5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【戦う勇気を】第2回全板人気トーナメント【我らに】

184 :名無しの笛の踊り:2005/03/24(木) 00:46:04 ID:wa0QxKem
シューベルト修正案。

シューベルト Franz Peter Schubert(1797-1828)

わずか31年の生涯に600曲以上の歌曲を書いた「歌曲王」。クラシック作曲家の異名って、何か
ワンパターンな気もするけどお気になさらず。天性のメロディストで、気に入った詩を数回抑揚を
つけて読んだ後、数十分後には曲を完成させていたこともあったという。「野ばら」「セレナード」
「アヴェ・マリア」など、いかにも伸びやかで美しい歌曲は世界中で愛唱されている。

ところで、シューベルトはこのような一般に良く知られた面とは別の姿もある。それは、人間
存在の深淵に分け入り、その闇を凝視する姿である。歌曲集「冬の旅」や弦楽四重奏曲
「死と乙女」などは、 驚くべきリアリティで私たちの心を動かさずにはおかない。そういえば、
有名な歌曲「魔王」も、考えてみれば実に恐ろしい情景を描く音楽である。

シューベルトはベートーヴェンを尊敬してやまず、松明をもってベートーヴェンの葬式に
参列した。そしてその後、友人達と酒場に行って杯をあげ、シューベルトが音頭を取った。
  『いま、我々が葬ってきた人のために!』
続いて、2杯目をとって、
  『そして、次に続くもののために!』
―何という運命の皮肉か、次に続いたのはまさしくシューベルトその人だったのだ。

詩人、グリルパルツァーが書いた墓碑銘:

「死魔はここに、豊かな財宝を埋めた。しかもまた、さらに美しい多くの希望をも―」

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)