5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■ヨーゼフ・カイルベルト■■■

1 :名無しの笛の踊り:2006/02/25(土) 00:39:45 ID:syGXgfMh
本物のドイツ音楽を奏でる真の巨匠として近年再評価がたかまるカイルベルトについて、
語りましょう。

2 :名無しの笛の踊り:2006/02/25(土) 00:40:20 ID:sMOo4bkK
【指揮者】ドイツは素晴らしい【オーケストラ】
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1135851801/

3 :名無しの笛の踊り:2006/02/25(土) 00:41:57 ID:syGXgfMh
個人的には、1968年の来日公演のライブ録音が名盤だと思います。
55年のリング、オルフェオ等のライブ録音についてもご感想をどうぞ。

4 :名無しの笛の踊り:2006/02/25(土) 02:01:56 ID:z68MgRGo
ブル6最強

5 :名無しの笛の踊り:2006/02/25(土) 23:51:46 ID:syGXgfMh
いえーーーい

6 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 00:25:12 ID:eUA0OJ99
何気にN響とのブル4がお気に入りだったりする。
名盤とは思わんが。

7 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 05:49:13 ID:ZPaKBYmN
レーガーのヒラー変奏曲とモーツァルト変奏曲は最強だね。

8 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 05:53:11 ID:yRwjQmNv
カイルベルト初心者のブルヲタです
ブル6はこの人を超える演奏はないね

9 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 08:17:42 ID:rpAi3K05
「トリスタン」全曲がないのが惜しい。シュトラウスでは「アラベラ」と
「影のない女」がいいね。

Orfeoからはヤナーチェクの「ブロウチェク氏の旅」とかプフィッツナー
の「パレストリーナ」なんてのも出てる。そういや、こないだDGから
「セヴィリアの理髪師」のDVDも出てたな。ウンダーリヒ目当てで買った
んだが、あの序曲をニコリとせずに真面目くさって振るカイルベルトが
面白かった。

10 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 11:14:03 ID:ik3l85yN
ジョージ・ロンドンとのドンジョバンニはどんなもの?
古いスタイルなのは当たり前なんだろうけど。

11 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 21:22:40 ID:L+EZnmXn
カイルベルトのブル9聴いた人いますか?

12 :名無しの笛の踊り:2006/02/26(日) 21:27:35 ID:fbua7Xdo
なつかしい、カイルベルト。フリーターしてたあてどもない毎日を送っていた
2年前から待っていた指輪がテスタメントからとうとう発売されるね。

13 :名無しの笛の踊り:2006/02/28(火) 00:33:21 ID:yeET7FBJ
>>11
もってるよ。
いいんじゃない。

しかし、ブル8ないかね。


14 :名無しの笛の踊り:2006/03/03(金) 18:03:42 ID:FmDRHCFy
BPOとのスタジオ録音、
バイエルン放送響とのライヴ録音、
NHK響とのライヴ録音(未CD)、
ブラームスの第2交響曲が素晴らしいと思う

15 :名無しの笛の踊り:2006/03/09(木) 04:38:18 ID:Xs++P4Gv
http://www.testament.uk.com/

カイルベルト/バイロイト(1955年)の「Ring」で話題の
testamentレーベルHP(上記リンク)の、それもtopを見よ。
カイルベルト/バイロイト(1955年)の「さまよえるオランダ人」が
ステレオ録音(!)で登場する旨が予告されている。

16 :名無しの笛の踊り:2006/03/09(木) 08:39:17 ID:HD2QV8cr
LP時代はステレオだったよ。
CDのテルデック盤はなぜかモノラル。
CDではカットされてたファンファーレが収録されてると嬉しいなあ。


17 :名無しの笛の踊り:2006/03/15(水) 18:05:29 ID:4QxEx2tS
さてTestamentの「ジーックフリート」はどうやら17日には店頭に
並ぶようですが

18 :名無しの笛の踊り:2006/03/15(水) 18:06:10 ID:4QxEx2tS
打ち間違えた…なんだよ「ジーックフリート」って…('A`)

19 :名無しの笛の踊り:2006/03/15(水) 19:22:28 ID:UfxfGY5E
ドイツ語だとそんな莞爾だ

20 :名無しの笛の踊り:2006/03/16(木) 23:47:31 ID:VfmPOi6y
70年代半ば、キングレコードから廉価盤が一挙発売されたとき、レコ芸で大木正興に
「この人の仕事が振り返られる機会もこれが最後だろうから」
なんて書かれてた。ところがどっこい、それから三十年。


21 :名無しの笛の踊り:2006/03/17(金) 01:42:03 ID:9Cz5ZsVE
バンベルク響とのライブをもっと発掘してもらいたい。
名演が眠っているはず。来日のときの画家マチスもCD
にしてほしい。あと映像もほしい。

22 :名無しの笛の踊り:2006/03/18(土) 20:30:28 ID:3BnY7FeA
「ジークフリート」予想以上の音質だな。文句なし。

23 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

24 :名無しの笛の踊り:2006/03/19(日) 20:06:01 ID:qp7Vlc5F
http://www.tokyoseitoku.ac.jp/center/qa/detail.asp?x=D-15_4.xml

25 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 03:14:22 ID:XVjkrTLI
テスタの指輪ってデッカが撮ったにもかかわらずなんでこれを出さずに
糞ショルティなんかでバカみたいな金かけて糞盤作ったんだろうな。

26 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 03:28:54 ID:OFRXl/1N
けっこう若くして亡くなったんだよな。ムーティもエッシェンバッハも彼の没年とっくに超えてる。


27 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 09:39:44 ID:+br4uMgh
LP時代に買った「魔弾の射手」が懐かしいな・・
30年前の話ですが、あの頃はカイルベルトといえばこれが代表盤の一つだった気がする
高校生の頃、このレコードのハイライト盤よく聴いてた。未だに完成度や自然なこの曲の良さが出ている点では一番の演奏だと思う。
特にファンというわけじゃないんですが、「指輪」そのほかできちんと再評価されていて、何となく嬉しい。今度思い切って「指輪」買ってみようかなあ。

28 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 23:43:41 ID:+1r2Hbql
指輪が売れたら、ほかの録音も発掘していただきたいですね

29 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 23:54:12 ID:+ySesspq
この人ってカラヤンと同年生まれでなおかつ同じ年に
GMDになってるんだよね。
カラヤンばっかりドイツ最年少のGMDって強調されるけどさ


30 :名無しの笛の踊り:2006/03/23(木) 00:23:03 ID:bHrGNY7L
はて・・・testamentレーベルのことだから
しばらく待ちぼうけかな。この件、>>15で既出の話題で失礼。

ステレオ! カイルベルトの『オランダ人』
http://www.hmv.co.jp/news/newsdetail.asp?newsnum=603220077

31 :名無しの笛の踊り:2006/03/23(木) 06:05:48 ID:0/Jy8vmS
もしかしたらモツファンからは軽蔑されるかもしれんが
アイネ・クライネはこの人がバンベルグとやったの以外
聞けなくなっちまった。

あのモーツァルトっぽくない重厚な音。でもそれがメロディに
えもいわれぬミスマッチ。まあ、モツが天才なんだろうけど。

32 :名無しの笛の踊り:2006/03/24(金) 12:05:04 ID:NZKOPCFf
40番のライブも名演ですね

33 :名無しの笛の踊り:2006/03/24(金) 12:06:26 ID:NZKOPCFf
もしショルティではなくカイルベルトの指環が出ていたら、
その後のカイルベルトの扱いも変わっていたかもしれませんね。
残念です。

34 :名無しの笛の踊り:2006/03/24(金) 12:10:43 ID:+v3GKHFC
デッカが出したかったのは
「世界初のスタジオ録音による指輪」だからな

35 :名無しの笛の踊り:2006/03/24(金) 17:07:14 ID:NZKOPCFf
ジークフリートの音質はどうなんでしょう。
1955年のバックハウスとベームのモーツアルトは
なんだかモノラルみたいなステレオでしたが・・・

36 :名無しの笛の踊り:2006/03/24(金) 20:20:41 ID:ubYZPZCh
カイルベルトのジークフリートのリブレットに、バイロイトの
オケピットで指揮をしているカイルベルトの写真があったんだけど
その表情がなんともいえないほど良かった。
目がいいんだよね、目が。
すごくきれいな目をしてた。
カイルベルト初めて聴いたけど、とても素晴らしい指揮者だった
と、よくわかりました。

>>35
音質とても素晴らしいと思うよ。
バックハウス/ベームのモーツァルトよりずっとダイナミックで
音の鮮度が良いと思います。
録音当初はわからないけど、バックハウスのモーツァルトは
テープの劣化によると思われる音のくもりが気になるけど、
カイルベルトのジークフリートは録って編集したままで
そのまま倉庫に眠ってたのが良かったのか、生々しさが最高でした。

37 :名無しの笛の踊り:2006/03/24(金) 21:47:23 ID:NZKOPCFf
>>36

ありがとうございます。


38 :名無しの笛の踊り:2006/03/25(土) 11:16:26 ID:MB7O5ip/
>>36
リブレットにはどういうことが記述されてますか?

39 :名無しの笛の踊り:2006/03/25(土) 15:22:32 ID:2v4h/fHh
930 名前:名無しの笛の踊り[] 投稿日:2006/03/25(土) 12:33:18 ID:MB7O5ip/
買うかどうかのポイントがライナーなんだよ。
どうせ演奏はたかが知れてるし。

40 :名無しの笛の踊り:2006/03/28(火) 13:01:35 ID:pbyLzN+i
ジークフリートはかなりの人気のようですね。

41 :名無しの笛の踊り:2006/04/02(日) 01:22:04 ID:40Rgoi6M
いやー、ジークフリートの音質には驚いた。70年代か80年代の録音とされてもわからないくらいだね。
演奏はもちろん感動的。リングサイクルが揃ったら、ベスト録音になるような予感がする。カイルベルトが47歳の時の演奏だよね。まあ、大変な実力の持ち主だったことはたしかだろう。

42 :名無しの笛の踊り:2006/04/02(日) 03:40:46 ID:SGdOR840
すごい音質!驚いた!自分も聴く前はモノだかステレオだか区別できない位だろうと思っていたらトンでもない、
60年代のバイロイトのライブ録音を超えてるんじゃないか?
全盛期のホッター、ヴィントガッセン、ヴァルナイの歌をイイ録音で聴けるだけでも買う価値はあると思う。
でも欲を言えば次の年から3年、指環はクナが指揮したからクナで録ってほしかった〜!


43 :名無しの笛の踊り:2006/04/02(日) 18:24:33 ID:40Rgoi6M
60年代のバイロイトライブはよく言えば硬質な録音といえるが、この55年ライ
ブはステージの奥行き感も伝わってくる名録音だね。


44 :名無しの笛の踊り:2006/04/04(火) 17:59:14 ID:xt0rdbTM
今年リリースされる予定のCDのなかでもっとも注目されることになりそうです
なあ、55年リングのことですが。
56年のオランダ人もリリースされるようだが、カイルベルト・ルネッサンスと
いうべき年になりそうですなあ。

45 :名無しの笛の踊り:2006/04/04(火) 19:32:59 ID:FoVxjyNC
カイルベルトのリングは全部出揃ってもポピュラリティを
獲得することはないような気がする。
日本でのポピュラリティは話題性が先行するため、必ずしも
演奏内容とは一致していない。
ただ、演奏を聴いた限り、これは本物のワグネリアンと、
隔たりなく真摯に音楽を聴く人たちからは間違いなく絶大な
支持を得るだろうし、個人的にはそれでいいとも思う。

個人的にはジークフリートは本当に素晴らしかった。
鳥肌が立つくらいに。
でもヴァルキューレと神々のたそがれを聴くまでは、絶賛は
まだ押さえておきたい気持ちがある。
ヴァルキューレの叙情とヴォータンの深い人間的感情(
ヴォータンは神々の長にして、もっとも人間的なキャラクター
だと感じる)をどう表現しているのか。
神々のたそがれの難しい心理劇をどうさばいているのか。
これらを聴くまでは。
期待と不安の入り交じった気持ちで、続きが出てくるのを
もちろん楽しみに待っている。

46 :名無しの笛の踊り:2006/04/05(水) 06:20:19 ID:DI4EPicO
>>43
全然硬質じゃないよ。CDラジカセで聴いてるの?

47 :名無しの笛の踊り:2006/04/05(水) 09:54:31 ID:P5vDM5r/
国内盤が出ない限り一部のマニアのものででしかなく定番にはならないよ。

48 :名無しの笛の踊り:2006/04/05(水) 15:09:17 ID:hIl/np3O
国内盤が5月から順次発売されると広告されてるよ。

49 :名無しの笛の踊り:2006/04/05(水) 21:58:27 ID:CtFGmjIq
>>45
イマイチさん、相変わらずヲナニーモード全開ですね。
お元気そうで何よりです。

50 :名無しの笛の踊り:2006/04/06(木) 14:00:00 ID:mV2NNmdD
LP近々に発売されるとは聞いていたが、国内盤が出るのか。

51 :名無しの笛の踊り:2006/04/06(木) 23:57:47 ID:mV2NNmdD
リング国内盤

ショルティ、ベーム、カラヤン、ヤノフスキー、ブーレーズ、
フルトヴェングラー、バレンボイム、クナッパーツブッシュ
カイルベルト

どれも凄いな。4夜の演奏を通すエネルギーを思うとすべて脱帽だ。

52 :名無しの笛の踊り:2006/04/07(金) 19:42:23 ID:e81QyS1S
厨房の頃LPでA面ブラ2、B面ブラ4で1000円という、当時としては破格の
廉価盤が出て飛びついたな。

53 :名無しの笛の踊り:2006/04/07(金) 23:30:26 ID:5N/B1kLp
昔、A面「悲愴」B面「新世界」がエンジェル(カラヤン・PO)、同「
ブラ2」「ブラ4」がビクター(ミュンシュ・ボストン響)からも出て
いた。中学生としては絶対にお得だと思ったものだね。

54 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 01:37:30 ID:XwTIiIoe
ジークフリート、そして最終的にリングはカイルベルトの代表盤となりそうだ。
音質も相当なものだ。
バンベルク響の自主レーベルでも始まれば、さらに魅力的な一面が明らかになり
そうだ。

55 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 02:08:59 ID:Y9XSGzea
録音って怖いよな。この人もへたすりゃマニアックな中高年の思い出の中で細々と語られるだけの存在だったかも知れない。



56 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 17:06:23 ID:aGCf6FPe
今回のリングが演奏された55年当時、カイルベルトはどこの
ポジションにいたんですか?
バンベルクのトップに就いたのは60年代に入ってからでしたっけ?
ちなみに同じ歳で仲が良かったカラヤンは、55年当時はBPOの
シェフに就いて1年目。
ロンドンからベルリンへ活動の中心を移す大きな転換期でしたね。

57 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 17:08:54 ID:0pZLTn1b
バンベルク響は既にやってたと思う。

あと、この頃は確かハンブルク・フィル(ハンブルク国立歌劇場のオケ)の
常任やってたんじゃなかったっけ?
ちなみに、ハンブルク・フィルの後任もサヴァリッシュだった。(サヴァリッシュの
自伝によると、この交代のときに「自分に万が一のことがあったらバイエルンの
方もよろしく頼むよ」とカイルベルトに言われたらしい)

58 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 17:21:45 ID:PbzcOwyw
バンベルク響はもともとドイツフィルだったのでは?
ハンブルクの常任は1950年からやっとったはず。

59 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 17:23:50 ID:PbzcOwyw
ところで今の日本でいちばんカイルベルトに詳しい評論家って
だれなんでしょう?

60 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 18:17:54 ID:QlfGb6pS
>>59
誰だろね?むしろかつてのN響関係者の方が詳しいんじゃないかな
でも個人的にはカイルベルトを聞くのに評論家のつまらん講釈はいらん
(伝記的な情報は興味ある人もいるだろうけど)

61 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 18:23:03 ID:aGCf6FPe
カイルベルトに詳しい日本の評論家さんなんているんでしょうか。
いたならこんなに語られない人にはならなかったのでは…。

バンベルクは当時からやっていたんですね。
ハンブルク・フィルの常任というのはハンブルク国立歌劇場それ
自体とはあまり関係がないのでしょうか?
ハンブルク国立歌劇場と言えば、余談ですがマーラーも監督を
やっていましたね。

62 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 18:29:56 ID:i/aSucO4
そもそも、カイルベルトは音源が少ないから情報も少なくなる。

63 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 22:02:03 ID:sh4KaIMB
>>56など

カイルベルトの生涯を手短に述べているサイトがあったよ。

Barnes & Noble.com Music - Artist Bio
http://music.barnesandnoble.com/search/artistbio.asp?z=y&CTR=32780

64 :名無しの笛の踊り:2006/04/09(日) 22:08:52 ID:I2yOK/jp
Orfeoからリリースされてる数々のCDだけでも
十分凄い指揮者だと思ったけどな
ベートーヴェンの7&8なんか最高級の名演でしょ

65 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 00:05:25 ID:1XZTl7Oc
ハンブルク国立フィルは、ハンブルク国立歌劇場のピットに入っているオーケストラ
と同じ。コンサートでの名称。復活祭の頃に、カイルベルトの指揮するマタイ受難曲
は、北ドイツ地方の恒例行事でラジオで放送されていた。ということは北ドイツ放送
局には音源があるはず。ちなみに1962年4月18日には、キリストをヘルマン・
プライ、エヴァンゲリストをアントン・デルモータが担当している。この演奏は大変
な評判になったと聞いている。
カイルベルトをよく知っていたかどうかわからないが、常に高い評価で批評していた
のは、野村光一さんあたりではないか。あとは、高崎保男、菅野浩和の両氏かな。宇
野功芳さんは辛いね。総じて当時の若手評論家はカラヤン派が圧倒的だったからね。
吉田秀和さんは1950年代に渡欧し、ミュンヘン・ウィーン・バイロイト・ベルリ
ンあたりでカイルベルトの演奏に接して、はじめてR・シュトラウスの本格的なオペ
ラを体験したと述べている。リサ・デラ・カーサのソプラノにカイルベルトがウィー
ン・フィルを指揮した、「最後の四つの歌」を初めて聴かれたそうだ。

66 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 15:57:16 ID:uehb0hfa
野村光一氏は来日公演のブラ4のCDの解説を書いていますね
曰く、オーケストラ演奏ではめったに興奮しないが、
このカイルベルトには大変感動した、と。たしかに
熱狂的な演奏で、拍手もすさまじい。

宇野はカイルベルトは響きが浅いと批判してますね。
フルトヴェングラーばっかり聴いてるとそうなるのでしょう


67 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 16:25:03 ID:MTz4BMyT
ハンブルク国立フィルとのベートーヴェン:交響曲第5番(運命)も素晴らしい演奏だね。
第1楽章を聴き終えたとき、はじめて心から「納得のいく」演奏に出会ったと感じたなあ。
"音楽の論理"とよくいうけれど、なにかその実体が見えたような気がした。

68 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 19:25:51 ID:uehb0hfa
ハンブルク・フィルは、名演が多いと思います。
ブラームスの4番も、熱演です。

69 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 19:41:41 ID:CdXt3ZDH
ふ〜ん、そんなに凄い指揮者なんだぁ。
NaxosHistoricalのローエングリンを聞いてみようかな。
序曲だけ聞いて、ほったらかしてある

70 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 19:48:47 ID:HwRuoDaC
あの時代のバイロイトで 何年も 指輪振ったんだから 
只者ではない その後のクナの名演も カイルベルトがオケを
鍛え上げたから とも言われてるね。

71 :名無しの笛の踊り:2006/04/10(月) 20:27:48 ID:3yRS606j
>>70
息が切れ切れだぞ、しっかりしろ!

72 :名無しの笛の踊り:2006/04/11(火) 00:22:56 ID:Xtfng1Kt
N強の人が言っていたが、カイルベルトはほとんど強奏させないらしくて、こんなんで
大丈夫かいな?と感じながら演奏していたらしい。ところが、聴いてみたら、十分に
豊かで力強い音楽になっていたので、感心したということだった。アンサンブルの勘所が
分かっている指揮者だったのだろうね。

73 :名無しの笛の踊り:2006/04/11(火) 17:07:06 ID:k09yAi0O
>>72
アンサンブルの勘所の掴み方というのは、今回のジークフリート
聴いてとてもよくわかりました。
作品の全体構成の把握と勘所の掴みとコントロール。
凄く上手い人だと思います。
あの前のめりになるヴィントガッセン(クナ盤でも走ってたんで、
癖なんでしょうかね)を前に、歌を殺さないようにオケを
コントロールしながら見事に辻褄を合わせて、なおかつ構成が
崩れないというのは、本番に至るまでの準備も含めて、
カイルベルトの素晴らしいバランス感と統率力の賜物では
ないかと感じました。
長丁場でも一貫して求心力の強さを失わないポテンシャルにも
脱帽です。
これでは早死も仕方なかったかも知れないと、ふと思いました。

74 :名無しの笛の踊り:2006/04/11(火) 18:57:51 ID:BKVNm52z
ライブでの統率力は抜群だ。さすが叩き上げ

75 :名無しの笛の踊り:2006/04/13(木) 10:03:08 ID:lRXOrQU2
 プラハ・ドイツ・フィルの復刻CD、確かシューマンが出ていると
聞いた事があったけど。

76 :名無しの笛の踊り:2006/04/13(木) 15:30:19 ID:WFAIDzYJ
OTAKEN REGORDから、シューマンの交響曲第1番、第4番が復刻されたね。これは戦前のSPが、戦後
アメリカのマーキュリーでLP化されたものだった。
この他にも、モノラル録音でシューマンの交響曲第1番が戦後録音されている。これはバンベルク響と。
ピアノ協奏曲は正規録音が、アニー・フィッシャー、ハンブルク響(フィルハーモニーではない)とイギリスの
マイナー・レーベルから出ていた。ゴールデンメロドラムからは、グルダ、ウィーン響とのライブが出ていたね。
ロマン的感興に富んだいい演奏だ。

77 :名無しの笛の踊り:2006/04/15(土) 23:53:34 ID:cyjADMVK
そんな古いものが残っていたのか。
驚いた

78 :名無しの笛の踊り:2006/04/17(月) 10:47:23 ID:t0UI0B6R
マーラー交響曲第1番「巨人」が出るね。オケはドレスデン国立管弦楽団、1950年の放送音源。
カイルベルトのマーラーは「大地の歌」があるが、今回も期待。

79 :名無しの笛の踊り:2006/04/17(月) 22:47:19 ID:g0s1NqRj
1950年というとまだフルヴェンが生きていた時代ですね。

80 :?名無しの笛の踊り:2006/04/18(火) 14:00:20 ID:lsjl4c1e
戦後の激動期ですね。カイルベルトはこの年にドレスデン国立歌劇場およびベルリン国立歌劇場の音楽監督を離任している。
ソヴィエトの影響力が強くなってきたからでしょう。以後、ハンブルク国立フィルやバンベルク響の音楽監督、常任指揮者を
担当することになる。ドレスデン時代の録音である「サロメ」は圧倒的な演奏だったから、この時代の音源がどんどん発掘
されるといいですね。

81 :名無しの笛の踊り:2006/04/19(水) 15:07:10 ID:eYoXzeJ/
ドレスデン時代の録音としては、「フィデリオ」の一部が出ていたが、あれは全曲音源があるのかなあ。
ヴァイトブリックはそろそろカイルベルトノシリーズを始めてもいいのでは? 以前、広告が出ていたけ
ど、あれどうなってんだろう。

82 :名無しの笛の踊り:2006/04/19(水) 23:51:13 ID:lEy0tgHl
>>81 あれは全曲あったら嬉しいね。「フィデリオ」ならバイエルンでの
演奏も残ってそうだけど。
つーかドレスデン時代の録音って「サロメ」と「ルサルカ」くらいしか出て
ないのでもっと発掘してほしい。

バイエルンとのやつだと、シュトラウスをはじめヤナーチェクとかプフィッツナー
まで出てるのにね。

83 :名無しの笛の踊り:2006/04/20(木) 16:16:44 ID:lIysbzlj
「ルサルカ」もあったか。たしかCD化されてたよね。シュッタツオーパーは爆撃で壊滅していたから、
転用劇場で苦難の再建に取り組んでいたわけだ。

84 :名無しの笛の踊り:2006/04/21(金) 16:30:49 ID:D11J4BYw
カイルベルトはマーラーもレパートリーだったんですか。

85 :名無しの笛の踊り:2006/04/21(金) 16:40:10 ID:RJZtOLUT
どなたか、ゴールデンメロドラムから出た
『タンホイザー』(バイロイト・ライヴ)について語れるかたは?

86 :名無しの笛の踊り:2006/04/21(金) 21:57:37 ID:R2g/c3Zj
>>85
音質自体は良くないけど、聞いているうちに気にならなくなる。
合唱も含め(ヴィルヘルム・ピッツ)とにかく熱い演奏。

87 :名無しの笛の踊り:2006/04/22(土) 19:01:14 ID:oDtm4Afw
たしかに序曲から切ないほどに一途さが現れていて、引き込まれていく演奏。
そうしたドライブに歌手も合唱も熱っぽく応えている。
マルケビッチの急遽ピンチヒッターで指揮したとは思えないほどに周到なカイル
ベルトだ。



88 :85:2006/04/23(日) 15:14:53 ID:iIM7v6nG
86>>87>>
ありがとうございます。
録音状態はかなり悪いが演奏は凄いぞと薦められましたので。
買って聴いてみます。

89 :名無しの笛の踊り:2006/04/23(日) 22:54:02 ID:yVWzX2aJ
オルフェオあたりでリリースされるともう少し音質がいいかもしれないけど。
演奏が、いいので聴いているうちに気にならなくなるんだよね。
ストレートだけど情念に溢れ、同時に暖かみがあるというか、一聴の価値あ
りだね。

90 :名無しの笛の踊り:2006/04/24(月) 00:28:13 ID:GS4I3RDV
>>89

カイルベルトの特徴ですよね

91 :名無しの笛の踊り:2006/04/24(月) 00:47:44 ID:CQM20ste
ベト7の最初に聞いたのが
この人のベルリン・フィルとの演奏だった。
以来、多くの7番を聞いたが
いまだ音の厚みと圧倒的な燃焼度で
これを上回る演奏にお目にかかっていません。

92 :名無しの笛の踊り:2006/04/24(月) 11:05:52 ID:Gn1nk/Yl
バイエルン放送響との7番も剛直な演奏で好きだなあ。


93 :名無しの笛の踊り:2006/04/25(火) 01:25:47 ID:k31xa2hp
BPOとのエグモント、レオノーレ序曲もいいですね。

94 :名無しの笛の踊り:2006/04/25(火) 21:28:23 ID:U8pZEHfZ
>>91
ORFEOのクライバー/バイエルン菅、聞かれました?

95 :?名無しの笛の踊り:2006/04/26(水) 16:05:28 ID:5C8CF/ei
バンベルク響とのライブも音質はもう一つですが、なかなか味のある演奏ですな。

96 :名無しの笛の踊り:2006/04/27(木) 01:13:14 ID:YHSwTHwY
スグレタエンソウハイツマデモカガヤキツヅケル。


97 :名無しの笛の踊り:2006/04/27(木) 01:17:00 ID:ADOUw99K
>>93
そうそう。同じCDにカップリングされてるんですよね。
凄く得した気分

>>94
4番(ライブ)は有名ですが
7番は知りませんでした。
コンセルトヘボウのも4.7の組み合わせでしたね

98 :名無しの笛の踊り:2006/04/27(木) 07:59:11 ID:XGDafWPm
ワーナーから出てるエロイカが大好き。
自分の中では、セル&クリーヴランドと並んで双璧。
ああいう重量感があるけど颯爽としてる演奏って良いね。

99 :名無しの笛の踊り:2006/04/28(金) 01:08:57 ID:hlnM6ifC
98>>
そう重厚ではあるが、雄大な広がりのある演奏で、ぼくも大好きです。
ハンブルク国立フィルも素晴らしいオーケストラだと思います。

100 :名無しの笛の踊り:2006/04/28(金) 01:27:09 ID:zKNyqJ9V
ハンブルク国立フィルは名演奏多いですね。
ブラームスの4番も熱演だ!!

101 :名無しの笛の踊り:2006/04/28(金) 14:33:24 ID:zKNyqJ9V
http://www.youtube.com/watch?v=KZaGKWjTRQI&search=meistersinger

102 :名無しの笛の踊り:2006/04/28(金) 21:42:37 ID:hlnM6ifC
マーラー交響曲第1番「巨人」を聴きました。カイルベルトの戦前の演奏に
通ずる非常にゆったりとしたロマンティックなものでした。1950年2月
の録音だからでしょうか。ノスタルジーを感じるものでした。
ドレスデン国立管もよく応えていました。

103 :名無しの笛の踊り:2006/04/30(日) 01:46:26 ID:TpRNqLwr
カイルベルトの巨人、聴きたいなあ。

104 :名無しの笛の踊り:2006/04/30(日) 04:14:39 ID:ejJNXxOP
ナクソス島のアリアドネ買ってきた。
聴くのが楽しみ。

105 :名無しの笛の踊り:2006/04/30(日) 22:21:13 ID:TpRNqLwr
最近、未発掘の音源が次々でてくるね。ジークフリート効果だろうか。
今度は何が。わくわくするよ。

106 :名無しの笛の踊り:2006/04/30(日) 22:39:25 ID:lCm1C0v0
ブラ4の解説で野村光一が書いていたのですが、
西ドイツで製作された『バンベルク交響楽団』っていう映画
があるらしい。見たことのある人いませんか?

107 :名無しの笛の踊り:2006/05/01(月) 10:36:42 ID:1YIS90Is
詳細きぼんぬ。
ということは、カイルベルトの映像がたっぷりとあるということ?

108 :名無しの笛の踊り:2006/05/01(月) 23:30:16 ID:1kfnS6l/
なんでも、柴田南雄ほか数人が西ドイツに招かれたときに、
政府の施設でこの宣伝映画を見せてもらったそうです。
指揮の映像もあったとのことです。見てみたいですね。

カイルベルトの映像はNHKが収録したものは結構残ってるんでは
ないかなと思いますが、あったらDVDにしてもらいたいですね。
カラヤンの来日公演DVDが出るそうですが、ベームの次は
カイルベルトにしてくれとリクエストしておきましょうか

109 :?名無しの笛の踊り:2006/05/02(火) 14:50:11 ID:ZyYjTGFV
NHKにはあまり映像が残っていないらしい。N響やバンベルク響の公演はほとんどTVで放送された
ので、録画量は多いはずだが、ヴィデオテープが貴重な時代だったので、後で別の番組の使い回しに
使ったらしい。N響アワーで放送された、第九の4楽章とマイスタージンガーくらいしか残っていな
いようだ。NHKってほんまにアホだねえ。

110 :名無しの笛の踊り:2006/05/02(火) 22:35:39 ID:YjtEIkdQ
↑ ほんまだねェ。その「第九」4楽章の一部とマイスタージンダー前奏曲しか
ないらしい。「断片集」しか作れないな。バンベルクとのブラ4(広島公演)が
唯一の生体験だったが、あのひたむきな指揮姿をもう一度見たいものだ。

111 :名無しの笛の踊り:2006/05/03(水) 00:53:18 ID:U9RuuCc0
おいおいビデオってさ、昔昔は滅茶苦茶高かったんだよ。
箸にも棒にも引っかからない、こんな2流指揮者のビデオテープ残してたら
そっちのほうがアホだよw

112 :名無しの笛の踊り:2006/05/03(水) 02:19:09 ID:PzQy9uqa
NHKには60年代の映像はほとんど残っていないようだ。当時は放送アーカイブ
という発想はなかったからだろう。それにしても、あれだけ放送されたのだから
第9やマイスタージンガー以外にも残っているのではないかという期待は残る。
ドイツにはオペラの映像がかなり残っている。去年、ロッシーニやチャイコフス
キーのDVDがリリースされたから、後続も期待しよう。

113 :名無しの笛の踊り:2006/05/03(水) 03:05:50 ID:jrrT39gb
>箸にも棒にも引っかからない、こんな2流指揮者

それは言わないお約束 W

114 :名無しの笛の踊り:2006/05/03(水) 03:20:01 ID:lWhu226T
>>106
「ここに泉あり」とか「炎の第5楽章」みたいな劇映画?
(確かにバンベルクは波乱万丈な経歴のオケだし)
それとも、単なる演奏映像?
これだけ再評価が高まった今となっては「単なる」では済まないけど。


115 :名無しの笛の踊り:2006/05/03(水) 14:13:05 ID:tCJok8yn
testament公式HPで、5月に「ワルキューレ」リリース予定の旨が告知されとる。
http://www.testament.co.uk/may2006.html
ブックレット解説pdfもDownLoadできる。

たぶん日本では6月くらいに輸入盤が御目見えになるんだろうな。

116 :名無しの笛の踊り:2006/05/04(木) 00:19:00 ID:VCEt8u9M
>>114

CD解説には詳しいことは書いていないのですが、約一時間以上ある
カラー映画とのことです。バンベルクの街と、演奏が織り交ぜて
収録されているとのことです。NHK交響楽団との関係もよかったの
だから、没後40周年記念でNHKが放送でもしてくれたらうれしいの
ですが。リクエストしてみましょうか

117 :名無しの笛の踊り:2006/05/04(木) 01:39:25 ID:hdVB+OFA
ドリームライフあたりが発掘してDVDにして発売することを期待したい。
バイエルン国立歌劇場、ウィーン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場で
のシュトラウスを中心とするオペラ映像もかなり残っているようです。




118 :名無しの笛の踊り:2006/05/04(木) 23:39:34 ID:hdVB+OFA
6月にはなんとブルックナー交響曲第8番がリリースされるようだ。オケは
ケルン放送交響楽団、60年代の録音でステレオらしい。
8番や5番はカイルベルト向きの曲だけに期待が高まる。
ジークフリート、マーラー巨人に続いて、凄い音源が発掘されてきた。

119 :名無しの笛の踊り:2006/05/05(金) 00:15:32 ID:JSTOnoJ0
ドイツってけっこう放送録音こまめに残しているのかな。
だとすれば存命のスイトナー、サヴァリッシュ、シュタインを含め、ケンペ、ベーム、ヨッフム、まだまだ色々眠っていそうだ。
ドイツ人系指揮者も四十代半ばあたりを中心に復興してきた感じだけど、やっぱりこの世代独特の(ったって随分幅があるけど)色合いは今のとこ過去に求めるしかないんだよね。



120 :名無しの笛の踊り:2006/05/05(金) 16:21:35 ID:eWzlkQ2h
きちんとしたドイツらしい放送資料館があるかな、宝の山が残されているでしょう。
サヴァリッシュ・ベーム・ヨッフムあたりはレコード録音の盛んな時代に遭遇した
から、正規録音が多いからいいが、60年代に亡くなったカイルベルトは放送音源
の掘り起こしの意味が大きいと思うなあ。

121 :名無しの笛の踊り:2006/05/05(金) 16:42:21 ID:ei8TPJ6H
ドイツはとてもよく残してます

122 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 00:06:51 ID:HIvYRnwm
>>118

すごいです。ぜひ聴いてみたいです。
ケルン放送響といえばヴァントも名録音を遺してますね。




123 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 00:08:30 ID:HIvYRnwm
60年代後期にもきちんとレコーディングされてれば
よかったのでしょうね。NHKの録音を聴くとつくづくそう
思いますね

124 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 10:00:32 ID:w1rPlXmr
カイルベルトの映像は以下の四点所有しています。
・セヴィリアの理髪師
・エウゲニー・オネーギン(ヴンダーリッヒ、プライ)
・アラベッラ(デッラ・カーザ、フィッシャー・ディースカウ)
・インテルメッツォ(プライ、シュテフェック)
オススメはインテルメッツォ。間奏曲ごとに彼の指揮姿を映してくれてます。
アラベッラも1幕の始めと終わり(デッラ・カーザの細やかな演技が美しい)
に客席からの後姿見れます。当然3幕への前奏曲は全て映っています。
わりと細やかな指揮ぶりです。ダフネの映像も残っているらしいですが、
音声(CD)共々まだ出ていないようですね。



125 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 10:02:13 ID:w1rPlXmr
CDのオススメは

ブルックナー、9番(56年録音説もあるので何と40代の記録)
ドヴォルザーク、新世界(2楽章がシミジミ良い)
メンデルスゾーン(フィンガルの洞窟が爽やか、ベルリン・フィルとの相性も良い)

などスター性は無いが、私が特に敬愛している指揮者です。

126 :名無しの笛の踊り:2006/05/06(土) 18:20:34 ID:3PWAh/UI
124
コシファントゥッテも映像が残されていると聞きました。
しかし、ブルックナー8番とは驚きました。
この際、さらに希望するなら、ブルックナー3番、5番も、ドイツのオケで
7番、マーラーの交響曲、トリスタンもです。

127 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 07:58:35 ID:7n8bm9HF
ブルックナーの3番は、シュトゥットガルト放送響との演奏が
昔自主制作LPで出てた記憶がある。聴いたことないけど。

むしろ、ベートーヴェンの第9がバイエルン国立管かバンベルク
で残っていないものかな。

128 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 22:59:54 ID:iC6EVLEw
ブル3はハンブルク国立フィルとのLPがありましたね。

129 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 15:34:14 ID:C1Njq6fD
マーラーの巨人、ゲットしてきました。
少し間をおいて聴きます。どきどき。

130 :名無しの笛の踊り:2006/05/08(月) 23:50:26 ID:ua04RNre
or

131 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:03:02 ID:xUZ8rMl0
クラヲタにとって、NHKの最大の罪は、
放送音源や映像をきちんと保管していないところ。

132 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 01:33:47 ID:s3tBhbX+
>>111の言うとおり、当時はそういうもんだったのだから責めてもしょうがあるまい。
責めるの酷過ぎるというもの。それほどテープは貴重だったのだから。
残ってないのは、カイルベルトに限ったことじゃない。


133 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 14:12:32 ID:t6qs6wpi
でも、フジTVは日本フィルのビデオを大量に保存しているよね。
渡辺暁雄、マルケビッチ、ケルテスなどの映像が残り、一部がDVD
になっているが。

134 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 15:18:55 ID:dA9ltEsB
むしろ民間人のほうが保存してるのではないかえ?

135 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 19:44:14 ID:R32WeaA1
フジはバカだからな。ひょうきん族の方が大事。

136 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 20:35:24 ID:BeUKKi3k
>>132
いくら貴重でもなあ。
1時間番組なら1時間のビデオテープに上書きすることによって、次の番組の製作費が1割も2割も節減できるというものではないだろう?
たとえそうだとしても、せっかく撮ったり作ったりしたものが永久に失われるということに思いをいたさなかったのだろうか。
個別の事情はあるのだろうが、やはり心理は理解できない。


137 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 20:44:47 ID:XCf3kt6A
クラオタなら消したがらなくても、
クラシックを聴かない人には価値がわからない。

NHKは自主制作のドラマやドキュメンタリー等も、たくさん消している。   

テープ代も、年間になれば、何千万の節約になるだろ。
自分勝手な駄々をこねるな



138 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 20:52:03 ID:WWxLV/Ar
今で言うところの数百万円に相当したとか。
まあ、しょうがないよ。

139 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 21:31:50 ID:hR7f1MZ7
こんなところで説教たれる>>137って?
やばい人間っているね。  


140 :名無しの笛の踊り:2006/05/09(火) 22:29:40 ID:FEs9diQt
>せっかく撮ったり作ったりしたものが永久に失われる
さらにその昔は生放送だけだったのだから、流した放送は
失われるのがあたり前だったわけで。
そういう発想は、後世からの観点にしか立ってないと思うな。

141 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 12:36:13 ID:Vapw4KND
そりゃ違うだろ。
演劇や生放送なら消えるのが当たり前だが、いったん記録に収まったもの、編集したパッケージとして提供されたものは映画や本と同じだ。
残す選択肢はあったし、現にそうした会社もあるのに、数万円のコストと引き換えに、それを放棄したんんだもの。
要するに自分達(現場だけは違う考えだったと信じたいが)の仕事をその程度の価値と認識していたということ。
老舗のピンク映画会社は昔のフィルムを置き場所節約のためだけに全部処分していて、中には映画史的に重要な作品も含まれている。
当時は温泉場に流すブルーフィrムやエロ写真と大差ない認識だったのだろう。NHKも似たようなものだ。


142 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 15:14:13 ID:6aJwEWHJ
NHKの話はもういいよ

143 :名無しの笛の踊り:2006/05/10(水) 19:44:28 ID:YgwJQEAm
>>142
今さら言っても仕方の無いことを延々と語り続けることこそ
カイルベルト・スレの良き伝統ではないか!
過去ログ読んだこと無いのか?

144 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 00:03:57 ID:5HZxB9Cm
>>141
その考えも私は納得がいきませんが、まあスレ違いを延々とやっても
しょうがないですから。
『洋楽放送70年史』には、その辺の一般事情が書いてあった記憶が
するのでぜひ読んでください。

145 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 00:47:32 ID:sWxiqkdC
>>144 それは一般販売の本ではないですね。愛宕山の放送博物館に行けば見られる
  のかも知れないけど。

146 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 01:05:37 ID:5HZxB9Cm
確かに非売品の本で、関係者および限定的に配布されたものだそうです。
一番手っ取り早く見るのは、国会図書館を通してかと思います。
私も一度ざっと目を通した程度ですが、洋楽放送に関する貴重な証言が
詰まっていたことは記憶してます。

147 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 01:22:40 ID:sWxiqkdC
部内資料としてまとめられたものだそうで、興味深い裏話いっぱいだけど、一般発売
では書けそうにない部分も。

148 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 01:48:18 ID:So2tfB33


カイルベルトのオランダ人発売までまだ3ヶ月以上ありますね。
楽しみです。

149 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 01:54:19 ID:5HZxB9Cm
カイルベルトとは関係ない話ですが、印象に残っているのは。

ミュンシュ&ボストン響が初来日した時に、旧NHKホールで収録が
行われたのですが(たぶん今度DVD化されるものと一緒かと思います)、
あまりのオーケストラの大音量にその場にいた技術者がこぞって本気で
天井が落ちるかと思ったそうです。
それまでの日本のオケでは体感できなかった、欧米オケが本気を出した
瞬間の大音量の初体験だったようです。

150 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 03:39:46 ID:9oCcp0h0
しかしミュンシュスレが無くてカイルベルトスレが順調に伸びているなんて、この二人が亡くなった当時には想像もできなかっただろうな。
日本人ではフランス人は不人気とはいえ。
(ミュンシュは実際はドイツ人だけどね)

151 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 06:41:23 ID:Vg+1DE+X
>>141
映画会社がフィルムを処分したのは、興業を終えたフィルムを保管していると
在庫商品として余分な税金をかけられるから
録音.録画にももこんな税金を負担されることがあり、それで処分している
という話をきいたことがある


録音テープ、録画ビデオを処分したのはNHKだけではない
スイス放送協会がフルベンやシェルヘンのライブ録音をジャンクしていた

152 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 14:52:18 ID:yrlL8Cqv
馬鹿がガキみたいな事を言い出してから
スレ違いが止まらない

153 :?名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 16:04:42 ID:/ndUuuiK
日本は放送に限らず、資料のアーカイブも貧弱だからね。そうゆう国、文化なんだね。

まあ、カイルベルトの話題に戻ろう。今度リリースされるオランダ人は、その音質が
興味津々だね。LPではいかにも初期ステレオという感じだったが、ジークフリート
レベルだろうか。

154 :名無しの笛の踊り:2006/05/11(木) 21:12:02 ID:vB8oY60f
 御殿場あたりの倉庫に眠っているテープがあるという噂も・・・

155 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 14:25:59 ID:25fGi3mm
>>152
あんたの言葉遣いのほうがよっぽどお子ちゃまだよ。
まさか15歳以上じゃないよね。


156 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 20:07:28 ID:8lPG9EyU
当初8月末の発売予告だったワルキューレ。
今日石丸に寄ったところ、やはり今月下旬発売のインフォメーションが
ありました。
どうやら本当に今月出るみたいですね。
いや〜楽しみですね!
リブレットには、どうしてこのテープがずっとお蔵入りしたまま
だったのか、その詳細のすべてが詳しく書かれているそうで、
その他にも、カイルベルトのリングがバイロイトの歴史の中でどのような位置付けが
されていたのか、など、かなり読みごたえある内容になっている
らしいので、それもまた楽しみです!

157 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 20:13:07 ID:sGly3aaG
>あんたの言葉遣いのほうがよっぽどお子ちゃまだよ。
と、
血管年齢54歳、精神年齢15歳の>>155がわめいております。

158 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 20:19:08 ID:C8tTCZ4v
>>152
あんたの言葉遣いのほうがよっぽどお子ちゃまだよ。
まさか15歳じゃないよね。


159 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 20:20:24 ID:C8tTCZ4v
しまった
>>155が、あまりに低能で面白いんでアンカーミスした

160 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 21:14:36 ID:WXtgjSsz
カイルベルトのスレを荒らすな。

161 :名無しの笛の踊り:2006/05/12(金) 23:42:07 ID:m8LMF1qU
156>>
ワルキューレは今月末ですか。うーん楽しみだが、国内盤も発売されるのです
よね。どっちにするべきか迷うなあ。
6月には、オランダ人やブル8も発売のようだし、興奮しますねえ。

162 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 00:17:08 ID:mvPYtA9B
>>152
>>155
>>158
内容について反論したり議論したりするのではなくキーキー罵言を投げ合うのはやめろ。
みっともない。


163 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 00:34:06 ID:r+m9Gsrn
お前もなー

164 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 06:10:36 ID:PZxUaco/
>>156
>カイルベルトのリング

「カイルベルトのリング」じゃなくて
「ヴァルナイ、ヴィントガッセン、ホッターのリング」だろ?
カイルベルトは前年急死したクラウスの単なる代役だし。

それにしてもこのスレって、オペラのCD聞いても指揮者の話しかできない低脳ばっかゲラゲラ



165 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 08:19:09 ID:i/5dZWzu
カイルベルトのスレはよく荒れるな。

166 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 08:23:06 ID:9JluAcYK
>>164
>カイルベルトは前年急死したクラウスの単なる代役

事実関係くらいちゃんと確認しようね。

クラウス 53年のみ
カイルベルト 52年〜56年

167 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 09:11:11 ID:3TRjEYdr
音源や情報が限られてるだけあって
アンチも色々と聴き込んだ上でそれなりの批判をするわけにもいかず
B級B級とバカの一つ覚えのような低レベルな煽りしかできない。
さすがB級指揮者というべきか。

168 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:03:14 ID:NRop6eNk
>>166
クラウスが53年のみだったのは翌年急死したから。
ちなみに53年の世間一般でのあつかいは
表:クラウス
裏:カイルベルト
クラウスが死ななかったら、55年の録音も当然表のキャストの方でやってたでしょ。

君ももう少し世の中のこと勉強しようね。

169 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:07:09 ID:9JluAcYK
日本だと、CDの売り上げだけで判断されるからなあ。
シュタインとか、カイルベルトとかいった職人系指揮者がどれだけ
ヨーロッパでは尊敬されてるか知らないんだろうなあ。

まあ、ネームバリューだけでしか判断できないお子様ばっかりだからなwwww


170 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:14:06 ID:/g62rLqq
>>168くらいアフォなことを書く香具師は、久々に見た

171 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:14:58 ID:NRop6eNk
バイロイトが再開したものの、クナやカラヤンはすぐに喧嘩別れ。
次いで呼び寄せたクラウスは急死。
クナを拝み倒して戻ってもらうまでの間、この指揮者は便利な使われかたをしたわけだ。

ま、尊敬される職人てだけだと客が集まらないからね。
ネームバリューやカリスマ性とやらを持つ人間も必要になるわけだ。


172 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:19:24 ID:PsMxO67h
ID:NRop6eNkが爆笑ものだということだけは分かりました

173 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:47:44 ID:zqps5AMm
>>165
何か書かれるとすぐムキになるやつがいるらな。
ほっときゃ良いのに。

確かにスレは順調に伸びている。

174 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 10:51:04 ID:Ie4dVtRY
話題がなくても、無理矢理盛り上げなくてもいいよ。

175 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 11:19:13 ID:HzaBUuHk
>>168
> 表:クラウス
> 裏:カイルベルト

どれどれ、俺も火に油を注いでみるかな。

ディスコグラフィに関するサイト( http://www.wagnerdiscography.com/ )によれば
各チクルスで「ラインの黄金」が始まったのは
カイルベルト・・・July 25, 1953
クラウス・・・・・August 8, 1953

というわけで、例年、バイロイト音楽祭が始まる時期を考えると
どう考えても第1チクルス(つまり「表」)を担当したのは
カイルベルトのように思う。

176 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 11:24:16 ID:4BuVptrC
>>175
釣られてやるよ。
クラウスが8月にならないと、バイロイトに来られなかったのはなんでだろう?
1953年のザルツブルクの公演記録を調べてみな。

クラウスのリングの録音は残ってるが、同じ年にカイルベルトの録音も残ってるのだろうか?


177 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 11:29:57 ID:9JluAcYK
>>176 
クラウスのリングの録音は残ってるが、同じ年にカイルベルトの録音も残ってるのだろうか?

普通にCD化されてますが?

178 :175:2006/05/13(土) 11:37:31 ID:HzaBUuHk
>>176
> クラウスのリングの録音は残ってるが、同じ年にカイルベルトの録音も残ってるのだろうか?

だから
ディスコグラフィに関するサイト( http://www.wagnerdiscography.com/ )を
実際に自分で調べてみろ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1788127
俺が持っているやつは上記のものだが、他にもGoldenMelodramから出ていた。

> 1953年のザルツブルクの公演記録を調べてみな。

了解。「薔薇の騎士」だな。

179 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 11:54:57 ID:KOKe+i6f
ったく、代役だの裏だのってくだらねえ論議だ。
結果として残された演奏が良ければいいではないか。
それともそんなこと言って喜んでるのは
やたらランク付けが大好きな某批評家に影響されてるのか?

180 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 14:31:16 ID:wcxfeuyx
クラウスがヴイーラントにとって理想の指揮者だったって事知ってました?
クラウスに音楽監督までやらせようとしていたのは事実のようです。
 新バイロイト様式の演出には旧来の演奏ではなく新しい物を求めていて
それがクラウスだったと言う事です。        スレ違いの事ですみませんでした

181 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 16:25:42 ID:LV7Wm69p
>>175-176 ザルツブルクの53年の日程を調べてみたが
クラウスの薔薇の騎士が、7月28日、8月は6, 13, 21, 25日
8月10日にも公演があり、この日だけベームが振っている(おそらくクラウスの代役として)。
8月の6〜13の間にバイロイトのリングが挟まっていたとすると、相当な強行スケジュールと思える。
恐らくザルツブルクの公演日程が決まった後になって、指輪が無理にねじ込まれたのだろう。
当時ウィーン国立歌劇場の監督の座をねらっていた(というかベームと争っていた)
クラウスとしては、ザルツブルクの公演はなるべく大事にしたかったろうし
かなりきわどいスケジュールだな、、、

182 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 16:54:11 ID:bpqkUcjX
>>180
私のもっているクラウスのCDの解説にも
In Bayreuth, Wieland Wagner sensed he had found his dream collaborator
and offered Krauss a carte blanche.
とあります。1年しか出演していないのに凄い気に入られようですね。
クラウスが長生きしていたら、バイロイトはしばらくクラウスの時代が続いたでしょうね。
クナの復帰もなかったかも。

183 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 18:39:23 ID:Yn40+TxB
>>179, 180, 181
お前らスレ違い とっとと出て逝け!!

184 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 18:59:30 ID:wC9STirp
まあ、極東でのこんな罵詈雑言の馬鹿騒ぎも55年ジークフリートの演
奏が衝撃的だったからだろう。
これからカイルベルトの正当な評価が始まるからって、クラウスやクナ
の価値が下がるわけでもないだろう。あほらしい。

185 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 20:18:06 ID:/Vb9jGJ3
>これからカイルベルトの正当な評価が始まる

なるほど、今まで出ていたこの指揮者の演奏は演奏はカスだったってことか。

186 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 20:53:30 ID:WcV7Ap/Z
しかし、生前も死後約40年間も正当に評価されない指揮者が
もし本当にいるとしたら、、、

それって一体?

187 :名無しの笛の踊り:2006/05/13(土) 21:40:12 ID:rOyfeapm
V
V
V
V
  クナ。(日本以外)

188 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 02:24:16 ID:NXhN0vdx
セルも、ミュンシュも、クラウスも、クナも、カラヤンも、それぞれ個性的で演奏史
に残ると思うけど、カイルベルトも同様だと思うわけだ。
ここはカイルベルトのスレだからカイルベルトを語ろう。

189 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 07:05:58 ID:HYXJ/kGG
>>169
Wieland Wagnerなんてお子ちゃまだってことでおK?

190 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 09:11:47 ID:xM8gnqys
クラウスの「リング」は名盤 ?
誰も要らないというので、捨ててしまいました。



191 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 09:53:30 ID:WgGabK9T
歌手陣は歴代最高と言われてます

192 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 11:17:13 ID:WsCPX/JU
テルデックから出ているシューベルト未完成、ブラームス管弦楽曲集
の演奏はどうなんでしょうか。

193 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 11:19:57 ID:xM8gnqys
唄がいくら良くても肝心な桶がチンケでは。


194 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 12:54:07 ID:8iT1Foq5
ライトモチーフの応用が苦手でクライマックスに向かって流して行く
カイルベルトスタイルが特別に良い演奏だとも思えませんが

195 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 16:23:09 ID:xM8gnqys
桶引っ込み歌任せより良いかも。
ご贔屓の方々には申し訳無いが、一年で十分だった。


196 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 19:54:32 ID:4j8QK6xk
スレがどんどん順調に伸びてますねえ。

>>184
>55年ジークフリートの演奏が衝撃的だったから
> これからカイルベルトの正当な評価が始まる

うわぁ
ひさびさのクリーンヒットですね。
イマイチさん。

どの辺が「衝撃的」なんでせうか?
解説ヨロ。

197 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 20:41:57 ID:WsCPX/JU
スレッドをたてた者です。
なんだかスレッドがいやな方向に進んでいますね。

良識あるカイルベルトファンは、煽りにはのらず、
ワルキューレ発売まで静観していましょう。

それから、有志で、カイルベルト協会をつくろうかと
考えています。まだ実演を聴いたことのある方が
たくさんいらっしゃるようですし、興味深い
お話も聴けそうです。NHKに交渉する際にも協会
名義の方が良い面があると思います。

まだ構想中ですが、カイルベルト没後40年記念
を祝うことを目標にしたいと考えています。

198 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 20:54:50 ID:/vxr5Cz5
>>197
ご苦労様、というかよっぽどお暇なんですね。
他の指揮者の例を見ると協会やってくのって結構大変みたいですよ。
ヲタの人達ってプライドと自己主張は強いくせに、
協調心があったり自分で汗をかく気がある人は少ないですから。
カイルベルト協会つくったら、イマイチさんみたいな人がイパーイ来てきっと楽すいでしょうね。

ま、進む方向を模索中の定年退職者の方には向いた仕事かも。

199 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 21:27:09 ID:QwK9CMci
>>70
>その後のクナの名演も カイルベルトがオケを
>鍛え上げたから とも言われてる

この意見は誰が言ってるのでしょうか?
ハンブルク・フィルやバンベルク響とのこしたレコードを聞くと、カイルベルトにオケの
トレーナーとしての才能があったとは思えないですけどね。
基本的に良い指揮者だと思うし、BPOなどの一流オケを振ったときにはそれなりの
結果を残していますが。

200 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 21:42:05 ID:FiAxPvcr
ま、ライトモチーフの全てを忠実にやりすぎるわけにもいかないだろうし、
ある程度流す結果になるのは全体の流れとの折衷みたいなものじゃないかな。

201 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 21:49:04 ID:gpLvbl02
>>197
お前か
過去ログの貼り方も知らないくせに
スレ立てた馬鹿は

202 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 21:54:54 ID:FiAxPvcr
197よ今はこらえるのだ…
そして俺に楽をさせてカイルベルトの音源に触れさせてくれ。

203 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 22:11:31 ID:jc0oXV0x
>>197
> まだ構想中ですが、カイルベルト没後40年記念
> を祝うことを目標にしたいと考えています。

なるほど、
カイルベルト没後40年記念バンザーイ
ですね!!!!!

204 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 22:20:40 ID:ttf8cFlH
カイルベルトスレは立てるたびに荒れる。

205 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 22:22:52 ID:WsCPX/JU
>>201

過去ログないでしょうが。






206 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 22:25:37 ID:WsCPX/JU
>>203

そうですよ。
カイルベルトバンザーイです!!
ちなみにわたしは、定年退職までは、あと約40年あります。






207 :名無しの笛の踊り:2006/05/14(日) 22:48:36 ID:d/Zwd2wT
何回か過去スレ立ってた記憶はある。どれも途中でdat落ちしてたけど。



ところで、そろそろバイエルン国立歌劇場再建記念の「影のない女」を
再発してくれ。DG。

208 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 07:40:48 ID:SbFg+fjP
他人から指摘を受けたときに
自分がそれを知らないのではないか、とは考えず
ましてやそれについて調べてみようなどとはつゆ考えず
そんなものは存在しないと勝手に思いこみ
逆に相手にくってかかる。
最近よくみかけるお子様の典型的タイプですね>>205

>わたしは、定年退職までは、あと約40年あります
大変失礼しました。きっととても良い社会勉強になりますよ。
もしうまくいかないことがあっても、
他人に責任を転嫁して逃げたりしないで頑張ってください。

209 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 09:36:18 ID:mL9KFe4k
>>208

失礼しました。ついカッとなってしまいました。
これではお子様だといわれても仕方がないですね。
大いに反省しております。

ところで208さんはワルキューレはご購入予定ですか?

210 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 10:45:51 ID:rnhd/zwc
ところで協会作って何をやりたいの
未発表の音源の配布等出来るなら意味がまだあるが
ただ情報交換等だけなら今の時代意味が無いようなきがする

211 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 10:50:30 ID:QQqACuZ3
 「わたしは、定年退職までは、あと約40年あります」といっても会社が
潰れたり、本人が仕事中に急死(カイルベルトのように)するかも・・・。

212 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 12:09:09 ID:dbimlu92
自分の心配してろ>>211
どうせ内蔵脂肪べったりだろ

213 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 16:28:24 ID:fwYEa+mZ
>>199
>ハンブルク・フィルやバンベルク響とのこしたレコードを聞くと、カイルベルトにオケの
>トレーナーとしての才能があったとは思えないですけどね。

そうですかね?セルやムラヴィンスキーみたいなタイプと比べると確かにあれだけど
決して一流の腕利きを集めたとは言えないオケから引き出されるものとしては
理想的なサウンドだと思いますよ。合奏として弦楽器がテヌートで弾くときの
ボーイングの圧力とか、Hrを含めた木管セクションのバランスとか。
バンベルクなんて新興のオケにもかかわらずドレスデンやコンセルトヘボウのような
歴史を感じさせる音を出してませんか?

214 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 20:02:10 ID:pobxn13w
>>209
>ワルキューレはご購入予定ですか?
買う予定だけど、値段高そうだし、しばらく待って中古市場で安いのを物色することに
なると思います。最近、廉価盤以外は定価で買わないのが主義みたいになってるので。

215 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 23:05:31 ID:LJOLyOBs
ワルキューレ、今度ので5種類目ですなあ。やはりステレオ録音だし、今回の
リングは高音質でもあるし、わくわくしてます。

216 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 23:25:14 ID:mL9KFe4k
>>210

はい。交流会も考えていますが、
NHKや海外の放送局との折衝や、未発表音源の
発掘などをメインにやりたいと考えて
おります。

フルトヴェングラー関連の協会等では
エリザベト夫人や他の高名な方を顧問に
していますが、われらがカイルベルト協会も
そのようにしたいと考えております。

217 :名無しの笛の踊り:2006/05/15(月) 23:45:57 ID:feX2dEUU
手始めに「月刊ヨーゼフカイルベルト」を発行してくれ
創刊号はラインの黄金がついて2000円

218 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 00:24:18 ID:dm31T/9Z
裏青のブートだけはやめてね
オケメンバー・カイルベルト関係者・放送局etcからきちんと承諾とってね
            それで1000円なら購入します

219 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 00:47:12 ID:a/o7iQiF
>>218

それなら10倍のお値段になりますが。

220 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 00:53:37 ID:dm31T/9Z
じゃあいらないな

221 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 01:08:50 ID:pTI5TPLQ
>>216
NHK? 数年前のN響響アワーで出た2、3の断片映像やすでにCD化された
保存状態の良くない音源の他は何にもないのではないかな。何にも知らない現役
より、今のうちに当時の関係者の裏話を聞くくらいがせいぜいかなあ。

222 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 08:23:52 ID:vLpaHd4D
一番面白い前スレがhtml化されてないようなので、ハイライトでお届けします。

185 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:03/09/23 09:17 ID:Ro0mVMAB
結構カイルベルトって人気あるんだ。
ほかがなくなったのかな?
今度の発掘のされるのはホルライザー、ライトナー、ヴァルベルク???

186 名前:名無しの笛の踊り メェル:age 投稿日:03/09/23 13:01 ID:???
>>185
>ホルライザー、ライトナー、ヴァルベルク???

3人とも無理ぽ。

187 名前:名無しの笛の踊り メェル:age 投稿日:03/09/23 13:04 ID:???
>>185 いくらなんでもその3人とカイルベルトじゃ格が違うだろ。

223 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 08:30:27 ID:vLpaHd4D
続き
102 名前:名無しの笛の踊り メェル:age 投稿日:03/08/18 13:49 ID:???
英雄は9月発売のバンベルクもおすすめ

103 名前:名無しの笛の踊り メェル:age 投稿日:03/08/18 14:02 ID:???
>>102
他人にすすめるってことは、102は9月発売のCDをもう耳にした訳だな?
キングの宣伝員か、CD屋の店員か?

104 名前:名無しの笛の踊り メェル:age 投稿日:03/08/18 14:08 ID:???
1968年5月15日東京文化会館のライヴ??

105 名前:名無しの笛の踊り メェル:age 投稿日:03/08/18 14:19 ID:???
おい102、おまえもう聴いたんだろう?
どんな演奏&録音状態なのか書いてみろや

106 名前:名無しの笛の踊り メェル:sage 投稿日:03/08/18 15:27 ID:???
ここの連中はオケがヘタレてようが、
聴いたことがないCDだろうが
カイルベルトだったらお薦めだそうです

224 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 12:31:18 ID:a/o7iQiF
68年の来日公演は凄いですよね。
ブラ4、英雄、どちらも素晴らしい。英雄は葬送行進曲の
クライマックス(10分すぎたころ)ででっかいクシャミが入ってて
そこが興醒めしますが。

225 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 19:56:22 ID:LCvD3x9p
前スレ当時、IDとは何なのかよく理解していなかったイマイチさんの楽しい自作自演

231 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:03/10/05 22:41 ID:UFAomkve
DGはカラヤンが主で、不人気なベームがすき間を担当していた。今は見る影も
無いけど、当時はDGが全盛で、評論家のお買い物ガイドでは特別扱いだった。
DGが没落するととともに、カラヤン、ベームも忘却の彼方へいってしまった。

236 名前:?1/4?3??E^?I`?J?I`?x?e` 投稿日:03/10/05 23:48 ID:UFAomkve
231のいうことは本当じゃろうて。カラヤンは50年代のオペラ、ぺー厶翁は
ニルソンのトリスタンがあれば、あとはいらない。

226 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 19:58:58 ID:LCvD3x9p
時々アレレ?なイマイチさんの日本語

260 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:03/10/07 00:20 ID:WKIURQiO
カイルベルトは素晴らしい。まじでニュルンベルクのマイスタージンガーなんて
ノリノリで熱くて生命の躍動感に溢れ、七千円出したのが
まったく惜しくないほど本当に遜色のない素晴らしい演奏だ。
人を楽しませてこそ芸術、この言葉以上にふさわしいものはない。
この人以上に最高の指揮をした人が今までに存在しただろうか。
あと、ローエングリンの序曲も繊細にかつ雄大な光景を見せてくれる。
カイルベルトは誰がなんと言おうとワーグナーでは全く引けを取らない巨匠だ。


227 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 20:01:53 ID:LCvD3x9p
イマイチさんの楽しい妄想

273 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:03/10/08 10:34 ID:KUuzpNQ5
カイルベルトはライヴでもきちんとまとまった指揮をしてくれるところがいいよね。
初心者の女の子にワーグナーのオペラ聞きたいんだけど、と言われたら俺はまよわず
カイルベルトをおすすめするよ。久那やフルヴェンは即興性に重きを置くぶん
きちんとしたものを求める初心者には勧められないかもしんない。

274 名前:名無しの笛の踊り メェル:sage 投稿日:03/10/08 11:02 ID:kUPvahH0
>>273
おまいは初心者にモノラル録音で
ワーグナー聞かせるのか?
このヒストリカル

228 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 20:04:56 ID:LCvD3x9p
でも嫌われてしまったイマイチさん

327 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:03/10/17 22:12 ID:FyphTOTo
やっぱカイルベルトのタンホイザーは凄いよ…
空気というか流れている雰囲気が違う。

328 名前:名無しの笛の踊り 投稿日:03/10/18 14:26 ID:MXgiiCM9
しつこいよ君

329 名前:初心者の女 メェル: 投稿日:03/10/18 15:14 ID:wIL1yLfY
>>327
イマイチさんって、ヲナニーが止められない猿みたいで気持ち悪い・・・・・・

229 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 20:46:37 ID:yIPaMAMa

カイルベルトのスレが、イマイチさんスレになっている件。

230 :名無しの笛の踊り:2006/05/17(水) 17:46:51 ID:lFPoTWM2
ファンとしてもハズレが(特にテレフンケンの正規録音に)
少なくないのは否めない。バンベルクとのブラ3とかジュピターあたりは
買ったけど1、2回しか聴いてない。

231 :過去への旅:2006/05/18(木) 09:09:11 ID:OF0MWIxN
このスレでは優等生の振りをしているイマイチさんの本性

175 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/13 01:34
カイルベルトの「リング」は、既にベーム、ショルティを超えていた。
という説が一般的である。

179 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/15 00:56
>>175 カイルベルトとショルティでは比較するのも馬鹿らしいことです。

189 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/19 06:14
>>188 ホント、レコ芸の名盤300などでカイルベルトのワーグナーが全くといっていいほど
出てこないのは批評家の怠慢以外の何者でもないね。バイエルンでの「マイスタージンガー」な
んて、評論家連中の間で評判のいいカラヤン/DSKも比較にならない超名演なのに。




232 :過去への旅:2006/05/18(木) 09:18:16 ID:OF0MWIxN
カラヤン、ベーム、ショルティあたりのスレではカイルベルトの話題は多分出てこないと思うけど。
何だか哀しいですね。
536 名前: 名無しの笛の踊り 02/03/10 22:45
それは、ドイツ楽壇の地図は随分違うでしょう。カイルベルトがあと10年でも活動
していたならば、ベームの人気は無かったでしょう。ベームの存在感は薄かったです
から。カイルベルト没後に、カラヤンに対抗する存在として注目されるようになった
といえるでしょう。カラヤン人気は大衆的であったために、はかないものだったが、カイルベルト
の場合は、その音楽の一点により深く記憶に残り、録音によって後代にまで感動を与
えたことだろう。残念だ。


233 :過去への旅:2006/05/18(木) 09:22:49 ID:OF0MWIxN
>>1が過去ログ貼ってくれないから、自分で探して読んでます。
結構楽しいよ。
イマイチさんは人格的に成長したけど、>>124さんあたりは全然成長してなかったり。

234 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 19:03:24 ID:6Z8oLoi5
55年リングの世界的反響からいって、カイルベルトに関する様々な動きが出てきそうですね。
カイルベルト協会発足もあり得るね。

235 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 20:00:01 ID:QDiLnNYJ
世界的反響って・・・
何が基準になってるの

236 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 20:19:06 ID:Qf5QkSFP

イマイチさんの脳内世界ですから・・・・・・

237 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 22:13:18 ID:QDiLnNYJ
協会なんて名前名乗るだけなら誰でも出来るからな

238 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 00:58:43 ID:mzn7ZMIT
早死にしたからねぇ。
カイルベルトを知っている人は日本人の0.1%もいないんだろうなあ。

239 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 01:12:25 ID:YMx8C20v
まあ1万人いるかいないか位だろうな

240 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 01:59:51 ID:325ENiZ7
230
テレフンケンのブラームス交響曲第3番、モーツアルト「ジュピター」は、
それぞれなかなかの名演だと思うけど。モーツアルトはウィーン風の典雅な
演奏ではなく、豪放雄大な一面を照射しているけど。

241 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 03:34:12 ID:IdlAabe0
人気のなかった人を必要以上に持ち上げる






さすが通人ですねwww

242 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 05:46:39 ID:tv7SVd6E
ハンス・ハイリングも捨て難い

243 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 19:28:11 ID:A4IUVMDh
>>241
ここの人達は、別に通人ぶって人気のなかった人を無理に持ち上げてる訳では無いと思う。
要するに、
鰯の頭も信心、ってことだ。

244 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 00:08:21 ID:IfMOs7H6
人気?カラヤンはキャンディーズほど国民的人気があったのか?

245 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 01:15:36 ID:CelCD+/c
ヤナーチェクの「ブロウチェク氏の月旅行」も、素晴らしい。ヤナーチェクの
不思議な魅力を堪能できる。
カイルベルトは秘曲をよく取り上げているという点でも卓越していた。

246 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 02:18:28 ID:nYtNPn0h
カイルベルトのとりあげた秘曲って他に何があるのですか
教えて下さい。

247 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 03:54:26 ID:TlXZa5UM
>>181
>恐らくザルツブルクの公演日程が決まった後になって、指輪が無理にねじ込まれた

53年春になって、クナとヴィーラントの仲違いが決定的となってクナが急にバイロイト出演を
キャンセルしたみたいだね。クナがその年に指輪を振ることになってたかどうかは知らないけど
クラウスの出演が急に決まったのは間違いないだろう。

248 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 05:36:18 ID:gdzdftSC
>カイルベルトは秘曲をよく取り上げていると

なるほど。隙間産業ですな。

249 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 11:03:01 ID:nYtNPn0h
その秘曲って物を知りたいのですが中々教えてもらえません
            誰か私に教えてくれませんか

250 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 11:10:09 ID:cMqFtEkV
>>249
>その秘曲って物を知りたいのですが中々教えてもらえません
>             誰か私に教えてくれませんか

イマイチさんがそれまでに名前を聞いたことのなかった曲のことを、
このスレでは「秘曲」と呼びます。

あなた馬鹿ですね。

251 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 18:11:49 ID:0oHFUytn
カイルベルト没後四十年って、生誕百年ってことじゃ…。なんで誰も突っ込まんのやろ

252 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 18:55:37 ID:CelCD+/c
そうか、2008年は生誕100年でもあるのだね。今年のリング・ショック
もあって、それまでにいろいろな動きが出てきそうだね。
楽しみにしたいね。

253 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 18:59:09 ID:1WO7e4SV
>>244
>人気?カラヤンはキャンディーズほど国民的人気があったのか?

あった。カラヤンのCDの売り上げは、カラヤン以外のCDの売り上げの2倍。
キャンディーズなんて目じゃない。









tsuridesu.


254 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 18:59:49 ID:QFUlk16J
>今年のリング・ショック

未だジークフリートしか出てないのに、どうしてこういう発想になるかなぁ?

>>223に出ている、未だ発売されてないCDを聴いてないのに薦めてしまうのと
同じ精神構造だな。
イマイチさん、やっぱり全然進歩してないや。

255 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 19:04:32 ID:QFUlk16J
過去と現在と未来、そして妄想と現実がイマイチさんの頭の中では混然と溶け合っている・・・・
Aberatio mantalis、、、実に興味深い

256 :名無しの笛の踊り:2006/05/20(土) 21:33:17 ID:BBPEQyYQ
しばらく見ないうちにこのスレもすっかり終わったな。

イマイチさんとかいう糞コテと粘着しかいないし。

257 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 12:33:51 ID:Lejs+GUi
ベイヌム・スレの時もそうだったが、オレにとってのイマイチさんは
2ch最強の釣師なのかも知れない。
カラベルあたりと違って、この人に釣られるのはオレみたいな一部のマニアに
限られるようだが。

258 :名無しの笛の踊り:2006/05/21(日) 14:04:42 ID:EMbI0TM2
来週、バンベルク響の東京公演があるな。いいオケだ。

259 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 14:28:59 ID:/N23RAo6
バンベルクとのブラームス3番は、ちょっと素っ気無い感じがはじめはするが、
陰影のある味わい深い演奏だ。

260 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 18:52:42 ID:dBCB2UjT
バンベルクとのブラ3、金管がヘロヘロすぎて、カイルベルト好きの
漏れでもちょっと…

261 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 22:19:55 ID:V7dvrelk
>>42 :名無しの笛の踊り :2006/04/02(日) 03:40:46 ID:SGdOR840
>すごい音質!驚いた!自分も聴く前はモノだかステレオだか区別できない位だろうと思っていたらトンでもない、
>60年代のバイロイトのライブ録音を超えてるんじゃないか?
>全盛期のホッター、ヴィントガッセン、ヴァルナイの歌をイイ録音で聴けるだけでも買う価値はあると思う。
>
>でも欲を言えば次の年から3年、 指 環 は ク ナ が 指 揮 し た か ら ク ナ で 録 っ て ほ し か っ た 〜 !

結局はクナかい!!ワグネリアン真実の魂の叫びですな(笑)


262 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 22:59:47 ID:/Vz7/MxF
単純なクナ命=コーホーヲタ=自称ヴァグネリアン






淋しい方達ですねw


263 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 23:39:55 ID:/N23RAo6
>>260
金管ヘロヘロはちょっと言いすぎじゃないかあ。
自然体とも聞こえるが。

264 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 14:09:53 ID:tJHr6on9
小生が中学生の頃、ブラ3はカラヤン・BPO、クーベリック・VPO,それにカイルベルト・バンベルク響
しか国内盤はなかった。カラヤンは美しすぎてブラではないと感じ、廉価盤のクーベリックは今一つと
りとめがなかった。カイルベルト盤が、楚々とした趣でブラ3のイメージに最も近いと思った。

265 :名無しの笛の踊り:2006/05/23(火) 20:53:27 ID:AF4Fl8Tm
> 指 環 は ク ナ が 指 揮 し た か ら ク ナ で 録 っ て ほ し か っ た 〜 !
これって不倫関係にあった女の子供になにが欲しいのって聞いた太宰が、本当のお父さんが欲しい!って
言われて愕然とする瞬間に似てるな(笑)。

266 :名無しの笛の踊り:2006/05/24(水) 14:44:50 ID:oolaKqpF
俺としては、カイルベルトの場合、ブラームスは2番が一番あっていると思うが、どうだろう。
バンベルク、ベルリン・フィル、バイエルンと3種あるが、どれもいいな。

267 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 15:34:51 ID:A7F8VtZg
バイエルン放送響とのブラ2は、クライマックスに向けて高揚する過程が凄い。

268 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 18:21:02 ID:3ZAheksI
>クライマックスに向けて高揚する過程が凄

ま、カイルベルトからこれを取り除いたら、後には何も残らんわな。

269 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 22:19:28 ID:lKDPp/GJ
BPOを振ったブラ2も諦観に満ちたいい演奏だけど、バイエルンとのは豪快で
熱いね。

270 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 01:00:06 ID:6AIHyqyN
ブラ2のバイエルン、フィナーレの凄い盛り上がりは素晴らしい。

ベルリンフィルとの演奏は、ややオケに任せたのかおとなしいが、
そこは昔のベルリンフィル、充実した演奏に仕上げている。

あまり知られていないが、盛り上がりということでは来日公演の
ブラ4も素晴らしい。プライベート盤が出回ったのもうなずける。

271 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 15:20:48 ID:LNS4zPpy
来日公演初日のエロイカも、ここまでやるかという位の劇的な演奏だ。
この日は、NHK総合のニュースを短縮して、7時10分から実況中継し
たらしい。その時の映像ないのかい。

272 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 15:57:47 ID:yCwHJY2a
そういう歴史的映像の上につまらない演奏会の映像を重ね撮りしてるんだろうな〜

273 :名無しの笛の踊り:2006/05/26(金) 17:03:38 ID:6AIHyqyN
ハインツ・ワルベルクのオッフェンバックとかw

274 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 00:23:29 ID:ZVv+Ly6d
>>271 ない。


275 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 11:59:33 ID:hlTQbXB+
>>273
それは残っているのか?
そもそもそのときのワルベルクは誰の代役なんだ?


276 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 19:37:44 ID:tGJ4tuXW
NHKが実況中継したのは、カラヤン・BPOの初来日とカイルベルト・バンベルク響
の時ですね。いずれもNHKが招聘したというのと、60年代は外来オケが珍しい
時代だったから、大きな文化的イベントだったわけだ。外来オケの来日ラッシュ
の今では考えられないが。

277 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 22:24:15 ID:kKIQ8cQM
カラヤンウィーンフィルの来日公演の映像は残っていたみたいですね。
カイルベルトは残ってないんでしょうか

278 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 23:08:35 ID:6ErUb1X/
>>277
2000年12月24日のN響アワーで司会の壇ふみが、その日出たN響とのマイスター
ジンガー前奏曲(全曲)と第九終楽章(一部)のフィルム化された映像が、残って
いる映像の全てといっていた。どちらもステレオ音声にされていたが。

279 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 14:26:35 ID:dMpzhniX
>>278
それから6年が経過していて、おー、ブラームス第1もあったなんてことない
ですかねえ。なんでも、カイルベルト追悼番組で放送されたらしいのだが。


280 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 17:37:09 ID:AaE+C4e3
メロディアに音源があったりしないか?

281 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 16:24:26 ID:cuI1Z1gf
メロディアといえば、グルックやスメタナ、それにモーツアルトの33番などの
珍しい音源があった。まあ、音源だけならブラ1はCD化されているんだよ。
映像だよね。今の感じだと、ドイツあたりで映像がどんと出てきそうな予感もする。

282 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 22:20:28 ID:cuI1Z1gf
ブルックナー第6がリリース。オケはシュツットガルト放送響。60年代の
ステレオ。BPOとどう異なるか興味深い。

283 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 23:30:10 ID:Nae0RRNf
>>279
カイルベルト没は68年7月21日。その2ヶ月前のバンベルクとの来日公演で聴いた
ブラ4が最初で最後の生体験になってしまった。新聞縮刷版の番組欄によると追悼
でN響とのブラ1の映像が放送されたのは68年7月26日で、大木正興の解説だった。
しかしこの頃の映像はホント、一網打尽に消えてしまっている・・・。

284 :名無しの笛の踊り:2006/05/29(月) 23:35:32 ID:BFFqR6ed
>>283

いやー、ブラ4生体験したんですか!うらやましいですね!!
やっぱりフィナーレの盛り上がりは
凄かったですか?

285 :283:2006/05/30(火) 00:59:05 ID:oKFrI2vR
>>284
 聴いたのは5月28日の広島公演。確かにブラ4の最後は顔を真っ赤にしての
大熱演で、見るからに血圧が上昇しているかのようだった。2ケ月後のバイエ
ルンでのトリスタン指揮中もそんな状態が続いたか・・・。

286 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 02:58:27 ID:2l/EhzSd
顔を真っ赤にしての大熱演は、カイルベルトはいつもそうでした。若い頃、
ウィーン・フィルを指揮した時には、指揮台から落ちたこともあったと、
岩城宏之がエッセーで書いていました。

287 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 14:04:46 ID:borYHHTx
ブラ4はCD持ってます。私は40代なので、彼の実演は聴けませんでしたが、
小学校で連れて行かれたコンサートで聴いたオーケストラの音に魅了され、その時
聴いたベートーヴェン交響曲第8番を小遣いをためてレコード店に買いに行きました。
店員さんが出してくれたのが、カイルベルト指揮の廉価盤(テレフンケン)
でした。カラヤンよりもバーンスタインよりも先に出会った最初の指揮者が
カイルベスト氏です。
すいません。自分の話で。。。

288 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 14:17:18 ID:0HuxLpta
>>286
ソースが岩城本かよwwww

289 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 15:19:35 ID:xfYS7Vlu
カイルベルトは、晩年、岩城宏之、若杉明、尾高忠明等の日本人指揮者を引き立てていたのじゃ
ないか。岩城はバンベルク響を何度も指揮させてもらったし、たしか、日本人で外来オケの公演を
全曲指揮したのは、岩城の札幌公演が始めてだろう。若杉は在外研究でバイエルン国立歌劇場に
留学、尾高はカイルベルトのもとで修業を始めようとしていた。

290 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 18:19:49 ID:j/+djY/I
寒いです
ブルブル・ブルブルブル

291 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 00:10:07 ID:NaviwGVn
ブラ4、やっぱり実際も熱演だったんですね〜
聴きたかったですね〜



292 :?名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 16:35:21 ID:rukFeGoK
バンベルク響との初来日の時の福岡公演は、当時の福岡にまともなホールがなく、たしか九電体育館
で新世界その他を演奏した記憶がある。会場は今から見れば粗末だったが、演奏は熱かったねえ。
本物のオーケストラをはじめて聴いたという感動が残ったものだ。

293 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 16:43:21 ID:zkq2Dv0h
悪寒がします
ブルブル

294 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 16:10:28 ID:R2oMWbiS
月曜のバンベルク響演奏会行ってきました。ジョナサン・ノットの指揮でしたが、カイルベルト以来の
伝統が生きていることを今回も確認できてよかった。プラハ以来といった方がいいのかもしれないが。
木質の暖かいが、がっしりとした響きに個性を感じました。マーラー5番よかったなあ。
カイルベルトのマーラーは、「大地の歌」、第1が聴けるのですが、第4、第8や「さすらう若人の歌」なども
演奏記録にあるので、音源の発掘を期待したいですね。

295 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 20:01:11 ID:TF5pNJ+y
8番は青裏で出てるぞ。60年、ウィーン響を指揮した演奏。

296 :名無しの笛の踊り:2006/06/01(木) 21:28:32 ID:1CfZKUvS
ワルキューレ発売記念あげ


297 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 01:46:04 ID:PNme02Hh
>>295
えー、マーラー第8が出てるの。今年は、次から次へと驚くような音源
が発掘されるんだねえ。一体、なんと言うレーベル?
聴いた方、おられますか。正規盤ででるといいなあ。

298 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 17:46:40 ID:0S6HkYe6
待っていたワルキューレを早速購入した。
聴けるのは夜遅くになりそうだが、とても楽しみ。
開封し、リブレットは見たが、ジークフリートより分厚目で、
舞台写真とカイルベルトのピット内での指揮姿の写真(ジークフリートの
リブレットとの重複もある)も数多くあった。
今回のリブレットにはリマスタリングエンジニアとして、ポール・
ベイリーの名前の記載があった(ジークフリートのリブレット
にもあったなら、俺の注意不足にて失礼)。
コンテンツは、ジークフリートのリブレットと同一のケネス・
ウィルキンソンのコメントで始まり、中々に詳細なカイルベルトの
バイオグラフィと、このリングの詳細なレコーディングエピソードが
書かれている。
後はジークフリートのリブレットと同じく、歌手の写真付きプロフィールと
歌詞対訳といったところ。
カイルベルトのバイオグラフィとレコーディングエピソードは非常に
読みごたえがありそうなんだが、俺は英語がからっきしなので読み
切れない…orz
読めればここに情報も書けたんだが、申し訳ない。
ただ、カイルベルトのバイオグラフィの中に、カイルベルトの
ワーグナー演奏のスタイルについて書いてあるようで、そこには
フェリックス・モットルやR.シュトラウスのスタイルと並び評されて
いる(俺の稚拙な英語読解力で間違いがなければ…)。
個人的にはカイルベルトのワーグナーは、強いて言えばベームや
サヴァリッシュと同系と捉えていたが、モットルやシュトラウスの
名前を見て、なるほどなぁと思った。

299 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 20:39:06 ID:gM+8sXIk
ありがとう。英語読めないとは言っても、これだけの参考情報はありがたい。

300 :名無しの笛の踊り:2006/06/02(金) 20:50:38 ID:4YxlCFHH
「ワルキューレ」、帰りがけに買ってきた。とりあえず第1幕だけ聴いてみた。
音質は凄くいい。冒頭からオケも気合はいりまくりです。

ちなみにリブレットでは、カイルベルトが51年のバイロイトで「マイスタージンガー」
を振るように要請されたが、クナと振り分けるのが嫌で断った(「一作品に一人の
指揮者というバイロイトの伝統を固持して」と書いてあった)エピソードなど、結構
興味深い。ちなみに、クナとの関係はあまりよろしくなかったようです。

さて、第2幕聴くか。全盛期のホッターに期待。

301 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 00:16:04 ID:WK7jLnNJ
ワルキューレなかなかよさそうですね。期待通りか。
298
ベーム、サヴァリッシュとは随分とタイプが異なるでしょう。
シュトラウス、モットルという名前にはそうかという印象です。

302 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 08:44:17 ID:nJfjNXGp
Rシュトラウスが聞いたら臍で笑うだろうな。
あんなアマチュアとオレを一緒にすんのか、って。

303 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 10:49:36 ID:hJjJGzQ8
R.シュトラウスは録音が古いので詳細は分かりませんが、
割りとあっさりした演奏に聞こえるので、スタイルは似てるかもしれません。
ワルキューレ、期待できますね。


304 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 11:21:58 ID:9IH733J7
いい加減なことばかり書いてるな。ジークフリートを既に持っているなら、こんなカキコはしないはずだ。
カイルベルトファンはそういう連中なのか?それとも単にヴァルキューレを売り込みたい業者なのか?
演奏や録音のような主観的要素はともかく、リブレットの内容は、一目瞭然だろ。たとえ英語が読めないとしてもだ。
まず厚さだが、ちゃんとページ数が振ってある。ジークフリートが120ページ、ヴァルキューレが108ページだ。
内容もカイルベルトのバイオは両者全く同じ。
鬼の首でもとったかのように書いてるマイスタージンガーの話なんか、
ジークフリートのリブレットにもドカンと書かれてるが、そちらは見てないのか?
その他エッセイも、ジークフリートのものの使い回しで、部分的に切り貼りはしているも
のの、大半はジークフリートと同じ。録音エピソードなどは全く同じ文面。
異なる部分といえば、ホッターのヴォータン解釈やヴァルナイのコメントなどが数パラ挿
入されているが、どちらも自伝からの引用で、目新しいものは何もない。


305 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 12:08:40 ID:J1/obJoW
モットルやシュトラウスと並び称されているのも、当時の他の指揮者と比べての
speeded-up film styleについてであって、どちらかというと「揶揄した」評価
だよw。

ケネスウィルキンソンのコメントで始まり、というのはどこのことを言ってるのか?
ちなみにリマスタリングエンジニアがPaul Bailyであることはジークフリートのリ
ブレットにも記述されてるよ。(8ページ)

まあ298さんはともかく、300の嬉々とした書き込みはちょっとイタすぎかな。

306 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 14:08:46 ID:lC6rD4kk
モットルは、若かりし頃のカイルベルトがカールスルーエー歌劇場オケのチェリスト
だった時の音楽監督でしょ。そのモットルのもとで指揮者としての修行を始めたわけ
だから、影響は多分にあるだろうね。その修行時代に、先輩格のクリップスと交流が
あり、やがてシュトラウスに引き立てられたわけだから、本質はともかく先達の影響
は当然受けるでしょう。そのような視点からの比較でしょう。まあ、これは本格的に
取り組むべきテーマだけどな。

307 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 14:51:54 ID:RPx5F3Z2
つうか、R・シュトラウスは当時のドイツ楽壇の大親分だったわけだから
程度の差はあれ、影響を受けてない指揮者の方が少ないでしょ。
特に戦前、戦後にかけてオペラハウスを任されたのはほとんど
シュトラウス・スクールじゃないの?

308 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 15:01:25 ID:9IH733J7
305が正しい。
少なくともリブレットには306や307のようなこじつけ理由は書いてない。
あくまで他に比して「早回し」であることの比較にモットルやシュトラウスがでてるだけ。

309 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 15:09:57 ID:lC6rD4kk
307
そりゃそうだね。その代わりにらまれたらおしまいだっただろうけど。
シュトラウスとの交流が深かった指揮者としては、年長のベーム、クリップス
それにカイルベルト、ショルティあたりかな。

310 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 15:17:21 ID:9IH733J7
>>309
カイルベルトファンのドキュソぶりはキミのカキコでよくわかった。

311 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 15:44:50 ID:yU+Ta5Ef
クラウス・ブッシュ・エルメンドルフ
大事なところが抜けてますね。淋しいもんだ・・・

312 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 15:56:25 ID:RPx5F3Z2
>>308
>少なくともリブレットには306や307のようなこじつけ理由は書いてない。

ID:9IH733J7がスレに貼りついていちいち噛み付くからとばっちりをうけてもうたw
俺はシュトラウスの全般的な影響力の大きさを言っただけで
リブレットに何がどう書いてあるか知らん。したがってこじつけ理由の
理由とは何の理由かさっぱりだ。

313 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 16:23:13 ID:5mkzX8PA
>>311
このスレの連中は、基本的に懐炉ベルトしか聞いてないんだから。
あとのは全部付け刃の知識。

314 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 16:32:05 ID:D9GkoeDC
なぜか必死なアンチがいますね



つーかなんでこんな指揮者にアンチなんて湧くんだろ?

315 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 17:21:25 ID:fmAdwOlu
>なんでこんな指揮者にアンチなんて湧くんだろ?

おれは別にカイルベルトのアンチでも何でもない。
過去スレ以来一貫してイマイチさんのファンなだけ。

316 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 17:46:34 ID:9IH733J7
>>309

m9(^顛)プギャー

317 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 19:09:31 ID:hJjJGzQ8
298は英語が読めないと自分で断ってるのに、
なんでみんなでそこまでいじめるんだろうな、俺には理解できないね。

英語が読めるならそれなりの口調で説明してあげるなりスルーすれば
良いだけの話だろうと思うね。興奮して多少間違って書き込むのは
ファンとしては十分ありうるわけだし。

おんなじファン同士でけなしあっているのをみるのは辛いね。
まぁ2ちゃんねるの宿命かも知れんが。

とにかくワルキューレが名演だということを報告してくれたの
に感謝したいね。298も気を落とさんとカイルベルト街道を
邁進してくだされ。

318 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 19:15:33 ID:hJjJGzQ8
ともあれ、ファン同士で批判するときは穏やかに言っていただきたいと思う。



319 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 19:29:15 ID:RCpGWd09
>>318
んだね。カイルベルトファンは性格悪い奴らの集まりと思われるのも
なんか寂しいしね。良い流れで進んで欲しいもの。ワルキューレ、肝心な
「演奏のレポ」期待してます。

320 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 19:31:01 ID:nS34uqGc
>シュトラウスとの交流が深かった指揮者としては、年長のベーム、クリップス
> それにカイルベルト、ショルティあたりかな。

コレ読むと、>309の無知&狂った脳内世界がよくわかって味わい深い。


321 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 19:33:10 ID:a0qexPvt
>319
> んだね。カイルベルトファンは性格悪い奴らの集まりと思われるのも
> なんか寂しいしね。
だて事実じゃん。

322 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 20:22:50 ID:hJjJGzQ8
>だて事実じゃん。


・・・

323 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 20:23:41 ID:eTTH8LXn
>317

別に298はそんなにいじめられてないよ。
良く読めばわかるだろうが。
馬鹿にされてんのは、>300, >307, >309あたり。
まあ、馬鹿にされて当然だろうな。

324 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 20:44:41 ID:hJjJGzQ8
でも、まぁ知識がなくて馬鹿を書くのは仕方ないね〜。
ドイツ音楽界のマニアじゃないと戦前のことはあんまり知らんでしょ。
カイルベルトファンとは直接重ならんしねぇ〜

まぁ馬鹿にしまくるのもあんまり見ていて気持ちよいとは
感じないところ。

325 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 20:48:36 ID:1XkPdaVy

と自己弁護してる人がいます。

これがカイルベルトスレの楽しいところW

326 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 21:26:40 ID:hJjJGzQ8
はいはい。

327 :名無しの笛の踊り:2006/06/03(土) 23:37:30 ID:RPx5F3Z2
>>323
>馬鹿にされてんのは、>300, >307, >309あたり。
>まあ、馬鹿にされて当然だろうな。

へえ、俺バカにされてたんだ。じゃあ向学のため正しいことを教えて給れ。

それより>>306
>モットルは、若かりし頃のカイルベルトがカールスルーエー歌劇場オケのチェリスト
>だった時の音楽監督でしょ。そのモットルのもとで指揮者としての修行を始めたわけ
>だから、

の年代上の誤認は誰も指摘しないの?

328 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 00:03:04 ID:9IH733J7
>>327
そんな誰でもわかることを喜々として指摘するキミの姿勢をみな馬鹿にしてると思われ。

329 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 01:03:17 ID:8/Zo53Xl
まあ、>>327の馬鹿は放っておいて、新譜の話に戻そう。
ヴァルキューレ、思いのほかジークフリート以上に音質、録音がいいように感じる。
あまり生硬さがなく、この時期の録音にしてもいいほうだ。これは驚き。
他方、演奏はジークフリートよりも???だ。問題はカイルベルトの指揮にある。
盛り上がるべきところで盛り下げるというか、冷や水を浴びせかけてる。
おかげでヴァルナイやホッターの歌なんて、まるで生気がなく、ブロウエンシュテーンなんか
音程もふらついている。唯一、ヴィナイだけがドラマを演じている。
54年のヴァルキューレはそんなことなかったのにどうしたんだろう?
これでは残念ながら、録音を除いて、クナの56年盤のほうが圧倒的によい。

330 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 01:24:34 ID:eIHqkYQW
そうかなぁ?

331 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 01:40:01 ID:v7fyEubd
もうカイルベルトスレはやめよう。埋葬しよう。

332 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 01:50:58 ID:azeSgIi2
カイルベルトスレがこれだけ盛り上がっているのは、やはり55年リングの
波紋だろう。ワーグナー指揮者のそれぞれのファンも、お互いに節度持てや、
といっても2ちゃんのレベルじゃ無理だろうが。

333 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 08:31:46 ID:zfPlR6HW
>カイルベルトスレがこれだけ盛り上がっているは、

レス数が多いって事と盛り上がってるっていうことを区別出来ない馬鹿がいる。
盛り上がってるとは言えんだろうね、ここ。
イマイチさんも往年の元気ないし、腎虚だろうか?

334 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 08:36:31 ID:zfPlR6HW
>>329
>じゃあ向学のため正しいことを教えて給れ

その前に、例えばショルティとシュトラウスの交流がどう深かったのか
具体的に説明してくれW

335 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 08:36:47 ID:8lrj9u/c
>>328
>そんな誰でもわかることを喜々として指摘するキミの姿勢

ID:9IH733J7クンによる
>>304のカキコに最もよくあてはまる姿勢だな

336 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 08:44:04 ID:zfPlR6HW
と、英語の読めない
ID:8lrj9u/c
が反撃を試みていますW

337 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 09:23:41 ID:vkpqAEYG
--------------------------------カイルベルトスレは終了しました

338 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 10:18:05 ID:iOJ1VvBo
ショルティって単にR.シュトラウスの録音が
多いのとミュンヘンのオペラハウスの監督
していただけじゃないのw

339 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 10:47:38 ID:8/Zo53Xl
要は、バカなのは>>300と、それに便乗して足りない知識のひけらかしに走った
ID:lC6rD4kkとID:RPx5F3Z2なんだろう。猛省すべし。

340 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 11:47:42 ID:T4vDho7V
>>328
悔しかったんだねえ、わかるよ。
カイルベルトがチェリストだった頃にはモットルは死んでたわけだし
テスタメントのリブレットにも直接教えを受けたなんて書いてないし
(それは英語が読めれば気づくことだけなんだけど)
せっかくカイルベルトファンの無知ぶりを晒すのにいい機会だったのに
それをみすみす逃しちゃったんだもんねえ。

>>334
アイタタタタタ
粘着クンID:9IH733J7に加えて、流れも読めず
しかもしたり顔で突っ込みのポイントを間違える
おバカさんが湧いてきましたね。

341 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:13:12 ID:GyQnehsZ
>>338
バイエルンの監督になったショルティのところにシュトラウスが訪ねていったことはあるよ。
その時にシュトラウスが薔薇の騎士を振って見せた映像は残っている。

342 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:19:22 ID:azeSgIi2
連合軍支配下でナチと多少なりとも関係ありそうなドイツ人、ということは
ほとんどがそうだが、を除いてバイエルン音楽監督の人事があったわけだ。
その際にシュトラウスが動いたと考えられている。

343 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:23:43 ID:GyQnehsZ
ショルティの人事に関してはシュトラウスは関係ない筈。
確か、連合軍将校とかそういうレベルで決められたと読んだ。

344 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:31:40 ID:4bH0CLZJ
ヴァルキューレは楕円ということで桶?

345 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:39:59 ID:+/Wfwx2P
楕円と言うほどではないが、単なる記録以上に絶賛する価値はないな。


346 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 12:40:44 ID:3qovn+Kv
>>340

相変わらず初々しくて良いね。

347 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 15:46:14 ID:9JVZ5tkP
また荒れてきたな。

348 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 15:48:20 ID:9JVZ5tkP
英語読めますと自慢しているアホは死んでくれ。

349 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 16:31:27 ID:OpHPAMNk
カイルベルト55は歌い手は立派なのだが、指揮が少々
早すぎるし、もっと燃焼した演奏が望まれるが、
しかし、すべての観点からこの演奏が優れているという
ものがない以上(たとえば、フルヴェンはオケが指揮者
について行ってないし、ショルティはショルティ自身がうるさ
すぎるし、ベームはカイルベルト以上に淡泊だし、等々、)、
そういう中で、指揮に多少の不満があるにしても、歌い手は
すべてのリングの中でベストの歌唱を聴かせるし(ここで
聴けるホッターとショルティの、すでに峠を越したホッター
を比べてみよ、あるいはヴァルナイにしてもクナのへなちょこ
な歌い方と比べてみよ)、総合的にはカイルベルト55が
これからのリングのスタンダード盤であろうと思われる。

350 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 17:34:27 ID:/5Zy9eo0
ワルキューレ1幕最後の最後あたり(オケの後奏)からテープが
伸びてきているのか、全体のピッチが歪んでくる(ちょうどLPの
回転が不安定になってくるような感じの)。
最後の和音の一つ手前の不協和音の伸ばしの音程が上擦ってくる。
それほど派手に不安定になるわけではないから、気にならない人も
いるかもしれないが、俺はこれがだめでね…一気に萎えて、後を
聴く気が失せてしまった…。

351 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 18:36:50 ID:GJ3FbhWN
>349
競合盤に対しては辛辣な評者がカイルベルトにはなんと
大甘な批評……uzeee!


352 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 18:45:37 ID:pszuZzjE
uzeeeという日本語はない

353 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 18:54:48 ID:+/Wfwx2P
>>349はいつもの一人だろ。m9(^顛)プギャー
クナ盤でのヴァルナイを「へなちょこ」呼ばわりする馬鹿は、この
スレのいつもの粘着野郎以外に他に知らない。


354 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 19:00:57 ID:psE0E1fH
>>350
おそらく同じ症状かな?3幕にもあるような気がする。
“うん?ちょっとおかしいんじゃないか?それとも気のせい?”
っていうかんじなんだけど、やっぱり気になるね。
それでも歌唱の観点から言えば、これがベストの盤だと
思う。競合するとしたら、カイルベルト52かクラウス53かな?
ま、この盤で欲言えば、指揮に陶酔感がほしいが、カイルベルトって
いう指揮者は私はリングでしかしらないんだが、もともと
ベームっぽい感じなのかな?ま、あれほど淡泊ではないが。
総合的にはやはりこれが一番のリングだろう。もっとも
個人的には、オケやある種の歌い手には不満があっても、
やはりフルヴェンのスカラ盤を好むけれども。カイルベルト
55のヴァルナイも、52年同様見事な表現力を聴かせるが
(ワルキューレの話であって、ジークフリートではない)、
やはりフラグスタードにはかなわない。

355 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 19:01:07 ID:gr+76R0N
ワルキューレ、第3幕の後半でやや定位が不安定になる(というか、
ところどころモノラルみたいになる)んだが…テープの保存が悪かっ
たのか?

356 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 22:25:25 ID:6kNsDisz
お前ら1955年の録音に多くのものを求めすぎていないか?ステレオで出てきただけでも御の字だろうに

357 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 22:42:43 ID:F/LZevrN
50年も前の録音がワルキューレ一曲で7600円もするんだ。
多くのものを求められて当然だろう。

358 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 22:48:12 ID:+GS1UxRH
357はシロウト以下
反対だろ?
50年も前の演奏がステレオ録音されてたなんて奇跡以外の何物でもないよ

359 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 22:50:13 ID:+GS1UxRH
100年前のステレオ録音だったら
76万円で買ってもいいね
あり得んけど

360 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 23:15:14 ID:azeSgIi2
355
きみのCDが不良品か、オーディオがポンコツなんじゃないか。

361 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:00:51 ID:QI0nyQY3
50年代なので、一応ヒストリカル扱いかな?
悔しいけどね〜

ヒストリカルは、部分的に欠落していたり、
下手すると楽章が抜けてたりしますから
まぁあんまりカッカせずに聴きましょうやぁ〜



362 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:03:32 ID:QX6Axc8p
確かに多少気になるところはあるが、
リングのスタンダード盤になるでしょう。

363 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:08:00 ID:QI0nyQY3
音が気になるようだったら、カイルベルトの前に
戦前のSP録音だけを一週間くらい続けて聴いておけばいい。

カイルベルトの最新ステレオ録音に感動するだろう

364 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:09:47 ID:D8tlnqdq
\7600ぐらい、気前良く払おうぜ。

365 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:24:57 ID:QI0nyQY3
ワルキューレとジークフリートで1万5000円。
飛田なら20分がいいところだぞ。それを二日も
楽しめるんだから、文句を言うな。

366 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 00:50:13 ID:K0dFoZ8z
漏れは54年のフルトヴェングラーがステレオで聞けたら多少音揺れがあっても
マジで76万円出すぞ!

367 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 01:18:32 ID:nxtSRYk5
>>366
魔弾の射手は結構いいステレオだよ。

368 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 01:34:09 ID:qrUOa/mF
>>359
76万用意して、あと50年程待ってください。

369 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 05:27:25 ID:QMmUrtEs
>>364
最安値はおそらくヤマチクの約6600円。

370 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 05:49:10 ID:Acim5SKE
カルイベルトのワルキューレついに買っちゃいました。
犬の店舗値が最安だとてっきり思ってました。ヤマチクってすごいですね。
感想は・・・ジークフリートでも思ったことですがカルイベルトのワーグナーは奇を衒わなくてホント安心します。
結構周りにカルイベルトを貶す人がいるのでびっくりします。店員にカルイベルトって言っても通じなくて驚きましたし。
録音もクナ盤よりはいいですよ。カルイベルト・ムーヴメントを2ちゃんねるから巻き起こしましょう!!

371 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 06:14:07 ID:6TczRxQV

ついに、ヤマチク宣伝員まで現れたか、、、
ホント最低最悪の糞スレだな、ここ。

372 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 06:56:25 ID:gZrUBD6I
358は幼稚園児以下。
戦時中のカラヤンのブル8の録音聞きながらマスでも掻いてろ。

373 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 09:51:43 ID:K0dFoZ8z
罵倒だけで反論が書いてないとは
それこそ幼稚園以下なわけだが

374 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 10:33:17 ID:SDFG4a0+
飛田とかソープ何回分だとかデリヘル何回分だとか、どうしてそう言う下品なたとえしかできないんだろうね。。。
女性はいないとでも思ってるのかなこのスレに。

375 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 15:02:29 ID:q8v9IDqk
何が下品だ。チンポをマンコに入れるから人類があるわけだ。それは崇高な行為。

376 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 16:24:16 ID:yJNgi8Zb
>>375
行為そのものではなく、それを口にする君が下品なんだよ。

377 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 17:20:37 ID:KL/QqSeV
>373
>罵倒だけで反論が書いてないとは

戦時中のカラヤンのブル8の録音、て部分が反論になってるんだが
それが分からないお前=373がこのスレ一番の馬鹿。
幼稚園児でもお前よりよっぽどましなのが一杯いるよ。

378 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 19:59:37 ID:z/OEQLrY
典型的ネット弁慶の団塊オヤジが集っている糞スレは
ここでつか?

379 :名無しの笛の踊り:2006/06/05(月) 20:13:35 ID:SuxgOUYl
>>376
おまい、飛田逝ってチ○ポコをマ○コに入れて子孫つくるのか?

380 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 00:17:04 ID:F07Bri48
区切ろう

381 :名無しの笛の踊り :2006/06/06(火) 02:06:38 ID:pLsxPRef
>>358 >>372 >>377
1944年録音のカラヤン/ブル8はドイツの録音機開発実験の産物で、実用化されて
いたわけではなく、もっと古い実験では30年代のストコフスキーのステレオ録音も
ある。50年代半ばのステレオ録音も奇跡的とまではいかなくとも、どこでもやって
いたというわけではない。

382 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 02:28:41 ID:/2tc001+
357=377は明らかに古い録音は価値がないと思っている
レアだということを全く理解していない

383 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 02:32:24 ID:/2tc001+
フルトヴェングラーのデルタから出たロマンティックは欠落だらけだが
あれこそ残っていただけで奇跡だね

384 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 02:39:38 ID:/2tc001+
カラヤンの戦時中のブルックナー8も首なしで、ステレオ録音はフィナーレだけ
全然反論になってないな

385 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 06:37:22 ID:I3krjGG3

>382-384
なんかヤマチク宣伝員なみの馬鹿が湧いてきたな。真夜中に

386 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 07:06:55 ID:M6K9VZPr
>>382
悔しくて夜寝れない時は
マス掻くと良いよ。
どうせ彼女いないんだろW

387 :或べりひ:2006/06/06(火) 12:34:58 ID:djYXkFou
荒らし、煽りは徹底放置、という2chの大原則を無視し、
自らスレ荒廃の原因を招いたこのスレの>>1
そしてその彼が設立するという「日本カイルベルト協会」・・・・・・・

なんだかとっても楽しそうだ。
ヲタ共に紛れて私も入会するとしよう。

388 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 13:03:37 ID:YrV/Av8d
カルイベルトもワルキューレで案の定ボロが出ましたね。

389 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 13:14:30 ID:FBlbyzFJ
>>388
ヤノフスキのでも買ったのか?w

390 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 14:54:45 ID:SbuarQYG
55年ヴァルキューレ購入した。音質はやはり最高に近い。デジタル録音の薄っぺらなステレオ録音
より、よほど厚みと奥行きを感ずる。
カイルベルトの指揮は52年からの経験の蓄積がものを言った素晴らしいものだ。高齢の人には、テンポが
早いと感じられるのかもしれないが、長丁場の緊張感を保つには、この位が調度良い。歌手陣も
相変わらず陰影と張りのあるドラマティックな声で、こんなに凄いワルキューレははじめてだ。


391 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 20:07:36 ID:Uvud+lDM
>>390
元気ないね。やっぱり腎虚みたいだ。
どこが良いか全然具体的なことが書いて無いし
なんか通り一遍のありきたりな褒め言葉が並んでるだけ。
やっぱり大した演奏じゃなさそうだ。
値段も高いし買うのは見送ろう。

392 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 21:42:09 ID:bsbPW/MD
>>390

録音のこと以外(これも褒めすぎだと思うが)は、まるで正反対だね。
バイロイトライブであんな生気を失った演奏は初めて聞いた。
特に女声はみなお人形さんだね。

393 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 22:38:42 ID:yRp+7C/R
ワルキューレ第1幕を聴き終えた。
>>350のいうとおり、終盤は音が歪んで、聴いていて酔いそう。
ステレオと言っても、奥行きがそれほど感じられなかった。
これについては、再生する環境にも拠るだろうから断言はできないけど。
56年や57年のモノラルのほうが明晰ではない分、雰囲気がすばらしい。
これもステレオ録音なら、印象が変わってしまう可能性は大だが。

内容は可もなく不可もなく、ってところ。
劇的な緊張感漂う演奏という印象はない。
まぁ、期待したほどではなかった。

2幕以降で良くなるかな?

394 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 23:00:10 ID:tLlAl29W
>>393
音がゆがんで云々は確かにそうだが、私はそれほど気にはならなかった。
録音状態や演奏ついてはおおむね同意するが、このワルキューレは
ハンスホッターを聴くには最良のものだと思う。すべての点から見て、
ベストの演奏がない以上、カイルベルト55がやはり今後のスタンダード
盤と言ってももいいような気がするがね。個人個人の好みによって
他の盤を推すのは当然だし、私自身、前にも誰かが言っていたが、
フルヴェン/スカラを最も好むがね。

395 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 23:20:27 ID:TxxW4VyO
指環ではじめてカイルベルトを聴いたという人は
カイルベルトのよさはなかなか分かりにくいので、
ふつうの演奏に聞こえてしまうのだと思う。

一見淡白な中に、情熱がこもっている。それが
カイルベルトのよさ。

396 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 23:23:54 ID:yRp+7C/R
>>394
第2幕を聴き始めた。
確かにホッターを聴くには最良。
ショルティ盤より10歳ぐらい若いから、充実した歌いぶり。

ただ、スタンダードと言えるのかな、これ。
「ベストの演奏がない以上」、何をもってカイルベルト盤を
スタンダードに位置づけることができるのかな?
確かに個人の好みが出てしまうので、1つに絞ることはできないし
ベスト盤などのランク付けは好きではないが、カイルベルトは
スタンダード足り得ない気がする。

55年のステレオが聴けることは贅沢なことかもしれないけど。

397 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 23:28:57 ID:EM4ZKlGl

鰯の頭も信心>>395

な〜〜む〜〜

398 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 23:36:33 ID:TxxW4VyO
>>397

あなたは1968年の来日公演のブラームス4番を
聴いたことがありますか?物凄く盛り上がって
もう大変。熱気ムンムンですよ!いっぺん聴いてみ
てください。絶好調の時のカイルベルトのよさが一発で
分かるでしょう。カイルベルト協会のトップ推薦盤
のひとつにする予定です。

399 :名無しの笛の踊り:2006/06/06(火) 23:53:45 ID:xY6+shkk
と言う事はワルキューレは絶好調ではないと理解して良いのですね。
それで、聴いてみたけど面白くなかったんだ。
悪くはないけど、ワーグナーのあの長い旋律が
有機的に繋がらなくて短距離のせかせかした
アリアの寄せ集めみたいに聞えてひたれなかった

400 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 01:18:42 ID:30pqkUJv
イタリアオペラじゃあるまいし、歌手一人だけでスタンダードというのは説得力が無い。

401 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 07:48:15 ID:/wy4+TtK
やっぱり55ワルキューレは協会推薦盤じゃないんだ。
信者以外には良さがわからない代物ってことで納得。

402 :名無しの笛の踊り :2006/06/07(水) 15:00:09 ID:XjGmUasi
55年リングの演奏が淡泊ですか? 戦前のような情緒過剰な陶酔的な演奏が、基準ならそう聞こえるん
だろうね。ちょうど戦後10年目に戦前の亡霊のような演奏をしていたらアナクロだよね。カイルベルト
より年長の指揮者にはそういったタイプのが何人かいたようだが。

403 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 16:06:02 ID:RqPKy01U
クラウスの方がもっと洗練されている様な気がする
カイルベルトの方が伝統的なナンバーオペラ
の延長上でしょう。
テンポを揺らさないから新しいタイプとは言えない
 歌に合わせた微妙なテンポの伸び縮みがクラウスの特徴
 カイルベルとは典型的な昔からの楽長スタイル
その差は大きいと思う。

404 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 16:49:32 ID:GTU4p0mU
なるほど。

405 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 16:56:53 ID:vCTRwgui


406 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 17:24:40 ID:uxInrjcK
俺はクラウスのよりカイルベルトの凝縮度を買うが。

407 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 18:43:32 ID:aF/XcRzl
カイルベルト55が今後のスタンダード盤たり得る価値は
十分あると思う。他の盤に比べ、致命的な欠点がないからなのだが、
(他の盤では、フルヴェン/スカラはオケが足手まとい、ショルティは
ショルティ自身、ベーム盤はそれほど致命的な欠陥はないが、
それなら、カイルベルト55と比べたら、ニールソンの方をヴァルナイ
より高く買うが、ホッターの存在はアダムより大きい、そんなのを総合
すると、カイルベルトの方に軍配が上がる)、しかし、カイルベルト52
年と比べたらどうだろうかね?指揮は52年の方が良かった
印象があるんだが。1度比べてみたいとは思っているが、
おのおの方のご意見は?

408 :名無しの笛の踊り :2006/06/07(水) 18:57:05 ID:XjGmUasi
クラウスはテンポが伸び縮みするというが、それは歌手が主導権を握っているからだろう。古いタイプの
指揮者なんだな。その意味で個性的ではあるが、洗練という印象はない。

409 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 20:40:37 ID:RqPKy01U
テンポの揺れ=古いタイプですか・・・
色々な揺らし方がありますが、クラウス聴いてみましたか?
60年代の評論家の決まりぜりふ見たいですね
歌手主導かどうかは聴けばすぐわかるはずです。

410 :名無しの笛の踊り:2006/06/07(水) 23:05:41 ID:c5mCXrJZ
カイルベルト盤は、指揮者の解釈が致命的欠陥だよ。

411 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 00:28:54 ID:QwcVkaHu
ふーん。

412 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 00:39:25 ID:TLzoWmFn
クラウス盤は、指揮者の解釈が致命的欠陥だよ。

413 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 02:26:25 ID:26tDloXs
一生歌劇場どころか飛行機に…いや県境さえ
越えることのない人生を送るやつらには
スタンダード盤なんてものがあるんだねw

414 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 04:01:09 ID:9aWvZbB9
>>407
致命的欠点が無いところが長所みたいに言ってるが
要するに、信者にとっても強い魅力が無い演奏だということがよくわかった。

415 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 04:22:30 ID:SKkzMd1V
ワルキューレではカイルベルトの指揮が明らかに劣ってますよ。
フルヴェンやベームあたりとでは比較になりませんよ。
こんなのがスタンダード盤というのは、ワーグナーに失礼というものでしょう。
あくまでも記録的価値と、ホッターを聴くためのセカンドチュイス的録音。

416 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 08:48:55 ID:zFPO4gnM
175 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/13 01:34
カイルベルトの「リング」は、既にベーム、ショルティを超えていた。
という説が一般的である。

179 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/15 00:56
>>175 カイルベルトとショルティでは比較するのも馬鹿らしいことです。

189 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/19 06:14
>>188 ホント、レコ芸の名盤300などでカイルベルトのワーグナーが全くといっていいほど
出てこないのは批評家の怠慢以外の何者でもないね。バイエルンでの「マイスタージンガー」な んて、評論家連中の間で評判のいいカラヤン/DSKも比較にならない超名演なのに。

昔はこんなこと言ってたのに、実際の録音が出てくると
ボロが出るな。
スタンダード盤?
決定盤って言ってみろよ、カスが>407。

417 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 08:53:12 ID:hISGGD9M
夢を見る時間は終わったということでしょう。

418 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 09:21:17 ID:pF0fS5BO
>>416
どんなものにしても決定盤など存在しないし、
決定盤と言ったとたんすべてが崩れてしまう。
君の表現を借りれば、この“カス”が!

419 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 09:33:30 ID:MPek1ACZ
はいはい。

420 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 09:59:52 ID:pF0fS5BO
>>419
はいは1回でいいんです。

421 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 10:13:19 ID:MPek1ACZ
へい。

422 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 10:29:17 ID:pF0fS5BO
>>421
はいは1回、へいは2回こきなさい。

423 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 12:16:21 ID:b+vQrNpm

うんこ

424 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 15:02:07 ID:b+vQrNpm
こんなのもあった。うぷぷ

164 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/12 00:57
カイルベルトもベーム、カラヤンと同じ様に長生きしていたら
目じゃないね。(カラヤン氏は幾つまで生き延びたか知りません)

167 名前: 名無しの笛の踊り 01/11/12 13:06
>>164 禿同。彼が長生きして、バイエルンで良質のステレオ録音で「リング」を
録音してたら、間違いなくショルティやべームを超える最高の「リング」になったで
あろうに。



425 :名無しの笛の踊り :2006/06/08(木) 15:27:21 ID:cfE5Z22/
164,167
ふーん、なるほど。その可能性は高いだろう。まあ、あまり他の指揮者との優劣を言うのは趣味じゃないが、
70年代に活動していたら、そうだろう。
60年代に再三バイロイトから再登壇を招請されていたわけだから。

426 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 15:57:06 ID:lJY/XpwN
痛いのが多かったんだ
妄想で自己満足か・・・
しかも未来予想まで肯定している。痛いフルコースだ

427 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 16:25:17 ID:b+vQrNpm
>426
昔から一貫してこうだよ。この指揮者のスレは

428 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 19:30:04 ID:YYecOtfl
前にあったベイヌムのスレッドもこんな感じだったかな、
若死にした二流指揮者に心惹かれる
共通した特殊なメンタリティーがあるんだろうね

429 :名無しの笛の踊り:2006/06/08(木) 19:54:26 ID:EkaQCwKw
>>425 60年代に再三バイロイトから再登壇を招請されていた

なんで招請に応えなかったの?
ベームやブーレーズじゃなくてカイルベルトのリングがまた聞けたかも知れないのに。

430 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 00:42:28 ID:gHzzujAe
59年にバイエルン国立歌劇場のGMDに就任したわけだから、同時期にミュンヘン
オペラフェスティバルの主要な演目を担当しなければならないということが第1
の理由。第2にヴィーラント・ワーグナーの人間性にいささか辟易していたとい
うことだろう。

431 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 00:57:26 ID:OcOmvmUk
ふ―んそうなんだ
ところでいつカイルベルト本人から聞いてきたの


ヴィーラントは、新バイロイト様式を築こうとしていたわけですよね。
そこがカイルベルトの演奏様式と合わなかった。
そう考えられませんか。

432 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 03:15:34 ID:z0E41y8L
> ふ―んそうなんだ
> ところでいつカイルベルト本人から聞いてきたの
こんなような反論はするな。お前の想像力のなさを
露呈するし、知識のなさも。

433 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 03:32:05 ID:JUOmSH53
アンチも万歳ヲタもどっちもうざい。
ええかげん正常化してくれ。

434 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 04:37:06 ID:4R9Aix+A
再登壇を招請されていたという事実があったとしても、バイロイトから一定の評価を
得ていたという推測は出来るが、他のリングを振った指揮者との優劣を判断する
材料にはならない。それだけのことでしょう。
カイルベルトのリングは、他の年の録音や、55年にしてもモノラルでは既発なわけで、
そしてリング好きというのはモノラル録音慣れしているから、もしそれがショルティや
べームやカラヤンを大きく上回る演奏なら、既にそういう評価があるはずなんだよね。
タラレバ話をするまでもなく。
歌手の黄金時代にバイロイトに登壇したから、彼のリングの歴史的価値は高いけれど、
彼の指揮ぶりは、せいぜいサバリッシュとかヤノフスキがライバルというところでしょ。

435 :429:2006/06/09(金) 06:08:34 ID:Tr1fYTio
>430
ふ〜ん、そんなもんかなぁ?
クラウスやベームはバイロイトとザルツブルクを往復してたけど。
蛙ベルトだって、バイロイトで一演目くらいやるのは十分可能だったはず。
60年代にバイロイトから来たオファーって、ベームかブーレーズと協同で
リングやってくれとか、そんなんだったんじゃねぇの?
ま、60年代にまたリングを振ることはあっても
レコード会社がわざわざライブ録音をしに来たとは限らないだろうな。
スイトナーのリングみたいに。

>434
長生きしていたら、きっと大化けしたに違いない(かも知れない、そうあって欲しい)、、
うだつのあがらない人生を送るマンセーヲタ達はそこに心の慰めを見出すのでしょう

436 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 06:16:14 ID:Tr1fYTio
ここのヲタって、ヴァントのヲタと同じ臭いがするな。
ヴァント信者にとっては、晩年にVPOから出演依頼されたけど蹴った
っていうのが勲章というか自慢の種になってるみたいだし。

オレから言わせれば、ヴァントは心の狭いやっちゃ、の一言で終わりなんだが。

437 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 08:44:47 ID:AY7Ohc5t
>>424-425
>ふーん、なるほど。その可能性は高いだろう。
5年越しのジサクジエンですか、、、(呆
さすがイマイチさんですね、他の人には到底まねできないでしょう(爆

>あまり他の指揮者との優劣を言うのは趣味じゃない
自分に嘘をつくのは体に毒ですよ。

招請を受けて名演をやったっていうんなら自慢もできるけど
断ったことで満足する精神レベルって・・・・・・

438 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 08:54:11 ID:gHzzujAe
435
クラウスはナチとの関係が強すぎたので、戦後はフリーというか、ほとんど活動の
場を得られなかった。ベームも低迷期でフリーの状態に入っていた。こんな事情も
あるだろう。

439 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 12:42:49 ID:AY7Ohc5t
常任のポストの有無と多忙かどうかは必ずしも一致しません。
イマイチさん、他の指揮者のことはあまりご存じないようですね。
第三者の目から見ると、日本に何度も来ていた蛙ベルトの方が
よっぽど低迷期に見えますよ。

440 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 15:04:13 ID:gHzzujAe
439
おまえも暇だなあ。

441 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 15:31:35 ID:i9Hxc5Rn
意外ですが、カイルベルトとカラヤンは友人同士だったようですね。多くの本にかいていますし、日本語訳のある本では、オズボーンのカラヤンに関する本にも出ています。

442 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 16:14:50 ID:hMXV8Xb0
知りませんでした。カラヤンとフルトヴェングラーが仲が悪すぎた
のは知ってますが。

443 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 16:24:50 ID:OcOmvmUk
ナチとの関連は色々あるがクラウスは戦後も活躍してるだろ。
ウィーン・ザルツ・ミュンヘン・バイロイト・ロンドン・等など
正規の録音がR.シュトラウス以外少ないだけじゃないの
それだけで活躍していないと判断するのはレベル低すぎ

444 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 16:47:33 ID:+vp5RgdS
>>441>>442
カイルベルトとカラヤンの関係についてはあまり大っぴらに書かれて
こなかったけれど、おそらく予想されるよりも親しい関係だったと思う。
カラヤンが亡くなった直後に出た音楽の友のカラヤン追悼特集の中に
カラヤンとカイルベルトが二人で写っている写真が載っていた。
見た感じ、おそらく二人で山登りに行った時に撮られた物のようだった(
二人とも軽装で、リュックを背負っていて、山の頂上か休憩所のようなところ
で撮られている)けれど、その写真の中の二人の表情は本当に楽しそうで、
二人のその表情そのものが、二人の仲がどんな感情で結びついていたのかを
そのまま雄弁に語っていた。
軽装ながらもダンディなカラヤン、ウェスタンハットを被ったちょっと茶目っ気の
ある表情のカイルベルト。
指揮者の業界で、同業者同士がプライベートでスケジュールを合わせて、
山登りに行くということは、よほどの友人関係が無ければないと思われる。
見ていてこちらの気持ちも楽しくなるような、いい写真だった。

445 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 16:51:37 ID:AY7Ohc5t
440
おまえいい歳して馬鹿だなあ

446 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 17:17:52 ID:OcOmvmUk
>>444
凄い想像力ですね
その考えでゆくとフルトヴェングラーとクレンペラーも・・・

447 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 18:33:33 ID:8tb7fG3X
カイルベルトは好きでも嫌いでもないが
マイナーな指揮者をやたら持ち上げるやつらって
「なぜか人気がないが」「レコ芸では評価が低いが」とか言うのが好きだよね。
その裏にある「俺は世間の評価やレコ芸にとらわれない審美眼の持ち主だ」
という選民意識のいやらしさに本人たちは気づいてるのかね。


448 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 19:01:49 ID:8FKaSSCB
>>447
彼らが“審美眼の持ち主”だと思っているかどうかは
知らないが、別にいいんじゃないんですか。

449 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 19:18:53 ID:hMXV8Xb0
>>447

まるで自分がいやらしくないとでも思っているのか。
お前はキレイな女とオメコしたいとおもうだろ。
十分いやらしいよ

450 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 19:52:53 ID:G0ZBWUXA
昔はカラヤンの人気は底が浅いとか、カラヤンなんて目じゃない
とか言ってたくせに、旗色が悪くなると
カラヤンはマブダチでマンセーだとよ。

こいつらって、ホント信じらんないくらいの馬鹿だわ。

451 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 21:35:25 ID:BPe60JjB
有名人の権威に頼るのは、二流の証拠以外の何者でもなし。

452 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 23:00:09 ID:OcOmvmUk
権威に寄り掛かるマイナー至上主義か  醜いな
必要以上に礼賛する事はないと思う。
無理するからボロがでる。

453 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 00:47:54 ID:ZDW5Kzqv
マンセーヲタも痛いが、アンチも同じくらいに痛いぞ。何でそこまで
全否定したがるんだろうな。

454 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 04:46:33 ID:+0WCoKIp
何度も繰り返して言うが、オレはこの指揮者のアンチではない。
単なるイマイチさんのファンなだけ(しかも熱烈なW)。


455 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 06:06:05 ID:hUTxcRCq
>>1さんも香ばしいよな。まだ若いのに。
イマイチ二世の素地は十分にあると見た。

456 :名無しの笛の踊り:2006/06/10(土) 10:30:28 ID:lzddlO2r
兄弟スレ

クナッパーツブッシュシューリヒト
http://music4.2ch.net/test/read.cgi/classical/1149757862/

457 :名無しの笛の踊り:2006/06/12(月) 19:12:53 ID:TaaNx5Al
ホシュテンケン ミンナマトモニナロウネ

458 :1:2006/06/12(月) 19:17:46 ID:UPKKR2EX
知らないあいだに荒れてますね。

459 :名無しの笛の踊り :2006/06/14(水) 20:05:07 ID:1nv+WNaj
青裏で出てきたブル8,ブル6、マーラー1、マーラー8を聞いた方、感想いかがですか?

460 :名無しの笛の踊り:2006/06/15(木) 08:24:53 ID:1s+dCAKT
イマイチさんによる大絶賛のオンパレード

  どうぞ。
   ↓

461 :名無しの笛の踊り:2006/06/19(月) 19:47:22 ID:HFdJOFYJ
どうぞ、って言われても・・・・

462 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:28:45 ID:rG9Lhp9T
カイベルトっていつ、何歳で死んだのですか?

463 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:33:04 ID:8PJ8CoOp
カイベルト

464 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 22:42:18 ID:2+1XWeKQ
>>462
1968年7月20日、バイエルン国立歌劇場で「トリスタン」上演中に
心臓発作で倒れて、そのままあぼーん。享年60歳。

465 :名無しの笛の踊り:2006/06/23(金) 23:56:35 ID:NO5WMxTX
2008年、生誕百年を祝う式典が、日本カイルベルト協会主催で
行われることが決まったという。

466 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 00:09:37 ID:v/J25i/T
そのときのトリスタン、激しく聞きたい!!
会長、アンタの出番だぜ!!100周年までにテスタメントからリリースさせろよ!!

467 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 00:11:41 ID:dFdZWcxN
そもそも録音が残ってるのか?

468 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 01:15:10 ID:v/J25i/T
もうリングなんてどうでもいい。

469 :名無しの笛の踊り:2006/06/24(土) 18:49:07 ID:NYWVmAmp
68.7.20のトリスタンはありえないが、2種類の放送録音が残っている。
いずれもバイエルン国立歌劇場。

470 :名無しの笛の踊り:2006/06/26(月) 23:52:48 ID:zrWchEp9
テスタメントが放送音源の調査に入ったようだというニュースを早く
きぼんぬ。

471 :名無しの笛の踊り :2006/06/27(火) 18:38:07 ID:MbPqEuqu
ローマの松のベルリンライブは凄すぎる。

472 :名無しの笛の踊り:2006/06/27(火) 19:14:19 ID:1/+nVO61
そんなのあるの?

473 :名無しの笛の踊り:2006/06/29(木) 09:12:04 ID:uB7X9KwW
>>464
2幕途中だったそうですが、どの辺?

474 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 23:39:44 ID:zuZsW315
472
60年代の放送音源で、青裏ではないライブ専門のレーベル。
表記はベルリンフェイスティヴァルオーケストラだが、BPOのようだ。
シュトラウスのツァラストラとローマの松、どちらも雄大な演奏だが、
松のコーダの盛り上がりはブラ2のライブを彷彿させる。

475 :名無しの笛の踊り:2006/07/01(土) 02:54:37 ID:DpvSbgPg
>>473
第2場の最後の二重唱の手前だったらしいけど
詳細不明。
バイエルン国立歌劇場の譜面に十字が
書いてあるところ。


476 :名無しの笛の踊り:2006/07/02(日) 18:53:33 ID:3/p4gkYD
ジークフリートの批評、どれも絶賛だな。当然だが。

477 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 12:15:53 ID:HMhXNBBj
>>475
3x .... thanks!

478 :名無しの笛の踊り:2006/07/05(水) 21:41:16 ID:OxdAqt3J
これはなんという指揮者ですか?
http://www.youtube.com/watch?v=wEAAX__eRcg&search=furtwangler

479 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 02:42:53 ID:wgyBS+VG
今、マーラー8番(オケはウィーン響)のライブを聴いているが、これは
凄い演奏。かなりゆったりとしたテンポで進んでゆくが、プライ、ヴンダーリヒ
、エーデルマン、リップなどの歌手陣も水準が高く、モノラル録音ながら音質
もかなり良く、ぜひ、正規盤の登場を願いたい。

480 :名無しの笛の踊り:2006/07/07(金) 23:08:09 ID:UmjcN/9Z
>>479
 非正規盤では全曲が出ているんだな。新聞縮刷版の番組欄で調べてみると、
第2部だけはNHKのラジオ第2放送とFM実験放送(モノ)同時で出ている
(60年11月17日)。ウィーン音楽祭(今でいうウィーン芸術週間か)マーラー
生誕100年記念演奏だが、ORFをつついて正規盤を出してもらいたいものだ。

481 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 02:25:05 ID:y7fqFjfV
カイルベルトのマーラー8番か。今年は、ブルックナー8番も出現したが、
55年リングといい、カイルベルトファンにはたまらない年になった。

482 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 18:45:53 ID:tWsD+Tn5
新宿の塔にジークフリートのLPの10枚目だけが「試しプレス」で売られてた。
2000円で釣りが来る程度。
オランダ人を探しに行ったつもりなんだが、会えなかった。
出るのは7/11日かよ。。。

483 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 23:52:12 ID:y7fqFjfV
PROFIELから出るルサルカは、LP起こしではないのだろうね。

484 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 19:32:34 ID:/xWlio7a
リングのLPは一体いくらになるんだろう。欲しいが、かなりの価格になり
そうだが。

485 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 19:35:24 ID:kpLgByOX
>>484
値段はHMVかどっかで出ていたよ。

486 :名無しの笛の踊り:2006/07/10(月) 20:51:45 ID:ejVN+YZy
LP、4つ揃えると9万以上か‥‥‥

487 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 12:18:17 ID:/6UviKBR
このリングに関してはなんでわざわざLPで買うの?正直、メリットが感じられない。マスターが劣化しているならともかく。


488 :名無しの笛の踊り:2006/07/11(火) 18:09:29 ID:VmE6tmd0
真空管アンプなどの高級派にはLPは欠かせないだろう。
しかし、ジャケットとか資料写真とかどうなるんだろう。豪華特典付きとか。

489 :名無しの笛の踊り:2006/07/12(水) 23:35:03 ID:t91BzceU
LPのほうが音良いし、お金持ちは買うと思うが。

490 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 09:43:42 ID:VghrnSv6
>>489
LPの方が音がいいと君は安易に発言するが、
いつもそうであるとは言えないよ。

491 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 11:29:54 ID:UlX8tTc0
チャンネルセパレーションは圧倒的にLP不利。これはどうしようもない。
内周のビビリもあるし、何よりワーグナーの楽劇では不自然なところで中断させられるのが痛い。


492 :名無しの笛の踊り:2006/07/13(木) 21:30:00 ID:m6k2Yvf/
どうでもいいが、オランダ人はどうした?

493 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 15:01:03 ID:inCmcENn
オランダ人は、もともと名演で知られていたので、リングほどの衝撃度が
ないのでは。でも、音質改善されてるのかな。

494 :名無しの笛の踊り:2006/07/14(金) 19:56:26 ID:i/J0htW+
ベームがドキュメンテーションの中で、
モーツアルトの音楽には人間のすべての感情が表現されているが、
ただ一つ感傷だけは無い、と言っていたが
そのことはベーム自身の演奏にも当てはまると思う。
ベームのモーツアルトが素晴らしい一方、マーラーあたりを苦手にしていた理由は
そのへんにありそうだ。

495 :494:2006/07/14(金) 19:57:53 ID:i/J0htW+
誤爆したスマソ

496 :名無しの笛の踊り:2006/07/16(日) 13:14:53 ID:wd7sOb0g
オランダ人の感想は?

497 :名無しの笛の踊り:2006/07/18(火) 23:40:40 ID:a+PiDszS
最近、静かですなあ。じっくりとカイルベルトを語ろう。

498 :名無しの笛の踊り:2006/07/20(木) 19:55:13 ID:FeT4/kIy
今度はラインの黄金か

http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1454759

499 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 02:00:32 ID:0f3VEBn5
>>487
> このリングに関してはなんでわざわざLPで買うの?正直、メリットが感じられない。

今さらカイルベルトの「リング」を」買うのはLP世代がほとんどだから

スカパーのStar Digioで「ジークフリート」の途中までを流してたけど確かに音質は良かった
最新の録音には当然及ばないけど当時のドキュメントとしては文句ない
漏れはライセンスが切れてから数年後にArchipelあたりが5千円くらいのコピー商品を出すのを待つ

> マスターが劣化しているならともかく。

今度のLPも板起こしじゃなくマスターテープから作るので劣化具合はCDと同じ
そもそもカイルベルト「リング」は今回がLPも含めて初出

500 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 11:21:53 ID:TJJRhAWs
ふーん

501 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 18:29:01 ID:q8gOJqsg
>>499
たかが1000円ほど節約のために数年も待つの? 

502 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 23:01:31 ID:uwo7dWUt
>>501
いやいや、カイルベルトの1955年「リング」全部併せたものが5千円になるのを数年待つ、という意味

最新デジタル録音の「リング」全曲が1万円切ってるご時世に、いくら貴重な録音でも3万近くも出す気にはなれない
全曲で1万円くらいなら喜んで買うけど、最近の価格破壊は凄まじいので数年で5千円くらいに下がるだろう、と
ブックレットにはあまり興味ないのでバカ高いTestament盤には手が延びない

503 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 23:12:32 ID:gVV6obp2
55年録音でも初出が2006年なので著作権切れないんじゃない?

504 :名無しの笛の踊り:2006/07/21(金) 23:39:10 ID:mmrUMFKX
LPが出るぞ!

http://members.jcom.home.ne.jp/0717478301/new:20release.html

505 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 00:43:49 ID:fLJ32LgD
>>503
隣接著作権は「固定」が確認できる時から50年みたいね

レコードは通常何度もセッションして録音→商品化まで時間がかかる
初出を基準にするのはそのためだろう

実況録音の場合は、実演された日に「固定」が確認できる
だから実演の時から50年で隣接著作権も切れるのではなかろうか?
これは漏れの勝手な解釈だがw

ちなみにクナの「神々の黄昏」は数年前に初めて商品化されたが、Lineというレーベルで廉価販売されている
カイルベルトもこのレーベルが廉価で出してくれるだろう

Orfeo盤
http://www.jpc.de/jpcng/classic/detail/-/hnum/5695361/rk/classic/rsk/hitlist
http://www.jpc.de/jpcng/classic/detail/-/hnum/4776068/rk/classic/rsk/hitlist

Testament盤
http://www.jpc.de/jpcng/classic/detail/-/hnum/4853640/rk/classic/rsk/hitlist
http://www.jpc.de/jpcng/classic/detail/-/hnum/3356423/rk/classic/rsk/hitlist

506 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 20:57:07 ID:CiJi7fg8
著作権、映画以外も50年→70年に…関係団体が一致
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20060723i101.htm

507 :名無しの笛の踊り:2006/07/24(月) 23:23:12 ID:bbdySSfj
次はラインの黄金か、期待できるな。

508 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 00:51:46 ID:VwFM8eH6
オランダ人が出てもこのざまじゃあ、期待できないよ、業者さんw

509 :名無しの笛の踊り:2006/07/26(水) 14:22:58 ID:h7n4Yu+q
オランダ人は、あらためて強調する必要がないほど評価は定まっている。
まあ、音質が改善されたと実感できているのかな。報告をどうぞ。

133 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)