:.:「 ヽ      `ー-ィ  !
    ,j:.:.:.:rl\ヽ     ―〜ァ /
   彡気/`ヽ、`ヽ      ´´/
  彡イハ/: : : : : 丶 ` ー- ..__,,.ィ
. 〈/幺//: : : : : : : : :`丶、._  {,ハ
  `ヽУ: : : : : : : : : : : : : :  ̄VY戈ー:、
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ气 ヽミヘ
,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : V衣,〉ー}7
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :V巛Y/ミ{

誰でも好きに聴いたらいいさ

424 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 02:23:33 ID:ZMlprMiA
このAAって元の肖像の自信満々顔と違ってなんかちょっと切なげで脱力感があるよね

425 :ブーレーズ:2006/06/10(土) 18:06:19 ID:JcBwGXfd
生誕250年の歓迎映像

http://www.youtube.com/watch?v=Sp16UNojm9s&search=fart


426 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 20:59:29 ID:CAZccFUl
>>425
ブラクラ

427 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 16:26:53 ID:6n91UE7n
>>417
って面白かった?

428 :せったん:2006/06/11(日) 20:28:42 ID:s813ojkq
どなたか昭和30年代にはあったウイーンコンツェルトハウスの弦楽四重奏20番から23番まで、復刻版CDとかご存知でしたらお教え下さい、死ぬまでにもう一度聞きたく思っております。

429 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 20:34:59 ID:xD1q1jzY
HMVで「クラシックセット物3点買うと25%オフ」だとよ。

430 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 21:32:22 ID:Y/e+tjKS
>>427

7月に放送予定なので、感想はまだ無理。

モーツァルト〜神か天才か、それともアホか
桂小米朝 / NHK知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 2006年7月
教育テレビ=火 午後10:25〜午後10:50

431 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 21:42:38 ID:d3v5aNW8
神か天才か、か。
音楽そのものから離れたこんな陳腐な切り口の番組、
いい加減やめて欲しいよな。
モツ嫌いのスレ繁盛するのもわかるよ。

432 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 22:55:57 ID:lV1f4kIg
>>431
完全同意。
この番組は見る気にならない。
それよりも、モーツァルトはどうして天才として生まれたかとか、
彼の音楽のどこが彼の天才を証明しているかとか、モーツァルトの
独自性は彼の音楽のどこに由来しているかとか、そういう点をNHKの
総力を結集して解明してみせてほしい。落語家に訳知り顔に陳腐な
論評を展開されてもつまらぬといえよう。


433 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 23:04:20 ID:8Vc4AOEY
>>432
貴重な受信料をそんなことに使えと言うキミはアホかバカかどっちなんだ

434 :名無しの笛の踊り:2006/06/11(日) 23:22:32 ID:JXttWHxC
なんだ?これNHKなのか?気付かなかった。
こういう下らない俗受け狙いの番組は民放でやればいいのにな。
視聴率を気にせず質の高いプログラムを提供するのが公共放送の
重要な役割のひとつなのに、これじゃどうしようもないな。

435 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 01:13:46 ID:7MptbxXM
NHKのクラ音楽に関する番組でモノスゲー感動したのが、
ムソルグスキー「展覧会の絵」ので描かれている絵を探す
試みをした番組だった。「ブィドロ」のもとの絵を探して
一つ一つ謎を解明し、最後にその絵を目の当たりにした時、
ムソルグスキーがどんな思いを込めてあの曲を作ったのか
少しわかったような気がして言葉を失ったなあ。

436 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 02:39:01 ID:5pwUFmTv
このこの間のモーツァルト特集の選曲は好きだったな。
ジュノーム、クラ協第3楽章、フルートとハープのための協奏曲第2楽章他。
但し、「これであなたもモーツァルト通」という
見栄っ張りちっくなタイトルはよくない。

437 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 13:49:09 ID:MeTbIdGw
モーツァルトのヴァイオリン協奏曲って、あまり取り上げられないよね?
調べてみると全部で5曲、いわゆる1番K207が17歳の作で、
あと2番から5番は19歳の時に集中して作曲
そして、それ以降は見向きもしない。
何かあったのかな。
これだけは、ベートーヴェンの曲が圧倒的だね。

438 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 17:57:50 ID:jqY+5bkb
モツの場合自分が書きたくて書くばかりじゃないからな
曲数少ないのを見向きもしてないと思うのもどうか

439 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 17:58:39 ID:jqY+5bkb
モツの場合つうかモツ以前の場合か

440 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 19:06:03 ID:I4U7Mzg0
ピアノ協奏曲書いてたほうが収入も良かっただろうし、
我々もその恩恵に与っている

441 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 19:34:29 ID:0+9xTbzE
ヴァイオリンソナタが名曲ぞろいだからいいお(*´д`)


442 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 20:55:59 ID:n3Uvw8YL
ヴァイオリン協奏曲といえば偽作の第6番と第7番、出来の悪い曲では
ないみたいだし聞いて見たいんだけど、お薦めの演奏教えて。

443 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 21:11:58 ID:I4U7Mzg0
VnとVaのための2曲のデュオも、響きは地味に聴こえるが
病に倒れたミハエル・ハイドンの代作では終わらない
内容の充実した傑作だ


444 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 23:56:59 ID:0RDaHqCe
>>442
カントロフ

445 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 00:17:58 ID:cYAiaYEX
良質のブログ発見!細々とやってるみたい。
http://blogst.jp/mieko-chao/

446 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 17:56:30 ID:3xes5j82
最近、交響曲33番k.319が好きになってきました。
以前は「単純に流麗なだけの特に特徴もない曲」としか感じなかったんだけど。

447 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 18:13:10 ID:QEjQRarx
>>444
ありがとう。スークのと一緒に注文しました。

448 :名無しの笛の踊り:2006/06/13(火) 22:01:33 ID:mVrJ5iij
>>446
私もです。コープマンをよく聞いてます。
1,2楽章はモーツァルトにしては今一かな、と思いきやなかなか味わい深いものがあります。
メヌエットは晩年の舞曲のようですし、フィナーレはもう単純に聞いてて楽しい。

449 :446:2006/06/13(火) 22:57:06 ID:3xes5j82
私もコープマンが愛聴盤です。
このメンバーを見ると、パブロ・べズノシューク、アンドルー・マンゼ、
ヤープ・テル・リンデン、ク・エビンゲなど、今ではもう集まりそうもない
素晴らしいメンバーですね。


450 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 19:56:34 ID:JtNnqgnd
生協男

451 :名無しの笛の踊り:2006/06/14(水) 20:39:33 ID:Y+eoj8kd
コープマン白石

452 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 10:04:29 ID:6CCNE6a9
ディヴェルティメントK.113の第2稿(オーボエ,イングリッシュホルン,ファゴット追加版)
のCDはありますか?

453 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 14:58:19 ID:gbiAvfdJ
生協の白石美雪先生
っていいな

454 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 12:59:12 ID:zYa9vVf9
どなたか
映画「アマデウス」の中の、
サリエリが初めてモーツァルトと会った日に、
譜面を見てうっとりしてる場面で流れてた曲名教えて下さい。
オーボエがクラリネットに引き継がれて・・・てやつですが。

初心者ですみません。

455 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 13:22:12 ID:4/JUsyPh
>>454
K.370a セレナード第10番「グランパルティータ」第3楽章。

456 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 13:26:38 ID:zPVG4020
>>455
ケッヘルNo.で書けよ。K6だけで書かれると違和感がある。

457 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 13:41:49 ID:4/JUsyPh
>>456
はいはい。
K361(370a)で良いですかね。
ケッヘル番号を案内しているサイトで370aのほうが先に書かれていたので、
そっちを書いただけです。

質問には回答せずに、こんなことでわざわざ違和感を感じ、
失礼な書き込みは即座に行うような貴方の神経に驚きを禁じ得ません。

458 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 13:53:10 ID:Gf/rpU+d
>457
ゴミレスに一々反應するなよ。

459 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 13:55:52 ID:6zK5TbPh
もっとモーツァルトみたいに器を大きくね

460 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 14:04:25 ID:lbs45LTu
>>455
さっそくありがとうございました。(助かりました)
たぶん鰤のモツ40枚セットの中にあったと思いますので
さっそく探して聴いて見ます。

なお、ついでといってはナンですが、
これ(セレナード第10番「グランパルティータ」第3楽章)
のいい録音をご存知の方がありましたらご教示下さい。


461 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 16:06:00 ID:6bQQhjYp
しかしモーツァルトもけっこう俗事にわずらわされたこともあった
みたいだね。晩年の手紙の中で、金銭上のトラブルみたいなことに
見舞われて、何回かその人物と長時間に渡り困難な交渉を行ったよ
うなことを書いたものがあったけど、相手の人物名が後世、誰かの
手によって判読不能にされたり、モーツァルト自身が相手の名前を
はっきり書かずに暗号みたいな書き方をしたり、具体的に何があっ
たかを明記せず、何かを匂わせるような書き方で終わったりして、
はっきりしない。
モーツァルトの人生の暗部の一つといったら大げさだろうけど…。

462 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 17:30:45 ID:RLVcuOiu
モーツァルトに盗作疑惑があるってホント?

463 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 18:45:45 ID:qAms8xsA
今の感覚でパクリとか言い出したらクラシックはキリが無いわけだが

464 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 18:52:41 ID:UQakJxo+
>>461
幼少時の神童マスコット時代を除いて生涯俗事に煩わされっぱなしかと。
就職先探して欧州旅行しまくって、最後は旅のドサ周りですよ。
まぁ多分に本人のせいだから仕方ないですが。

465 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 19:18:44 ID:3xKpJDgK
>>460
ブリュッヘンかヘレヴェッヘだな。


466 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 21:43:57 ID:LLQF6S6e
>>462
ソナチネで有名なあのクレメンティが騒いでたらしいよ
おれのソナタの主題が魔笛序曲でパクられた、とw

467 :名無しの笛の踊り:2006/06/16(金) 21:58:25 ID:ACGglztA
今夜、BS2で「ティートの慈悲」だよ。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/ch.cgi?area=001&date=2006-06-16&tz=midnight&ch=12

468 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 01:57:12 ID:eio0Qbap
クラシック初心者です。教えてください。
最近TVでよくモーツァルトの曲が流れていてCDを買って聴いてみたいと思うのですが
とりあえずこれは押さえておけ、みたいなお勧めの曲・CDはありますか?
例えば活躍した時期ごとのお勧めやジャンル別のお勧めなど。

469 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 07:01:49 ID:kvqAmt4m
>>468
「活躍した時期ごとの」ということであればタアーレコードから10枚2500円で
出ている「ファンタジスタ!モーツァルト」などはいかがでしょう。
私はまだ買っていませんが非常に興味があります。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=945444&GOODS_SORT_CD=102
時期ごとの曲の他に、同時代の作曲家の曲やモーツァルトの曲を使ったベートーヴェン
などの変奏曲、往年の巨匠たちの貴重な録音なども入っているようです。
この中で気に入った曲の全曲盤を買うという手もありそうです。

470 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 11:57:16 ID:JFMeDPfD
>>468
白い箱の100曲モーツァルト(3000円10枚組/エイペックス)
で聴きどころほぼ網羅できますよ。
日本では無名の演奏者中心ですが、演奏はそれなりに良いし、
フェイドアウトなし、録音優秀で入門用には最適かと。

楽章抜粋がイヤなら、鰤の40枚組(8000円前後)も
Pソナタ、P協の前半がないのが残念ですが有名曲はほぼ網羅。
で、激安。(演奏、録音はごくノーマル。)

471 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 12:40:01 ID:mJif+8Qz
モーツァルトの後期交響曲集(全集とか後期交響曲中心の作品集でもいいです)買おうと思ってます。
ベーム&BPOの39〜41聴いたんですが、ちょっとうるさすぎるかなって気がしてます。特に41番とか。

こないだスクロバチェフスキ&N響の39と41を聴いたんですが、ああゆう感じで淡々と進んでいく
演奏が好みです。
なにかいいCDはありますか?

472 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 13:08:18 ID:j5Jo0ByC
>>471
中古屋巡りが可能な環境ならレヴァイン/ウィーンフィルのモノを探してみると幸せに
なれるかもしれません。
今年再販するんじゃないかと思っていたのですが、どうやら無理そうで残念無念。

473 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 13:14:33 ID:mJif+8Qz
>>472
d
そういえばレヴァインのk427が結構よかったです。組合とか行ったら見てみます。

474 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 14:31:54 ID:vitVqf04
>組合

って、どこのこと?

475 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 14:33:16 ID:zUUZJW6b
>>474
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1148226573/4

476 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 16:43:26 ID:4PjhoVMV
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060617-00000087-kyodo-soci
またモツか

477 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 16:53:34 ID:9ppDwq6w
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2006061701002692
音楽で脳に変化 マウス実験、知能優れる

音楽を聞かせて育てると課題を解く力が優れ、脳に変化が起きるというマウス実験の結果を
徳島大の勢井宏義助教授(環境生理学)と大学院生の近久幸子さん(27)らが17日までにまとめた。
音楽で学習能力が上がる可能性は指摘されていたが、脳への影響を直接示したのは初ではないかとしている。

勢井助教授らはマウスを胎児から成体になるまで飼育。
(1)モーツァルトのピアノ曲を聞かせる
(2)雑音を聞かせる
(3)何も聞かせない−の3グループに分け、ピアノ曲などは起きている12時間、聞かせ続けた。

3グループを、決まった順番でゴールの場所が変わる迷路に挑戦させると、
ピアノ曲を聞いて育ったマウスは、順番を間違えずにゴールする能力が優れていた。 (16:37)


478 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 17:35:16 ID:ZRUrdbP1
>>477
「モーツァルトの」という部分は実験の説明としては不要だな。
(1)浜崎あゆみの曲、(2)雑音、(3)なにも聴かせない、でやっても
同様の結果が出ると思う。

479 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 17:46:30 ID:vzhLijst
あゆで出るかな?同様の結果
(1)ショパン とか (1)ハイドン とかなら普通に出ると思うけど

480 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 17:54:29 ID:QrsoJ3Sd
(1)平井堅
なら同様の結果が出るお( ^ω^)

481 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 18:05:22 ID:gwZozlBR
(4)ショスタコーヴィチ
だとマウスが泡を吹いて死ぬ

482 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 18:06:02 ID:nc+a/KL9
ここで好きなアーティストを挙げるべきか
音楽である事が大事だから余程ノイジーなデスメタルでもない限り同様だと思う
とマジレスすべきか悩みますね><

483 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 18:07:56 ID:kvqAmt4m
いずれにしても478が言うように、これは「音楽の」効果
とは言えても「モーツァルトの音楽の」効果とは言い切れないな。
実際、記事読んでも音楽の効果としか書いてない。
科学者が実験してるんだからそこは押さえてるはず。

484 :468:2006/06/17(土) 18:24:09 ID:eio0Qbap
>>469
>>470
購入の参考にさせていただきます。
破格の天才音楽家とあって作品があまりに多く選択に迷っておりました。
どうもありがとうございました。

485 :名無しの笛の踊り:2006/06/17(土) 18:43:38 ID:QRSnWE2r
嘘くさい文章だな

486 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 12:09:25 ID:4tJbtzEO
>>484
470ですがレスを一部訂正します。
鰤のモツ40枚組には前期P協も入っておりました。
入ってないのは前期交響曲です。

487 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 16:09:10 ID:KF4jmWqn
まったくの初心者ですが、モーツァルトに興味があります。
どの曲から聴けばいいですか?代表的な曲を教えてください。

488 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 16:26:53 ID:RHSVz8zF
なんだこいつらは

489 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 16:53:35 ID:3I64Culw
>>487
つ ハイドンセット

490 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 16:56:19 ID:7WqguCHg
>>487
アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
セレナータ・ノットゥルナ
セレナード「ポストホルン」
交響曲35〜41番
(特に40&41番)
オペラ序曲集(特にフィガロの結婚、魔笛、ドン・ジョヴァンニ)
フルート協奏曲、クラリネット協奏曲、オーボエ協奏曲
フルートとハープのための協奏曲
ピアノ協奏曲18〜27番(特に20、21、23、26番)
バイオリン協奏曲3番、5番
ピアノソナタ11番「トルコ行進曲つき」
クラリネット五重奏曲
弦楽四重奏曲14番「春」17番「狩り」
19番「不協和音」(ハイドン、セットから)
レクイエム、大ミサ曲K.427
等々。曲数が多いので挙げるときりがないでつ。
お好きなジャンルからどぞ。



491 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 17:05:36 ID:8voZk34c
>>487
>>469>>470参照

>>490
交響曲25番もはずせんでしょう。
あとディベルティメント17番とか・・・
あとはおおむね賛成。

492 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 18:36:19 ID:8XgrmRs2
>>487
まったくの初心者向けには、まず以下の曲で十分でしょう。
もちろん下記の曲とCDにカップリングされてる曲も聴いてみましょう!

アイネ・クライネ・ナハトムジーク
交響曲25、29、40、41番
ピアノ協奏曲 9、20、23、24
クラリネット協奏曲、オーボエ協奏曲
フルートとハープのための協奏曲
クラリネット五重奏曲

弦楽四重奏曲を紹介している人もいますが、私ならディベルティメントやセレナーデといった
ジャンルのほうを先にオススメします。こちらのほうが、親しみやすいです。
ちなみにアイネ・クライネ・ナハトムジークという曲はセレナーデというジャンルの
中の1曲です。





493 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 19:26:03 ID:sL8c86RK
>>490
魔笛の「夜の女王のアリア」と「パパパ」は外せないだろ。

494 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 19:30:58 ID:S42qDIRm
鰤のでいいじゃん

495 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 20:49:00 ID:/cCt4vwz
まったくの初心者にオペラを薦めるのは躊躇するなあ。
492の推薦したものがベストだと思うよ。いい選択だ。

496 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 22:59:50 ID:zxIqTQIO
http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=508260028

↑から好きなモツCDを選んで下さい。

497 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 23:55:05 ID:Bc+NRxkF
モーツァルトの実験精神について教えてください

498 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 00:11:27 ID:Nz2xJElZ
>>454
http://www.nhk.or.jp/mozart/
>>468
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A011486/VICP-61834.html
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A011486/VICP-41013.html
>>487
http://pinkchiffon.web.infoseek.co.jp/amadeus.htm
http://movies.warnerbros.com/amadeus/
http://www.pluto.dti.ne.jp/~osawa/frame.htm
http://hccweb1.bai.ne.jp/kakinoki/midi-2.html

499 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 00:27:39 ID:Ueqskwd/
ゴッホって生前あまり売れなかったそうだけど、
モーツァルトも生きてる間はそんなに著作権収入なかったんだろうな。

500 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 00:36:33 ID:Oq16mY2E
ちょ、著作権・・・?

501 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 01:07:52 ID:YanmQsdk
音楽の世界(楽譜使用?)に著作権の概念を持ち込んだのは
R・シュトラウスだって記憶してるけど。違ったかな?

502 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 08:51:49 ID:sxHOBdKm
著作権てのが登場するのは19世紀半ばらしい。
それ以前は楽譜の海賊版が平然と横行してたらしい。

503 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 09:15:21 ID:ymJy3m6n
オペラを発表すると数週間のうちにそのオペラの中にある主題を使った
編曲とか歌曲なんかが作られて出版されるっていう状況だったそうだ。
もちろん、出版による儲けはすべて「盗作」した人に行くわけで
元の作曲者には何の利益もなし。

504 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 14:57:16 ID:Lu1nKdrd
モーツァルトが生きた時代は、著作権って概念がないから楽譜出版はよりも有力なパトロン
(王侯貴族)を見つけることが最大の利益に繋がったそうだ。

505 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 19:17:17 ID:CBK4gfH8
昨日のNHKのモーツァルト特集で使われたレクイエムの音源元はなんですか?

506 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 20:43:10 ID:kJLoDoCA
著作権はよく分からないけど
マネージメントや作曲者の権利を主張して戦ったのは
ヴェルディだったかと。

507 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 21:02:24 ID:IQT+ogex
昨日のNHKのモーツァルト特集の初めて聞いたあのロマンティックなピアノ曲よかったな。
だれか作品番号教えて

508 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 21:40:23 ID:DD5IDows
>>507
恋愛の萌えるというのだったら、
ピアノ協奏曲第23番K488
第2楽章


509 :名無しの笛の踊り:2006/06/20(火) 23:18:33 ID:Q70JcI5p
>>505
そのモツレクってカラヤン/ウィーンフィル86年5月録音DG盤じゃねえの



510 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 00:35:07 ID:YM2dFDUB
すみません、初心者です。
モーツアルトの有名な曲を聴いてみたいと思っているのですが、
どれがよいのかわかりません。
調べているうちに次のCDにたどり着きました。
「癒しのモーツァルト ベスト・ランキング20!」というCDがあるそうですが、
選ばれている曲についてはいかがでしょうか?

511 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 02:10:35 ID:2Cbk4/xT
個人的意見ですが、それ自体は別に悪くないと思う
癒しという割にそこに偏り過ぎもせず選曲は無難かなと
でも有名曲詰め込みを期待して買うならちょっと足りない
それを2500円で買うなら3000円のベストモーツァルト(6CD)とか
3000円が今ならHMVで2500円くらいの100曲モーツァルトが良いかなと思う
ただしベスト〜は声楽曲の比率が初心者向けにしてはやや高杉な気が
100曲の方は逆に有名なアリアが何曲か抜けているw
個人的に、100曲モーツァルトがオススメかな…
多分オペラ以外は期待してる有名どころはかなり網羅してると思う

512 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 08:56:40 ID:0ytokKsN
今NHKハイビジョンで聴いたファジル・サイのトルコ行進曲がすごかった。
小曽根よりもこっちのがセンスいいね。

513 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 14:22:45 ID:DHeoIIXK
>>510>>511
100曲モーツァルトは初心者向けには超オススメです。
価格から考えるとこれ以上のものは考えにくい。
演奏者は日本では無名の人達が多いですが、演奏、録音共に優秀。
オペラの不足分はその後でもよろしいかと。

「癒しのモーツァルト」は聴いてないのでコメントできませんが、
もし曲の途中でフェイドアウトされるようなものなら避けるべし。

あと、日本盤しかなくて割高になりますが、
昔フィリップスから出てた「モーツァルトの横顔」シリーズ、
ブレンデル、マリナー、内田、ヘブラーなど
演奏としてはほぼ完璧なチョイスで揃います。
これも、まだあればオススメです。

>>468>>487
に同様の質問があり、レスもいくつかあります。
ご参照あれ。
幸せなモツ・ライフを始められますよう。

514 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 17:29:33 ID:EFs+Hguc
モツレクの決定盤って何ですか?

515 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 17:50:52 ID:odHao7/c
バーンスタイン

516 :名無しの笛の踊り:2006/06/21(水) 22:57:46 ID:/FMrLKRY
「プリマダム」の最終回、モーツァルトの音楽をバックに
黒木瞳さんらがバレエを踊ってましたわ
これって、生放送だったのね

517 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 05:23:38 ID:rLv4atHv
書店に「ケッヘル」という題の小説が置いてあったので衝動買い。
以外に楽しめた。
万人向けではないが…。

518 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 16:08:49 ID:LLkDh7Bj
100曲モーツァルトは、楽章の選択があまり好きじゃない。

519 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 16:19:09 ID:bkGWXbdm
好みの問題なんてどうでもいい。

520 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 17:08:11 ID:i7cpl2FP
ひとりずつの好みに合わせてるわけじゃないから・・・
最大公約数で選択してあれば、入門者用ならOK.

楽章の選択がどうこう言う入門者は
鰤40枚をまるごと買うのが良い。
演奏、録音は100曲の方がキレがあって若々しいよ。


521 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 23:56:43 ID:0ZCK9b9r
あんたたち凄いね。
録音まで語るってことは持ってるってことだ。
オレは「100曲モーツァルト」ってタイトルからして、絶対に買わないんだが、あんたたちを尊敬するよ。
今後は、見習わなくちゃね。

522 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 00:50:10 ID:XCJk+/ja
何となく流しっぱなしにしたりする時便利よ
じっくり聴くってより気分でころころ変えたい時ってあるじゃん
ながら聴きとかBGM的な用途とか、耳寂しい時?
一々何枚も何枚も何枚もCD引っ張り出さずに色んなのを聴ける
未聴の曲が多い人にはカタログ変わりにオススメだね
そうバカにしたもんでもない

523 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 00:54:52 ID:XCJk+/ja
あ、勿論最初はちゃんと聴いたよ
別に軽く聴く用途にしか耐えないとかじゃないからねw
オタとしても割と使い道がありましたよって話

524 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 01:05:04 ID:b/W/uWRe
100曲モーツァルトって、見たらNAXOS音源か。いいと思うよ。
録音・演奏とも妙な癖が無いし、いわゆる初心者向けの企画
として十分過ぎる。これが×ならモーツァルトが×、と言える。

525 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 01:50:06 ID:6DGYyCWu
>>524
NAXOS音源もさることながら、フェイドイン、フェイドアウト一切なしってのがいい。
本来交響曲なんかの一部のみってのもホントは好きじゃないんだが、
楽章途中でフェイドアウトされるとイライラしてしまって実にかなわん。
そういう点でも幅広く入門用としても聴き流し用としても実用的だ。

フェイドイン、フェイドアウト一切なし路線をエイベックスは他でもやってるし
守ってほしいもんだ。
別に廻しもんでもないが、漏れの周りにかなり宣伝して回っている。

526 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 01:56:51 ID:/IH+u1gO
なんかこう、最近初心者が多いな。
そろそろマニアックなネタを一発どうですか。

527 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 02:29:06 ID:4NTB7mlZ
>>526
デニス・ブレインの吹いた
音楽の冗談について。


528 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 13:22:56 ID:XbDGIigi
>>521
朝の目覚めの時、通勤への車中、仕事場、就寝時
ほとんど毎日起きてる時はモーツァルト漬けなので、
100曲モツとか、鰤40枚ミニ全集とかって便利なんだね。

もちろん個々の曲の名盤、名全集と言われてるものは
別に何種類かあるわけだけど、
とりわけお気に入りの何枚かを除けば、
有名アーチストのものも無名アーチストのものも
流しっぱなしで聴いてる分にはそんなに差は感じないな。

とりあえず録音が優秀なら、初心者向けのオムニバスでも
そんなはずれのヘボ盤にあたったことはないよ。
大手から出てるものはなおさらレーベル中から名演奏を選んであるから、
当りが多いし、単発で別買いする時のカタログ代わりになる。

昔タダでくれた「音のカタログ」なんかは1曲1〜2分で
フェイドアウトだったから、ネット店の視聴以上に使えなかったけど。

>>526
また、初心者ネタで申し訳ない。
でも、オムニバスってけっこうバカにできない。


529 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:09:59 ID:bVxuYqu0
オムニバスは、沢山詰め込むより、
良質な数曲で固めたものの方が好きだな。
自分の初心者時代を振り返ると。

530 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:11:38 ID:bVxuYqu0
>>526
業者が紛れ込んでいるとかねw

531 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:56:36 ID:HG0t8cYm
>>529
数曲づつじゃモツの場合
有名曲を網羅すんのに何枚買う羽目になるんだよw

532 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 04:30:39 ID:v+v8wXls
確かにモツほどの全方位作曲家になると
経済力の無い者にとってはオムニバスの有効性は非常に高い。


533 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 10:23:57 ID:u3Y+0RJo
モーツァルトの「踊れ, 喜べ,汝 幸いなる魂よ」のアレルヤ部分と、
ハイドンの弦楽四重奏曲第77番第二楽章のサビの部分がクリソツ
なのはなんででしょう?

534 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 11:06:52 ID:YJ836yjl
クラシックの似てる曲は

・りすぺくと
・両方の曲に原典がある
・たまたま

どれかだお( ^ω^)どれなのかは詳しい人たのむお

535 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 11:36:18 ID:qJCWELwp
その2曲、クリソツってほど似てるか?あの程度の類似はよくありそうだが
ただ、第2楽章のあの旋律は元はどっかの民謡だって何かで見た気がする
両方これが元なのか、アレルヤがたまたま似てるのかは知らん

536 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 16:11:59 ID:2xvjGULH
ベートベンの運命の途中(低レベルな言い方スマソ)と後宮からの脱走序曲の
途中が結構煮テルとおもったことあるよ。


537 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 16:26:18 ID:VGcBY0qA
あなた!ベートーヴェンなんて、それまでの音楽や彼の時代の音楽を
寄せ集めただけの一番いい例の作曲家だわさ。

538 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 17:10:30 ID:1GTpNPWD
>>533の中に一瞬クリリンを見てしまったのは俺だけでいい

539 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 17:12:00 ID:8s7rvrvU
ある程度様式の中で書いてるんだから
結構似てるレベルは言い出したらきりが無い

原曲がある物はそれを理解しておくのが大事だけど
「ソレが借り物だったらあんた存在価値無いじゃん!」
レベルの物以外はあまり問題ではない

540 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 00:11:59 ID:e5jDRx9u
うむ
そんでもってそんなレベルの物はなかなかないからさらに問題ナスだ

ところでグラン・パルティータのモダンのオススメ盤てある?

541 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 12:05:05 ID:WimS2m/C
ベルリンヒルのやつ

542 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 12:53:39 ID:ypAJILav
なるほど

ベルリンの丘ですか。

543 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 13:03:07 ID:WimS2m/C
ちげーよ

ベルリン蛭だよ。

544 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 13:24:56 ID:vB4gvyc/
ちがうだろ。
ヴェルリン・ヒルだろ。

545 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 13:34:10 ID:LvonEUxi
>>540
マリナー
アーノンクール

546 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 21:31:55 ID:iHLHj9k+
見たがいろいろCDあって悩むな…
>>541 >>545
ありがとう

547 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 22:26:16 ID:2fqzYJeL
http://www.mozart2006.netプロモーションフィルム
http://youtube.com/watch?v=LeJwuE96kNA&search=mozart

548 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 08:17:37 ID:8ma3dU5m
サウンドトラックをデジタルK2仕様による20bit、K2マスタリングしてよりピュアなサウンドを実現しました。
綺羅星のごとく並ぶ純美な音楽に耳を傾けると映画のシーンが走馬燈のように甦ってきます。
モーツァルトや同時代の作品がネビル・マリナーによって極上の演奏となって収録されています。
また解説書には作られた時の背景やその頃のモーツァルトの事などが詳しく書かれています。
映画のサントラとしてだけではなく、純粋にクラシック音楽を楽しみたい方にもお薦めできる名曲集です。
http://www.victor-f-c.com/product/detail.php?sgno=0&mgno=2&ino=2515

549 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 12:57:22 ID:4WyEvA2k
>>547
なんか可愛いねその映像(*´д`)
でもサイトの方の

>モーツァルトの音楽は今や全世界の共通財産となっています
>けれども生誕250周年のメインステージは彼が生活した世界
>つまり生地ザルツブルグと人生最後の10年間を過ごしたウィーン
>そしてオーストリアの幾つかの市町村です

プラハは?(・∀・)とか意地の悪いことを言いたくなってしまう…w

550 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 13:45:57 ID:3+XxYSBO
オーストリア観光協会(かなんかだろ?)だから仕方ないw

551 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 13:50:25 ID:iwQPkUSq
プラハっ子(´・ω・`)カワイソス
当時は帝国領とはいえ…

552 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 15:28:47 ID:LpgRjGM/
今年モツ縁の地に行った人いるかな?

553 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 17:13:39 ID:dNgldRjg
夜にNHK(教育だったかな?)で遺骨の謎とやらやるらしい

554 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 17:26:12 ID:eNLs18BN
>>553
ttp://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/31-19658.html

地球ドラマチック「モーツァルト・遺骨の謎を追え」
チャンネル :教育/デジタル教育1
放送日 :2006年 6月28日(水)
放送時間 :午後7:00〜午後7:45
〜オーストリア Interspot Film制作〜

彼の最期は暗く謎に満ちたものだった。モーツァルトの遺体は、家族の誰にも付き
添われることなく墓地に運ばれたため、埋葬された場所は今なお不明。モーツァルトの
遺骨とされる骨と毛髪を分析する作業と併せて、モーツァルトの作品や足跡をたどる。


555 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 18:44:19 ID:0APEvf1B
遺骨を追えって、途方もなく無駄な事やってんだなぁ。
そんなアホみたいな事やってる金と暇を未発見・散逸楽譜の捜索に使えと言いたい。

556 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 20:07:02 ID:dNgldRjg
>>554
遅れたけどありがとう

557 :名無しの笛の踊り:2006/06/28(水) 22:03:21 ID:6oUari7T
3人で街中で演奏してた曲なんだっけ?
どうしても思い出せない・・・。

558 :Death+ softbank220004204125.bbtec.net+Note:2006/06/30(金) 18:44:21 ID:tpmEFcKN
tst

559 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 19:27:06 ID:5aSSEQdb
タワーの¥2,500-10枚企画のCD6-CD8が聴きたくて注文したら1日で来た。
まだ聴いて無いがこれもNAXOSとの事。

560 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 21:30:47 ID:sowWRH/W
>>557
見てないから余計気になるじゃないかw
番組内で音楽けっこうかかってた?見れば良かったかな

561 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 07:08:42 ID:/IGtqwD8
モーツァルトチョコが欲しくて関西空港に行ったら・・・

売ってたんだが、モーツァルトクーゲルンだった。
俺はそれじゃなく、モーツァルトタレールが欲しいのにいい!!

562 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 14:58:09 ID:bN9Yhuuy
ヤーコプス、クリスティ、ペーター・ノイマンら、古楽合唱系の指揮者に
モーツァルトの交響曲にも取り組んでほしいと思ってるのは私だけでしょうか?

563 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 21:27:48 ID:kV0tUuBw
東海あたりでしか放送されてないと思うんだけど
宝石の八神のCMで流れてる曲がわからない。
アマデウスにも使われてるんだけど…。
名古屋近辺在住でご存じの方教えてください


564 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 22:41:09 ID:yGeAEYcl
CMは知らないが、ググッて出てきたサイトと同じ会社で
そのサイトのBGMと同じ曲なら、交響曲第25番
ttp://www.nsknet.or.jp/~sugatani/midi/kv183_1.mid

565 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 22:43:22 ID:PpXsY5CG
>>236
嫌いな上司が着メロにしていたから、
嫌いで仕方がない。
曲自体はもちろん好きなんだが。

566 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 14:22:59 ID:ryBmZaY/
お前らのジャンル別の最愛曲は何ですか

567 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 14:47:18 ID:fkUK5Zbw
ジャンル別って交響曲、P協、宗教曲etc...
とかでそれぞれの好きな曲ってことでいいの?
改めてきかれると悩むな…。

568 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:04:53 ID:HIPwGpFL
そもそもどうジャンル分けするのかが問題

569 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:30:26 ID:ryBmZaY/
じゃあとりあえず

1.交響曲
2.ピアノ協奏曲
4.その他協奏曲
5.ピアノ・ソナタ
6.その他ピアノ曲
7.ヴァイオリン・ソナタ
8.その他弦楽曲
9.その他管弦楽、室内楽
10.宗教曲
11.オペラ

みたいな…?乱暴すぎてごめん

570 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:36:22 ID:oIxMhkoZ
こういうくだらない話題には乗ってくる奴が多いんだよな。

571 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:39:21 ID:ryBmZaY/
いや…なんかスレ止まってるから今ならちょっと
間借りつうか保守みたいな気持ちで
きいてみてもいいかなとか思って…
迷惑だったかな、じゃあ忘れて下さい。ごめんなさい。・゚・(ノД`)・゚・。

572 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:40:17 ID:ihr0IZ5M
。・゚・(ノД`)・゚・。

573 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:41:57 ID:lGuv1NRF
>乗ってくる奴が多いんだよな。

俺は素っ裸の君に乗ってみたい。

574 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 15:59:13 ID:fkUK5Zbw
日曜日の昼下がり、程よく過疎ったスレで
スレの趣旨の範疇内でダラリとくだらない話をする。
…ある意味正しい姿じゃないかw

575 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 16:07:59 ID:LkDfL2E1
>>569
3がないな。

576 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 16:25:09 ID:8c5NhtNd
前後からしてヴァイオリン協奏曲だったのかな?w>3

577 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 16:34:40 ID:ihr0IZ5M
1.交響曲
 41番
2.ピアノ協奏曲
 20番
3.ヴァイオリン協奏曲
 しらね
4.その他協奏曲
 クラリネット
5.ピアノ・ソナタ
 ドーミソドミで始まる短調のやつ
6.その他ピアノ曲
 きらきら星変奏曲
7.ヴァイオリン・ソナタ
 しらね
8.その他弦楽曲
 しらね
9.その他管弦楽、室内楽
 K.334
10.宗教曲
 大ミサハ短調K.427
11.オペラ
 ドン・ジョヴァンニ

578 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 18:16:37 ID:fkUK5Zbw
1. 40番
2. 20番
3. パス
4. クラリネット協奏曲
5. K.331(11番)
6. きらきら星
7. K.304
8. 弦楽四重奏曲 狩
9. アイネ・クライネ・ナハトムジーク
10.雀ミサ
11.フィガロ

もろにモツのコンピみたいな選曲だ…いい曲多杉で悩みに悩んだけど
単純に聞いた回数を基準にしたらやっぱこうなってしまった

579 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 19:07:19 ID:AUdWZhX7
頑張ったけど2、3曲以下に絞れないのが多過ぎたからパス…orz
ごまんね

580 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 19:17:16 ID:8c5NhtNd
同じく無理ぽ
交響曲とP協なんか4曲で争ってる‥(;´А`)

581 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 20:00:19 ID:ryBmZaY/
いえ、皆さんおかしな質問に答えて下さってありがとうございました
自分で考えたときもメジャー曲ばかりだったので
他の方はどんなかなーと思いきいてみた次第です

582 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 20:56:03 ID:FVHUNX0Z
グリュミオー・ハスキルのVnソナタ これ最高

583 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 21:39:35 ID:My4uqQ3X
>>562ミンコフスキ聴いたか。

584 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 23:01:01 ID:+XNvEyCd
NMAの赤本とケッヘル番号の対比表、どっかに落ちてませんかー?

585 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 01:36:09 ID:WLMEdpg+
1.交響曲
プラハ
2.ピアノ協奏曲
22番
3.ヴァイオリン協奏曲
3番
4.その他協奏曲
VnとVaのための
5.ピアノ・ソナタ
K.333
6.その他ピアノ曲
オルガンのための幻想曲
7.ヴァイオリン・ソナタ
K.304
8.その他弦楽曲
弦四20番
9.その他管弦楽、室内楽
ピアノ5重奏曲
10.宗教曲
K.339
11.オペラ
コジ

日によって変わってきますが、今日はこんな感じ。


586 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 11:33:11 ID:R4WSQtBN
>>582
グリュミオーの(板違いだがヴィオッティ V.CON.22) これ最高

587 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 23:41:32 ID:QfdLurnV
プラハいいよなプラハ

588 :名無しの笛の踊り:2006/07/03(月) 23:46:59 ID:k3+y2UUi
プラハの第1楽章はリピートの有無はどっちが好きですか?
わたしはリピート無しがいいです。
リピートすると、ま〜た同じ事繰り返すのかよ〜って感じでしらけるんだよね。
もちろんリピート好きな人の意見も聞かせてよ。

589 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 03:15:42 ID:Fbimy65r
私はなるべく長く聴きたいのでリピートあった方がいいです。

590 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 05:03:05 ID:ScdRCFBB
1.交響曲 =39
2.ピアノ協奏曲=22
3.ヴァイオリン協奏曲 =3or5
4.その他協奏曲 =クラリネット協奏曲
5.ピアノ・ソナタ =K576
6.その他ピアノ曲 =ジーグ ト長調(ピアノじゃない?)
7.ヴァイオリン・ソナタ =全部
8.その他弦楽曲 =最後の変ホ長調の弦楽五重奏
9.その他管弦楽、室内楽 =フリーメーソン葬送音楽
10.宗教曲 =戴冠ミサ/ヴェスペレ その他、ザルツブルグ時代のもの
11.オペラ =魔笛


591 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 12:52:22 ID:ckhcbkFm
>>588
589に同じく

>>590
>10.宗教曲 =戴冠ミサ/ヴェスペレ その他、ザルツブルグ時代のもの
その書き方だと何曲含まれるんだよw

592 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 13:37:07 ID:0W2PQzp1
1 交響曲40番第一楽章
2 ピアノ協奏曲第18番K.456第二楽章
5 ピアノソナタK.310第一楽章
6 幻想曲ハ短調

593 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 13:38:02 ID:0W2PQzp1
改めて見直してみると短調ばかりだな

594 :モツ歴15年:2006/07/04(火) 13:56:21 ID:RrLhfeaa
1.交響曲 =29
2.ピアノ協奏曲=27
3.ヴァイオリン協奏曲 =4
4.その他協奏曲 =クラリネット
5.ピアノ・ソナタ =K333
6.その他ピアノ曲 =K540
7.ヴァイオリン・ソナタ =決められない(あんまり聴かないから)
8.その他弦楽曲 =K614
9.その他管弦楽、室内楽 =弦三のためのディヴェルティメント
10.宗教曲 =レク
11.オペラ =コジ

595 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 14:27:25 ID:mdSASGMg
ディベルティメンツは全部好きだな。
交響曲は後期では意外な事にリンツ(36番)の第4楽章のシンコペ効いた
第2主題が美しすぎて耳に残る。
天上のような響きで謂えばピアノソナタの5番 K.283の第2楽章も同様。

596 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 19:37:08 ID:RwlKknqx
1.交響曲 第33番 変ロ長調 K.319
2.ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
3.ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216
4.ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364
5.ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333
6.自動オルガンのためのアレグロとアンダンテ ヘ短調 K.608(4手ピアノ用編曲で)
7.ヴァイオリン・ソナタ ト長調 K.379
8.弦楽四重奏曲 第21番 ニ長調 K.575
9.弦楽五重奏曲 第5番 ニ長調 K.593
10.聖体の祝日のためのリタニア 変ホ長調 K.243
11.魔笛 K.620

あと、ここにあがっていないジャンルの曲として、コンサート・アリア「どうしてあなたを忘れよう」K.505。

597 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 20:01:52 ID:UR9nj8E5
声とピアノとオケの奇跡的融合ともいえるK.505
他のコンサート・アリアもそれぞれ魅力はあるが、
どれかひとつを選ぶならこれしかない
恋多きモーツァルトの置き土産だ!

598 :名無しの笛の踊り:2006/07/04(火) 23:54:46 ID:mdSASGMg
>>581
愉しいレス多いね。意外に良い質問だったのかな。
聴きたくなって困るが


599 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 15:18:33 ID:asv1IFR0
1.交響曲 =41
2.ピアノ協奏曲=23(次点21)
3.ヴァイオリン協奏曲 =5
4.その他協奏曲 =クラリネット(次点フルートとハープ)
5.ピアノ・ソナタ =12
6.その他ピアノ曲 =教会ソナタK.336
7.ヴァイオリン・ソナタ =25
8.その他弦楽曲 =弦4第23番
9.その他管弦楽、室内楽 =クラ5
10.宗教曲 =レクイエム
11.オペラ =ドン・ジョヴァンニ

特に傾向はない。

600 :596:2006/07/05(水) 19:29:19 ID:zH0q45Ok
>>597
K.505にレスありがとう!
この曲は、ナンシー・ストレースという『フィガロ』の初演時にスザンナを歌った
ソプラノ歌手のために書かれたものだそうですが、彼女とモーツァルトとの間には、
何らかのロマンスがあったのかもしれませんね。

テレサ・ベルガンサが若い頃にK.505の奇跡的な名演を残していて、私は普段それを聴いています。
よかったら、597さんのお薦めの演奏を教えてください。

601 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 22:02:12 ID:zAGQdxC4
597です。

K.505はソプラノに絡みつくピアノがまるでストレースとモーツァルトの恋の語らいを表現しているかのようで、
聴きようによってはとてもエロティックに感じられます。

CDは6種類持っていますが、私もベルガンサの演奏がお気に入りです。
ピアノが声を邪魔しないように適度のバランスを保っていて、なおかつオケのメリハリのあるサポートが
この曲の魅力を十二分に表現していて、全く飽きることのないベストの演奏だと思います。

602 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 22:02:51 ID:0WomXH72
1.交響曲 リンツ
2.ピアノ協奏曲 第25番 K.503 (K.491)
3.協奏交響曲 変ホ長調 K.364
4.クラリネット協奏曲
5.ピアノ・ソナタ ニ長調 K.576
6.変奏曲 ハ長調 K.179
7.ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 K.526
8.弦楽四重奏曲 ニ長調 K.499 (K.590)
9.弦楽三重奏局 変ホ長調 K.563 (K.496)
10.大ミサ曲 K.427 (K.337)
11.オペラ イドメネオ (コシ)

現時点ではこうか

603 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 22:15:28 ID:ctWPFmPF
有名曲、定番曲を外さない回答が続いても
それなりにバラけるのがすごいよなww

604 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 22:17:56 ID:FZm1Lr/p
>>600
そーゆーのロマンスって言うか?

605 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 22:18:52 ID:3ZKJID3F
http://www.mozart2006.netプロモーションフィルム
http://youtube.com/watch?v=LeJwuE96kNA&search=mozart

で流れてる曲は何という曲でしょうか?


606 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 00:39:22 ID:6XxlI2Gf
どう書けばいいんだよコレwとりあえず

クラリネット協奏曲k.622→   次誰か頼むww

607 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 01:20:28 ID:anKOQre4
何これ…本当にどうしたらw
クラリネット協奏曲→(ここわからない)→(一瞬アイネクライネ?)
→ピアノ・ソナタ ハ長調K.545→ 誰か修正もお願いします…

608 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 01:41:03 ID:G0sRJUWs
何を困ってるのかと思って見たら・・なるほど。これで
>流れてる曲は何という曲でしょうか?
とだけでさらっと質問できるのが凄いw

609 :605:2006/07/06(木) 01:58:45 ID:8w7FzWm/
釣りでしたw

610 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 02:06:25 ID:ulsfrsTo
モツの「変ホ長調」は独特の豊かで充足した幸福感があって好きだ。たまらなく好きな曲も。

交響曲第39番
ピアノ協奏曲第9番(ジュノーム) 第14番 第22番
ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲
ピアノ四重奏曲第2番
弦楽四重奏曲第16番
ピアノソナタK282
魔笛

たぶんそれぞれの分野で一番好きな曲が並んでいる。
ヴァイオリンソナタは余り聴いたことないんだけど変ホ長調の名曲はあったかな?



611 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 02:50:56 ID:kG3GS0YA
モーツァルトが作曲したフリーメイスンのための音楽の特徴
 1.儀式や集会のために作られたもので、素人でも唱いやすく出来ている。

 2.すべて男性で組織されているので、男声三部合唱。「三」という数字に特別の意味をもたせているため「四部」ではない。

   連想:プッチーニが作曲した歌劇「トゥーランドット」に出てくる「ピン・ポン・パン」の3人と「3つの質問」

 3.調性としては、フラット3つの変ホ長調かハ短調の曲が多い。

   連想:変ホ長調というと「英雄」、ハ短調というと「運命」で、両方ともベートーヴェン

612 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 02:51:28 ID:kG3GS0YA
最後は明るいハ長調の主和音によって曲を閉じるのは、フリーメイスンの重要な考えの一つである「闇から光明へ」を表している。

 ベートーヴェンの第5交響曲「運命」は、「苦悩から勝利へ」がテーマ。

 モーツァルトと関係の深かったヴァン・スヴィーテン男爵は、ベートーヴェンとも親交があった(第1交響曲を献呈)。

 ベートーヴェンがフリーメイスンだったかは不明だが、少なくとも思想的に共感していた可能性はある。

それにしても、ヴァン・スヴィーテン男爵という人物は、面白いなあ。
 彼はJ・S・バッハやヘンデルの作品に興味を示し、「フーガ」という形式ではモーツァルトやベートーヴェンに影響を与え、ハイドンの2つのオラトリオ「四季」と「天地創造」の台本まで書いているんだからね。

 何だか音楽史(ウィーン古典派)におけるスゴイ「要(かなめ)」のような人物に思えてくる。彼の果たした役割って、相当に重要だったのではないかな?彼のことをメインに取り上げた著作ってあるのだろうか?

もし彼を主人公にした映画なんてあったら、たくさんの有名作曲家が登場人物として現れて、それこそ音楽史のお勉強にも役立つと思うけどな(^^♪
モーツァルトの葬儀費用は、このヴァン・スヴィーテン男爵が出したんだよ。エライ!(゜o゜)

613 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 03:59:01 ID:EY+190mw
フリーメイソンは別に特殊なものでも無い。
世界で一番信頼されている$札観ればピラミッドに一つ眼がある。
仏革命から北米独立の流れはフリーメイソンの念願成就だった訳けだし
当時の市民階級が戴いたイデオロギーだったんだろう。

モツのフリーメイソン傾倒は有名だが
これを深く論じた著書(の翻訳)は少ないようだ。
音楽の友社のモツ叢書の15-16だったか、「モーツァルトの毒殺」2巻(1979)の
2冊目で魔笛の数秘と共にえらく詳しい記述があるので
メイソン或いは魔笛に興味のある人は捜して読んでみると良いかも知れない。

モツのフリーメイソンの為の音楽はターアバウトのLP(2枚組)が有名だったが
最近CD化された。配信はVOXレーベル CDX5055 2枚組。
さして面白い音楽では無い(教徒向けか)。因みにモツは23階徒だったかな?
メイソンの最上階から1-2級下でほぼ最上階だった筈。

614 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 05:27:40 ID:kG3GS0YA
毎日モーツァルトのフリーメイソン葬送音楽K477がすごく良かった

615 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 07:13:28 ID:xmHlepKq
「変ホ長調」好き
協奏交響曲K.364、管楽セレナーデK.375、交響曲第39番K.543の出だしそっくり
交響曲第19番K.132とピアノ協奏曲第22番K.482もしかり

616 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 07:22:16 ID:87CEFeNk
>>613
>最近CD化された。配信はVOXレーベル CDX5055 2枚組。

マーク盤だね。俺は15年位前に買ったから、最近でもないよ。


617 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 07:51:21 ID:uFVz8PJf
1. 交響曲:ジュピター
2. ピアノ協奏曲:23番
3. ヴァイオリン協奏曲:替わりにヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲
4. その他協奏曲:クラリネット協奏曲
5. ピアノ・ソナタ:5番
6. その他ピアノ曲:?
7. ピアノとヴァイオリンのためのソナタ:34番
8. その他弦楽曲:弦楽四重奏曲15番(ニ短調)
9. その他管弦楽、室内楽:グランパルティータ
10. 宗教曲:戴冠式ミサ
11. オペラ:ドン・ジョヴァンニ


618 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 12:28:47 ID:tVlmOrvh
他はかなり分かれるけどやっぱクラリネット協奏曲は強いね

619 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 17:04:35 ID:IQ0+q3Oz
みんな全ジャンル聴いてるんだね。
すごいね。

おいらはオペラと宗教曲は
選べるほど種類聴いてないもんな。

620 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 20:08:37 ID:RE8CF/c6
今日、書店で「モーツァルト・ミステリー」だったか、そんなタイトル
の本を見つけてちょっと立ち読みしていたら、モーツァルトの死因を
探る本みたいだった。
何か新発見でもあったかと思ったら「モーツァルトは実はバチカンの
スパイで、ヨーゼフ2世を監視していたが、ヨーゼフ2世の死後は必要が
なくなりバチカンによって暗殺された」ということだった…ちょっと、
いい加減にしてくれんかね…この作者はヴァカかねそれともアフォかね
と苦りきって外に出た蒸し暑い夏の午後だった。

621 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 20:11:25 ID:+NuGSjSL
>>620
しまった今日買っちまったよ
中身大して確かめもせずにorz

622 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 20:40:35 ID:xmHlepKq
1.第34番K.338
2.第17番K.453
4.フルートとハープのためのK.299
5.2台のためのK.448
6.ロンドK.511
7.ト長調K.379
8.二重奏曲K.424
9.ディベルティメントK.334
10.ヴェスペレK.321
11.魔笛K.620

(許されるなら)12.アダージョK.411




623 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 20:52:44 ID:xmHlepKq
662 記入もれ

3.第3番K.216

624 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 20:54:39 ID:xmHlepKq
662→622の誤り

625 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 21:43:22 ID:u7eUi0xM
あ、やっとk511が現れた

626 :名無しの笛の踊り:2006/07/06(木) 22:49:32 ID:kqZQFe2H
みなさん渋いとこあげてますね。

ところでこの数字
12,25,29,31,35,40
今回のロト6の当選番号ですがよく見るとシンフォニーの好きな曲(12番を除く)となってました。


627 :613:2006/07/07(金) 03:18:54 ID:7v2nnHeK
>>616

>マーク盤だね。俺は15年位前に買ったから、最近でもないよ。

ほんとだ。最近じゃあ無いなw 1991年発売と成ってた。
ジャケの上部真ん中に四角にインサートされているモツ肖像が
元LP(灰色ジャケ)の一部だった気がする。
1966年録音だが私が購ったのは68-9年か

628 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 05:11:10 ID:aEnR6yY6
http://www.mozart2006.netプロモーションフィルム
http://youtube.com/watch?v=LeJwuE96kNA&search=mozart

ネタでも釣りでもなく、
最後のとこのダンスパーティーでかかってる曲名が
分からないのだが誰か教えてください。


629 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 07:17:22 ID:oRCImlY7
>>628
「レ・プティ・リアン」K.299bのガヴォットです。

K.622 → K.451 → K.545 → K.525 → K.378 → K.299b (まだあるかも?)

630 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 08:23:34 ID:zfrNy6yu
モーツァルトは勤勉だったね。
よくスカトロ話で下品な人だったみたいに言われることがあるけど、それは仲間内だけの罪のない悪ふざけで
神の存在とカソリックの信仰に確信をもち、根はどこまでも高貴な人だった。

631 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 11:14:18 ID:2WnCYyPP
>>630

ttp://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/31-30906.html

知るを楽しむ 私のこだわり人物伝−モーツァルト神か天才か、それともアホか−2
NHK教育 2006年 7月11日(火)午後10:25〜

桂小米朝, 井上道義


632 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 11:19:36 ID:8yC1LWiJ
可哀想な人が沸くのは何時も突然

633 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 12:01:04 ID:D2YRWTMe
Maurerische Trauermusik(;´Д`)ハァハァ

Maurerische Trauermusik(;´Д`)ハァハァ

Maurerische Trauermusik(;´Д`)ハァハァ

634 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 12:38:19 ID:+J4uL8py
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060707i503.htm
モーツァルトの妻コンスタンツェ、78歳の写真公表

【ベルリン支局】AFP通信によると、オーストリアの作曲家モーツァルト(1756―91)の妻で、
夫の自筆の楽譜を二つに引き裂いた“事件”などで有名なコンスタンツェを撮影した写真が、
ドイツ南部アルトエッティングの文書館で見つかり、6日、公表された。

1840年に、親交のあった作曲家マックス・ケラーが住んでいたアルトエッティングの家で撮影されたもの。
当時、コンスタンツェは78歳だった。関係者によると、生涯で一度だけ撮影された写真とされるが、
発見されたのは19世紀後半に現物を複写したものだという。

コンスタンツェは浮気や浪費癖などから「世界三大悪妻」の一人として描かれてきたが、最近の研究では異論も多い。
モーツァルトが没した後、デンマークの外交官と再婚。写真が撮影された2年後の1842年に死去した。
(2006年7月7日12時25分 読売新聞)

ttp://www.timesonline.co.uk/article/0,,13509-2259977,00.html
The Times July 07, 2006  Print of Constanze Mozart found
ttp://images.thetimes.co.uk/TGD/picture/0,,318201,00.jpg

大きい画像が見当たらなかったので他のニュースサイトで大きいのが出てきたら貼ってください




635 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 12:42:54 ID:FNuwmZMg
モーツァルト自身の写真はないのかな

636 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 12:47:58 ID:RyVMUFSW
>>634
マジすか?
この写真がコンスタンツェすか?
髪の毛が黒々としているが、染めてんすか? それともカツラ?
いずれにしても本物なら大発見だが。

世界三大悪妻というと、コンスタンツェとクサンチッペと、あと一人誰
だっけ?

637 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 17:35:29 ID:Hv2RVrlm
ベームの交響曲全集、34番って意外に名演じゃないですか?
なんか、響きがヒンヤリした感じでこの季節にピッタリ。

638 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 17:56:06 ID:6+EfKzZ1
>>636
オレの嫁だ

639 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 19:45:58 ID:IPgfbc/J
ttp://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/5157200.stm
Photo of Mozart's widow found

A print of the only photograph of Mozart's widow, Constanze Weber, has been found in Germany.
The photograph was taken in 1840 in the Bavarian town of Altoetting when she was 78. She died two years later.

The local authorities say detailed examination has proved the authenticity of the image, which is a copy of the original daguerreotype.
Wolfgang Amadeus Mozart died at the age of 36 in 1791, when Constanze was 29. She later married a Danish diplomat.

The print is one of the earliest examples of photography in Bavaria. It was found in the town archives.
The daguerreotype was taken at the home of the Swiss composer Max Keller, whom Constanze used to visit regularly.
Mozart and Constanze had six children in their nine-year marriage. Only two of them survived past childhood.

ttp://news.bbc.co.uk/nol/shared/spl/hi/pop_ups/06/europe_enl_1152262665/img/1.jpg
Constanze Weber, Mozart's widow is seen on the front left



640 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 21:33:51 ID:uaqmrIly
>>635
去年だったか最晩年の肖像画と推定される絵が発見されたというニュースは
あったぞ。

641 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 21:52:58 ID:NwwCuHKu
モーツァルトミステリー読んだよ。
つまんなかった。全部推測だし、なんの証拠も出てこない。
ていうか証拠を探そうともしてないような気がする。

642 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:20:16 ID:7MZZQkE1
実用的な写真技術の開発が1830年代末だから、話が出来杉のような気もするな
バイエルン地方のAltoettingという街など聞いたことも無いし

643 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:29:55 ID:IlnxgNVX
前列左端の女性がコンスタンツェなんですか?

644 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 22:34:04 ID:hTxRLcRp
>>636-638

悲哀を感じる



645 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 08:24:26 ID:5H5ZYWmj
>>642
ヒント
48.23004399999998,12.680777

646 :sage:2006/07/08(土) 12:12:54 ID:JrMOJBXQ
>>642
ここにも記事
モ−ツァルトの未亡人の写真を発見=ドイツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060707-00000074-jij-ent.view-000&kz=ent


647 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 13:04:18 ID:b2Z5NA/R
大発見じゃん

648 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 01:01:38 ID:b7ophuD1
>>636
>髪の毛が黒々としているが、染めてんすか?
反対側の白髪の人でしょうw

649 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 05:40:32 ID:CnbwZnql
【MLB】松井秀「オレ、昔は"根上のモーツァルト"って呼ばれていたんだ」 自宅でクラシック“癒しトレ”
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1152389188/

650 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 05:41:50 ID:ic8/ZfqA
>>649
スレタイに吹いたw

651 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 10:34:03 ID:tWsD+Tn5
>>648
前列左側の人だよ。
wikipediaにも出てた。

652 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 13:40:02 ID:fSlu2sN+
しかし、この写真に写っている後列の女性(多分…)はまだ若そうに
見えるが、美形とはとても言えない造型をしている。ブラームスが
思いを寄せたというアガーテの写真も見たことがあるが「何でこれ
が?」という顔だった。
昔の欧州はこんなもんだったのかー?

653 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 13:43:25 ID:DS6kY3AH
なんだババアじゃん。抜ける写真キボンヌ。

654 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 22:08:06 ID:ukOlBntU
映画のアマデウス・ディレクターズ・カット版見れ

655 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 14:09:30 ID:bHaxZyP+
クラリネット協奏曲が好きです。
所有しているのは
ベーム/プリンツ
マリナー/ブライマー
です。そんで
ジンマン/メイエ
プレトニョフ/コリンズ
ホグウッド/ペイ
カラヤン/ライスター
ロジンスキー/ウラッハ
バイヤール/ランスロ
マリナー/ライスター
を購入しようと考えています。
他におすすめ教えてください。

656 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 17:06:03 ID:hTv99nf3
古楽器派ではバセット・クラリネットを使用した
ヘプリヒ(ホープリッチ)、ブリュッヘン/18世紀オーケストラ
は外せないと思う。


657 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 18:19:07 ID:OvdsL9hy
>656
外せるお。

658 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 18:49:42 ID:vxAZ0irP
ブリュッヘンの変に深みのある指揮がこの曲と、なんかミスマッチな感じ。
古楽派ではホグウッド盤が素直で自然に感動できる。

659 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 08:49:51 ID:w/qnCPiT
ストルツマンの吹き振りオヌヌメ

660 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 12:05:23 ID:eaC6UyMu
655です。ストルツマンも追加して8枚注文しました。
外せないのか外せるのかわからないヘプリチは、
とりあえず今回購入したものを聴き倒してから検討してみます。
ありがとうございました。

661 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 17:45:23 ID:CYej/X96
明日発売の週刊誌【週刊新潮】7月20日号より
⇒大特集:生誕250年 「モーツァルト」7つのウソ
■「5歳で名曲を書いた」「サリエーリが嫉妬した」「ベートーヴェンに説教」――みんな大ウソだった!
http://book.shinchosha.co.jp/shukanshincho/index.html


662 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 21:53:47 ID:wPVEjRPO
タワーでミンコフスキのジュピターを試聴してきた。


凄え・・・

もちろんピリオド楽器使用なのに、どっしりと腰の座った1楽章。
何かに憑かれたかのように濃密で高揚感のたっぷりのフィナーレ。
ティンパニ爆裂のコーダ。

例えて言うなら、ブリュッヘンがもっと凄くなったような感じかな。宇野絶賛間違いなしだな。

663 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 22:10:12 ID:9HjMj9FV
ジュピターの終楽章はミンコみたいに速いのは、あまり好きじゃない。

664 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 22:22:41 ID:PLiP2B2l
ジュピターの終楽章の速さ=提示部(157小節まで)の正味演奏時間
ついでにリピートパターンも。他の情報もあればぜひ。
リピート
 A なし
 B 提示部
 C 提示部、展開&再現部

提示部 リピート
2'07  A  スウィトナー/ベルリン国立管(1978.10.25 L 厚生年金会館)Tokyo FM
2'09  A  セル/クリーヴランド管(1963)SONY
2'11  C  クーベリック/バイエルン放送響(1985.5.10 L)ORFEO
2'12  A  テンシュテット/北ドイツ放送響(1980.6.9 L)EMI-NDR
2'13  C  アーノンクール/ロイヤル・コンセルトヘボウ管(1982)TELDEC
2'15  A  カラヤン/ウィーン・フィル(1962)DECCA
2'16  B  グローヴァー/ロイヤル・フィル(1993)First Music
2'18  A  ベーム/ベルリン・フィル(1962)DG
2'18  C  ガーディナー/イングリッシュ・バロック・ソロイスツ(1988)PHILIPS
2'18  C  ノリントン/ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ(1990)EMI/Virgin
2'19  C  ブリュッヘン/18世紀オーケストラ(1986 L)PHILIPS
2'23  B  アバド/ロンドン響(1979-80)DG
2'24  B  テル・リンデン/アムステルダム・モーツァルト・アカデミー(2002)Brilliant
2'25  A  ワルター/ニューヨーク・フィル(1956)SONY
2'25  A  クレンペラー/フィルハーモニア管(1962)EMI
2'26  A  ベーム/ウィーン・フィル(1976)DG
2'27  B  テイト/イギリス室内管(1984)EMI
2'34  A  アリゴーニ/オルケストラ・フィラルモニカ・イタリアーナ(?)Gala classics


665 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 23:14:07 ID:/6UviKBR
カザルスの後期6大交響曲を衝動買いしてしまった

666 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 00:50:10 ID:1BSmyu5Y
>>661
5才で曲を書いたとは聞いてるが
5才で名曲を書いたなんて聞いた事無いぞ?
5歳にしてはなかなかの曲ですね〜みたいなのは聞いた事あるけど
自分らでいい加減なこと書いて持ち上げといて今更
アレもコレも嘘だった!みたいに言われるとなんかムカつくなwww

667 :永遠の曲線:2006/07/12(水) 09:31:05 ID:5rEvQlP5
名無しの笛の踊りさん、プレミアム・エディション(40CD) の音質はどうでしたか?お聞かせいただければありがたいです。

668 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 14:01:11 ID:OaaZT4i3
だれか新潮買ってる人いたら7つの嘘ってなんだったか教えて
どうせくだらないんだろうけど

669 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 17:07:21 ID:qm/HS5ap
>>664
へえー、よく調べたもんだ
わしは遅めのほうが好き
ところで調べた動機、理由は

670 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 17:43:18 ID:icEGfGgh
>>664
リピートしているかどうかは結構重要だよな、
コンサートでリピートする例は集中力と客受けを考えて、あまりなさそうだが、
形式としてリピートするのは当然だから参考になる。
演奏の良し悪しとリピートは無関係だが、
正しい姿も知りたいし、集中して曲を楽しみたい側面もある。

ついでに言うと、レヴァイン/WPは2'14 Cだ。

完全に好みの問題だが39番の終楽章はCでやってほしいが、
41番はBくらいにしといてほしいな。
あとコーダだけで終わりというところでずいぶん前に戻ってしまうと。やれやれと思ってしまう。

671 :664:2006/07/12(水) 20:24:53 ID:+H6D10OE
いやどうも。余計なお節介失礼しました。
動機といえば、よく速いとか遅いとかみな言うけど、何か共有できる
基準があった方がいいかなと思ったんだよね。そうすればここで
出てくるいろいろな意見が互いにもっと参考になるかなと思った。
それにこの曲が大好きでもっと知りたいと思ってたら、こういうことも
特徴の一つとしてありかなと思った。
それと、井上太郎という評論家が著書の中で、第40番第1楽章の
第1主題の演奏時間の一覧表を示していて、ずいぶん参考になったから。
時間測定自体は私のオリジナルではないんだよね。

ちなみに、私も670さんと同じでBが好きかな。


672 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 21:22:47 ID:9pUBgTr5
>>661
世間一般のモーツァルトの取り上げ方ってこんなものか…。

673 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 08:56:04 ID:LJD6TZSf
>>672
週刊誌はネガティブインパクトのある記事を書くほうが
ヲタにもアンチにも読まれて売れると思ってるだけだよ。
マッチポンプで捏造ネタ書いては自分で煽っているんだよ。
日本の世間一般じゃモーツァルトはまだまだ敷居の高い別世界の人って感じでしょ。

674 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 13:15:01 ID:p4T9sK+E
週刊誌ごときでモツの曲の価値が下がるわけではない。
週刊誌につられて「モツって大したことないじゃん」となる連中なんてどうでもいい。
もっとも、なまじ良さが分からなくても綺麗には聴こえるだけに、
浅い薄っぺらな曲と誤解され「モツなんて大したことねーよ!〜の方が
すっと深くて感動するぜ!〜の方が知的な曲で凄い!」と言われがちなのがモツだw

675 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 22:46:33 ID:1IXqVlOh
ジュピターの第1楽章に関してはセルが一番しっくり来ます。第4楽章の速さとは
逆に第1楽章は結構ゆっくり目で、ベームVPOよりも遅いくらい。
いろいろなイメージングがあるのでしょうが、セルの楷書スタイルがいかにも
この楽章のギリシア彫刻的な感じを出していてよいと思う。

仕事帰りにタワーに立ち寄ったら最近評判のミンコフスキの40&41があったので
買ってしまいました。噂どおり終楽章はびっくりするほど速かった(2'02、C)。
しかし、弦楽器はきちんと細かい音符を鳴らし切っているので前のめりにつんのめった
印象はなくすごいと思う。対照的に第1楽章はずいぶん遅く、重い感じ。
全体としてはセルと似たアプローチのような気がしますが、これから40番を含めて
聞き込んでみたいです。

676 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:15:30 ID:TsBZvZXX
ミンコフスキは確かに個性的だが、アーノンクール/コンセルトヘボウほどの衝撃はなかったな。

677 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 00:20:42 ID:woNmdaUU
アーノンクール/コンセルトヘボウを最初に聴いたのでピンと来ないのですが、
あれはどう衝撃的だったのでしょうか。

678 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 04:04:02 ID:c/OZwDuL
昔、塾教師をしていた時に、ある勉強のできる中3女の子が俺に
「モーツァルトなんてお茶会音楽でしょ」と言ってきて愕然とし
たことがある。では、誰のなんという曲がいいのかと訊ねると、
「モルダウ」と言った。
この子は慶応女子に楽勝で受かった。

受験の成績と芸術音楽の理解度は一致しないと初めて実感した若き
日の俺だった。

679 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 05:02:33 ID:QtYjx8hu
そいつ貴族なんじゃないの?

680 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 12:40:52 ID:PtXdgonT
>>678
けっこう名言かもしれん。
目からウロコが落ちた・・ワケナイか。

「モルダウ」好きな輩に何言われても説得力ない罠。

681 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 13:01:11 ID:GFZk4SHW
中3くらいならトガッてみたいお年頃だからさ。

682 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 13:49:25 ID:pDcR2bXr
好き嫌いはあるからそれはどうでもいいんだけど
ガキのそういう口ぶりは、ゲージツかじっちゃってますってやつが名画を指して
「キレイなだけの絵って言うのはさーぶっちゃけ画家なら誰にでも描けるわけ。」
とか語っちゃってるのを見る時の生暖かさを感じてしまうw

683 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 14:25:23 ID:JvVr0oKP
モツのCDを6枚買った
やったー聴きまくるぞーえへへー!スイッチ・オン
オーディオあぼーん…。・゚・(ノД`)・゚・。うわぁぁぁぁぁん

684 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 15:55:27 ID:gGv4XvqZ
>>683
ええのお、楽しんでくれ

685 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 17:44:05 ID:jUpgzqLf
オーディオ壊れて楽しめないって泣いてんだろwww

686 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 18:11:46 ID:HkJmnLDe
モーツァルトもクラシックも詳しくない初心者ですが、教えてください
レクイエムを買ったのですが、モーンダー版で、
ジュスマイヤーが作曲した部分をすべて排除したというものでした
今購入可能なものでジュスマイヤー部分がなるべく多く残っているCDってどれになるのでしょうか?

ちなみに今回購入したのは
レクイエム(モーンダー版)
クリストファー・ホグウッド指揮/エンシェント室内管弦楽団、合唱団
発売元:ポリドール株式会社 1984年発売 西ドイツ
です。よろしくお願いします

687 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 18:28:03 ID:O4RK1oJw
いきなりかなり特殊なのを買っちゃったね。

688 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 18:30:20 ID:293akfxs
>>686
それはモーンダー版演奏の走りだな。
「アーメンフーガ」の復活や演奏自体には十分な価値があるが、
モーンダー版自体がほぼ競争に負けた状態になっている。

「ジュスマイヤー部分がなるべく多く残っている」もなにも、
「○○版」と書いてない演奏はほぼすべてジュスマイヤー版で、
歴史的に蓄積された演奏がいっぱい残ってるし、現在も演奏され続けている。
ベームやカラヤンのやつは全部ジュスマイヤー版。

689 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 21:27:36 ID:YrKJsbeI
>>686
ホグウッドとはかなり毛色の違う演奏ですが、ジュスマイヤー版
ですと、688さんが挙げているものがオーソドックスなものになる
と思いますが、

ベーム指揮ウィーン・フィル→テンポ超遅い。冒頭の「入祭唱」など、
ホグウッドを聴いた後で聴くとおどろおどろしく感じられるかもしれ
ません。しかし、深々とした厳粛な表現には耳を奪われるでしょう。

カラヤン指揮ウィーン・フィル→ベームほどではありませんが、やはり
ホグウッドに較べると多少重々しく、劇的に感じるかもしれません。
「キリエ」のフーガは非常に精妙な演奏ですが、「怒りの日」が劇的
でびっくりするかもしれませんね。オケの音で合唱がかき消されんばかり
です。

ジュスマイヤー版に限ると私はこの二つの演奏の他は、モノラル録音しか
持っていないのでこれ以上何も言えなくて申し訳ありませんが…。

690 :686:2006/07/14(金) 21:37:43 ID:HkJmnLDe
>>688
わかりやすい解説、ありがとうございます
さっそく買って聞き比べてみたいと思います

ステッカーの『真正モツレク』という煽りになんとなく買ってしまったのですが、
ジュスマイヤーのもののほうが流通しているのですね
無知で恥ずかしいかぎりです
教えてくださって、ありがとうございました

691 :686:2006/07/14(金) 22:25:35 ID:HkJmnLDe
今気付いたんですが、うまくアンカー付けられていませんでした。ごめんなさい!

>>689さんもありがとうございました


692 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 22:44:25 ID:sCq/zKjC
七つの嘘のうち、ウンコはほんとなだから、七つの嘘に入れるなと、茶店で雑誌に突っ込んだ俺

693 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 23:31:24 ID:f0wPvlmN
うあー急に見たくなったw立ち読みすっかなw

694 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 00:37:54 ID:BdQZzjKO
交響曲の第25番は誰の演奏がお勧めですか?

695 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 08:58:06 ID:itZ7Zj1R
>>694
レヴァインの演奏が躍動感があって好きです。
オリジナル楽器では、コープマン、アーノンクール。

696 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 12:35:03 ID:sgsetCJY
>>694
いろいろ聞いた後、
楽譜を見ながら自分の頭の中で鳴らすというのも楽しい。

697 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 15:27:40 ID:FSXBaI+d
>>694
高雅で典雅でシリアスなケルテス盤いいス。
第2楽章がもう美しさの限り…。

698 :694:2006/07/17(月) 00:33:50 ID:E8Nzv2Ot
>>695-697
ありがとうございます。色々聴いて、好きなのを探してみます。

699 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 03:01:59 ID:gT/Ry2PI
モーツァルトはつまらん。
チャラチャラしていて聞くに耐えん。(除く、レクイエム)

700 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 03:02:28 ID:OXrGFqLx
へー

701 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 10:26:24 ID:Anet3B1m
>>699
餓狼伝説とかバトロアでかかってた怒りの日だけ聴いて
モーツァルトの曲が云々とか言ってる厨房の発言だな。

702 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 10:29:33 ID:Ybi5QX1a
699は678から682をよく読み、自分がどのように位置づけされているかを
しっかり把握することを私は希望している。

703 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 10:32:14 ID:UV0jAzW3
>>699
まだまだ食い付きが悪いようじゃのぉ。
もっともっと精進して美味しい餌をぶら下げる事じゃ。(ふぉっふぉっふぉっ

704 :名無しの笛の踊り:2006/07/17(月) 19:05:11 ID:OX072r2B
   モーツァルトなんて嫌いだ   
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1146265786/

705 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 01:02:29 ID:ZlZZfZt3
BShiで放送した「直筆譜にみるモーツァルトの真実」
池辺晋一郎のまわしなんで録画しといたのを漸く観たが好感持てた。
再放送するだろうから観て損は無い。
クソ週刊誌などどうでもよろしい。

706 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 12:36:18 ID:ETeLTrbc
>>705
あまでーす

707 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 16:30:00 ID:ETeLTrbc
martha argerich plays mozart part 1
Mozart - Piano Concerto N. 20, K 466, Martha Argerich.
http://www.youtube.com/watch?v=kFEQXZcABvg&mode=related&search=

(笑)

708 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 16:38:16 ID:ETeLTrbc
Mozart Cell Games
http://www.youtube.com/watch?v=m-7DxGfMgCA&search=mozart

709 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 17:05:31 ID:BImRnaju
>>707
うーむ、テンポ速いなあ。
アルゲリッチも老けたなあ。でもこの人、若いときから老けてた
し、そんなに違和感もないかなあ。

ルービンシュタインのラストコンサートの「英雄ポロネーズ」も
見せてもらったが、CDから聴かれる端正な感じとは全然違うので
ちょっとびっくり。

710 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 22:16:42 ID:uZlEkoTv
モーツァルトの「白鳥の歌」ってPコン27番で定説?

711 :名無しの笛の踊り:2006/07/19(水) 23:04:24 ID:oMeXyJog
そうなの?!今日の今日まで交響曲第39番だと思ってた…orz

712 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 01:07:23 ID:lGFzCFip
>>711
「白鳥の歌」のニュアンスがちがうらしい
一般的には>>710のように「芸術家の最後の絶唱」を意味するけど、
交響曲39の「白鳥の歌」にはそういうニュアンスはない
・・・云々と、概説書の類いには書いてありますが

この39の「白鳥の歌」という呼称は欧米でも一般的なんだろうか?
詳しい人教えて

713 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 01:33:03 ID:tpYrMvJe
モーツァルト 白鳥の歌 でググると面白いよ
クラリネット協奏曲やレクイエムもそう呼ばれてる
ちょっとだけどこれについて言及してるところもヒットする

714 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 13:42:04 ID:SfDtl5QL
自分も交響曲39だと思ってた
けっこういろんなとこで言われてるよね?
改めて言われると本来の意味とは違うよね・・なんでだろ?

715 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 15:19:49 ID:fxDcFEQP
39番のことを「白鳥の歌」というなんてこのスレの>>711をみて初めて知りましたが何か?


716 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:14:03 ID:Y85lfHno
日本だとなんというんだろ
さらばの歌
辞世の歌
バイバイの歌
入寂歌
仏滅歌

717 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 22:21:10 ID:3csQlkFN
日本では普通に白鳥の歌だが?

718 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 01:58:39 ID:m6bLJz6Z
2chなんだから
あぼーんの歌がよい

719 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 04:16:31 ID:P1eQ6dBC
「白鳥の歌」というのは、完成した作品でなくてはならんのかな?
レクイエムとかホルン協奏曲第1番とかの絶筆ものはいかんのだろうか?

720 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 10:29:34 ID:84WZAPCY
白鳥の歌がラクリモサだと思うと美しすぎて泣ける・・・。

721 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 14:16:33 ID:N4C4dsm7
>>719
>>713
まあ検索してみ。いろいろ出るよw

722 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 19:28:04 ID:z1ZrTGAf
【白鳥の歌】

死ぬまぎわに白鳥がうたうという歌。その時の声が最も美しいという言い伝えから、
ある人が最後に作った詩歌や曲、また、生前最後の演奏など。

723 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 19:37:57 ID:2nMJ1nOP
狭義にとれば白鳥の歌とはいえないが、最晩年(死の3年前)の作品で
この後は交響曲を書いていないし、まあいいんじゃないのかな。

724 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 20:24:28 ID:DIZpX/2M
全音のスコアの解説冒頭、曲名の下に

「白鳥の歌」《Schwanengesang》という副題で呼
ばれることもあるが,原作者の与えたものでない。

と書かれています。過去、そう呼んだ人々が居たということです。

725 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 10:26:48 ID:cyko2dvM
表題好きの日本人が採用しなかったぐらいだからな
39番「白鳥の歌」
40番「失踪する哀しみ」
41番「ジュピター」



・・・・・・・しまりがないな

726 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 10:49:27 ID:lhT3mBPG
>>725
「疾走する哀しみ」だよね…。

727 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 10:51:50 ID:u7gLk9NW
2chで誤字を気にするやつがいるとは…

728 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 10:53:10 ID:vDu/lS15
そりゃいくらでもいるだろ

729 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 14:11:32 ID:pdijKU0s
っていうか作曲家の死後楽譜を出版する時に、
楽譜屋がハクをつけるために勝手に"Schwanengesang"という表題をつけることは良くある。

730 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 17:32:11 ID:w0o0HhAs
>>722
ヨーロッパ-インド族の民話に似たのがあるんだろうと推察。

731 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 09:37:30 ID:x8bmksfs
>>725-726
知ったかぶり乙。
疾走する「かなしさ」だ。「かなしみ」でも「哀しさ」でもない。
意味が違う。

732 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 10:42:59 ID:W3HUPkHT
似たようなもんだ オタくさくてキモイから去れ

733 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 11:19:15 ID:jwoSP4m1
しかも、疾走するかなしさとアンリ・ゲオンが呼んだのはト短調の弦楽五重奏曲であって
交響曲40番ではないのだが・・・w

734 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 11:41:27 ID:Khm2agck
どうでもいいだろ
モツ自身が言った言葉でもないのに

735 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 13:05:36 ID:OBN+gP1V
もしここが腐女子の巣窟なら、

「なあに?あの731、うふふ…」
「いやだね、ああいうの…クスクス」
「認めてもらいたいのよ…可愛いじゃない、うふふ」

なんてやりとりがコソコソと始まるのだろうなあ。女は集団になると怖いよ…。

736 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 19:43:02 ID:lq1+uw/+
そう言えば美しくて気に入った割に、40番、41番ほどは聴き込んでなかったなあ…
39番のオススメ盤て何かあります?

737 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 19:52:17 ID:dHI+OuYO
39番は以外とコープマンが好きです。
支持してくれる人は少ななさそうだけど・・

738 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 19:54:35 ID:qKJ6bOCe
>>736
ピエール・モントゥー指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団

739 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 20:15:38 ID:tJU3YjyM
>>737
支持します

740 :736:2006/07/23(日) 22:45:25 ID:lq1+uw/+
>>737
ありがとう。聴いてみる

>>738
これ4枚組しかないのかな?でも良さげだよね…悩む

741 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 01:35:51 ID:HMnSfPE0
>>732
小林秀雄のモオツアルトを読んで似たようなもんだと言ってるのか?
だとしたら読解力なし。
読まずに言ってるなら論外。
大体2ちゃんでヲタくさいって…ヤフー掲示板にでも行ってろよ。

742 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 01:37:43 ID:gLf2DzhH
つまらん話引っ張るなよ、バカバカしい

743 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 02:00:43 ID:TxzfJyTB
>>741
どうでもいいよハゲ

744 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 03:32:42 ID:QQ6xcFLx
743に同意。
741ってモーツァルトの音楽そのものじゃなくて、その周辺の理屈っぽい
ところの方が大事みたいだ。
ところで小林秀雄ってそんなに偉大なのかな?
丸谷才一がけなしているのを読んでなるほどなあって思ったことが
あったんだけど。

745 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 03:41:54 ID:TxzfJyTB
>>740
モントゥーは今そのセットでしか出てないと思う
でも他もいい演奏だよ

746 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 07:11:56 ID:8lnN3Gou
>>741
>>732


747 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 12:38:19 ID:aC7Tkao1
>>745
そっか。じゃあ信じて買ってみるwありがとう

748 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 12:58:12 ID:bcb+ldCe
モントゥーは良いよ

749 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 03:19:52 ID:wHhqsP51
>>701
亀だけどバトロワはヴェルディの方じゃ?

750 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 13:01:35 ID:1PwtL852
>>749
可哀想だから見なかったことにしてあげよう

751 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:38:55 ID:nmYtLomu
モーツァルトの交響曲20番ってマイナーだけど
よくない?

752 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 20:47:29 ID:Mg3jmO8o
>>737
おれも!でもあれチェンバロ入ってなかったよね。

753 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 21:25:35 ID:ciTvB5Bb
>>751
交響曲第20番ニ長調ええね
特に第1楽章好きやわ
ラッパやホルンがにぎやかでほんまに楽しなぁ!


754 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 21:29:27 ID:eZbqvqKA
>>752
だからイイんじゃん。

他スレで性格の悪さ炸裂のあなたも音楽の好み自体は私と似てるかも。


755 :754:2006/07/25(火) 21:35:07 ID:eZbqvqKA
あなたジュピター嫌いなんだっけ?
じゃあ私とは全然ちがうわ。間違ってゴメンよ。



756 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 21:37:11 ID:K88gEh5w
他スレとかどうでもいいわ

757 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 21:50:00 ID:0FtES9TH
交響曲第37番が好きです

758 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 22:22:01 ID:Mg3jmO8o
>>754
あのさ、クラシックだけでも狭い世界なのに、
モツひとりの作品のなかの好みだけで騒ぐの空しくない?
あのスレは空気全体が悪いんだよ。

41番好きなの?俺は正直昔から好きじゃない。
理由はたくさんあるけど、統一感がないのもイヤ。各楽章別人が作曲
してつなげたみたいな。40番まではそんなことないのに。
4人の弟子に各楽章作曲させてモツがOKしただけのような印象受ける。
作曲期間も短いし。といいながらもミンコフスキの盤はちょっと興味ある。


759 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 22:42:58 ID:eZbqvqKA
>作曲期間も短いし

前作の40番完成からジュピター完成までの期間は確かに短いね。
この曲に限ったことではないが、前作が出来てから書き始めとは限らないから、
作曲期間が短いとは言い切れないでしょ。


760 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 22:58:57 ID:eZbqvqKA
>>758の文は相変わらず極端な批判だけど、41番について彼が言ってることは
曲のどの部分の事かはなんとなく分かるよ。

そういう点で見ると曲の構成感、形態と内容のバランスなどの完成度という点では
39番交響曲が一番だね。

761 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 23:15:28 ID:xWiXqXQJ
41番は少なくとも第一楽章と第四楽章は意外と関連が深いと思う。
むしろ三大交響曲は三つで1セットだと考える方が構成、内容、バランスともに
安定すると思う。


762 :名無しの笛の踊り:2006/07/25(火) 23:32:43 ID:ciTvB5Bb
第2楽章始めの半音階の下降は第3楽章冒頭のテーマを暗示しているし、
第3楽章のトリオ後半では第4楽章のテーマが提示されているので、
統一感が無いと言うのは解せない

763 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 10:35:33 ID:MhEeEoTz
クラシック素人の自分から見れば、
41に限らずモツにも限らず交響曲なんて楽章ごとに別なタイトルつけろよと思う。

764 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 11:11:45 ID:upHDa0Xg
>>763
それって、冷やし中華を、「麺」「きゅうり」「錦玉子」「チャーシュー」と呼べといってるのと同じだ。
一揃いがないとしっくりこない。

765 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 11:23:06 ID:z1qgP7zS
>>764
違うよ。
コース料理の名前とコースの一つ一つを単品メニューにするような違いしかないよ。

766 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 15:07:04 ID:xXhQB2BR
つまらん例え話はやめれ。

767 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 20:29:11 ID:rzc30TjO
>>760
だから批判じゃなくて感想だっていうの。
君の反応独善的すぎ。モツをベタ誉めする話は「感想」、
自分と合わない感想は「批判」かよ。
正直やめようよ。モツの全てが嫌いっていうヤツだっているんだから。
それだって1つの見解・感想だと思うが。いちいちキレてたら
キリないって。せめてモツや古典派が好きな者どうしでは平和にやろうや。

他人の攻撃じゃなくてもっと楽曲について語ろうよ。愛好家はそれが一番
したいことなんじゃないの。

768 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 20:53:16 ID:tQmv1/jI
760が「お前みたいなのにモツの素晴らしさはわかんねーよ!」
とかそんなレスならキレてるってのもわかるけど
あの程度の内容でその反応の方が過剰だと思うんだけど…

そもそも「批判」の意味分かってる?誹謗、中傷とは全く違うんだよ
統一感が無いって感想は批判と呼ばれて何もおかしくないし
批判した奴=悪い奴って話でも全く無いんだよ
平和に話したいならあなたこそちょっと落ち着いて欲しい

769 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 20:59:45 ID:xXhQB2BR
>>767は在日の人?それとも中国の人?
性格的に日本人じゃなさそう。

770 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:23:02 ID:rzc30TjO
>>760>>768
屁理屈はいいからさ。君たちモツのどこが好みか語ってくんない?
それと他人がモツについてどういう感想持てば満足なの?



771 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:30:32 ID:trI35pD3
>>770
議論が全然上滑りしてるね
要はジュピター交響曲に様式的な統一感があるかどうか、でしょ
>>758の問題提起を受けて、>>761>>762なんかは
まさに「楽曲について」語ってる
あなたは単に「相変わらず極端な批判だけど」という文句に噛み付いてるようにしかみえない

772 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:38:10 ID:rzc30TjO
>>771
わかんない人だね。もうそんなこといいじゃん。
モーツァルトのスレなんだから、モツのどこが好きか、
とか、ジュピターについてみっちり語ってくれや。
で、君はジュピターの件についてどう思うの?

773 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:52:40 ID:033koG6d
なんかおかしいと思ったらモーツァルトなんか嫌いだスレの流れですね
ここで流れ的に不自然な誘導尋問のようなレスをして
感情的なレスや盲目的なレスがついたら向こうで得意げに話すのですか?
やっぱりモツオタは曲なんかまともに聴いてなかったwwwwwと

平和になんて言うから信用して真面目に相手して損した…(´・ω・`)
わざわざスレを跨いで煽って楽しいですか?本当に悲しいよ…
嫌いなら嫌いで、普通に話せばいいのに
このスレでだって曲の好き嫌いは普通に出ます。自分の脳内モツオタ像に
無理やり当てはめようとスレを乱すのはどうかやめて下さい。平和に話したいです

774 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:55:37 ID:lX1uW7dw
なんなんだこいつら^^;

775 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 21:59:27 ID:rzc30TjO
>>773
ジュピターについて語るのがどうして不自然なの?
だってモーツァルトのスレだよ。モーツァルトの音楽について語りたく
ないの?

776 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:02:10 ID:7rrKNlAx
まじうぜえ

777 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:02:33 ID:trI35pD3
>>772
ジュピターについて語ってるスレの流れをぶちこわしておいて
「もうそんなこといいじゃん」とかいうくらいなら
引っ込んだらどう?
自分で大暴れしておいて「わかんない人だね」とはw

>で、君はジュピターの件についてどう思うの?
ジュピターという曲は正直よくわからない
技巧をこらしてつくってるけど、聴いていて素直に感動できないところがある
ただし、統一感がないというのはあたらないと思う
第1楽章第1主題は前/後半で相異なる性格のモティーフをつなげたものになっている
対照的なモティーフを複雑な対位法で統一する、というのが
全曲のコンセプトになっているようにみえる
また、上で言われていた点にくわえて
第1楽章第1主題の後半部は第4楽章の第1主題を暗示している
こういうことは、たとえばブリュッヘンの演奏を聴いたりすると
意識させられる。で、「やはり、すごい曲なのかな」と
じゃあ、いちばん好きな曲かというと、そうでもない
最近は39やプラハのほうがいい曲に思えてきた
以上

778 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:17:03 ID:xXhQB2BR
自分の意見を押し通すだけで、違う意見や好みに対しては攻撃してくる。
これじゃあ平和、あるいは有意義な議論なんて出来ないよ。

これが分かってもらえないんだったらID:rzc30TjOには出てって欲しい。

779 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:29:30 ID:rzc30TjO
>>777
おおっ丁寧に書いてくれてありがとう。
前のレスが失礼な言い方だったら謝るよ。
統一感については、当時の曲はむしろあまりそれを意識してないものが
多いので、それが嫌いな最大の理由というワケじゃないんだごめん。

第1楽章第1主題もそうだが、あの曲はどうも旋律的魅力に欠けるように
感じるんだよね。それと、両端楽章の展開部が非常に平板に感じてしまう。
大袈裟な主題の割りにね。
君も推奨する38番は俺も好きなんだが、あの第1楽章の展開部における
転調の素晴らしさ!のような妙技もなく、硬直した印象。
モツの対位法はあの曲より、声楽曲や、バッハの影響を受けたという
アダージョとフーガ ハ短調K546(ジュピターと同年の作)
とかのうほうが素晴らしいと感じる。

ブリュッヘンのCDは俺も持ってる。古楽器のなかでは好きではないタイプ
だが。39の前半2楽章は好きだし傑作だと思うよ。


780 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:36:50 ID:xXhQB2BR
三大交響曲は、それぞれ違う特徴を持ってるので
3曲とも好きな人って案外少ないんでしょうか?

781 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:47:50 ID:M/2x/PaW
ミンコフスキを聴いてジュピターを改めて見直した。このくらいやってくれると
素直に感動できる。

曲自体については上でかなり述べられてるが、さらに言えば、第一楽章第一主題
の前半にある三連符の前打音は、その反転形や四連前打音の形で第一楽章に頻繁に現れるし、
第四楽章第一主題がフォルテで繰り返される所で低弦にも出てくる。

また、第一楽章第二主題と、ハ短調和音がフォルテで鳴り響く箇所の間に挟まれている、
低弦による第一主題後半とヴァイオリンによる対位主題が奏される所は、第四楽章第一主題の
変形とも考えられる。

さらに、K541のアリアからの引用主題の後半、展開部の主材料となる動機は正に第一楽章
第一主題後半部から派生している。

もっとも、こういう分析は、スコアを見ながらでないと分かりずらいと思う。
CDを聴いてるだけでは、「統一感が無い」という感想を持つのもある意味納得できる。

782 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 22:57:01 ID:Xk0jzMav
>>780
自分は3曲とも好きですが、やっぱり順位みたいな物は出てしまいますね…
性格が違うから気分によっても変わるけど
聴く回数は圧倒的に差が出てしまっている感じです。好き嫌いは出ると思う

783 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:03:06 ID:trI35pD3
>>779
了解。そちらこそ丁寧なレスどうも。
プラハこそが最高傑作だという人は結構多いね
確かベートーヴェンもこの曲を研究していたんじゃなかったっけ(記憶違い?)
>>781
いま話題のミンコフスキですね
まだ聴いてないけど、今週末あたりに購入してみます

784 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:07:32 ID:rzc30TjO
>>781
展開部が第1主題から派生するのは別に他の曲、他人の曲でも何ら珍しく
ないけど、41の旋律にあまり魅力を感じないんだよね。
ミンコフスキの演奏ってどういうタイプなんですかね?
メユールの交響曲ではかなり楽しめたんだけど。
インマゼールの演奏よりは期待できそうかな。

785 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:07:50 ID:xXhQB2BR
私にはべト2番の第1楽章がプラハの第1楽章を参考にしてると思えます。

786 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:29:52 ID:M/2x/PaW
779さん
ジュピターの第四楽章は普通のソナタ形式だと思って聴くと案外失敗しやすいと
思う。よく「ジュピターのフィナーレはフーガだ」といわれますが、まさにその通り
で、提示部、展開部、再現部、コーダの全てにおいて実質六つの主題や動機が
展開されまくってるので、この曲の展開部は「転調部」だと思って聴くと良いと
思います。ヴェスペレ K339のラウダーテ・プエリを聴くような感覚です。

第一楽章の展開部が平板、というのは半分当たってると思う。でも半分は演奏する側の
責任かも。あの部分は木管楽器がミソだと思うんですが、弦が頑張りすぎて木管の音が
聞こえづらい演奏が多いです。CDでは特に。あと、これは個人的な考えだけど、モツ
はこの楽章ではあまり凝った対位法を使うつもりは無かったんじゃないかなあ。提示部
のブロック構造的な造りを聴いてるとそう思えてきます。多分、第四楽章があまりにも
対位法だらけなのでバランスをとるためにそうしたような気がします。

旋律的魅力は確かに、他曲と比べると乏しいかも。

787 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:35:48 ID:rzc30TjO
>>786
どうもありがとうございます。
木管が埋もれない、という意味では小編成の古楽器演奏に期待したいです。

788 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 23:47:19 ID:xXhQB2BR
>>787
三大交響曲ともなると、古楽器組でも第1ヴァイオリンだけで8人とる編成が結構ある。
でも通常のCD録音であれば、個人的には6人でやってほしい。
大体、交響曲や協奏曲で第1ヴァイオリン8人なんてモツ時代では稀なことで
管楽器の音色が弦に埋もれてしまう。


789 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:00:23 ID:8oXta/G+
ジュピター好きな素人の意見だけど、
あの曲は旋律を愛でるんじゃなく全体の調和とか高揚感って物を味わう曲だと思ってるよ。
とことんポジティブな曲なので子供のころ聴いたときには詰まらん曲だと思ってた。
そのころは40番みたいな本能的・感情的な曲しか聴く気になれなかったな。

790 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:01:46 ID:X4+DowOY
ミンコフスキの演奏は、どう言ったらいいかなあ。
第一楽章… ブリュッヘンとインマゼールを足して2で割ったような感じ。12分14秒かかりますが、
      遅く感じません。かなり濃いです。ハ短調部分は個人的には理想的な出来だと思います。
第二楽章… 割とゆっくり目の演奏。古楽器系の緩徐楽章が速すぎて苦手ならオススメ。
第三楽章… これは一番オーソドックスかも。でも、トリオのジュピター主題の所の伴奏はかなりメリハリ
      が効いてます。新鮮な発見でした。
第四楽章… 10分33秒です。速い!もちろん前半後半それぞれ繰り返してます。でも適当に演奏してる所
      は微塵もありません。かなり熱気溢れる演奏だと思います。特にコーダが凄い!この演奏が一番
      各声部の音が聞こえてきました。こうなるともうたまりません。しかも極めつけは、最後の4小節
      のティンパ二の超強打!!

どうでしょう?僕の個人的な感想です。インマゼールのジュピターもかなり好きですが、今はミンコフスキに
ハマリまくってます。この人に是非プラハと39番を録音して欲しい!


791 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:06:45 ID:quxOdBK4
俺の周りでの意見だけどジュピター好きな奴は交響曲好きな傾向。
モツはあんまり好みじゃないけどジュピターは好きってのも結構いる。
モツらしいってとこからちょっと離れて、交響曲らしい曲ってことなのかな。

792 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:11:59 ID:OR0104zN
>>788
ああ、そうだね。俺が言ってるのは、スホーンデルヴルトがベトの
ピアコンでやったような編成のこと。エロイカでもそれもんの小編成の
録音があるね。
はっきり言ってホグウッドもブリュッヘンも弦分厚すぎ。

あと君、某他スレにも居た人だね。いま気づいた。いや、あちらでは
失礼しました。

793 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:33:21 ID:ZiuIwTbh
>>792
編成の話のついでに古楽器組のピッチについても言いたい。
モツの古楽器演奏の多くがラ=430 Hzを採用してるがモツ自身が体験した標準は
420ぐらいが主流なんだよね。430だと当時の平均というより、むしろ高めの
設定ということ。
この辺も古楽器団体は見直して欲しい。





794 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 00:41:35 ID:OR0104zN
ピッチについては研究によると当時も各地でバラバラだったとも言う
から、設定が難しいんじゃないかな。18世紀末のパリは高めとか。
俺は低めが好きだな。
410Hzの録音とかもあるよね。モツ以外だったような気がするが。

795 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 01:25:34 ID:AjieYELC
モーツァルトの天才をもっとも感じる曲は?
わし、グランパルティータ

796 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 07:21:43 ID:f9xWr98f
正直、ロ長調のジュピターは聴きたくない

797 :名無しの笛の踊り:2006/07/27(木) 15:36:28 ID:X4+DowOY
正直、変ニ長調のジュピターには飽き飽きしている。

798 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 12:18:50 ID:qumHyTiy
ニ長調のジュピターはちょっと聴いてみたい気もする

799 :名無しの笛の踊り:2006/07/28(金) 14:48:08 ID:u+JGkPvk
>>793
最近の演奏だとマンゼのV協がA=415でやってるね。
やっぱ古楽器は430より、もう少し下げたほうがしっくりくる。



219 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)