5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アルヒーフレーベル

1 :名無しの笛の踊り:2005/11/26(土) 15:06:40 ID:tio3ExVb
アルヒーフ

2 :名無しの笛の踊り:2005/11/26(土) 16:38:08 ID:W9pRKyKP
ジャケットのデザインが好きだ

3 :名無しの笛の踊り:2005/11/26(土) 17:27:44 ID:vNtWHZUK
>>2胴衣

4 :名無しの笛の踊り:2005/11/26(土) 18:17:15 ID:pD0mbmWI
そうだな。アルヒーフのジャケはカッコいい。
なんでクラシックのレコード・CDのジャケットは恐ろしく趣味が悪いものが多いんだろ。

5 :名無しの笛の踊り:2005/11/26(土) 22:58:39 ID:+X3vhZSi
クラヲタがデザインに疎いから
服装を見ればわかる

6 :名無しの笛の踊り:2005/11/26(土) 23:06:43 ID:RQ2Imr8c
ちょうどCDの発売が開始され、次第に普及していったのとアルヒーフって、ちょうど時期が一致していないか?
個人的には、ガーディナー指揮のモーツァルト・ピアノ協奏曲シリーズのジャケットが好きだ。

7 :あひるちゃん ◆TKBU.nXcBI :2005/11/26(土) 23:37:05 ID:4BkOZaRO
アヒルー
に見えた。やめろや

8 :あひるちゃん ◆TKBU.nXcBI :2005/11/26(土) 23:38:58 ID:4BkOZaRO
>>5
建築家とは違うよな。貧相な人が多い気はするが
美人は多い。それはそれでいい

9 :名無しの笛の踊り:2005/11/28(月) 06:16:44 ID:Lsx+JG/H
LP時代の、あの独特のジャケが好きでした。紙質とか。(´・ω・`)

10 :名無しの笛の踊り:2005/11/28(月) 15:28:55 ID:B7m54hiv
ARCHIVって廉価BOXとか少ないような

11 :名無しの笛の踊り:2005/11/28(月) 19:44:47 ID:lLCoth4W
>>8
>美人は多い。
気は確かか?

12 :名無しの笛の踊り:2005/11/28(月) 20:00:40 ID:kOC3On8J
アルヒーフ&ピノックは忘れちゃあかん。

13 :名無しの笛の踊り:2005/12/02(金) 11:25:38 ID:KI3Iv1Pj
アルヒーフには未だに高級感がある。

14 :名無しの笛の踊り:2005/12/02(金) 20:46:20 ID:nL1/F4E/
時代に合ったいい演奏家を見つけてくるよね。マクリーシュとか、素晴らしい!

15 :名無しの笛の踊り:2005/12/02(金) 20:56:22 ID:Js45rg2+
コープマン、ヘレウェーヘ、パロット、アーノンクール、ヤーコプス、カーティス

みな去っていった・・・

16 :名無しの笛の踊り:2005/12/02(金) 21:06:12 ID:Ap6Nj8T5
良スレ!

17 :名無しの笛の踊り:2005/12/03(土) 19:21:54 ID:SxK8fWu/
デビッド・マンロウ「ゴシック期の音楽」を今聞いている
マンロウのアルヒーフデビュー盤にして最後の録音
古楽ファンには嬉しいアルヒーフ

18 :名無しの笛の踊り:2005/12/03(土) 23:50:38 ID:Kh+RaBV5
アルヒーフとDGのそれぞれの領分って、ベートーヴェン前後ということでいいのかな? それとも、ロマン派の作品であっても、ピリオド楽器で演奏した場合にはアルヒーフから出るということもありうるのかな?

19 :名無しの笛の踊り:2005/12/04(日) 00:16:50 ID:TTcgD4Pz
>>18

ガーディナーのシューマンは一応アルヒーフじゃん

20 :名無しの笛の踊り:2005/12/04(日) 00:23:27 ID:rJMaJaqm
ヴァルヒャのバッハオルガン集12枚組み。
半年前塔で2300円で買った。
昨日塔で見たら12000円だった。
うれしいな♪

21 :名無しの笛の踊り:2005/12/04(日) 00:34:27 ID:lQd8CgjK
値段下げろ

22 :名無しの笛の踊り:2005/12/05(月) 01:12:51 ID:kSP0NHPu
>>19
ああ、そうだった。忘れてた。

じゃあ、ヴァイルのワーグナーみたいなのがユニヴァーサルで録音されるとしたら、やっぱりアルヒーフなのか。

23 :名無しの笛の踊り:2005/12/05(月) 01:20:06 ID:95q+w1pX
トレヴァー・ピノックの『四季』『ヴィヴァルディ:フルート協奏曲』『調和の幻想』『メサイア』・・・
今でも愛聴してる宝物。

24 :バンダナ ◆Uryba1pp4E :2005/12/05(月) 17:45:49 ID:6KDzLtJs
オワゾリールやアストレのジャケは?

25 :名無しの笛の踊り:2005/12/05(月) 18:17:16 ID:GrHVl2rc
アルヒーフが逃した魚リスト

コープマン:バッハ・オルガン全集頓挫
ヘレウェーヘ:ジルのレクイエムのみ
パロット:ガブリエリのソナタのみ
アーノンクール:ムファット、ビーバーのみ
ヤーコプス:ヴィヴァルディのカンタータのみ

なんとも見る眼無いねw

26 :名無しの笛の踊り:2005/12/05(月) 23:41:24 ID:MrTIpqwz
アルヒーフって今ユニバーサルなのか
むかしポリドールからじゃなかった?
変わったのか。

27 :名無しの笛の踊り:2005/12/05(月) 23:51:36 ID:cycA3aSr
ポリドールそのものが紆余曲折があって、
全部ユニバーサルに併合された。

漏れもLP時代のアルヒーフのジャケット大好きだった。
知的で学術的なレーベルという売り文句だったが、ぴったりのジャケだった。

28 :名無しの笛の踊り:2005/12/06(火) 01:52:04 ID:E9HMqyl0
>>27
なんか部門別にわかれてなかった?
あれがまた萌エス(*´∀`)

29 :名無しの笛の踊り:2005/12/06(火) 02:05:28 ID:/kkJvzdp
アルヒーヴ・レコードご紹介

 アルヒーヴ・レコードとは、ドイツ・グラモフォン社の音楽史研究所で製
作される音楽史レコードであります。弊社ではこのたびドイツ・グラモフォ
ン・レコードと並行して、アルヒーヴ盤を発売することとなりましたが、こ
れは、このレコードを通して音楽研究家、好楽家諸賢に、貴重にして有意義
な音楽史的資料を提供し、もつて我国音楽文化の深化、向上に資せんとする
ものであります。

 以下、この事業の概要をご紹介申し上げて各位の御参考に供したく存じます。

一、七世紀から前期古典派の十世紀間にも及ぶ期間の音楽を研究対象として
おります。

二、この研究のために現代の名指揮者、名演奏家、音楽史家、学者を動員し
て考証を行い、古代楽器に対する習熟をアレンジしております。

三、従つて斯くして録音される曲目は未だ嘗て企てられたことのなかつた程
完璧なものであり、その演奏は古代音楽を何等の変更も代置もなく、あり
のままを聴かせてくれるものであります。

四、レコードには吹込場所、録音技師、日時、曲目、作曲家等を明示し、
LP、EP、VG、SPの各種を使用しております。

 ドイツでは現在まで、三百数十枚のレコードが録音されておりますが、
弊社でも一般的なものから高度なものへと逐次発売していく予定であります。

 昭和三十年十一月
 日本ポリドール株式会社

30 :名無しの笛の踊り:2005/12/06(火) 02:07:37 ID:Knk4ipEj
>その演奏は古代音楽を何等の変更も代置もなく、
>ありのままを聴かせてくれるものであります。

羊頭狗肉とはこのことだなw

31 :名無しの笛の踊り:2005/12/07(水) 00:14:47 ID:RGwTGwFb
>従つて斯くして録音される曲目は未だ嘗て企てられたことのなかつた程
>完璧なものであり、

この辺ツボった(w
いや、ヲレはピノックファンですが。

32 :名無しの笛の踊り:2005/12/07(水) 01:17:19 ID:qeZvnMem
昭和30年? そんなに昔からあったんだ!! 知らなかった。


初期の演奏家って、どんな人がいたの? 俺は、カークパトリックあたりからしか思い浮かばない・・・

33 :名無しの笛の踊り:2005/12/07(水) 01:40:13 ID:+lQXeeT8
DGは1998年で創立100周年、アルヒーフは1997年で創設50周年だった。

始めはクリーム色の糸綴じジャケに紺色の文字のみ(最近はDGオリジナルズで見ることができるね)、
レコード中央のレーベルはアルミ箔が使われるという格調高いものでした。
今でもDGの黄色に対してアルヒーフの基調カラーがシルバーというのはここからきてます。

>>32
あとヴェンツィンガーとか・・・


34 :名無しの笛の踊り:2005/12/07(水) 03:01:05 ID:8iF2AN7k
29です。
この文は、古本で買った辻壮一『バッハ』(岩波新書 昭和30年)に挟まっていたリーフレットからの引用です。

リーフレットでは、発売中のレコード、ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ聖トーマス教会合唱団 ゲヴァントハウス管弦楽団によるバッハのヨハネ受難曲に関する辻壮一氏の推薦の言葉が掲載されています。

また、既発売目録として以下が掲載されています。★LP ☆VG(このメディアが何であるかわかりません。知っておられる方はご教示下さい。)

★ブランデンブルク協奏曲第五番・第六番(バッハ)アウグスト・ヴェンツィンガー指揮 バーゼル・スコラ・カントルム音楽院合奏団 LAM-1 \2,300(特製ケース引換券付)

★「水上の音楽」全曲(ヘンデル)フリッツ・レーマン指揮 ベルリン・フィルハーモニー LAM-2 \2,300

★カンタータ「我喜びて十字架を負わん」「我は足れり」(バッハ)D・フィッシャーディスカウ(バリトン) ベルリン・モテッテン・コール カール・リステンパルト
室内楽団 LAM-3 \2,300

★コンセルト・グロッソ ト長調 へ長調(ヘンデル)フリッツ・レーマン指揮 バンベルク交響楽団 LA-1 \1,700

☆ヴァイオリン協奏曲第一番イ短調(バッハ)ヴォルフガンク・シュナィダーハン(提琴) パウル・ザッヒャー指揮 コレギウム・ムジクム管弦楽団 AVM-1 \650

☆カンタータ「キリストは死のとりことなり給う」(バッハ)フリッツ・レーマン指揮 1950年度バッハ祭管弦楽団 AVM-2〜3 \1,300

☆イタリー協奏曲 へ長調(バッハ)エディット・ピヒト・アクセンフェルト(チェンバロ)AVM-4 \650

☆プレリュードとフーガ イ長調(バッハ)ヘルムート・ヴァルハ(オルガン)AVM-5 \650

35 :名無しの笛の踊り:2005/12/07(水) 09:35:50 ID:Gxveh4BC
VG⇒長時間SP盤ですな。

36 :名無しの笛の踊り:2005/12/08(木) 00:21:00 ID:0q6NWnkE
>>35
ありがとうございます。VG(variable grade)はドイツ・グラモフォンの独自開発
だったんですね。勉強になりました。

37 :名無しの笛の踊り:2005/12/08(木) 01:48:59 ID:FZfc+lP3
悪銭フェルト、アルヒーフに録れてたのかー

38 :名無しの笛の踊り:2005/12/08(木) 13:31:08 ID:k96OU7Qo
提琴

39 :名無しの笛の踊り:2005/12/08(木) 23:56:17 ID:N9PbZQju
LPの頃、「アルヒーフ友の会」というのがあって、入会すると機関誌が送られてきた。
結構学術的な内容で読み応えがあった。1969年発行のVol.8-1が手元にあるが、「リ
ヒター、ミュンヘン・バッハ来日記念特集号」で、リヒターの紹介や来日に至るまでの
苦労話しなどがあって面白い。
リヒターのバッハは、アルヒーフがあったから世に出たと言っても過言ではないだろ
う。1969年来日の「マタイ」「ロ短調ミサ」のナマに行ったが、未だにあの時の衝撃的
な感動は、瑞々しくよみがえってくる。

40 :名無しの笛の踊り:2005/12/09(金) 16:30:46 ID:UpwJGqrH
ちょっと厚めの紙にタイプ打ちした整理用カードが付いてきてた。
Reserch period V,Series b とか、カッコ良かったなあ。

41 :名無しの笛の踊り:2005/12/09(金) 16:56:10 ID:lldTee4n
アルヒーフ、その神聖な名称について

42 :名無しの笛の踊り:2005/12/09(金) 23:46:22 ID:3aV204Yx
>>40
今もアルヒーフのLPレコードを大切にとってあるが、そのカードは確かに入っている。
ARCHIV-KARTEI DES MUSIKHISTORISCHEN STUDIDS DER DEUTSCHEN GRAMMOPHON GES.
と書かれている。詳しい録音データや演奏者名などがドイツ語でタイプ印刷されている。
裏面には、LPレコードに収録されている曲目、タイミングなどが書かれている。

43 :>>40 >>41:2005/12/10(土) 01:14:24 ID:Dkp20Voz
いわゆる「カルテ」ですね。
今手元にある(1)「四つの宗教的声楽曲」(F.クープラン・S.ブロッサール)(2)「ブロックフレーテと弦と通奏低音のための協奏曲」(J.C.ノード)
(3)「フルートと弦と通奏低音のための協奏曲」(J.M.ルクレール)が収録された日本グラモフォン(株)発売のLP(SLAM-50)を見ると、同社
によるカルテ(項目名は日本語 A5サイズの普通紙)が入ってました。
(1)〜(3)別に3枚のカードで使用楽譜・楽器も記載されています。プロデューサーはいずれもDr.ハンス・ヒックマン。著名な音楽学者だったらしい
ですね。

44 :>>40 >>41:2005/12/10(土) 01:14:51 ID:Dkp20Voz
いわゆる「カルテ」ですね。
今手元にある(1)「四つの宗教的声楽曲」(F.クープラン・S.ブロッサール)(2)「ブロックフレーテと弦と通奏低音のための協奏曲」(J.C.ノード)
(3)「フルートと弦と通奏低音のための協奏曲」(J.M.ルクレール)が収録された日本グラモフォン(株)発売のLP(SLAM-50)を見ると、同社
によるカルテ(項目名は日本語 A5サイズの普通紙)が入ってました。
(1)〜(3)別に3枚のカードで使用楽譜・楽器も記載されています。プロデューサーはいずれもDr.ハンス・ヒックマン。著名な音楽学者だったらしい
ですね。

45 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 04:44:31 ID:QpJulLJT
「第○研究部門 シリーズ幾つ」なんていう分類がされていて、
(初期にはジャケットにも明示されていた)
いかにも研究資料、というような雰囲気がありましたね。

46 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 07:05:18 ID:YkBKiWdD
雰囲気だけw

47 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 20:37:39 ID:7znk0diN
なんでアルヒーフはピノックをクビにしたんだ。

48 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 20:39:51 ID:YkBKiWdD
アルヒーフが逃した魚リスト

コープマン:バッハ・オルガン全集頓挫
ヘレウェーヘ:ジルのレクイエムのみ
パロット:ガブリエリのソナタのみ
アーノンクール:ムファット、ビーバーのみ
ヤーコプス:ヴィヴァルディのカンタータのみ

金の卵を次々逃す節穴アルヒーフwww

49 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 22:42:29 ID:vw06JIYW
>>48
あんた気持ち悪いな。>>25で同じこと書いたの忘れたか。認知症?

50 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 22:53:53 ID:cGzv97t6
>>47
イングリッシュ・コンサートもクビ?
http://www.englishconcert.co.uk/default.asp

51 :名無しの笛の踊り:2005/12/10(土) 23:10:05 ID:cGzv97t6
>>41
初期の米国(輸出)盤は-eが付いてアーカイヴだった。

52 :名無しの笛の踊り:2005/12/11(日) 10:09:00 ID:K2GPbuoK
>>43(>>44も全く同じカキコ)
プロデューサーのDr.ハンスヒックマンは、アルヒーフ創立以来の初代所長で、1968
年9月4日に60歳で現役の所長のまま亡くなった。
彼は、古典派以前の音楽と楽器について並ぶ者のない知識を持つドイツの音楽学者で
指揮者だった。
ドイツグラモフォンからアルヒーフ所長に任命され、西洋音楽史の黎明期から古典派
までを12の研究部門に分け、可能なかぎりその時代の楽器を用い、音響条件も忠実に
再現して、文字通り「音のアルヒーフ(古文書館)」を作ろうという企画を立てた。その
上、録音場所・日時・使用楽器・参照資料楽譜まで、あらゆるデータを学問的に公開する
という当時では桁外れな企画に、さしものドイツグラモフォンの重役陣も驚き、首を
縦に振ることに躊躇したそうだ。しかしDr.ヒックマンはひるまず説得を重ね、ついに
『絶対にもうかるはずの無い』レーベルを独立させ、研究所も作りあげた。
まだ「古楽」がマイナーの時代だったが、このアルヒーフがあったからこそ、現在の古
楽ブームに至ったと言っても過言ではないだろう。いやアルヒーフが無かったら今の
古楽ブームは、あるいは無かったかもしれない。

53 :名無しの笛の踊り:2005/12/11(日) 10:56:24 ID:joJohLQ2
違うね。古楽ブームを牽引したのは
ダス・アルテ・ヴェルクやハルモニア・ムンディ、セオンなどだ。
その後古楽器界をリードした演奏家のディスコグラフィで一目瞭然。
アルヒーフの役目は半世紀前に終了した。

54 :名無しの笛の踊り:2005/12/11(日) 15:07:40 ID:NTSI3NQv
じみながらベルギーのアクサンも
最近はトレードマークだった古代ギリシャのメアンダー文様(ラーメンどんぶりの雷紋に似ているあれ)
が無くなって悲しい・・・

55 :名無しの笛の踊り:2005/12/11(日) 23:23:05 ID:k3xMMKVN
55

56 :名無しの笛の踊り:2005/12/12(月) 00:35:50 ID:/XC7Dl1g
>>53だな。
アルヒーフは古楽よりも音楽学のレーベルって感じが強かった。
ちなみにこんなの
ttp://www.hoasm.org/Periods.html

それも過ぎると、単にDGにぶら下がってる古楽部門という感じ。

それよか、マクリーシュ誉めてる香具師初めて見たんだが....
>>14

57 :名無しの笛の踊り:2005/12/12(月) 16:39:18 ID:Riv+Jaij
リヒターをレーベルの顔にしてしまったんで、ピリオド演奏への移行が
遅れちゃったんだなあ。
ヴェンツィンガーからリヒターでは、むしろスタイルは逆行。

58 :名無しの笛の踊り:2005/12/12(月) 18:06:20 ID:iq0uJwQO
なるほど。
当初は専門的すぎてあまりウケなかったんだね
やはり儲からなかったんだろう。
そこでリヒターを起用して路線変更となってしまったんだね。

59 :名無しの笛の踊り:2005/12/12(月) 18:50:31 ID:8zhlcS3z
あんまり面白い演奏じゃないけどマズアの
メンデルスゾーン初期交響曲集ってここから
出てたんじゃなかたっけ 俺の勘違いか?

60 :名無しの笛の踊り:2005/12/12(月) 22:50:40 ID:1LafnYtQ
>>59
勘違いじゃないよ。
例の布張りの5枚組(!)LPを持ってる。
まあ、作曲者ゆかりのオケなので、何らかの意味があるということだったんだろう。

61 :名無しの笛の踊り:2005/12/13(火) 00:51:17 ID:pkB24xyV
53さんの言うこともわかるけど、やはりDr.ヒックマンの急逝が痛手だったかも。
ヴェンツィンガー門下からサヴァール(意見対立してたらしいけど)、ミュラー門下から
レオンハルトが出ている。たられば言ってもは仕方ないけど、Dr.ヒックマンがあと十数年
長生きしてたら、アルヒーフレーベルの地位も違っていたかもしれない。

62 :名無しの笛の踊り:2005/12/13(火) 01:02:51 ID:xiMZkAeC
>>56
え、マクリーシュだめ??

典礼の再現ディスクなど素晴らしい出来栄えで、彼の指揮したものはたいてい集めているんだが・・・ 俺だけか??

63 :名無しの笛の踊り:2005/12/13(火) 04:12:47 ID:fJmzh0//
アルヒーフ初期プロジェクトは
バッハのオルガン曲の全曲録音だったが(ヴァルヒャ)
当時はそれですら冒険的な企画とされていた。
その後、アルヒーフの試みが成功確実となったのを見て、
他社も古楽専門レーベルを設けるようになった。
(テレフンケンのダス・アルテ・ヴェルクなど)

64 :名無しの笛の踊り:2005/12/13(火) 10:49:25 ID:EjRqsh/A
LPの頃のアルヒーフ、盤を中袋から出す時に独特の臭いがした。
盤の中央に貼られたラベルもシルバー色で独特の高級感がした。
針を降ろすと、ラベルに合った締まりのある音がして良かった。
ああいうアナログ的感触はCDでは味わえないな。

65 :59:2005/12/13(火) 23:52:46 ID:pYNE3YLk
>>60
ありがとう ずっと気になってたんだ
お互い中高年同士 これからもよろしく

66 :名無しの笛の踊り:2005/12/14(水) 00:37:08 ID:Afgv5TMi
CDのジャケットも初期BOXのような布張り銀紙付きにしたらカッコいいのになあ・・・
すぐ廃盤になった「collectio argentea」ミッドプライスシリーズ(ドイツ盤)がこの装丁を踏襲したものだったね・・・

67 :名無しの笛の踊り:2005/12/14(水) 02:01:31 ID:ItRvYfR7
>>61
>ヴェンツィンガー門下からサヴァール(意見対立してたらしいけど)、
へー、そんな事実があったのか。まぁヴェンツィンガーは学者肌ぽいし
片やラテンの熱い血が騒ぐバリバリ感性派だっただろうからね・・・

68 :名無しの笛の踊り:2005/12/14(水) 05:03:31 ID:ozLB/Qf4
ヴェンツィンガーのガンバ演奏来日公演に行った事がある。たしか奥さんもガンバ
奏者で一緒だった。

69 :名無しの笛の踊り:2005/12/14(水) 22:03:23 ID:ZWEUDUon
このスレ、こんなに伸びるとは思わなかったよ
いろいろな情報頂けて、立ててよかったと思ったよ

70 :名無しの笛の踊り:2005/12/15(木) 22:27:36 ID:HXjgYR+z
よかったよかったよかった(のいる・こいる師匠風に)

71 :名無しの笛の踊り:2005/12/16(金) 00:33:16 ID:JY8dzYcA
アルヒーフ・フェスティバルっていうLPずいぶん聴いたな
あの中ではプレトリウスのテレプシコーレが一番お気に入りだった

72 :名無しの笛の踊り:2005/12/16(金) 01:48:50 ID:gUEyUdz8
アルヒーフの「テルプシコーレ」って
古い「ノイマイヤー/コレギウムテルプシコーレ」と「ウルザーマー・コレギウム」の2種あって
どちらも名演。 特に後者のコンラート・ラゴスニヒのリュートが最高。
CDではDGパノラマの「ダンス・オブ・ザ・ルネサンス」2CDで両方聴くことができます(廃盤?)。



73 :名無しの笛の踊り:2005/12/16(金) 02:33:34 ID:IWJUZzOo
>>71
ジャケはロッホナー画のポルタティフを弾く天使
アルヒーフのサンプル版みたいなLPですね。
グレゴリアンやコプト聖歌から始まって
テレプシコーレとかバッハの小フーガとか
一枚で色々楽しめた。
当方のお気に入りはシュッツの「天地は滅びるであろう」バス三重唱。
あれはCDになっていないようで残念。


74 :71:2005/12/16(金) 14:31:29 ID:03gpbaqB
同時にDGからHifiカラヤンなんていうのも出たね
あの頃の千円と今の千円・・・

75 :名無しの笛の踊り:2005/12/16(金) 14:35:15 ID:IfCsUQmn
マンロウ/ロンドン古楽コンソートの「ゴシック期の音楽」はCD化されてますか?
以前抜粋盤はみかけたのですが、全曲盤は出てるのかな?

76 :名無しの笛の踊り:2005/12/16(金) 21:22:03 ID:NEqQjxhJ
>75
「ゴシック期の音楽」は2枚組CD化されてます
自分は先月買ったばかり
CD化されて随分たつと思うので、在庫のありそうなショップを探してみて

77 :名無しの笛の踊り:2005/12/16(金) 22:07:32 ID:IfCsUQmn
>>76
おお、さっそく探してみます。
LPの「ゴシック期の音楽」は自分がいわゆる「音楽史」の世界に入るきっかけ
となった思い出のアルバム。そのせいか今でもバロックものより中世・ルネサンス
の方が好き。このセットは解説も充実していた。 ハープ奏者として若い頃の
ホグウッドなどその後有名になった各奏者たちの写真も懐かしい。
LPプレーヤー壊れてからしばらく聴いてなかった。マンロウが生きていたら、
その後のアルヒーフにどんな録音を残してくれたかと思うと残念。

78 :名無しの笛の踊り:2005/12/17(土) 00:24:27 ID:DLAsh25W
30年位前、日生劇場のゼネラルアーツの会員になってた頃
毎月ニコレ、ベルガンサ、ブレンデルといった人が次々に
登場していた中、来日予定の中にD・マンロウ 古楽コンソート
というのがあった 古楽なんか全然知らない俺は、なんだか
難しそうだなと思いつつその日を待っていたんだけど
来日直前に、死去のため「中止」の報が入った
彼の「グリーンスリーブス」等を聴くと、
今はとても残念で仕方がない あきらめきれない
あ〜神様
 

79 :名無しの笛の踊り:2005/12/17(土) 21:27:07 ID:ylEkgejR
>>78
来日記念盤になるはずのリコーダーの芸術が追悼盤になってしまった。
「追悼盤」の黒いタスキをまだ持ってます。

80 :名無しの笛の踊り:2005/12/18(日) 00:15:03 ID:TPOXUKwk
自殺って本当?

81 :名無しの笛の踊り:2005/12/25(日) 12:30:34 ID:QtBSsH/m
age

82 :名無しの笛の踊り:2005/12/25(日) 23:42:34 ID:G/dOX6Gb
ヴェンツィンガーて最近死んだんだね。
追悼盤出ないのか…?

83 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 00:39:15 ID:6dlAw4op
>>82
ヴェンツィンガーは1996年12月25日にバーゼルで死去。享年91歳。
追悼盤としてはヘンデルの合奏協奏曲作品3,6をCD化して欲しいものです。

84 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 01:56:00 ID://gEbHRe
いま2005年、もうすぐ2006年だけど・・・

85 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 02:57:10 ID:K/RlGBEg
>82が、勘違いとしてもヴェンツィンガーの命日に彼のことを書いたというのがイイね。

ヴェンツィンガー博士の演奏では、バッハのガンバソナタが好きだった。
ヴェンツィンガー博士ってきっと素朴で実直で学問一筋の人なんだろうなぁ〜と、いかにも学者らしい、
研究と分析に基づいて組み立てられた演奏を聞きながら思ったもんだ。

いや、だけど演奏がつまらなかったわけじゃないんだよね。
音楽を綿々と歌うんじゃなくて淡々と語る、プライの福音史家を聞いた後でヘフリガーの福音史家を聞
いたような感じ。


漏れもオサーンだな orz

86 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 15:13:01 ID:ZblUdHe6
ヴェンツィンガー師のターフェルムジーク全曲盤が
出たじゃないか。え〜っと、2002年くらいだったっけ?

>>85
俺もバッハのガンバソナタはサヴァール・コープマン組より
ヴェンツィンガー・ミュラー組のほうが好ましく思う懐古主義者

87 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 15:15:21 ID:NR3CSr45
サヴァール・コープマンは二種類あるんですが

88 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 15:19:18 ID://gEbHRe
EMI(virgin)の方がいいね。

89 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 17:12:54 ID:GMXO1RFG
ターフェルムジークといえば、ヴェンツィンガー盤とブリュッヘン盤が長らく
全曲盤の双璧でしたなあ。
前者は一応ピリオドで、後者はバリバリのモダンだったから、ピリオド楽器に
関してはアルヒーフの方が先駆だったのだが、当時は古楽器というと
学問的・復古的で面白みに乏しいというイメージだったですね。
今、ヴェンツィンガー盤を聴くと、中々風格があっていいと思う。
あのまま、古楽器路線を貫いて欲しかったなあ。

90 :名無しの笛の踊り:2005/12/26(月) 17:16:50 ID:pb6om7hx
アトス山の復活祭のシリーズはLP三枚だったそうだが
国内晩一枚しか入手できなかった。
他の2枚はもう入手不可なのかな。

91 :名無しの笛の踊り:2005/12/27(火) 00:11:31 ID:TL6yGRA1
>>89
ヴェンツィンガー盤は管はピリオドで、弦が微妙?というやつでしたね。
第1集にはベルリンフィルコンマスのトーマス・ブランディスが加わってますが、ご本人には
古楽への関心があったのかな?(後年ホリガー等とクープランのコンセール集にも参加してるし)。

92 :名無しの笛の踊り:2005/12/27(火) 01:29:53 ID:bIwGTQx2
♪ある〜ひふ(ある〜ひふ)、森のなっか(森のなっか)♪

93 :名無しの笛の踊り:2005/12/27(火) 04:16:19 ID:zND6WtVv
                             |
                             |
      ∩___∩             |
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((  | プラプラ
     /  ●   ● |            |
     |    ( _●_)  ミ _(⌒)    J  ))
    彡、   |∪|  ノ        >>92
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /         ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ



94 :名無しの笛の踊り:2005/12/30(金) 00:20:15 ID:V0lqpFS8
ビーバーのレクイエムがよかった

95 :名無しの笛の踊り:2006/01/08(日) 10:03:48 ID:e/83yB31
age

96 :名無しの笛の踊り:2006/01/18(水) 16:56:43 ID:D17ioyzT
リヒター&二コレの「音楽の捧げ者」でしょ

97 :名無しの笛の踊り:2006/01/21(土) 22:14:52 ID:U8aMrqYU
sage

98 :名無しの笛の踊り:2006/01/21(土) 23:59:24 ID:t/KlFnPe
かつてビーバー、コレッリ、ヘンデルのヴァイオリンソナタを録音していた
エドワルト・メルクス氏はいずこに?

99 :名無しの笛の踊り:2006/01/26(木) 01:01:09 ID:GZqLJkqs
sage

100 :名無しの笛の踊り:2006/01/26(木) 03:01:23 ID:TDEFlSWh
バロック好き♪

101 :名無しの笛の踊り:2006/01/28(土) 23:08:34 ID:N2VS/zZw
バウムガルトナーのブランデン…いや、なんでもないです。

102 :名無しの笛の踊り:2006/02/09(木) 23:46:15 ID:7UaCM3oy


103 :名無しの笛の踊り:2006/02/10(金) 08:46:46 ID:521OwqhI
昨夜、ラモーのクラブサン集(ギルバート)聴いた。
プレリュードがイイ

104 :名無しの笛の踊り:2006/02/10(金) 08:49:09 ID:RCUVl1ye
このレーベルでまともなチェンバロ奏者はギルバートとピノックぐらいだな

105 :名無しの笛の踊り:2006/02/10(金) 19:51:17 ID:/JjhMJad
ポメリウムとオルランド・コンソート

106 :名無しの笛の踊り:2006/02/11(土) 01:14:33 ID:5+vP8KYm
プロ・ムジカ・アンティクヮとプロ・カンティオーネ・アンティークヮ

107 :名無しの笛の踊り:2006/03/01(水) 16:59:40 ID:5mBUF67F


108 :名無しの笛の踊り:2006/03/04(土) 00:49:40 ID:xjr6WEFD
このレーベルにバッハのカンタータ録音を残しているフリッツ・レーマン(1904-1956)が、今年没後50年。
って、記念盤も何も出なさそう。

109 :名無しの笛の踊り:2006/03/04(土) 10:23:59 ID:6oNaY4pk
>>108
ロザムンデが出てた
聴いてないけど

110 :名無しの笛の踊り:2006/03/04(土) 19:12:25 ID:+huk1apg
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう
出なさそう

111 :名無しの笛の踊り:2006/03/04(土) 19:35:05 ID:g8NgycWw
>>110
なにやってんだ?
狂ったか?
粘着ウンコの和敬塾さん


112 :名無しの笛の踊り:2006/03/04(土) 21:05:20 ID:+huk1apg
無学乙

113 :名無しの笛の踊り:2006/03/16(木) 23:43:41 ID:6GPecoZn
リヒターの「ブランデンブルク」DVDで2,4番リコーダーはCDと同じリンデ師(4番は第2リコーダー、ギュンター・ヘラー師も同じ)。
リンデ師は分厚い眼鏡を掛け、実直な学校の先生といった感じ。今年76歳になるはずだが、まだお元気だろうか?

114 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 01:56:54 ID:czC+3t1t
昨日J.S.Bach氏のお誕生日。オメ

115 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 14:50:21 ID:7qHHwkEq
アルヒーフを話題にしてムジカ・アンティクァ・ケルンのことが出てこないのは、その世代がいないせいですかね?
テレマン、パッヘルベル、高速(当時水準)バッハ、それから初期イタリアバロックetc・・・
あのインパクトはデカかったですよ。

116 :名無しの笛の踊り:2006/03/22(水) 16:41:32 ID:+Lpsx4fW
>>90 聖地のクリスマスはCD一枚で出た。

117 :名無しの笛の踊り:2006/03/27(月) 15:15:12 ID:nNOuHJPF
>>90,>>116
輸入でアトス山CD2枚組出てたことありますよ。

118 :名無しの笛の踊り:2006/04/07(金) 01:43:12 ID:uX6QyQzf


119 :名無しの笛の踊り:2006/04/18(火) 21:31:39 ID:zPbE53cS


120 :名無しの笛の踊り:2006/04/22(土) 00:55:10 ID:P2PeSLfy
エミール・ザイラー指揮のバッハ(カンタータ152番 ARCHIVE ARC 3104)、1953年録音と古いがなかなかいい。
ザイラーの弾くヴィオラ・ダ・モーレにしみじみ。器楽奏者にはヨハネス・コッホ(gamb)、ヴァルター・ゲルヴィッヒ(lute)が参加。

121 :名無しの笛の踊り:2006/04/27(木) 00:50:22 ID:Yw9HESWu
sage

122 :名無しの笛の踊り:2006/05/01(月) 23:23:25 ID:xzBr77ou


123 :名無しの笛の踊り:2006/05/04(木) 20:33:03 ID:x1IlOZg2
  

124 :名無しの笛の踊り:2006/05/05(金) 22:55:05 ID:xrmlxboC
>>120
いいですねいいですねー。コッホ、ゲルヴィヒ、たまりませんね。
Scola Cantorum Basiliensisとかいう文字だけのLPジャケット
見るとほとんど泣けてきますね。

125 :名無しの笛の踊り:2006/05/05(金) 23:43:40 ID:fjq2uwjf
>>124
コッホもゲルヴィッヒも、アルヒーフではほとんど裏方(通奏低音)なんですよね。
ドイツ・ハルモニア・ムンディではフィーチャーされたアルバムが出てますが。
Scola Cantorum BasiliensisではCD復刻してほしいアルバムがまだまだありますね。

126 :名無しの笛の踊り:2006/05/05(金) 23:50:39 ID:jKooYwzG
燃料を投下しますね

アルヒーフ歴代プロデューサー

1 1946夏-1957.12   フレッド・ハメル
2 1958.10-1968.4    ハンス・ヒックマン
3 1969.1-         ハンス・ルッツ
4               アンドレアス・ホールシュナイダー
5               ペーター・チョルニー

あとの補完よろぴこ


127 :名無しの笛の踊り:2006/05/07(日) 21:56:05 ID:s6NtzP4h
>>126
燃料投下ありがとうございます。

最近のことはわからないので歴代の補完とはいきませんが、
ヒックマン博士の在任時期に
Wolfgang Lohse氏がカークパトリックによるバッハの平均律第1巻(1959)やインベンションとシンフォニア(1960)、
Rainer Brock氏がアーノンクールによるムファットとビーバーの「オーストリア・バロックの宮廷音楽」(1965)、
Hans Ritters氏がミヒャエリス&ゲルヴィヒによるミランのビウエラ曲集(1956なのでハメル博士の時期)、カークパトリックの平均律第2巻(1967)を
担当してます。



128 :名無しの笛の踊り:2006/05/16(火) 20:51:46 ID:DSLuV77K


129 :名無しの笛の踊り:2006/05/18(木) 19:20:38 ID:lEoIjvy1
405名前: 名無しの笛の踊り投稿日: 2006/05/17(水) 17:36:14 ID:eKGDU++y
R.ゲーベルの健康上の問題により、ムジカ・アンティクワ・ケルンが解散
ttp://www.klassik-heute.de/start_aktuelles.shtml#6303


130 :名無しの笛の踊り:2006/05/19(金) 00:19:09 ID:XQHZTKpr
>>129
今秋来日予定でしたが、キャンセル?

131 :名無しの笛の踊り:2006/05/22(月) 22:50:23 ID:7z/j8+8G


132 :名無しの笛の踊り:2006/05/25(木) 01:16:20 ID:FgeFGPLd
↑何とか言えよ

133 :名無しの笛の踊り:2006/05/27(土) 00:07:44 ID:ZjyyKpvp
1997年に50周年で"Codex"としてCD復刻されたのがありますが、全ラインナップご存知の方おられます?
持っているのはメルクスの「ロザリオのソナタ」、ヴェンツィンガーの「オルフェオ」だけですが…
(あとマンロウの「ゴシック期の音楽」もあったはず)

134 :名無しの笛の踊り:2006/05/28(日) 19:05:08 ID:U/bhsiPr
保守

135 :名無しの笛の踊り:2006/05/30(火) 14:24:20 ID:8YzJp2a1
ヴェンツィンガーの「オルフェオ」ねぇ〜、タイトルロールはヴンダーリヒなんだよなぁ
全曲聴いてみたいなー

136 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 00:54:31 ID:Tu9nwLru
>>135
ヴンダーリヒはアポロ、牧人2、霊1役です。でも、当時20代のヴンダーリヒの歌唱力は図抜けてます。
ちなみにオルフェオ役はヘルムート・クレプスでした。初期のアルヒーフで活躍した人ですね。

137 :名無しの笛の踊り:2006/05/31(水) 14:01:03 ID:WOGKaj6I
>>136
あらら、そうだったんですか。アマゾンで試聴した限りではわからなかった。
でもやっぱり全曲聴きたい。

138 :名無しの笛の踊り:2006/06/04(日) 16:46:47 ID:nABRXKje


139 :名無しの笛の踊り:2006/06/09(金) 00:53:49 ID:3u7wvUQ2
いまやアルヒーフは看板だけになちゃったな。
ヒックマン以前の体制だったら、HPとか凄いの作ってそう...

140 :名無しの笛の踊り:2006/06/18(日) 22:43:46 ID:LfvdYhcY


.

141 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 01:49:19 ID:8i8vzVw8



.

142 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 20:46:46 ID:Yp5vTBDN ?
ある日 ふry

143 :名無しの笛の踊り:2006/06/22(木) 22:40:54 ID:eCKM/KrW
保守

144 :名無しの笛の踊り:2006/06/25(日) 15:08:45 ID:a56XyxtE


145 :名無しの笛の踊り:2006/06/30(金) 00:04:26 ID:UBJ365OT
                                                           .

146 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 14:46:24 ID:v/CAGytO
保守

147 :名無しの笛の踊り:2006/07/08(土) 23:49:58 ID:EZ7lj3+3
ミンコフスキのモツどう??


148 :名無しの笛の踊り:2006/07/09(日) 02:55:52 ID:USWr4sDJ
ここは、レコード時代とCD時代で、ガラッと変わっちゃうよな。
スター主義すぎるのも、なんだか。

アナログ期 リヒター
CD初期 ピノック
CD現在 ミンコフスキ




149 :名無しの笛の踊り:2006/07/15(土) 22:58:40 ID:JFH9c3mH
ピノック&イングリッシュコンサートでコレッリ全集作って欲しかったな。
トリオソナタ集・合奏協奏曲集ともよかっただけに…

150 :名無しの笛の踊り:2006/07/22(土) 15:31:00 ID:gDa+xXW8
sage

151 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 00:01:01 ID:GKZn48VB
アルヒーフは英語のアーカイヴ?

152 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 00:30:13 ID:dHI+OuYO
>>148
ガーディナーもピノックぐらいあるんじゃないの?
シューマン交響曲全集
べト交響曲全集、べトピアノ協奏曲全集
モツピアノ協奏曲全集、モツオペラ(6作品)
バッハのカンタータ

が思いつくけど。

153 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 01:49:52 ID:2SCAveTP
>>152
>>148さんはアルヒーフ専属アーティストについて言っているかと

ガーディナーも重要だがアルヒーフ専属ではなかった
かつてアルヒーフは専属アーティストを重視する傾向があったけど
今や看板だけみたいな気もするしね

154 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 09:43:21 ID:dHI+OuYO
でも、そのピノック/イングリッシュ・コンサートと契約を切ったのもアルヒーフ。

155 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 10:46:42 ID:NMFppvJY
天下のアルヒーフ、音楽家を次々に拾っては捨て拾っては捨て

コープマン、ヘレウェーヘ、パロット、アーノンクール、ヤーコプス、カーティス、ピノック
そしてガーディナー

次の予想はMAKとマクリーシュかな

156 :名無しの笛の踊り:2006/07/23(日) 11:06:38 ID:dHI+OuYO
アルヒーフ専属アーティストは転職先を考えておいたほうがいいということかな。

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)