5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【戦う勇気を】第2回全板人気トーナメント【我らに】

333 :改訂案第2稿w:2005/03/30(水) 18:21:29 ID:wWBNf5xR
【おお友よ、このような響きではなく・・・・】
ベートーヴェン 交響曲第9番「合唱」
●オトマール・スウィトナー指揮 ベルリン・シュターツカペレ他(デンオン)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001Z2YQW/
日本の年末の風物詩として、また、2ちゃんねる第九プロジェクト(http://no9.mine.nu)を思い出す、
という人も少なくないでしょう。 参加した、という方もいらっしゃるかもしれません・・・・説明不要?

・・・・ではちょっと無責任なので、聴きどころのポイントを簡単にご紹介しておきましょう。 まず、
第1楽章。混沌の中から雄叫びを上げるような開始からしてベト先生全開。重量戦車のように驀進、そして
クフ王のピラミッド、ギリシャのパルテノン神殿、いや、ケルンの大聖堂のように屹立する音の大建築物を
作り上げるのです! 第2楽章、小鳥のさえずりから生まれたメロディーが、力技で巨大な音楽に変身。
ティンパニ(太鼓)も大活躍、ちょっと粗野なユーモアでベト先生全開。先生の鼻歌も聞こえるかも?
第3楽章は、ひざまずいて深い祈りをささげるベト先生。我々も一緒に祈ろう。 まばゆいクライマックス。
感動の一瞬、そして静寂。と、ここまでの音楽の圧倒的な充実ぶりに、個人的にはもうお腹いっぱい。

そして、合唱のみなさん、聴衆のみなさん、お待ちどうさまでした。阿鼻叫喚の響きとともに第4楽章が
スタート、「おお友よ、このような響きではなく・・・・」。
でも、ここまでじっくり聴いてきたアナタは思うかも知れません。本当にいいのかベト先生、
ここまでの素晴らしい音楽を否定しちゃって(笑)。そして始まる「歓喜の歌」・・・・。

要するに、最初の3つの楽章も大傑作なのよ。第4楽章の「歓喜の歌」だけではなく、ぜひ全曲を
聴いてみてね。ここでは、衒いのない誠実な演奏、優秀な録音、しかも廉価盤ということで、
日本にもなじみの深いスウィトナー教授のCDを、最初の一枚としておすすめしておきましょう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)